auひかりの回線速度は遅い? つながらない場合の対処法と申し込み方法も解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: WiFi(光回線)

auひかり 速度

「auひかりの通信速度は遅いの?」「auひかりが遅い場合はどうすればいい?」と、auひかりの速度についての疑問をお持ちの方は多いと思います。

先に結論を述べると、auひかりは回線速度が速く、おすすめの光回線です。しかし、プランや環境によって速度が異なるなど、注意点もいくつかあります。

今回はauひかりが高速である理由や速度に関する注意点、速度が遅い場合の対処法をわかりやすく解説します!auひかりのおすすめの申込窓口もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

auひかりの速度は速く安定している!

光回線イメージ
auひかりの速度は速く安定している!

auひかりの通信速度は数ある光回線のなかでも速く安定しています。そのため、通信速度を求めている方は、auひかりがおすすめです。

一般的に光回線は固定回線を自宅まで引くため、通信速度が速いといわれています。とはいえ、光回線のなかにもさまざまな種類があり、光回線だから必ずしも速いというわけではありません。

ここでは、数ある光回線のなかでも、auひかりがなぜ速いといわれているのかについて、詳しくご説明しましょう。

auひかりの回線速度が高速である2つの理由

光回線イメージ2
auひかりの回線速度が高速である理由は?

auひかりの回線速度が高速である理由を、2つご説明しましょう。

①独自回線だから回線速度が速い

auひかりは、独自回線なので回線速度が速いといわれています。では、独自回線とは何なのでしょうか?

独自回線とは、光回線事業者が独自で敷設している光回線であることを指します。auひかりの回線はauが独自に敷設した回線でauひかりのユーザーしか使っておらず、利用者が比較的少ないです。そのため、回線が混雑しにくく、回線速度が速く安定しています。

一方で、独自回線ではない光回線とは、NTTのフレッツ光回線のことです。光コラボ事業者と呼ばれるほかの光回線も、フレッツ光回線を共用しています。たとえば、「ソフトバンク光」「ドコモ光」「So-net光プラス」などが光コラボ回線として有名です。

NTTのフレッツ光回線は、フレッツ光の利用者以外にも光コラボ回線の利用者が多数使っています。そのため、独自回線と比べると回線が混雑しやすく、速度が遅くなりがちです。

では、具体的な光回線の通信速度について、インターネット通信速度投稿サイトの「みんなのネット回線速度」で調べてみましょう。

【光回線の通信速度ランキング】

順位 光回線名 ダウンロード平均速度
1位 コミュファ光 548.24Mbps
2位 NURO光 470.3Mbps
3位 eo光 421.34Mbps
4位 TNCひかりdeネット 383.19Mbps
5位 スターキャット光 382.44Mbps
6位 NCV光 381.73Mbps
7位 auひかり 370.9Mbps
8位 J:COM NET光 368.23Mbps
9位 ピカラ光 361.67Mbps
10位 BB.excite光 Fit 343.23Mbps

※インターネット通信速度投稿サイトの「みんなのネット回線速度」の2021年5月時点のデータより

上記の表をみると、auひかりは全50回線中7位で、平均ダウンロード速度は370.9Mbpsでした。300Mbps以上の通信速度が出ていれば、動画視聴やネットゲームなどがサクサクできるため、十分な速度といえるでしょう。

実際にauひかりを使っている人のTwitterの書き込みを探してみると、以下のとおりauひかりは速いとツイートしている人がたくさんいました。

auひかりで560Mbpsも出ているという人がいました。なかには700Mbps以上出ている人もいます。このように、Twitter上ではauひかりの通信速度が速いというコメントがいくつもありました。

では、どれくらいの速度でどのようなことができるのでしょうか?以下の表に、用途別の必要な通信速度をまとめてみました。

【利用用途別の必要な通信速度の一覧】

利用用途 必要な通信速度
アップロード速度 メールやSNSなどのメッセージ送信 1Mbps
SNSの写真投稿 3Mbps
SNSの写真投稿 10Mbps
ダウンロード速度 メールやSNSなどのメッセージ受信 128kbps~1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧 1Mbps~10Mbps
YouTubeなどの動画視聴 3Mbps~25Mbps
オンラインゲーム 30Mbps~100Mbps

上記の表をみると、100Mbps出ていればオンラインゲームができることがわかります。平均で300Mbpsの速度が出ているauひかりは、たいていのことが快適にできるでしょう。

②最大速度5ギガ・10ギガの高速プランがある

auひかりには最大速度が5GBと10GBという、2種類の高速プランがあります。標準プランの最大速度は1GBなので、5倍・10倍の通信速度になり高速です。より速いネット回線を使いたいという方におすすめのプランでしょう。

ただし、対象地域は以下のとおりで限られています。

auひかりの5GB・10GB対象エリア

・東京都
・神奈川県
・埼玉県
・千葉県

auひかりの高速プランがおすすめなのは、普段からよく大量のデータ通信を行う人です。たとえば、仕事で動画編集をしている、業務で大量のデータをダウンロードすることが多いなどというケースです。

対象地域にお住まいの方で高速通信を利用したい方に、auひかりの高速プランはおすすめできます。

他社から乗り換えで
最大131,000円キャッシュバック

auひかりの速度に関する注意点

注意点
auひかりの速度に関する注意点

auひかりは通信速度が速い光回線ですが、契約時にはいくつか注意していただきたい点があります。それは、通信速度が対応プランや環境によって大きく左右されることです。ここでは、auひかりの速度に関する注意点について詳しくご説明しましょう。

①最大速度が出ることはない

auひかりに限らず、公式サイトなどに表記されている「最大速度」が実際に出ることはありません。最大速度とはあくまで理論上の最大値だからです。

無線LANケーブルやルーターなどのスペック、回線の利用者数の多さなど、さまざまな要因により通信速度は大きく変わります。とくに、夜間はインターネット回線の利用者が多く、通信速度が遅くなりやすいです。
auひかりの標準プランの最大速度は「1Gbps」と表記されていますが、実際に1Gbps出るわけではないので注意しましょう。

②マンションプランは速度が遅くなりやすい

マンションプランは、プランによって最大速度がそもそも遅い場合もあります。そのため、戸建てプランより速度が遅くなりやすいといえます。マンションプランごとの最大速度を比較した表は、以下のとおりです。

【マンションプランの最大通信速度】

プラン 最大通信速度
タイプV 100Mbps
タイプG 664Mbps
タイプE 100Mbps
タイプF 1Gbps
マンションギガ 1Gbps
マンションミニギガ 1Gbps
都市機構G 664Mbps
都市機構デラックス 100Mbps

上記の表のとおり、マンションプランの最大速度はプランによって大きく異なります。また、最大速度が速いプランを自分で選べず、お住まいのマンションによって選べるプランが決まっています。どのプランを選べるかは、auひかりの公式サイトから確認しましょう。

auひかりの公式サイト「auひかりマンション」のページから、お住まいの場所の郵便番号、住所、マンション名を入力します。お住まいのマンション名から、マンションプランを契約できるかどうか、どのプランを選べるかがわかります。

③高速プラン「ホーム5ギガ・10ギガ」は料金体系が異なる

最大速度が5GBと10GBの高速プランは通信速度が速くおすすめですが、1GBの標準プランよりも料金が高額です。それぞれのプランの料金体系は、以下のとおりです。

【auひかりのプランごとの料金体系】

プラン名 月額料金
ホーム1ギガ 1年目:6,160円2年目:6,050円3年目~:5,940円
ホーム5ギガ 1年目:6,160円2年目:6,050円3年目~:5,940円
ホーム10ギガ 1年目:7,018円2年目:6,908円3年目~:6,798円

※ずっとギガ得プラン(3年契約)適用時
※価格はすべて税込

なお、auひかりの提供エリアは東海エリアと関西エリアをのぞく地域です。高速プランは「東京都」「神奈川県」「埼玉県」「千葉県」のみに対応しています。エリアが限られているので注意しましょう。

auユーザー&エリア内の人は速度面で優位なauひかりがおすすめ

auひかりがおすすめできる人
auひかりがおすすめできる人(画像引用元:au

ここまでご説明したとおり、auひかりは通信速度が速い光回線で、高速プランにも対応しています。そのため、auひかりの提供エリア内にお住まいの方にとてもおすすめです。

また、auひかりはauスマホを使っている人にもおすすめできます。

auスマートバリューが適用されると、auスマホの料金が毎月最大1,100円も割引になります。さらに家族にauユーザーがいれば、家族全員に割引が適用されるため、auユーザーが多い家族ならよりお得です。

他社から乗り換えで
最大131,000円キャッシュバック

auひかりの申し込み方法

PCを利用する男性
auひかりの申し込み方法

auひかりを申し込み、開通するまでの流れは、以下のとおりです。

1.提供エリア確認
まずは、提供エリアの確認をしましょう。auひかりの提供エリアでないと、利用できません。auひかりの公式サイトやプロバイダサイト、代理店サイトなどのエリア確認ページで、住所や郵便番号を入力するとエリア確認が可能です。
2.申し込み
申込窓口を決めたら、申込窓口のサイトから申し込みましょう。住所や名前などの契約者情報、連絡先情報などを入力することで、申し込みが可能です。

申し込みが完了すると、後日折り返し担当者から連絡が入ります。そこで、工事日を調整しますので、あらかじめ在宅できる日をピックアップしておくとよいでしょう。公式からの申し込みの場合、工事日の調整の連絡がSMSできます。

工事日には立ち会いが必要です。またこのときに、auひかりのプラン・料金・キャンペーンの内容・キャッシュバックの受け取り方法などについて、詳しく確認しておきましょう。

3.工事(1~2ヶ月)
工事日になると、回線工事が行われます。なお、工事日の予約はすぐにできるとは限りません。申し込んでから1~2ヶ月後に工事となることも、多いでしょう。

auひかりだけ工事が遅いわけではなく、光回線事業者全般にいえることです。そのため、光回線に乗り換える際は、工事日の予約がすぐに取れないことを想定して、予定を立てておくことをおすすめします。

4.初期設定
工事後に、ルーターなどを接続して初期設定を行えば、auひかりを利用できるようになります。

auひかりの速度が遅いと感じたら試したい8つの対処法

固定回線利用イメージ
速度が遅いと感じたら試したい8つの対処法

auひかりをせっかく導入したのに速度が遅いと感じた場合は、ここでご紹介する8つの対処法を試してみましょう。

1:WiFiルーターの設置場所を変えてみる

WiFiルーターの置き場所が悪いため、電波状況が悪いという可能性が考えられます。以下のような場所に置いてある場合は、場所が悪く、電波が届きにくいのかもしれません。

電波が届きにくい場所

・床の上など低く電波が届きにくい場所
・電子レンジやIHヒーターなど、家電製品の側で電波干渉が起きやすい場所
・金属製ラックの中、水槽の近く、コンクリートの壁の側など電波が遮られやすい場所

このような場所にWiFiルーターが置いてある場合は、設置場所を変えてみましょう。

2:WiFiルーターの設定を変更する

WiFiルーターの周波数を変えてみると、通信状況がよくなることがあります。WiFiの電波の周波数は、2.4GHzと5GHzの2種類です。それぞれの特徴は以下のとおりです。

2.4GHz:電波が届きやすいが、家電製品と電波干渉が起きやすい
5GHz:通信速度が速いが、障害物に弱く電波が届きにくい

ネットワークに接続する際に、周波数を変えてみるとよいでしょう。

3:WiFiルーターを再起動する

WiFiルーターを再起動してみましょう。LANケーブルや電源アダプターも抜いてから、もう一度接続して起動してみます。単に接続や起動がうまくいっていなかった場合は、再起動することで正常につながることもあります。

4:WiFiルーターやLANケーブルのスペックを確認する

WiFiルーターや、LANケーブルのスペックを確認して、スペックが足りなければ交換しましょう。auひかりの標準プランは最大速度が1Gbpsです。しかし、1Gbpsの速度に対応していない機器を利用すると、その機器がボトルネックになり、十分な速度が出ません。

WiFiルーターの規格は、「11n」(600Mbpsに対応)と「11ac」(6.9Gbpsに対応)が主流です。LANケーブルは、最低でも「CAT6」(1Gbpsに対応)という規格のLANケーブルを使いましょう。

5:PCやスマホを再起動する

ネットワークにつないでいる機器のPCやスマホを再起動することで、接続がうまくいって通信速度が正常になることがあります。一度、PCやスマホの再起動をしてみましょう。

6:接続台数を確認する

同じネットワークに接続しているPCやスマホ、タブレットなどの機器が多すぎると、通信速度が遅くなります。そのため、接続台数を確認して、使っていない機器があれば接続を切りましょう

7:同時に立ち上げているページ数を確認する

PCなどで、同時に立ち上げているブラウザのページ数を確認しましょう。立ち上がっているブラウザが多すぎると動作が重くなり、通信が遅くなることがあります。ブラウザやツール、アプリなどを立ち上げすぎている場合は、使っていないものの接続を切りましょう

8:通信障害が起きていないか確認する

こちら側ではなく、通信障害により速度が遅くなっている可能性もあります。auひかり以外のネットワークを使い、通信障害が起きていないかを確認してみましょう。

なお、通信障害はauひかりで起きている場合と、プロバイダで通信障害が起きている場合があります。

 ①auひかりで通信障害が起きている

auひかりの通信障害の発生状況は、こちらのページから確認できます。電話での問い合わせ先は以下のとおりです。

【KDDIお客さまセンター】

0077-777
0120-22-0077(上記番号が利用できない場合)
受付時間:9:00~18:00(年中無休)

 ②プロバイダで通信障害が起きている

プロバイダ側で問題が起きている場合は、それぞれ以下に問い合わせてみましょう。

【auひかりプロバイダ連絡先一覧】

プロバイダ名 電話番号 営業時間
@nifty 0570-03-2210(有料) 10:00~18:00
(年末年始をのぞく)
@T COM 0120-805633(無料) 月~金 10:00~19:00
土日祝 10:00~18:00
ASAHIネット 0120-577-108(無料) 10:00~17:00
BIGLOBE 0120-86-0962(無料)
03-6385-0962(有料)
9:00~18:00
DTI 0570-004740(有料) 10:00~17:00
So-net 0120-80-7761(無料) 9:00~18:00
リンククラブ 03-5778-3881(有料) 10:00~19:00
楽天ブロードバンド 0800-600-0111(無料)
0800-600-0222(無料)
9:00~18:00
GMOとくとくBB 0570-045-109(有料) 10:00~19:00
SmartLINE 0120-954-046(無料) 11:00~17:00
エディオンネット
(エンジョイ☆auひかり)
0120-71-2133(無料) 9:00~19:00
メガ・エッグ 0120-505-898(無料) 10:00~19:00

まとめ

この記事ではauひかりの通信速度が速い理由や注意点、申し込みの流れ、auひかりで通信速度が遅かった場合の対処法などについてご説明しました。

auひかりは光回線のなかでも独自回線なので通信速度が速い傾向があり、高速プランも対応しています。そのため、高速通信を求める方におすすめの光回線です。

今使っているインターネットが遅い、より速い回線を使いたい、auスマホを使っているという方に、auひかりはおすすめの光回線です。

他社から乗り換えで
最大131,000円キャッシュバック

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン