auの「かえトクプログラム」の概要・メリット・デメリットを徹底解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: au

au かえトクプログラム

auは「アップグレードプログラムNX」から「かえトクプログラム」という残価設定型の新しいスマホ購入補助プログラムを2020年2月21日から受付を開始しました。(以降、アップグレードプログラムNXは新規受付を終了。)

この記事では、これからauでスマホを購入・機種変更しようと考えている方は、知っておくべき「かえトクプログラム」のサービス概要やメリット・デメリットを解説します。

目次:

「かえトクプログラム」とは? サービス概要

かえトクプログラム
画像:au公式サイトより引用

「かえトクプログラム」は、”残価設定型”のスマホ購入補助プログラムです。

24回払いを条件に、購入機種の2年後の買取価格を残価(最終回支払い分)として設定し、本体価格から残価分を差し引くことで、23回の支払いまでは割賦料金が安くなります。

最終回支払い分については、新たな機種への買い替え時に「かえトクプログラム」で購入した機種をauに返却することで、免除されます。

ここでは、「かえトクプログラム」のサービス概要について、残価設定型、適用条件、対象機種、申し込み方法からもう少し紐解いて解説します。

残価設定型とは?

「かえトクプログラム」における”残価”は、スマホの2年後の価値を意味します。

機種ごとに、2年後にどれだけの需要がまだ残っているかによって残価を設定し、人気機種ほど残価は高く設定される傾向にあります。

そして、ユーザーはその残価を除いた金額分を分割で支払っていくこととなります。

残価分の支払いについては、以下2つのケースが想定されます。それぞれ次項で説明します。

①25カ月目に新しい機種へ買い替えする場合
②25カ月目に新しい機種へ買い替えしない場合

 25カ月目に新しい機種へ買い替えする場合

かえトクプログラム 25カ月目に新しい機種へ買い替えする場合
画像:au公式サイトより引用

上記の画像は、25カ月目に新しい機種へ買い替えする場合の最終回(残価)支払いイメージです。

25カ月目のタイミングで、「かえトクプログラム」対象端末をauに返却し、新しい機種を買い替えすることで、残価分は全て免除されます。

13ヶ月目時点から機種をauに返却することは可能ですが、24ヶ月分の支払いはいずれにしても必要なため、24ヶ月間利用した後に、25ヶ月目に新しい機種への買い替えをすることで、最も損がない形で免除を受けることが可能です。

 25カ月目に新しい機種へ買い替えしない場合

かえトクプログラム 25カ月目に新しい機種へ買い替えする場合
画像:au公式サイトより引用

上記の画像は、25カ月目に新しい機種へ買い替えしない場合の最終回(残価)支払いイメージです。

25ヶ月目に新しい機種へ買い替えしない場合は、最終回支払い分(残価)を24回の分割払い、もしくは一括払いにて支払うこととなります。

25ヶ月目から支払いが完了する48ヶ月目の途中で機種をauに返却し、新しい機種へ買い替えをした場合には、買い替えた月の請求分を含めた残価の残債分が免除されます。

適用条件

適用条件は主には以下の2点です。

①対象機種を12カ月以上利用した後、auショップ・au取扱店でauのスマートフォン・ケータイ・タブレット・ルーターのいずれかを購入すること
②かえトクプログラムで購入した機種をauに返却すること

なお、au Online Shopからの申し込みはau回線を契約中の方に限り、機種の返却はau取扱店のみに限ります。

対象機種

Androidスマホだけでなく、iPhoneも「かえトクプログラム」の対象機種です。具体的な対象機種は以下の通り。

iPhone

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 8

Android™

Xperia 1 II SOG01、Galaxy S20 5G SCG01、Galaxy S20+ 5G SCG02、AQOUS R5G SHG01、Galaxy Z Flip SCV47、Xperia5 SOV41、Xperia8 SOV42、Xperia1 SOV40、Galaxy Note 10+ SCV45、Galaxy A20 SCV46、Galaxy S10 SCV41、Galaxy A30 SCV43、AQUOS zero2 SHV47、AQUOS sense3plus サウンド SHV46、AQUOS sense3 SHV45、AQUOS sense2 SHV43、AQUOS sense2 かんたん 、URBANO V04、TORQUE G04、HUAWEI P30 lite Premium(HWV33)、BASIO4、BASIO3、LG it LGV36

申し込み方法

「かえトクプログラム」の申し込みは、auショップやau取扱店、au Online Shopから行うことができます。

ただし、前述の通り、au Online Shopからの申し込みはau回線を契約中の方に限ります。

また、「かえトクプログラム」は端末申し込み時のみの加入で、途中加入をすることはできません。なお、プログラム料は無料です。

「かえトクプログラム」のメリット

かえトクプログラム メリット

ここでは、「かえトクプログラム」に加入するメリットをご紹介していきます。

「かえトクプログラム」を活用することで、機種を安く利用することが可能です。

最新iPhoneの残価率が高い

iPhone 11、iPhone 11 ProをはじめとしたiPhoneの最新シリーズは、2年後の価値が高いと判断されており、他機種に比べても残価が高く設定されています。

その残価率はおおよそ定価の40%程度です。この残価率が高いほどユーザーが負担する実質負担金額は安くなります。

したがって、「かえトクプログラム」に加入することで、最新のiPhoneは最大で定価の40%ほど割引されて安く利用することが可能です。

Apple
iPhoneシリーズ

端末のご購入はこちら

auの回線契約がなくても利用できる

「かえトクプログラム」はauの回線契約無しで加入することができます。

つまり、端末単体をプログラムを使うことで安く購入することができ、格安SIMと組み合わせてさらに安く利用するといったことも可能です。

SIMフリー版を購入するよりも、「かえトクプログラム」を利用することでお得に機種を利用することが可能で、クレジットカードの支払いであれば即日SIMロック解除も可能です。

「かえトクプログラム」のデメリット・注意点

かえトクプログラム デメリット・注意点

ここでは、「かえトクプログラム」に加入する際の注意点をご紹介していきます。

上手に活用すれば、スマホがお得に利用できる「かえトクプログラム」ですが、いくつかの注意点があります。

返って損をしてしまうケースもあるので、必ず確認しておきましょう。

端末故障の場合は最大22,000円の支払いが必要なケースもある

以下のケースの場合、特典利用の際に故障時利用料が必要です。

支払いが必要な例 Android™向け「故障紛失サポート」に加入している場合 左記サポートへの加入なし
・電話機本体や液晶に破損や割れがある
・電源が入らない
・充電ができない
2,200円(不課税) 22,000円(不課税)
・メーカー指定箇所の水濡れシールに水濡れ反応がある など    

また、以下の場合はそもそも特典を利用することはできません。

・暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
・製造番号が確認できない
・改造などメーカーの保証外となるような場合
・故障・破損が著しい場合

かえトクプログラムに加入する場合は、あらかじめ各種保証サポートに加入しておくことをおすすめします。

次回もauで機種を買い換える必要がある

「かえトクプログラム」は対象機種をauに返却するだけでなく、引き続きauで機種を買い替えて初めて特典が利用できます。

つまり、どこかで機種を返却のみとする、もしくは使い続けない限りは、「かえトクプログラム」のループからは離脱することはできません。

機種を買い替えずに返却のみとする場合は、下取りと同等の扱いとなり、au既定の条件・価格での買い取りとなります。

新しい機種へ買い替えた日の翌月25日までに返却する必要がある

「かえトクプログラム」対象機種の返却は、郵送で行うことも可能ですが、郵送の場合は期限は、新しい機種へ買い替えた日の【翌月25日】です。(新しい機種へ買い替えた日の翌月末までにauでの検品まで完了する必要があります。)

au取扱店への持ち込みの場合は、新しい機種へ買い替えた日の翌月末までに持ち込む必要があり、期限を過ぎた場合は、支払い不要の特典は適用されません。

新機種との支払いが重複してしまう期間が発生しかねないので注意しましょう。

「かえトクプログラム」と「アップグレードプログラムNX」の違い

かえトクプログラム アップグレードプログラムNX 違い
画像:au公式サイトより引用

auは「アップグレードプログラムNX」から「かえトクプログラム」という残価設定型の新しいスマホ購入補助プログラムを2020年2月21日から受付を開始しました。(以降、アップグレードプログラムNXは新規受付を終了。)

既に「アップグレードプログラムNX」を利用しているauユーザーの方向けに、「かえトクプログラム」になったことで何が変わったのかを説明します。

大きく変わったことは割引方式です。「アップグレードプログラムNX」は、対象機種は一律で機種を36回分割で契約し、25ヶ月目以降の返却で、以降の機種代金を免除するというものでした。つまりは最大で機種代金の3分の1(3割)が免除されるという割引方式でした。

一方で「かえトクプログラム」は、あらかじめ機種ごとに2年後の価値を見据えた”残価”が設定され、その残価分が最大で割引される方式です。

つまり、前述した内容に補足すると、「かえトクプログラム」に変わったことで、残価率が高く設定される傾向にある人気機種ほど、「アップグレードプログラムNX」よりもよりお得に利用できるようになりました。

  かえトクプログラム適用時 アップグレードプログラムNX適用時
iPhone 11(128GB)の場合 56,810円(税込)〜 64,320円(税込)〜

「かえトクプログラム」と「下取りプログラム」はどっちがお得?

かえトクプログラム 下取りプログラム
画像:au公式サイトより引用

今回は、iPhone 11を「かえトクプログラム」を利用して端末を買い替えた場合と、「下取りプログラム」を利用して端末を返却した場合ではどちらが割引額が大きいのかを比較して検証します。

iPhone 11(128GB)を購入時に「かえトクプログラム」を適用し、25ヶ月目に返却した場合は、その割引額は39,669円(税込)です。

現状iPhone 11は「下取りプログラム」の対象端末ではありませんが、前モデルのiPhone XR(128GB)の下取り価格を例に想定すると、その割引額は36,300円です。

したがって、「下取りプログラム」を利用するよりも機種購入時に「かえトクプログラム」に加入した方が最大割引額は高くなる可能性が高いです。

まとめ:「かえトクプログラム」はどういう人におすすめ?

かえトクプログラム まとめ

「かえトクプログラム」のサービス概要とメリット・デメリットをご紹介してきましたが、各要点をまとめた上で、加入をおすすめしたい人は以下の通り。

・2年スパンで最新機種へ買い替えていきたい新しいモノ好きの人
・最新のiPhoneシリーズを安く手に入れたい人
・格安SIM+最新機種の組み合わせでスマホを少しでも料金をお得に運用したい人
・今後もauでの契約を継続する人

「かえトクプログラム」の残価設定方の割引方式は、通信業界初の取り組みであり、ドコモやソフトバンクのスマホ購入補助プログラムでは以前の「アップグレードプログラムNX」と同じ割引方式で展開されています。

残価設定型の割引方式は、人気機種ほど免除額が高くなる傾向にあるので、とくに最新iPhoneを2年スパンで買い替えていきたいという人には最もおすすめのサービスです。

上手に活用してお得にスマホを利用していきましょう!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン