カテゴリ: WiFi(光回線)

auひかりの工事は穴あけ必須?工事手順から費用まで徹底解説!

auひかりは独自の回線を使って通信サービスを提供しています。そのため、他社回線からの乗り換えであっても、auひかり専用の回線を引き込む工事が必要です。

ですが、賃貸・集合住宅にお住まいなら、工事が不要な場合があることをご存じでしょうか?

工事不要なら、費用は事務手数料のみなので安く運用を開始できます。工事が必要でも、キャンペーンを適用することで工事費用を実質無料にすることができるんです。

本記事では、戸建て・マンション別にauひかりの工事についての情報をまとめています。auひかりの契約を検討している人、auひかりの工事について疑問がある方はぜひ参考にしてみてください。

■ この記事を読んでわかること

  • auひかりの回線工事の流れ
  • auひかりの工事にかかかる費用
  • auひかりの工事費用実質無料キャンペーンの仕組み
  • auひかりの工事を行う前に確認したい注意点

※記事中に記載の価格は特筆ない限り全て税込表記としています。

固定回線を契約するなら auひかり

auひかり フルコミット

\auひかり × フルコミット限定/
最大63,000円キャッシュバック
オプションなしでも50,000円もらえる!

 ・5ギガ、10ギガプラン対応
 ・他社違約金を55,000円まで補填
 ・au&UQ Mobileとセット割に対応

目次:

auひかりホームの工事内容をイメージ図つきで解説!

auひかり ホームプラン 工事内容
画像:auひかり公式サイトより引用[1]

まずは、auひかりホームの工事内容を、イメージ図つきでご説明します。

auひかりホームの工事内容は、屋外工事と宅内接続の2種類に分かれており、以下の流れで業者が屋外工事を行ったのち、ユーザーが宅内接続を担当します。

auひかりの工事内容
auひかりの工事内容
画像:auひかり公式サイトより引用[1]
1.電柱から光ケーブルを引き込む
自宅にもっとも近い電柱から、光ケーブルを自宅に引き込みます。
2.建物の壁に光ケーブルを固定する
自宅にもっとも近い電柱から引き込んだ光ケーブルを、建物の壁に取り付けます。
※このとき、壁にケーブルを固定するために穴をあける必要があります。
3.引き込み口まで光ケーブルを固定する
光ケーブルを宅内の引き込み口まで引き込むために、何カ所か壁面に金具で固定していきます。
引き込み口とは、通気口やエアコンのダクトなどです。電柱から引き込み口の場所までの距離や位置によって、固定箇所の数は異なります。
※このとき、壁にケーブルを固定するために穴をあける必要があります。
4.引き込み口から宅内に光ケーブルを引き込む
引き込み口から宅内に光ケーブルを引き込みます。
通気口やエアコンのダクトなどの既存の引き込み口がない場合は、壁に穴を開けてよいか確認のうえ、引き込み口の穴を開けます。
※このあたりから、作業員が家の中で作業を始めます。穴あけする場合、穴は直径10㎜程度で防水・浸食対策を施します。
5.光コンセントを設置しONUを接続する
引込口付近に光コンセントを設置しONUを接続します。これでauひかりの工事は完了です。
6. 初期設定をする
光コンセント・ONUを光ファイバーケーブルで接続します。続いてONCの電源アダプタをコンセントに差し込みましょう。
ONCのランプが点灯したことを確認したら、ホームゲートウェイの電源アダプタを取り付けます。
最後にONCとホームゲートウェイをLANケーブルで接続し、ホームゲートウェイの電源アダプタをコンセントに差し込みます。
するとランプがオレンジ色に点滅するので、しばらく待ちましょう。オレンジ色から緑色に変わったら、設定は完了です。

auひかりマンションの工事内容をイメージ図つきで解説!

auひかり マンションプラン 工事内容

マンション・アパートなどの集合住宅にお住まいで、auひかりを契約する場合、まずどのマンションプランでの契約になるかの確認が必要です。

auひかりマンションタイプはいくつかのプランがありますが、物件内に導入されている設備によって決められているため、契約者がプランを選んで契約することができません

プランによって配線方式が異なり、配線方式ごとに工事の内容が違います。そのため、どのプランでの契約になるか調べてから、工事の流れを確認しましょう。

プランの確認はauひかり公式サイトの提供エリアページから、エリア判定を実施することで調べることができます。

配線方式 プラン
光ファイバー方式 ・タイプF
・マンションギガ
・マンションミニギガ
LAN配線方式 ・タイプE
VDSL方式 ・タイプV
・マンション都市機構
G.fast方式 ・タイプG
・マンション都市機構G
auひかりの設備が導入されていない場合 ・プラン該当なし

※クリックで該当箇所までスクロールします

光ファイバー方式の工事

auひかり 工事

光配線方式とは、共有部分から各部屋まで光ファイバーで繋ぐ配線方式です。

戸建てと同じように各部屋1本の光ファイバーで光回線が供給されるため、もっとも回線速度の速い配線方式となります。

共有スペースから各部屋に光ファイバーを引き込むため、基本的に工事が発生するパターンが多いです。

ただし、過去の住人がauひかりを契約している場合は、すでに光ファイバーの引き込み工事が完了しているため工事不要となります。

LAN配線方式の工事

auひかり 工事

LAN配線方式とは、共有部分から各部屋までLANケーブルで繋がれている配線方式です。1本の光ファイバーケーブルを、LANケーブルを使って各部屋に繋ぎ住人全員でシェアします。

マンションを建てるときにLAN回線が導入されている場合が多いため、LAN配線方式のプランなら工事が不要になることが多いです。

マンション建設後などにauひかりの設備を導入を行っていると、各部屋までLANケーブルが届いていない場合があるため工事が必要である可能性がありますす。

工事は共有スペースから部屋までの回線工事と光コンセントの設置です。工事を行う場合は立ち会いが必要となります。

VDSL方式・G.fast方式の工事

auひかり 工事

VDSL方式とは、共有部分から各部屋まで電話回線で繋がれている配線方式です。1本の光ファイバーケーブルを、電話回線を使って繋ぎ住人全員でシェアします。

VDSL方式の設備が導入してあるのであれば、電話回線も各部屋まで引き込まれているため基本的に工事が不要な場合が多いです。

ONCやホームゲートウェイの機器の取り付けと、初期設定を行えばインターネットの使用を開始できます。

ただし、現在モジュラージャックのある部屋ではない場所に機器の設置をしたい場合などは、新たに工事が必要となり、立ち合いが必要となります。

auひかりの設備が物件に導入されていない場合

auひかりひかりの設備が物件に導入されていない場合、auひかりマンションタイプの契約をすることはできません。

ですが、お住まいの部屋が3階以下(地域によっては2階)であればauひかりホームタイプを契約できる場合があります。

どうしてもauひかりを契約したい方は、ホームタイプもチェックしてみてください。工事は電線から直接部屋まで光ファイバーを引き込むため、工事手順も戸建てと同様となります。

auひかりの工事費

auひかり 工事 費用

ここからは。auひかりの工事費用について解説します。auひかりの工事費は、戸建てとマンションで以下のように異なります。

▼auひかりの工事にかかる費用

工事内容 合計費用 分割費用
ホームタイプ 41,250円 初回1,194.6円+1,178.1円×34回
マンションタイプ 33,000円 初回1,443.2円+1,434.4円×22回
土日追加費用 3,000円

auひかりの工事費はキャンペーンで実質無料になる!

auひかり 工事費用 無料キャンペーン
画像:auひかり公式サイトより引用[2]

auひかりの工事費は、auひかり公式キャンペーンの「初期費用相当額割引」を適用することで実質無料になります。

  • ホームタイプ
  • マンションタイプ
キャンペーン名 初期費用相当額割引
キャンペーン内容 auひかりの工事費用が実質無料
適用条件 ・ひかり電話の契約
・工事費用を分割払いにする
・分割払い期間は契約を継続する
工事内容 工事費用
総工事費 41,250円
分割払い 初回:1,194円
1ヶ月~34ヶ月:1,178円
初期費用相当額割引 初回:₋1,194円
1~34ヶ月:₋1,178円
キャンペーン名 初期費用相当額割引
キャンペーン内容 auひかりの工事費用が実質無料
適用条件 ・ひかり電話の契約
・工事費用を分割払いにする
・分割払い期間は契約を継続する
工事内容 工事費用
総工事費 33,000円
分割払い 初回:1,443円
1~22ヶ月:1,434円
初期費用相当額割引 初回:₋1,443円
1~22ヶ月:₋1,434円

工事費実質無料とは、工事費の分割金と同額を、毎月割り引きすることで無料になる仕組みのことです。

開通工事費自体は毎月発生していますが、同額を割引で相殺することによって実際の負担額はゼロになっています。

ただし、このキャンペーンは分割払いが条件です。そのため、分割払いをしている期間中に解約すると工事費用の残債が一括請求されるため注意しましょう。

ホームタイプを契約していて24ヶ月目末で解約した場合

契約月 請求額 初期費用相当割引
初月 1,194円 ₋1,194円
1ヶ月目 1,178円 ₋1,178円
2ヶ月目 ₋1,178円 ₋1,178円
24ヶ月目(解約月) 12,958円 ※ なし

※24~35ヶ月で分割払いするはずだった工事費残債

オプションなしでも5万円
最大6,3万円キャッシュバック実施中

auひかりの工事を行う前に知っておきたい注意点

auひかり工事を行う前に知っておきたい注意点

続いて工事を行う前に知っておきたい以下の注意点について確認していきましょう。全部で5つの項目にわけ解説していきます。

▼auひかりの工事を行う前に知っておきたい注意点

  • 賃貸物件では管理会社の許可を事前に取る
  • 工事の所要時間は延長する可能性がある
  • 土曜日・休日の工事は追加で費用がかかる
  • 機器の接続や初期設定のサポートは有料
  • ホームプランの解約時は有料の撤去工事が必要

賃貸物件では管理会社の許可を事前に取る

アパートやマンションでauひかりを契約する場合は、管理会社に確認して契約の許可を取る必要があります。

工事の際に壁に穴を開けたり金具でケーブルを留めたりすることもあるためです。もし無許可で工事をしてしまった場合は、原状復帰を求められる可能性もあります。

最悪の場合、損害賠償請求をされてしまう場合もあるのでご注意ください。

賃貸物件で光回線を導入する際には、申し込む前に必ず事前に管理会社に確認し、許可を取っておくと安心ですね。

工事の所要時間は延長する可能性がある

工事の所要時間は約2時間です。ただし、工事内容や状況によっては延長する可能性も十分にあることを認識しておきましょう。

そのため、できれば工事日は一日予定をあけておくことをおすすめします。

土曜日・休日の工事は追加で費用がかかる

土曜日や休日にしか自宅で立ち会えない場合は、工事日を土曜日・休日に指定することも可能です。ただし、通常の工事費用のほかに3,300円の追加料金がかかるためご注意ください。

料金を少しでも安くしたいなら、平日に工事を指定しましょう。

機器の接続や初期設定のサポートは有料

auひかりの初期設定サポート「かけつけ設定サポート」を利用すれば、初期設定をしてもらえます。しかし、auひかりのかけつけ設定サポートは有料です。

かけつけ設定サポート
有線 7,480円 / 工事:パソコン1台のネットワーク設定と、メール・ブラウザ・電話の設定。
宅内LAN機器パック 10,450円 / 工事:パソコン1台のネットワーク設定と、宅内LAN機器の設定。
その他オプション
・2台目以降のパソコンなどのインターネット接続
・プリンター、スキャナー、ゲーム機などの設定
・ソフトウエアなどの設定
・設置した機器などの撤去・回収

ホームプランの解約時は有料の撤去工事が必要

auひかりのホームプランを契約した場合、解約すると有料の撤去工事を行う必要があります。

さらにずっとギガ得プランを契約すると3年自動更新になるので、更新月以外に解約すると違約金も加わり高額請求が入る可能性があります。

違約金補填のある他社インターネット回線に乗り換えるなどで支払額を安くすることも可能ですが、認識がないまま契約・解約をしてしまうとトラブルに発展する恐れもあるので認識しておきましょう。

請求条件 撤去工事費
・2018年2月28日までにauひかりと契約
・解約のタイミングで撤去工事の申請
11,000円
・2018年3月1日以降にauひかりホームタイプと契約※
・ホーム 5ギガ、ホーム 10ギガへの契約変更※
31,680円

※どちらかの条件を満たすときに請求

auひかりの申し込みから工事完了までの流れ

auひかり

auひかりが開通するまでの全体の流れについて紹介します。

▼申込から開通までかかる期間の目安

  • ホームタイプ:1ヶ月~2ヶ月
  • マンションタイプ:3週間~1ヶ月

▼auひかりの申込から開通まで流れ

➀auひかり対応エリア内か確認する
②auひかりを申し込む
③開通工事日を調整する
④宅内機器を受け取る
⑤契約者が立ち合いのもと開通工事行う
⑥宅内機器を接続する
➆回線の初期設定を行う

➀auひかり対応エリア内か確認する

auひかりの戸建ての場合、東海・関西・沖縄エリアが提供対象外です。その他の地域でも一部対象外なことがあります。

マンションタイプは全国提供ですが、物件の設備がなければ契約不可です。エリア確認することで設備の導入有無も分かるので、必ず実施しましょう。

②auひかりを申し込む

お住まいのエリアでauひかりが使えることを確認したら、申し込みを行います。申し込みはauひかり公式サイトからでなく、auひかりの代理店・プロバイダ経由がおすすめです。

代理店・プロバイダ独自のキャッシュバックや割引特典を適用できるため、実質料金が安くなります。

③開通工事日を調整する

auひかり側で申し込みが確認できたら、1~3週間以内に工事日を確認する電話が入ります。

工事日には立ち会いがないと実施できないため、必ず立ち合える日を調整してください。なお、立ち合いは契約者本人だけでなく、家族でも問題ありません。

④宅内機器を受け取る

工事日が近くなると、auひかりを利用するために必要なご利用開始の案内文書とONU(光回線終端装置)が届きます。

書面の内容と機器に同梱されているものの内容を確認し、紛失しないよう大切に保管しましょう。

⑤契約者が立ち合いのもと開通工事行う

工事日当日は、契約者や家族が立ち会いのもと、業者による開通工事が実施されます。

工事にかかる時間は2時間程度です。

ただし、工事担当者のその日の案件数などにより、開始時間が前後する可能性があります。当日はできるだけ予定を入れないよう調整しておくと安全でしょう。

⑥宅内機器の接続と初期設定

屋外での工事が終わったら、宅内機器を接続しましょう。この作業はご自身で行う必要があります。

光コンセント・ONUを光ファイバーケーブルで、ONCとホームゲートウェイをLANケーブルで接続します。

ランプがオレンジ色に点滅するので、しばらく待ちます。オレンジ色から緑色に変わったら、設定は完了です。

最後にインターネットを使いたい機器にID・パスワードを入力しましょう。これでインターネットの使用を開始することができます。

auひかりを申し込むなら「フルコミット」がおすすめ!

auひかり おすすめ窓口

▼auひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 下記の地域以外
静岡・愛知
岐阜・三重
大阪・京都
兵庫・和歌山
奈良・滋賀・沖縄
申し込み窓口 フルコミット
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 3年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 494.09Mbps
下り 427.0Mbps
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 15,000円
工事費(撤去) 31,680円
実質月額料金(契約期間) 4,197円※1
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
キャンペーン ・5万円キャッシュバック(OPなし)
・6,3万円キャッシュバック(ひかり電話加入)
・工事費実質無料
・5,5万円の他社違約金補填

※戸建てで提供されているすべてのプランを含めた12月~2月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])
※1. ひかり電話の適用なしのとき


▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口 フルコミット
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 上り 247.14Mbps
下り 186.43Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 9,500円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,883円※1
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
キャンペーン ・5万円キャッシュバック(OPなし)
・6,3万円キャッシュバック(ひかり電話加入)
・工事費実質無料
・5,5万円の他社違約金補填

※マンションで提供されているすべてのプランを含めた12月~2月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])
※1. ひかり電話の適用なしのとき

auひかりはキャッシュバックなどのキャンペーンが充実している点とauスマートバリューが適応できることが特徴の光回線です。auスマホと一緒に使えば、最大1,100円引きになります。

auひかりは独自回線を使用しているため、混雑しやすい時間帯でも比較的スムーズに通信できます。ただし、auひかりの戸建てプランは一部エリアが提供外となっているため、検討する前にエリア確認をしておきましょう。

また、auひかりを代理店フルコミットから申込むと、ネット+電話の申込で最大65,000円・ネットのみでも最大55,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。auひかりは他社に比べ割引・キャッシュバックのキャンペーン額が高額である点も魅力です。

auひかりのおすすめポイント

  • auスマホとセット割が組める
  • 光回線の中でも特に速度が速い
  • 解約違約金を還元してもらえる
  • 実質料金が他社より安め

オプションなしでも5万円
最大6,3万円キャッシュバック実施中

auひかりに関するよくある質問

auひかりに関するよくある質問

auひかりに関するよくある質問をまとめました。auひかりを契約する際に、ぜひ参考にしてください。

申し込みから開通までの期間は?

A. すべての工程を終えるまでの期間の目安は、3週間から2ヶ月程度です。

ただし、この期間はあくまで目安で、年度末で引越しが多い時期などは2ヶ月以内でも工事の予約が取れないこともあるので注意が必要です。

特に近年インターネット需要が高まり、工事が間に合っていない地域も数多くあります。

auひかりに申し込むのであれば、出来る限りはやめに手続きを実施しましょう。

工事日当日にかかる所要時間は?

A. 工事日当日にかかる所要時間は、約2時間です。

ただし、当日の作業の進み具合や前の工事案件との兼ね合いなどで、作業時間が延長する場合もあります。そのため、工事日はできるだけ一日予定をあけておくことをおすすめします。

auひかりの工事費はいくら?

A.ホームプランは41,250円、マンションプランは33,000円です。

工事日を土曜日・祝日に指定すると、通常の工事費用以外に追加料金3,300円がかかります。

ただ、通常の工事費は「初期費用相当額割引」キャンペーンで実質無料です。工事費の分割払い分を割引してもらえるので、分割払い期間中に解約しなければ基本的に工事費はかかりません。

ただし、分割払い期間中に解約してしまうと、残りの工事費用の支払いが発生するので注意しましょう。

工事日に立ち合いは必要?

A.工事日には立ち合いが必要です。

ただし立ち合うのは契約者でなくてもOKで、家族が対応しても問題ありません。工事の時間が長引くことも考えられるので、一日予定をあけておくことをおすすめします。

auひかりの工事は壁に穴をあける必要がある?

A.あります。

光ファイバーを電柱から自宅に引き込む際に自宅の壁に金具で光ファイバーを固定しますが、その際に壁に穴をあけます。

また、通気口やエアコンのダクトなどの既存の穴から光ファイバーを自宅に引き込みます。

しかし、利用できる穴がない場合は、了解を頂いてから新しく穴をあけることもあります。この場合、穴は直径10㎜程度で防水・浸食対策を施します。

工事前日までにするべきことは?

A.工事前日までにするべきことは、3つあります。

①管理会社の許可を取る(賃貸住宅の場合)
賃貸住宅の場合、光回線の工事をしてもよいか管理会社に確認する必要があります。必ず、管理会社の許可を取っておきましょう。
②宅内機器の設置場所の準備
宅内機器を設置する場所を確保しておきます。物をどかして場所を確保し、ほこりなどを取り払い掃除しておくとよいでしょう。
③作業可能なスペースの確保
工事業者は電柱から自宅の壁に光ファイバーを引き込みますが、その作業をする場所にタイヤや植木などが置いてあると作業の邪魔になります。作業をする場所にある物をあらかじめどかしておくと、作業がスムーズに進むでしょう。

auひかりの工事日を変更したい場合はどうすればいい?

A.工事日を変更したい場合は、プロバイダに連絡すれば変更可能です。

ただし、必ずしも変更したい日に変更できるとは限りません。

ほかの日は工事予定でいっぱいになっていることもあり、また数か月先まで待つ必要があるかもしれないのでご注意ください。

auひかりの工事日の連絡がこない場合はどうすればいい?

A.プロバイダに問い合わせを行いましょう。

特に引越しが多くなる2〜4月・9〜10月頃などは工事の予約がいっぱいになっており、なかなか順番が回ってこないこともあります。

その場合はプロバイダに直接問い合わせを行いましょう。

プロバイダ名
au one netの問い合わせ先
@niftyの問い合わせ先
@T COMの問い合わせ先
ASAHIネットの問い合わせ先
BIGLOBEの問い合わせ先
DTIの問い合わせ先
So-netの問い合わせ先

まとめ

この記事では、auひかりの工事について詳しく解説しました。auひかりの申し込みから工事完了までは以下のような流れで行なわれます。

▼auひかりの申し込みから工事完了まで流れ

➀auひかり対応エリア内か確認する
②auひかりを申し込む
③開通工事日を調整する
④宅内機器を受け取る
⑤契約者が立ち合いのもと開通工事行う
⑥宅内機器を接続する
➆回線の初期設定を行う

▼申し込みから工事完了までかかる期間

  • ホームタイプ 1ヶ月~2ヶ月
  • マンションタイプ 3週間~1ヶ月

auひかりの申し込みを検討している方は、この記事の工事の流れや工事の内容、Q&Aなどをぜひ参考にしてみてください。



※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン