【2020年】おすすめモバイルルーター徹底比較! 選び方のポイントは5つだけ

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ルーター

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
モバイルルーター おすすめ 比較

家や外出先で使うために、モバイルルーターを使ってみようかと考えている方は多いと思います。いざ申し込もうとしても、たくさんの会社があって、どこが一番いいのか、なかなか判断が難しいですよね。

モバイルルーターといえば、大手回線事業者の「WiMAX」が有名です。WiMAXは信頼度も高いので、契約する方が多いのですが、意外にも注意点が多いことはご存じでしょうか。実は、人によってはWiMAX以外のモバイルルーターの方がおすすめできる場合もあったりします。

今回は、モバイルルーターを選ぶ際に注目してほしい5つの基本的なポイントをもとに、WiMAXを含めた各社を徹底比較。その結果わかった2020年おすすめのモバイルルーター5社を厳選して紹介します!

どんな部分を重視するかによっておすすめのルーターは変わってきます。この記事を読んでいただければ、ご自身にぴったりのモバイルルーターが必ず見つかりますよ。

目次:

モバイルルーターの選ぶときに見るべき5つのポイント

モバイルルーターの選ぶときに見るべき5つのポイント
モバイルルーターの選ぶときに見るべき5つのポイント (引用元:GMOとくとくBB公式ページ)

「モバイルルーター」とは、手のひらサイズ、もしくは持ち運びできるルーターのことです。

ルーターとは、ネットワークのルーティング(routing:経路の決定)、つまりネットワークを道案内する機器のことで、二つ以上の異なるネットワーク間を相互接続するものになります。複数台のパソコンやサーバのつながったネットワーク同士をつなぎ、通信を成り立たせる役割を果たしている機器なのです。

外出先で頻繁にネットワーク環境が必要な方は、モバイルルーターを持ち歩いておけば、いつでもどこでも快適なネットワークを構築できます。

そんな「モバイルルーター」ですが、種類も多くてどんなものを選んでいいのか比較方法もわからない方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、ここではモバイルルーターを選ぶときの5つのポイントを紹介します。

ぜひ、ご自身にぴったり合うルーターを見つける参考にしてください!

①:エリアの広さ

まずは、ご自身の利用エリアがモバイルルーターの対象エリアであることが大前提です。エリアが外れていては、せっかく購入しても使えないので、契約前には必ずエリア確認をおこなってください

今回は、どこに住んでいる人でも使えるように、エリアが全国区のものだけを紹介しています。

ただし、モバイルルーターはエリア内でも障害物に当たると電波がつながりにくくなる場合があるので、使用環境には注意が必要です。

②:データ容量や速度制限の内容

以前は通信の混雑を緩和して品質を保つために、またはネットワーク利用の公平性のために、通信制限を設けて運用している会社がほとんどでした。

しかしいまや、無制限が基本です。会社によってはどれだけ使っても速度制限がかからない完全無制限サービスもありますので、使いやすさを重視するなら月間データ無制限のものを選びましょう

③:実質料金の安さ

実質料金とは、ユーザーが実際に支払う金額です。

実質料金は、契約期間全体でかかる月額料金に、キャッシュバックで還元される金額や、事務手数料など、支払いに関するすべての項目を反映させることで算出します。

(例)GMOとくとくBB WiMAXを契約した場合の実質料金

【契約条件】
契約プラン:ギガ放題プラン3年間
契約機種:W06
オプション:なし
支払い方法:クレジットカード

月額料金 1~2ヶ月:3,609円
3~36ヶ月:4,263円
契約事務手数料 3,000円
端末代金 0円
キャッシュバック 27,000円
キャッシュバック受け取り期間 12ヶ月目
2年間の実質料金 72,504円

※価格はすべて税抜

モバイルルーターの月額料金は次第に値上がりしていく場合が多いので、サイトや広告の最安料金に惑わされてはいけません。

安いところで契約したいと考えている人は、上のように契約期間全体でかかる月額料金、初期費用、キャンペーン還元額を加味した実質料金で判断するようにしましょう

④:契約期間の長さ

契約期間の長さというのは、いわゆる「縛り期間」のことです。モバイルルーターの契約期間は2年または3年に設定されているところが多いですが、その場合、途中解約をすると違約金が発生してしまいます。

そのため、すぐ解約する可能性のある人は、いつ解約をしても違約金が発生しないレンタル型モバイルルーター「縛りなしWiFi」の一択になります!

縛りなしWiFiについては短期間で解約する可能性があるなら「縛りなしWiFi」でスペックや料金などをくわしく解説しているので、あわせてご覧ください。

⑤:機種のスペック

モバイルルーターは、機種によって最大速度や速度を安定させる機能などのスペックがまちまちです。

基本的に最新機種を選んでおけば問題ありませんが、ユーザーがTwitterや「みんそく」などで挙げている実測値も調べてみると、よりどの機種が使いやすいのかがはっきりします。

また、モバイルルーターは外出先での利用がメインとなるので、スペックの高さだけでなく、「持ち歩きやすいか」「操作は簡単にできるか」という点にも注目するといいでしょう。

また、電池持ちが気になる人はバッテリー容量も見ておくと安心でしょう。

【2020年最新】比較してわかったおすすめモバイルルーター5社!

【2020年最新】比較してわかったおすすめモバイルルーター5社!
【2020年最新】比較してわかったおすすめモバイルルーター5社!

モバイルルーターは、別途回線事業者との契約が必要です。大手3大キャリアはもちろんのこと、ベンチャーなど数多くの事業者がモバイルルーター市場に参入し、さまざまなサービスを打ち出しています。

そこで実質料金や月間データ通信量などすべての項目を比較し、「これなら使いやすい!」と思える機種を独自に5社ほど厳選しました!

今回、選んだモバイルルーターが以下の5種類です。

  実質料金(2年間) 月間データ量 速度制限の有無 最大速度(Mbps) 契約期間 提供エリア
上り 下り
ゼウスWiFi 79,920円 無制限 なし 50 150 2年 ・日本全国・世界106ヶ国
モバレコエアー(※据置型) 54,528円 無制限 なし 10 962 2年 日本全国
NEXT mobile 60,600円 20GB
※30GBも選択可
契約プラン超過で月末まで128kbps 50 150 2年 日本全国
縛りなしWiFi 80,200円 無制限 1日2GB超過で当日のみ制限 75 1,200 なし 日本全国
WiMAX 72,504円 無制限 3日で10GB以上使うと翌月末まで128kbps 75 1,200 3年 日本全国

※価格はすべて税抜

※2年間の実質料金を記載

この中でよく名前を聞くのは、CMでもおなじみ、美人タレントさんを3人も起用して宣伝している「WiMAX」かもしれません。ただし実はほとんどの場合、残り4社がリリースしているモバイルルーターのほうがおすすめです。

以下ではWiMAXを含めた全5社のモバイルルーターについて詳しく解説しているので、どれがご自身に合うかチェックしてみてくださいね!

無制限モバイルルーターなら「ゼウスWiFi」

 無制限モバイルルーターなら「ゼウスWiFi」
無制限モバイルルーターなら「ゼウスWiFi」(引用元:Zeus WiFi公式ページ)

ZEUS(ゼウス)WiFi」は、茨城県つくば市を本拠地とする「株式会社Human Investment」が運営するモバイルルーターサービスの名称です。

設立は2010年。利用者満足度の高いモバイルルーター運営事業者として着実に実績を重ねてきています。

どれだけ使っても速度制限がかからず、トリプルキャリアでどこにいてもサクサクつながり、海外でも電源をONにするだけでそのまま使えます。

【ゼウスWiFiの主な特徴】

提供エリア 日本全国世界106ヶ国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 なし
最大速度 下り 150Mbps
上り 50Mbps
使用回線 ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間 2年
月額料金 初月 2,980円の日割り
2~6ヶ月 2,980円
7ヶ月~ 3,280円
初期費用 3,000円
キャンペーン還元額 6,600円
2年間の実質料金 79,920円

※価格は全て税抜き

ゼウスWiFiの通信速度は最大150Mbpsなので、この点は最大1.2Gbpsが出るWiMAXと比べると負けてしまいます。しかし、最大150Mbpsも出ていれば通常利用に何ら問題ないので、よほどのヘビーユーザーでなければ迷わず契約してOKです!

ゼウスWiFiには以下のような特徴があります。

 3大キャリアの回線を使った圧倒的なつながりやすさ

ゼウスWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの回線からその都度もっともつながりやすい回線を自動的に選んでくれるモバイルルーターです。

最大速度ではWiMAXに劣っているものの、地下やトンネル、山間部、諸島部、コンクリ建物内などではつながりにくくなるので、つながりやすさではゼウスWiFiといえるでしょう!

その秘密は、「クラウドSIM」という回線技術を採用しているためです。

クラウドSIMとは、クラウドサーバー上でSIMが管理されているため、自動でSIMの切り替えが可能であり、その場その場で最適な回線に切り替えてくれます。

従来のSIMカード形式では、SIMを端末に差し込み、それを読み取って回線サービスを受け取っていました。違う回線サービスを使いたい時には、SIMカードを差し替えなければならなかったのです。

クラウドSIMは差し替えをしないでも、その場で最適な回線を掴んでくれる仕組みになります。

 データ量・速度制限なしの「完全無制限」ルーター

ゼウスWiFiは他社モバイルルーターと同じように、毎月どれだけ使っても速度制限がかかりません

WiMAXなどが設けている「月間○○GB使うと厳しい速度制限」「1日または3日で○○GB使うと軽い速度制限」といった制限もないので、どんな使い方をしても一切速度が落ちない点が大きな特徴です。

 実施料金は無制限WiFiで最安値

ゼウスWiFiは、端末にSIMカードを挿入しないクラウドSIMと呼ばれる部類のモバイルルーターです。

クラウドSIM系の無制限モバイルルーターは種類が多く、ゼウスWiFi以外にも、Mugen WiFi、どんなときもWiFi、THE WiFi、めっちゃWiFi、よくばりWiFiなどがあります。

ただし、以下の表からもわかるとおり、無制限WiFiの中でもゼウスWiFiは実質料金が最安値となっているので、安さに特化した無制限WiFiを使いたいならゼウスWiFi一択ですよ!

【クラウドSIM系の無制限モバイルルーター比較】

  月額料金 2年間の実質料金
ゼウスWiFi ~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,280円
79,920円
Mugen WiFi 3,280円 81,720円
どんなときもWiFi 3,480円 86,520円
THE WiFi ~3ヶ月目:3,480円
4ヶ月目~:3,842円
91,122円
めっちゃWiFi 3,480円 86,520円
よくばりWiFi 3,450円 86,600円

※価格はすべて税抜

 海外でもそのまま使える

ゼウスWiFiは海外でも電源をONにするだけでつながります。クラウドSIMなので、そのまま海外でも利用できます。

SIM情報をクラウドで管理しているため、日本はもちろん、世界中どこでも電波がつながる範囲が広く、現地で最適な回線につないでくれます。

料金プランも定額料金なので安心。300MB/1日・1GB/7日・3GB/30日から選べます。

最近では、こうした比較的安価で便利なクラウドSIMのモバイルルーターを手配してから、海外へ行く人が増えています。

 万が一満足できなかった場合は無料解約できる

万が一満足できなかった場合は無料解約できる
万が一満足できなかった場合は無料解約できる(引用元:Zeus WiFi公式ページ)

ゼウスWiFiは通常、契約期間中に解約をすると9,500円の解約金がかかります。

しかし、課金開始日から8日以内にキャンセル手続きをすれば「初期契約解除制度」が適用されるので、解約金を支払うことなく解約可能です。

また、課金開始日から8日経過後に解約したくなったときは、「あんしん解約サポート」を使うと契約期間内でも解約金不要で指定固定回線に乗りかえ可能です。
もちろん解約金はかからないので、「思ったほど速度が出ない」「やっぱり固定回線がいい」という場合は、あんしん解約サポートを利用してみるといいでしょう。

ただし、初期契約解除制度もあんしん解約サポートも事務手数料の支払いは免除されません。さらに、解約時に端末へ不具合があったときは端末損害金として18,000円が請求されてしまうので、注意をしましょう。

自宅だけで無制限ルーターを使うなら「モバレコエアー」

自宅だけで無制限ルーターを使うなら「モバレコエアー」
自宅だけで無制限ルーターを使うなら「モバレコエアー」(引用元:モバレコAir公式ページ)

工事なしでインターネットを引く手段として、持ち運べるモバイルルーター以外に、自宅に据置く形のルーター(ホームルーター)もあることはご存知でしょうか?
据置き型ルーターは、コンセントを差し込むだけで使える室内用のルーターで、工事することなくインターネット接続ができますよ。

ただし持ち運べるモバイルルーターとはサイズも大きくなるため、ルーターとしての性能はモバイル型より上です。
インターネットを使うときはほぼ自宅という方は、据置き型のルーターをおすすめします。

その中でもイチオシなのは、「モバレコエアー」です。

「モバレコエアー」とは、ソフトバンクエアーのインターネット回線を使用し、独自ブランドとして公式よりも安価に提供しているサービスです。

ソフトバンクエアーとまったく同じ機種を安く使えるうえに、固定回線並の安定した高速通信を速度制限なしで使えます。しかもソフトバンクユーザーなら、スマホ料金が毎月最大1,000円安くなるのも魅力です。

【モバレコエアーの主な特徴】

提供エリア 日本全国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 なし
最大速度 下り 962Mbps
上り 10Mbps
使用回線 ソフトバンク
契約期間 2年
月額料金 ~2ヶ月 1,970円
3ヶ月~ 3,344円
初期費用 3,000円
キャンペーン還元額 65,592円
2年間の実質料金 54,528円

※価格は全て税抜き

※エアーターミナルを購入した場合の料金を記載

上の料金を見てもわかるとおり、モバレコエアーはソフトバンクエアーとまったく同じサービスを格安で使える点が大きな特徴です。

据置き型ルーターですから開通工事をすることなく、コンセントを差し込めば固定回線並の高速WiFiが使えるようになるので、家でしかネットを使わない人は、モバレコエアーがもっともおすすめですよ!

ほかにもモバレコエアーには以下の特徴があります。

 データ量・速度制限なし、モバイルルーターよりも高速

モバレコエアーはデータ通信量に制限がないので、毎月どれだけインターネットにつないでも速度制限がかかりません

また、モバレコエアーは固定回線並に安定した高速通信を利用できるので、モバイルルーターよりサクサクつながります!

使用回線はソフトバンク回線なので、全国どこでも利用できますし、回線状況が不安定になることもありませんよ。

 実質料金は無制限のモバイルルーターで最安値

モバレコエアーは、なんと、ソフトバンクエアーで実施されているキャンペーンも併用できます。

これが格安の秘密です。

現在ソフトバンクエアーでは、契約者全員に25,980円のキャッシュバックをおこなっています!

モバレコエアーの料金はキャッシュバックがなくても十分安いのですが、この期間限定キャッシュバックがあることで、現在は通常よりさらに実質料金が安くなっているんです!

【モバレコエアー料金表(ソフトバンクエアー25,980円キャッシュバック適用)】

  モバレコエアー通常価格 ソフトバンクエアーキャッシュバック適用価格
月額料金 ~2ヶ月 1,970円
3ヶ月~ 3,344円
初期費用 3,000円
キャンペーン還元額 39,612円 65,592円
2年間の実質料金 80,508円 54,528円

※価格はすべて税抜

※エアーターミナルを購入した場合の料金を記載

また、【2020年最新】比較してわかったおすすめモバイルルーター5社!の表からもわかるとおり、モバレコエアーは今回ご紹介した無制限モバイルルーターの中で実質料金が最安値となっています。

「インターネットはほぼ自宅でしか使わない」「安さにこだわりたい」という人にはモバレコエアーが最適なので、ぜひ検討してみてください。

 ソフトバンクユーザーはスマホの料金も割引される

モバレコエアーを契約した人は、ソフトバンクのセット割である「おうち割 光セット」がオプション契約なしで適用できるうれしい特典もあります。
通常、おうち割 光セットを適用させるためには「ひかり電話」などのオプション加入が必要なので、これは非常にお得です!

ちなみに、おうち割 光セットはソフトバンクスマホ1回線につき最大1,000円/月の割引が最大10回線まで適用されます。

ということは、家族の中で3人以上がソフトバンクユーザーなら、毎月最大3,000円以上の割引が入るので、家族にソフトバンクユーザーが多いほどモバレコエアーの実質料金が0円に近づくというわけですね!

 全額返金保証つきでお試し利用できる

全額返金保証つきでお試し利用できる
全額返金保証つきでお試し利用できる(引用元:モバレコAir公式ページ)

モバレコエアーでは公式特典として「あんしん補償」をおこなっています。

あんしん補償を利用するためにはエアーターミナルをレンタル契約する必要があるので、購入する場合より月額料金が少し高くなりますが、以下の補償を受けられますよ。

・契約2ヶ月以内なら、解約金無料で解約できる
・2ヶ月間以内の解約なら、契約期間中に発生した料金を全額返金してもらえる

通常、解約金を払わず解約したいのなら更新月で解約をするか、契約から8日以内に解約をするしかありません。しかし、あんしん補償を利用すれば、ゆっくり試して本当にモバレコエアーが自分に合うのかを確認できるので、安心ですね!

とにかく価格重視なら「NEXT mobile」

とにかく価格重視なら「NEXT mobile」
とにかく価格重視なら「NEXT mobile」(引用元:NEXT mobile 公式ページ)

とにかく安くモバイルルーターを使いたい方には、「NEXT mobile」がおすすめです。

NEXT mobileは、ソフトバンクの回線を使用しています。モバイルルーター業界最安水準の月額料金で、無制限ではないものの毎月20~30GBも使えます。20GBなら毎月40時間、30GBなら60時間もYouTubeを視聴できるので十分です。

また、ソフトバンク回線だから国内どこでもつながります。

【NEXT mobileの主な特徴】

提供エリア 日本全国
月間データ量 20GB/30GB
速度制限の有無 月間データ容量を超えると、月末まで128kbpsの制限
最大速度 下り 150Mbps
上り 50Mbps
使用回線 ソフトバンク
契約期間 2年
月額料金 20GB 2,400円
30GB 2,700円
初期費用 3,000円
キャンペーン還元額 0円
2年間の実質料金 20GB 60,600円
30GB 67,800円

※価格はすべて税抜

【2020年最新】比較してわかったおすすめモバイルルーター5社!の比較表でも見たとおり、NEXT mobileは今回ご紹介するモバイルルーターの中で2年間の実質料金がもっとも安い点が大きな特徴です!

ほかのモバイルルーターのように使い放題プランはありませんが、格安料金で毎月最大30GBも利用できるので、「データ量の制限があってもいいから、とにかく安く使いたい!」という人におすすめです。

以下でNEXT mobileの特徴をさらに詳しく解説していきましょう。

 30GBまでのデータ量で圧倒的なコスパの高さ

NEXT mobileには、月間データ使用量20GBもしくは30GBの2プランが用意されています。

そのかわりよく耳にする、3日で10GB、などといった1日の利用制限はありません。
月間データ使用量に制限があるのが特徴です。

とはいえ、20GBプランも30GBプランも以下の表からわかるとおり、モバイルルーター業界で最安値の実質料金となっています。

ルーター名 2年間の実質料金
NEXT mobile 20GB 60,600円
30GB 67,800円
ゼウスWiFi 79,920円
縛りなしWiFi 80,200円
WiMAX 72,504円

※価格はすべて税抜

月間データ容量に制限があると聞くと不安になるかもしれませんが、1GBはYouTubeを2時間視聴できるデータ容量なので、20GBなら毎月40時間、30GBなら60時間も視聴できます。毎月これだけ使えればヘビーユーザーでも速度制限を気にせず使えます!

2年間の実質料金も他社モバイルルーターより約2万円も安いので、コスパのよさで選ぶならNEXT mobileですよ。

 ソフトバンク回線だから全国で使える

NEXT mobileで使用している回線はソフトバンクです。ソフトバンク回線は人口カバー率99%以上という公式データが出ていて、日本国内ならほとんどの場所でつながります。

旅行先や出張先でも、NEXT mobileをもっていればどこでもWiFiにつながり、動画はもちろんゲームも楽しめます。

 万が一不満があれば無料解約できる

万が一不満があれば無料解約できる
万が一不満があれば無料解約できる(引用元:NEXT mobile 公式ページ)

NEXT mobileは20GBプランも30GBプランも2年自動更新なので、更新月以外のタイミングで解約をすると以下の解約金がかかります。

契約期間 解約金
0~12ヶ月 19,000円
13~24ヶ月 14,000円
25ヶ月目(更新月) 無料
26ヶ月目以降(更新月以外) 9,500円

※価格はすべて税抜

しかし、「いつでも解約サポート」を使えば、更新月が来ていなくても解約金を払うことなく他社回線に乗換えられますよ。乗りかえ先はNEXT mobileの指定する回線です、複数の回線から今の状況にぴったり合うものを探してくれるので安心です。

いつでも解約サポートはいつでも利用できるので、もし「思っていたより速度が出ない」「やっぱり固定回線にしたいな」と思ったら、気軽に申込んでみましょう。

短期間で解約する可能性があるなら「縛りなしWiFi」

短期間で解約する可能性があるなら「縛りなしWiFi」
短期間で解約する可能性があるなら「縛りなしWiFi」(引用元:縛りなしWiFi 公式ページ)

所用で短期間だけWiFiルーターを使いたいという方には、レンタルという方法もあります。そのかなでもイチオシレンタルWiFiは「縛りなしWiFi」です。

「縛りなしWiFi」の運営会社「フォン・ジャパン株式会社」は、スペインが本拠地「FON」の現地法人です。「FON」は世界150ヶ国、2,300万以上のWiFiアクセスポイントを有する、世界最大のグローバルWiFiコミュニティとうたっています。

特徴的なサービスとして、1ヶ月使えばいつ解約をしても解約金0円になり、月間データ使用量に制限がなく、1日2GBも使えます。WiMAXまたはソフトバンク回線が利用できるので、全国どこでも通信可能です。

【縛りなしWiFiの主な特徴】

提供エリア 日本全国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 1日2GBを超過すると、当日のみ速度制限
最大速度 下り 1.2Gbps
上り 75Mbps
使用回線 WiMAX/ソフトバンク
契約期間 なし
月額料金 3,300円
初期費用 1,000円
キャンペーン還元額 0円
2年間の実質料金 80,200円

※価格はすべて税抜

※W06を利用した場合の速度を記載

モバイルルーターを数ヶ月間だけ利用したい人にはレンタルWiFiがおすすめです。
その中でも使いやすいのが「縛りなしWiFi」になります。

「縛りなしWiFi」はその名のとおり契約期間に縛りがないので、「自宅のネット環境をとりあえず整えたい」「年単位で契約期間を縛られるのが嫌だ」という人に向いていますよ。

ちなみに、縛りなしWiFiでは、二つのプランが用意されています。

・契約期間に縛りのない「縛りなしプラン」
・契約期間に縛りのある「縛っちゃうプラン」

今回は、レンタルWiFiをお得に使いたい人向けの内容なので「縛りなしプラン」の案内にとどめます。縛っちゃうプランが気になる方は、公式サイトを確認しください。

 1ヶ月使えばあとはいつでも解約無料!

縛りなしWiFiは、縛りなしプランで契約をすると、1ヶ月間だけ利用すればいつ解約をしても解約金がかかりません。通常、モバイルルーターは1年以内に解約をすると2万円近い解約金を請求されるので、これは非常にうれしいですね!

 エリアは全国区

縛りなしWiFiでは、WiMAXとソフトバンク2回線を使用しています。
自宅に届く端末によってどちらの回線が利用できるかが決まるのですが、WiMAX回線もソフトバンク回線もエリアは全国区なので、国内に住んでいる人なら安心です。

 通常利用には問題ない「1日あたり最大2GB」の容量

縛りなしWiFiの通常プランは、1日2GBが使えて月額3,300円というお得なプランになっています。

1日2GB以上使うと速度制限がかかりますが、制限がかかるのは当日だけですし、月間データ使用量に制限はないので、通常利用の範囲内であれば十分なデータ量です。

ただし、1日2GBは重いデータ通信を頻繁にするヘビーユーザーや、仕事でネットを多用するテレワーカーなどには少ない容量です。そんな方はやはり、1日の利用量に制限のない他社モバイルルーターを契約したほうが安心でしょう。

機種のスペックを重視するなら「WiMAX」

機種のスペックを重視するなら「WiMAX」
機種のスペックを重視するなら「WiMAX」(引用元:UQ WiMAX公式ページ)

「WiMAX」は、女性タレントを3人も起用しているCMでもおなじみ、UQコミュニケーションズ株式会社が運営するモバイルルーターです。

端末のスペックが高く、親会社はKDDIですから、WiMAX2+回線だけでなく、同じグループのau回線も使えるので、つながりやすさは折り紙つきです。契約窓口によって実質料金が変わるのも特徴的です。

【WiMAXの主な特徴】

提供エリア 日本全国
月間データ量 無制限
速度制限の有無 ・3日で10GBを超過すると、翌月から夜間のみ直近3日間の合計データ使用量が10GBを下回るまで1Mbps
・ハイスピードプラスエリアモードで月7GBを超過すると、月末まで128kbps
最大速度 下り 1.2Gbps
上り 75Mbps
使用回線 WiMAX2+
au4G LTE
契約期間 3年
月額料金 1~2ヶ月 3,609円
3ヶ月~ 4,263円
初期費用 3,000円
キャンペーン還元額 27,000円
2年間の実質料金 72,504円

※価格はすべて税抜

※W06を利用した場合の料金を記載

※プロバイダGMOとくとくBBのキャッシュバック特典適用後の料金を記載

WiMAXは使用端末をユーザー側で選ぶことはできません。ただしどの機種が届いても、クラウドSIM系の無制限WiFi端末よりもスペックが高いので、機器のスペックの高さを重視したいならWiMAXがおすすめです!

【現在WiMAXでレンタルできる最新端末「WX06」と「W06」のスペック表】

  WX06 W06
最大通信速度 下り 440Mbps 1.2Gbps
上り 75Mbps 75Mbps
連続通信時間 約14時間 約9時間
重量 127g 125g
最大同時接続台数 16台 16台

WiMAXはルーターのスペックが高いかわりに、実質料金も高めに設定されています。
実質料金でみると、やはり無制限モバイルルーターのほうがお得です。

ただ、ルータースペックが負けていても、無制限モバイルルーターは、トリプルキャリアが使えたり、データ通信量が完全無制限だったりしますので、使い勝手の良さでは負けていません。

WiMAXはスペック以外にも、いろいろなメリットがあるので、以下でご紹介しておきましょう。

 エリアは全国区!人口カバー率99%以上

WiMAXでは基本的にWiMAX2+という独自の回線を使います。WiMAX2+回線は、建物内部や障害物が多いところ、山間部や諸島部などではつながりにくくなります。

しかし同時にau回線も利用できるので、総合的にみると日本全国どこでも利用できるようになっています。

WiMAXはWiMAX2+回線とau回線を併用することで、人口カバー率99%以上を実現できているのです。

 「ギガ放題プラン」で月間無制限になる【注意点あり】

WiMAXといえば月間データ使用量に制限のない「ギガ放題プラン」が有名ですが、ギガ放題プランにも実は以下のように速度制限がかかるルールがあります。

【ギガ放題プラン 速度制限ルール】

3日間で10GB以上の利用 翌日から夜間のみ1Mbpsまで制限(夜間以外は通常速度)
ハイスピードプラスエリアモードを7GB以上利用 月末まで128kbpsに制限される

特に、ハイスピードプラスエリアモードを使いすぎて128kbpsに制限されてしまうと、ブラウザのトップページすら開けない状態になってしまうので、注意が必要です。

 実質料金最安プロバイダは「GMOとくとくBB」

実質料金最安プロバイダは「GMOとくとくBB」
実質料金最安プロバイダは「GMOとくとくBB」(引用元:GMOとくとくBB 公式ページ)

WiMAXは、多くの窓口が独自のキャンペーンをおこなっているため、契約窓口を変えるだけで実質料金を大幅に安くできます

おすすめ窓口は「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBから申し込めば、高額キャッシュバックをもらえるので、WiMAXで契約したい人は実質料金をおさえられますよ。

キャッシュバック額 最大27,000円
キャッシュバック条件 ・キャンペーンページから申し込むこと
・端末発発送月を含む11ヶ月後に送信されるメールへ、翌月末日までに返信すること
※メール送信先はGMOとくとくBB契約時に作成したアドレス
2年間の実質料金 72,504円

※価格はすべて税抜

モバイルルーターを契約する前のチェック項目

モバイルルーターを契約する前のチェック項目
モバイルルーターを契約する前のチェック項目

モバイルルーターは、いつでも自分専用のネットワーク環境を構築できるのは便利なのですが、ライフスタイルと合っていなければ無用の長物になってしまいます。
外出先でちょっとスマホをいじる程度でしたら、モバイルルーター以外のほうがいいかもしれません。

モバイルルーターの契約を検討している人は、契約前に必ず以下の5つの項目をチェックしてみてください。

・そもそも自分は固定回線でなく、モバイルルーターを契約したほうがいいのか
・「無制限」の内容はどんなものなのか
・実測値はどれくらい出るのか
・自分の住所はサービス対象エリアに入っているのか
・キャッシュバックの受け取り条件が厳しくないか

さっそく各項目の詳細を解説していきましょう。

そもそも自分にモバイルルーターがあっているかどうか

モバイルルーター自体には、以下のメリットとデメリットがあります。

【メリット】

・工事不要ですぐ使える
・持ち運びできる(モバレコエアーなど、据置き型を除く)
・月額料金が安い
・お試し利用ができる

【デメリット】

・光回線より速度が控えめ
・使い方によっては速度制限をかけられる可能性がある
・電池が切れると使えなくなる

モバイルルーターは手軽に使える反面、オンラインゲームや動画サービスなどを毎日何時間も楽しみたい人や、1日中ネットをつないで仕事をするハードユーザーにとっては少々使いにくい面もあります。

まずは現在の利用状況を振り返ってみて、固定回線とモバイルルーターどちらを契約したほうが快適に利用できるのか考えてみましょう。

「無制限」の内容がどんなものか

無制限モバイルルーターと一口にいっても、会社ごとに無制限としている内容は違います。
そのため、無制限とうたっている場合は、月間データ量が無制限なのか、速度制限がないのか、無制限の内容を明確にしておくことが肝心です。

中には月間データ使用量が無制限でも使い方次第で速度制限がかかってしまうところもあるので、内容は細かくチェックしておきましょう。

速度の実測値が出ているか

各社が最大速度としている数値は「ベストエフォート」といって、もっともいい条件下なら最大でここまでの速度が出せますよという値です。たとえ最大1Gbpsと表記されていても、実際に1Gbpsで通信できることはまずなく、実際は速くても400Mbpsあたりです。

この実際の速度を「実測値」というのですが、サイトによって実測値を公表しているところと、そうでないところがあります。回線速度を重視したい人は、最大速度より実測値を知ることが大切です。

もしサイト内に公表されていない場合は、Twitterの口コミや速度評価サイトなどを見て確認するようにしてください。

速度の実測値が出ているか

ほとんどのモバイルルーターは日本全国を対象エリアとしていますが、過疎地や島など、地域によっては対象エリアから外れている場合もあります。

もし「自分の住所は対象エリア外かも?」と心配な方は、無料でお試しできる「WiMAX」や「モバレコエアー」などを利用してみるといいでしょう。お試し期間中は料金が発生しないので、無料で使用感を試すことができます。

キャッシュバックの受け取り条件が厳しくないか

キャッシュバックは実質料金を大幅に安くできるので、とても魅力的ですよね。
しかし場合によっては、キャッシュバックの受け取り条件に有料オプションの加入を必須としていることもあるので要注意です。

また、有料オプションへの加入がなくても、数ヶ月後に届くメールからフォームにアクセスなど、ユーザーがアクションを起こさなければキャッシュバックを受け取れない場合もあります。

手続きを忘れてしまうとキャッシュバックは受け取れなくなってしまうので、キャッシュバックをもらいたい人は、リマインダー機能などを使い、もらい忘れのないようにしなければなりません。

それを回避する方法として、キャッシュバックではなく、月額料金割引を実施しているところを選ぶのも一つの対策となります。自動的に毎月割引が適用されるので、特典をもらい忘れる心配がありません。

もらい忘れが心配な方は、キャッシュバックタイプではなく、月額料金割引タイプを選んでみてください。

モバイルルーターはWebからの申込みがおすすめ!

モバイルルーターはWebからの申込みがおすすめ!
モバイルルーターはWebからの申込みがおすすめ!

モバイルルーターは、スマホキャリアの店舗、家電量販店、訪問営業・電話営業、Web窓口など、さまざまな場所から申込めますが、もっともお得なのはWeb窓口からの申込みです。

Web窓口はもっとも人件費がかからない申込み先なので、そのほかの窓口よりキャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーン還元額が高くなりやすい特徴があります。

そもそも、モバイルルーターに関してはWebでしか申込みを受け付けていない場合も多いです。今回ご紹介しているモバイルルーターの申込み先も、すべてWeb窓口からになりますので、安心してお得に手続きしてみてください。

まとめ

モバイルルーターは、固定回線のように工事をすることなく、手元に置くだけで簡単にWiFi環境が整うので、とっても便利です。

今回は、重視したいポイント別に5つのモバイルルーターをご紹介してきました。

無制限モバイルルーターを最安値で快適に使いたい ゼウスWiFi
無制限ルーターを使いたいけど、利用するのは自宅だけ モバレコエアー
とにかく安くモバイルルーターを利用したい NEXT mobile
短期間で解約する可能性がある 縛りなしWiFi
ハイスペックなモバイルルーターを使いたい WiMAX

自分のライフワークや使い方、月々の支払い料金やお住まいのエリアに合わせて選んでみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp