【2022年最新版】ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)ランキング!快適にプレイできる速度目安やPing値も解説

多くのゲーマーが抱える悩みといえば「ストレスフリーでゲームプレイできるWiFi(ネット回線)はどこ?」かと思います。

100社以上ある光回線から、最適な光回線をご自身で探すのは難しいことです。

実際「せっかくWiFi(ネット回線)を契約したのにラグがひどい」「すぐ落ちてしまってゲームどころではない」という声をSNSで見たことがある方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ストレスフリーでゲームがプレイできるWiFi(ネット回線)の選び方と、おすすめ契約先をランキング形式で紹介します!

この記事を読んでわかること
  • 通信速度・Ping値ともに安定している「光回線」を選ぼう
  • 光回線の料金が高いと感じるなら「スマホセット」できる回線がおすすめ
  • 光回線が導入できないなら「ホームルーター」がおすすめ
  • 「おすすめ光回線ランキング」から選べば失敗なし!

■【2022年最新版】ゲーマーにおすすめな光回線ランキング

ランキング 注目ポイント
【1位】auひかり
  • 大手通信会社ならではの安心感
  • 速度・Ping値ともに安定しており評判も良い
【2位】電力系回線
  • 地域限定の光回線
  • 引越し予定のない方(戸建て)におすすめ
【3位】Game with 光 ゲームメディア・プロeスポーツチームを運営している会社の光回線
【4位】hi-hoひかり with games
  • 2022年8月1日から提供開始の新サービス
  • オンラインゲーム・配信者向けの光回線
【5位】OCN光

光回線おすすめはこちら>

クリックでランキング詳細までスクロールします

ゲーム向きのWiFi(ネット回線)を選ぶコツは[Ping値][通信速度]です。

[Ping値]とは、回線のレスポンスや応答速度を示す指標で、数値が小さいほどラグが少なくなります。Ping値は回線やプロバイダの品質によって変わることも多いです。

[通信速度]はどれだけ速くデータを送受信できるか示す指標で、数値が大きいほど快適になります。Ping値には直接影響はありませんが、遅いとゲームの読み込みが不安定になります。

このことからゲームに最もおすすめなWiFi(ネット回線)は、低Ping値・高速通信できるゲーム専用の光回線もしくは回線混雑しにくい独自回線がおすすめです。

しかし費用が高めなので、できるだけ安く使いたいならスマホセット割が適用できる光コラボ回線を選びましょう。

もし工事・費用・エリアなどの関係で光回線の導入が難しいなら、光回線に次いで安定した通信ができるホームルーターがおすすめです。

■ ゲーマーにおすすめなホームルーターランキング

ランキング 注目ポイント
【1位】ドコモ home 5G ホームルーターのなかで最速級
【2位】GMOとくとくBB WiMAX ホームルーターのなかで最安級
【3位】Broad WiMAX
  • 他社から乗り換えでキャッシュバックあり
  • 契約期間なしプランあり
【4位】縛られないWiFi 端末レンタルで契約期間もなし
【5位】ソフトバンクエアー ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら安く使える

ホームルーターおすすめはこちら>

クリックでランキング詳細までスクロールします

おすすめホームルーターはこれだ!

高速通信 で選ぶなら /

home 5G

料金の安さ で選ぶなら /

モバレコエアー

目次:

オンラインゲームをするのに必要な数値の目安

オンラインゲームをするのに必要な数値の目安
オンラインゲームをするのに必要な数値の目安

オンラインゲームをストレスなく楽しむためには、[アップロード速度][ダウンロード速度][Ping値]に注目する必要があります。

ここからは上り速度・下り速度・Ping値とは何か、どれくらいの数値がゲームをするうえで最適なのか解説していきます。

[アップロード速度]50Mbps以上

アップロード速度は、機器からサーバーにデータを送信するときの速度です。上り速度とも呼ばれます。

アップロード速度が出ていないと、FPSなどで自分の動きが他プレイヤーにはカクついて見えるような事象が発生する可能性があります。

通信を必要としないゲームなどでは50Mpbs程度あれば十分ですが、他プレイヤーとも連携が必要になるFPSやTPSでは70Mbps以上必要です。

[ダウンロード速度]50Mbps以上

ダウンロード速度は、サーバーから機器へデータを受信するときの速度です。下り速度とも呼ばれます。

ダウンロード速度が出ていないと、他プレイヤーからは動きが自分にはカクついて見えます。

キャラクターの動きがカクつくと自分が思ったような操作ができず、「試合にならない」と難しく感じてしまうことも。

オンラインゲームをするなら、下り速度50Mbps〜100Mbps程度は欲しいところです。

[Ping値]30ms以下

Ping値とは、データを送信してから返ってくるまでの速度のことです。通信速度は数値が多ければ良いとされていますが、Ping値は低いほど良い状態だと考えましょう。

そのため、ゲームをしていていわゆる「ラグ」を感じる場合は、このPing値が高い状態です。

FPSやTPSは、動きに対するレスポンス速度が重要なので、実は上り速度や下り速度よりもPing値にもっとも注目すべきです。

CPU対戦がメインのゲームやシューティングゲームなどはPing値30ms以下、FPSやTPSを楽しみたいなら15ms以下が理想的です。

快適なゲームプレイ重視でWiFi(ネット回線)を選ぶなら「光回線」

ゲームに光回線がおすすめな理由
ゲームに光回線がおすすめな理由

WiFi(ネット回線)には、無線式WiFiルーター[ホームルーター][ポケット型WiFi]と、ケーブルを直接部屋まで引き込むタイプの[光回線]があります。

快適にゲームプレイを楽しみたいなら、光回線が最もおすすめです。光回線をおすすめする4つの理由について、それぞれ説明していきます。

ゲームに光回線がおすすめの理由

➀通信速度が速い
②ping値が低い
③通信が安定している
④速度制限を気にせずプレイできる

➀通信速度が速い

WiFi(ネット回線)の中で、最も通信速度が速いのが固定回線(光回線)です。固定回線は電線から光ファイバーを引き込むため、有線で大容量のデータ伝送ができます。

固定回線の最大速度は概ね1Gbpsで、ホームルーターやポケット型WiFiよりも速く設定されています。さらに有線での接続を行えば、電磁波や障害物などの影響をほとんど受けずに済むのも大きなメリットです。

ゲームの中でもFPSのように終始大量のデータを送受信するタイプは、ある程度の通信速度を維持できないと、途中で止まったり落ちたりする可能性があります。そのため、データの伝送方法や最大速度の違いから、光回線がゲームに最適な回線だと言えます。

②ping値が低い

ping値とは、インターネットの反応速度を示す値で、値が低いほどラグを感じにくくなります。

カードゲームやパズルゲームのように、スピード感のないゲームなら50ms程度で十分ですが、FPSのように常に相手の反応を伺うゲームは15ms以下のping値が必要です。

ping値の平均値は、固定回線27.2ms、ホームルーター81.4ms、ポケット型WiFi86.0msとなっているため、ゲームを快適にプレイするなら光回線がおすすめといえます。

③通信が安定している

光回線は電柱から室内へ直接光ファイバーを引き込むため、すべてのWiFi(ネット回線)のなかで最も通信環境が安定しています。

一方、ホームルーターやポケット型WiFiは、内蔵されているアンテナで電波をキャッチして通信を行う無線式のため、利用環境や時間帯によっては通信が安定しません。

もちろん、光回線も時間帯や地域によって通信速度に影響を受けますが、有線接続をすることで影響を最小限に抑えることもできます。

④速度制限を気にせずプレイできる

光回線はデータ通信量が完全無制限なため、どれだけゲームをプレイしても速度制限にかかりません。

しかし、ホームルーターやポケット型WiFは、多くの場合、月間に使用できるデータ容量が決まっているので、データを使い過ぎると速度制限にかかります。

速度制限後の通信速度は128kbps〜1Mbps程度となっているため、速度制限中もテキストの送受信やWEBの閲覧は可能です。

しかし、ゲームを楽しむには最低でも50Mbps以上は必要なので、ホームルーターやポケット型WiFiで速度制限にかかるとゲームはプレイできません。

このことから、速度制限を気にせずゲームをプレイしたいのであれば、完全データ無制限の固定回線がおすすめです。

ポケット型WiFi・ホームルーターは注意が必要

ホームルーター
ポケット型WiFi・ホームルーターは注意が必要
  • 光回線
  • ホームルーター
  • ポケット型WiFi
データ通信量 ◎完全無制限
速度 ◎高速・安定している
初期費用 △高め(工事費・事務手数料など)
月額料金 △相場4,000円~6,000円
スマホセット割 ◎あり
データ通信量 〇基本無制限
速度 〇速め・ときどき不安定
初期費用 〇中間(端末代・事務手数料など)
月額料金 〇相場4,500円
スマホセット割 ◎あり
データ通信量 △基本制限あり
速度 〇中速・不安定になりやすい
初期費用 ◎安い(端末代・事務手数料など)
月額料金 ◎相場4,000円
スマホセット割 △基本なし

快適にゲームプレイを楽しみたいなら、高速通信・低Ping値かつデータ通信量無制限の[光回線]が最もおすすめです。

しかし光回線は他の回線タイプにくらべて開通工事が必要で、費用も高額です。

そのため集合住宅・賃貸にお住まいの方は管理人の意向で開通工事ができなかったり、一人暮らしの方は費用面がネックで導入が難しい、ということも少なくありません。

では、光回線の導入が難しい方はどんな回線を選べばよいのでしょうか?

おすすめはコンセントにさすだけでWiFiが使えるようになる[ホームルーター]です。設定が簡単な無線式ルーターで[置くだけWiFi][工事不要WiFi]とも呼ばれます。

光回線を導入できない方だけでなく、引越しをする可能性がある方や、一人暮らしの方に人気があります。

現在ホームルーターは原則無制限で使用できるプランがメインで、光回線より価格も安めです。端末性能も高いため、通信速度も高速です。

しかし、無線式ルーターのため快適要因を受けやすい点は注意が必要です。無線式ルーターでは通信速度・Ping値は不安定になるので、常に快適なオンラインゲームのプレイ、というのは難しいでしょう。

とはいえ光回線に次いで高速通信かつデータ通信量無制限なので、光回線の契約ができないならホームルーターがぴったりです。

【全20社】WiFi(ネット回線)の速度・Ping値を比較

2022年8月~10月の3ヶ月間、みんなのネット回線速度に投稿された実測値をもとに平均値を算出しました。

比較結果を見てみると、光回線(独自回線)が最も速度・Ping値ともに良いことがわかります。

光回線(独自回線)にくらべて光回線(光コラボ)は少々劣りますが、Ping値は大きな変わりなくゲームプレイには全く問題ないです。

ホームルーター・ポケット型WiFiは無線式ルーターなので、ユーザーによって速度に違いが出やすいです。実際に実測値を調べてみても、100Mbps以上出ているユーザーもいれば、数Mbpsしか出ていないユーザーもいました。

そのなかの平均値なので、あくまで参考程度にはなりますが、やはりホームルーターの方が端末性能が良いため安定していると言えます。

■ 比較について

光回線 戸建て・マンション全てのプランを含んだ実測値を記載しています。
ホームルーター
ポケット型WiFi
各社提供されている5Gプランの実測値を記載しています。
WiMAX ホームルーター端末:Speed Wi-Fi HOME 5G L12
ポケット型WiFi端末:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
サービス名 回線タイプ ダウンロード速度 アップロード速度 Ping値
コミュファ光 光回線(独自回線) 591.66Mbps 523.48Mbps 14.76ms
eo光 光回線(独自回線) 562.62Mbps 468.54Mbps 17.01ms
ピカラ光 光回線(独自回線) 503.28Mbps 425.91Mbps 18.43ms
auひかり 光回線(独自回線) 488.72Mbps 451.26Mbps 15.66ms
BBIQ 光回線(独自回線) 412.75Mbps 325.91Mbps 26.0ms
メガ・エッグ 光回線(独自回線) 395.96Mbps 320.02Mbps 21.91ms
ソフトバンク光 光回線(光コラボ) 315.7Mbps 233.61Mbps 16.36ms
OCN光 光回線(光コラボ) 283.03Mbps 214.09Mbps 18.93ms
GameWith光 光回線(光コラボ) 278.76Mbps 223.48Mbps 19.74ms
ドコモ光 光回線(光コラボ) 271.25Mbps 227.77Mbps 19.33ms
BIGLOBE光 光回線(光コラボ) 267.9Mbps 226.96Mbps 19.1ms
ドコモ home 5G ホームルーター 213.83Mbps 19.63Mbps 49.5ms
Broad WiMAX ホームルーター 110.81Mbps 18.1Mbps 36.45ms
Broad WiMAX ポケット型WiFi 68.21Mbps 10.75Mbps 47.31ms
GMOとくとくBB WiMAX ポケット型WiFi 62.98Mbps 15.99Mbps 50.03ms
ソフトバンクエアー ホームルーター 61.88Mbps 7.51Mbps 44.7ms
GMOとくとくBB WiMAX ホームルーター 57.5Mbps 9.45Mbps 50.04ms
縛られないWiFi(WiMAX) ポケット型WiFi 9.11Mbps 6.57Mbps 57.3ms
縛られないWiFi(WiMAX) ホームルーター 9.11Mbps 6.57Mbps 57.3ms

光回線おすすめはこちら>

クリックでランキング詳細までスクロールします

工事不要WiFiのおすすめはこちら>

クリックでランキング詳細までスクロールします

快適なゲームプレイにおすすめな光回線ランキング

光回線のモデム
ゲームプレイにおすすめな光回線ランキング

ここからはゲームプレイにおすすめな光回線をランキング形式で紹介していきます。

それぞれ特徴・メリット・デメリットが違うので、ご自身の重要視しているポイントにあわせてチェックしてみてください。

■【2022年最新版】ゲーマーにおすすめな光回線ランキング

ランキング 注目ポイント
【1位】auひかり
  • 大手通信会社ならではの安心感
  • 速度・Ping値ともに安定しており評判も良い
【2位】電力系回線
  • 地域限定の光回線
  • 引越し予定のない方(戸建て)におすすめ
【3位】game with 光 ゲームメディア・プロeスポーツチームを運営している会社の光回線
【4位】hi-hoひかり with games
  • 2022年8月1日から提供開始の新サービス
  • オンラインゲーム・配信者向けの光回線
【5位】OCN光

※クリックでサービス詳細までスクロールします。

【1位】auひかり

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)のauひかり
画像:auひかり(GMOとくとくBB)より引用[1]
▼au ひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 36ヶ月(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 740.68Mbps
上り 687.03Mbps
月額料金 ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 4,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料
▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 下り 392.31Mbps
上り 391.57Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 2,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

ゲームプレイに最もおすすめな光回線は、KDDIから提供されている「auひかり」です。

auひかりは他社光回線との回線シェアしていない独自回線であるため、通信混雑が起きづらく安定した高速通信を楽しめます。

また、独自回線のなかで最も提供エリアが広く、ユーザーが多いながら口コミも良いことで人気です。

ただし集合住宅では設備が導入されていないと契約できないパターンがあるため、エリア確認は必ずしておきましょう。auひかり公式サイトにてエリア確認を行えば、契約対象プランも調べることが出来ます。

 2022年7月より契約解除料の引き下げなど提供条件を改定

契約解除料の引き下げなど提供条件を改定

■ 契約解除料
対象サービス 改定前 現在
auひかりホーム ギガ得プラン 10,450円 4,460円
ずっとギガ得プラン 16,500円 4,730円
auひかりマンション お得プランA 7,700円 2,290円
お得プラン 10,450円 2,730円
■ 高速サービス解除料を廃止
対象サービス auひかりホーム 5ギガ・10ギガプラン
改定前 2,750円
現在 廃止
■ 光ファイバー引き込み設備撤去を任意化
対象サービス auひかりホーム
改定前 電柱からお客さま宅内までの光ファイバー引き込み設備を、解約時に有料で撤去
改定後 電柱からお客さま宅内までの光ファイバー引き込み設備を、解約時お客さまのご要望がある場合に有料で撤去

参考:auひかり、契約解除料の引き下げなど提供条件を改定 | 2022年 | KDDI株式会社

auひかりは解約金の設定が高額、回線撤去工事費が発生するなど、解約のしづらさが最もネックな部分でした。

しかし2022年7月よりインターネット契約等に関する消費者保護ルールが改定されたことで、auひかりの契約解除料金が安くなりました。

特に回線撤去工事費も任意になったため「解約するときに数万円も請求された」「回線撤去工事が引越し日に間に合わない」といったトラブルもなくなります。

WiFiルーターも無料!
最大77,000円キャッシュバック

【2位】地域限定の電力系回線

サービス 提供エリア エリア検索ページ
eo光 関西エリア 公式サイトを開きます
ピカラ光 四国エリア 公式サイトを開きます
BBIQ 九州エリア 公式サイトを開きます
メガ・エッグ 中国エリア 公式サイトを開きます
コミュファ光 東海エリア 公式サイトを開きます

電力系回線とは、関西電力や四国電力などの電力会社系列の提供する光回線の総称です。電力の提供エリア内で提供している光回線なので、ユーザー数も限られています。

また、auひかりと同じく他社回線とシェアしない独自回線です。しかしエリアを絞って高品質な通信を提供しているため、回線速度でみるとauひかりよりも高速といえます。

ただし引越しをした場合、転居先が提供エリア外となり契約を引き継いで使えない(解約せざるを得ない)パターンが多いです。

そのため引越しの可能性が現時点でない方、持ち家(特に戸建て)の方などにおすすめできます。

端末のご購入はこちら

東海エリア限定の高速回線


東海エリア限定の高速回線
最大41,000円キャッシュバック実施中


四国エリア限定の高速回線
30,000円キャッシュバック実施中


四国エリア限定の高速回線
20,000円キャッシュバック実施中


九州エリア限定の高速回線
最大30,000円キャッシュバック実施中

【3位】Game with 光

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)のGame with 光
画像:Game with 光公式サイトより引用[2]
▼Game with 光(戸建て)のサービス詳細を見る
エリア 全国
プラン 戸建て
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 1ヶ月目:0円
2ヶ月目~:6,160円
初期費用 事務手数料 2,200円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 6,160円
撤去工事費 なし
▼Game with 光(マンション)のサービス詳細を見る
エリア 全国
プラン マンション
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 1ヶ月目:0円
2ヶ月目~:4,840円
初期費用 事務手数料 2,200円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 4,840円
撤去工事費 なし

Game With光はゲームメディア・プロeスポーツチームを運営している会社の光回線です。光コラボですが、自社の専用帯域を持っているため、Game Withユーザー以外の影響を受けません。

Game with 光は各ゲームタイトルサーバーのクラウドやプロバイダへ直接接続できるので、アクセスが集中するイベント中でも快適にゲームがプレイできます。

公式サイトで公開されているオンラインゲームプレイ中のping値を見ると、19時〜22時台ですべて7〜8msと10ms以下を計測しています。

オンラインゲームプレイ時のping値は15ms以下が理想なので、Game With光はオンラインゲーマーにとってピッタリな光回線といえるでしょう。

デメリットはスマホセット割が適用できず、月額料金が少し高めに設定されているところです。とはいえゲーム専用回線の安心感は、Game With光ならではだと言えます。

プロゲーマーも契約中
オンラインゲーム特化の光回線

【4位】hi-hoひかり with games

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)のhi-hoひかり with games
画像:hi-hoひかり with games公式サイトより引用[3]
▼hi-hoひかり with games(戸建て)のサービス詳細を見る
エリア 全国
プラン 戸建てタイプ 回線セット
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 6,160円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 5,600円
撤去工事費 なし
▼hi-hoひかり with games(マンション)のサービス詳細を見る
エリア 全国
プラン マンションタイプ 回線セット
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 4,840円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 4,400円
撤去工事費 なし

hi-hoひかり with gamesは、専用帯域を確保することで、混雑する時間帯も安定した高速通信を維持しながら低ping値をキープできる光回線です。

hi-hoひかり with gamesには、ゲーミングルーターがセットになったプランも用意があり、最大4.8Gpsのゲーム用バンドに接続できるだけでなく、強力な処理能力でネットワークパフォーマンスを実現できます。

現在、利用開始から15日目までは月額料金・手数料・解約金無料で解約できるキャンペーンも実施しています。さらに31日間は月額料金無料なので、気軽にお試し出来るのもポイントです。

注意点としては、2022年8月より開始された新しい光回線なので、ユーザーからの口コミが少ないことです。

「試しにゲーム専用回線を使ってみたいな」という方には、解約キャンペーンのあるhi-hoひかり with gamesがおすすめできます。

ゲーム・配信者向け光回線
最大31日間お試しキャンペーン実施中

【5位】OCN光

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)のOCN光
画像:OCN光公式サイトより引用[4]
▼OCN光(戸建て)のサービス詳細を見る
エリア 全国
プラン ホームタイプ
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 5,610円
IPoEアドバンスオプション 1,848円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 3,600円
撤去工事費 なし
スマホセット割 OCNモバイルONEの割引額 最大1,100円
▼OCN光(マンション)のサービス詳細を見る
エリア 全国
プラン マンションタイプ
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 3,960円
IPoEアドバンスオプション 1,848円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
解約費用 違約金 3,600円
撤去工事費 なし
スマホセット割 OCNモバイルONEの割引額 最大1,100円

OCNはプロバイダや通信サービスを展開しており、前会員数は800名以上の実績もあります。特にOCN 光は[IPoEアドバンス]というオプションサービスが付けられます。

IPoEアドバンスは混雑の原因を分離させる仕組みがあり、専用の広帯域ネットワークが使えるので通信が混雑することがありません。

日本最大級のOCNバックボーン(Tier1ネットワーク)に加え、IIPv4 over IPv6方式による通信が行えるため、ラグが少なく、遅延に強くなるため快適にゲーム・テレワーク・動画視聴などが楽しめます。

しかし基本料金+オプション代では、最も月額料金が高いです。

費用面を気にするのであれば1~4位の光回線がおすすめですが、新しいサービスは不安・大手通信会社がサポート・運営している安心感が欲しい、という方にはOCN光がおすすめです。

安さ重視のゲーマーにおすすめな光回線をピックアップ

安さ重視のゲーマーにおすすめな光回線をピックアップ

ここまでゲームプレイ重視のおすすめ光回線を紹介しましたが「光回線は高くて継続が難しいかも…」と感じる方もいるのではないでしょうか。

そんなときはスマホセット割が適用できる光回線を選びましょう。

最安になる光回線は、ご自身の使用しているスマホキャリアによって異なります。ここではスマホキャリアに合わせておすすめの光回線をまとめて紹介していきます。

ドコモユーザーにおすすめ「ドコモ光」

ドコモ光(GMOとくとくBB)
画像:ドコモ光(GMOとくとくBB)サイトより引用[5]
▼ドコモ光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 298.71Mbps
上り 250.94Mbps
月額料金 5,783円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 5,500円
実質月額料金(契約期間) 4,826円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大35,500円の現金キャッシュバック
  • 他社違約金20,000円補填
  • WiFiルーターのレンタル代が永年無料
▼ドコモ光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 285.38Mbps
上り 263.99Mbps
月額料金 4,463円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 4,180円
実質月額料金(契約期間) 3,506円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大35,500円の現金キャッシュバック
  • 他社違約金20,000円補填
  • WiFiルーターのレンタル代が永年無料

ドコモ光はフレッツ固定回線を使った光コラボ回線です。通信が安定しており、オンラインゲームに必要な実測値もあります。

通信速度は固定回線として平均的ですが、v6プラス対応のプロバイダを選べば、通信速度が速くなり、より安定して遊べるようになります。

v6プラス対応のプロバイダでおすすめなのは、ルーターの無料貸し出しを実施しているGMOとくとくBBです。また、代理店経由で申し込むことによりキャッシュバック特典を受け取ることも可能です。

WiFiルーターも無料
最大55,500円キャッシュバック

au・UQ・格安SIMユーザーにおすすめ「BIGLOBE光」

au・UQ・格安SIMユーザーにおすすめ「BIGLOBE光」
画像:BIGLOBE光公式サイトより引用[6]
▼BIGLOBE 光(戸建て)のサービス詳細を開く
プラン ファミリータイプ
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 5,478円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通)※ 19,800円
解約費用 違約金 4,230円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
BIGLOBEモバイルの割引額 最大330円

※工事費実質無料キャンペーン中

▼BIGLOBE 光(マンション)のサービス詳細を開く
プラン マンションタイプ
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 4,378円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通)※ 19,800円
解約費用 違約金 3,360円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
BIGLOBEモバイルの割引額 最大330円

※工事費実質無料キャンペーン中

BIGLOBE 光はau・UQモバイル・BIGLOBEモバイルユーザーだと最安で光回線を使えます。

さらに毎月、高額なキャッシュバックなどキャンペーンを実施しています。実質料金でみてみると、光回線のなかでも安いです。

デメリットはスマホセット割を適用しなければメリットが薄めなところです。

セット割を適用しなくても安いことに変わりはありませんが、au・UQモバイル・BIGLOBEモバイルはスマホキャリアのなかでも、プランが豊富で安く人気のサービスです。

もし通信費を安くしたいなら、光回線と合わせてスマホキャリアの見直しを行うことをおすすめします。

BIGLOBE 光では[40,000円キャッシュバック]もしくは[月額料金 大幅値引き]どちらか選べる特典キャンペーンを実施中です。

au・UQモバイル・BIGLOBEモバイル
セットで最安の光回線を選ぶなら

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーにおすすめ「ソフトバンク光」

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーにおすすめ「ソフトバンク光」
画像:ソフトバンク光公式サイトより引用[7]
▼ソフトバンク光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン 戸建て
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 316.32Mbps
上り 227.16Mbps
月額料金 5,720円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 5,720円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,316円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル
▼ソフトバンク光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン マンションタイブ
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 317.89Mbps
上り 245.24Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 4,180円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,776円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・37,000円キャッシュバック
・U-NEXT無料トライアル

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

ソフトバンクもフレッツ固定回線を使った光コラボ回線で、通信速度は固定回線の中でも平均的なサービスです。

ソフトバンク光では「ゲーム中に通信が不安定になる」という口コミも見ることもありますが、IPv6高速ハイブリッドというオプションを利用することで、回線速度が向上し、より安定した通信が可能になります。

そのため、ゲームを楽しみたい方はこのIPv6高速ハイブリッドの申し込みを前提に検討してみてください。

IPv6高速ハイブリッドと使用するには、光BBユニットというルーターをレンタルする必要があります。月額料金513円の料金が発生しますが、ソフトバンク回線のスマホを契約している場合、セット割引が適用となるため実質無料でIPv6高速ハイブリッドが使用可能です。

ルーターのレンタル料がネックに感じる方は、通常のソフトバンク光をそのまま使用してみて、やはり速度が遅く感じるということであれば後から申し込むのもおすすめです。

ソフトバンク光も代理店経由で申し込むと、独自のキャンペーンを適用することができます。

選べる3つの特典あり
現金37,000円キャッシュバック

楽天モバイルユーザーにおすすめ「楽天ひかり」

楽天モバイルユーザーにおすすめ「楽天ひかり」
画像:楽天ひかり公式サイトより引用[8]
▼楽天ひかり(戸建て)のサービス詳細を開く
エリア 全国
プラン ファミリータイプ
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
月額料金 5,280円
初期費用 事務手数料 880円
開通工事費 19,800円
解約費用 違約金 5,280円(月額基本料1ヶ月分)
撤去工事費 なし
スマホセット割 楽天モバイル 基本料金1年無料
▼楽天ひかり(マンション)のサービス詳細を開く
エリア 全国
プラン マンションタイプ
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 880円
開通工事費 16,500円
解約費用 違約金 5,280円(月額基本料1ヶ月分)
撤去工事費 なし
スマホセット割 楽天モバイル 基本料金1年無料

楽天ひかりは、楽天モバイルとのセット割で月額料金が1年無料で使えます。

楽天モバイルのプランもデータ通信量に応じて月額料金が変わるタイプになっており、無制限で使っても最大2,980円です。

スマホ料金も安いので「通信にかかるランニングコストをできるだけ安くしたい」といった方は光回線とスマホをあわせて楽天にまとめてしまうことをおすすめします。

デメリットは開通工事費のキャンペーンがない点です。光回線の工事費は完全無料、もしくは契約継続することで工事費実質無料になる光回線がほとんどです。

楽天モバイルユーザーなら月額料金が1年無料なので、工事費を満額支払いしても安くなるのでおすすめです。

楽天モバイルとセットで
ネット月額料金が1年タダ

光回線が開通できない方向け│ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)ランキング

光回線が開通できない方向け│ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)ランキング

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)は光回線です。しかし開通工事が必須の光回線では、引越し・工事・費用などの関係で申し込みが難しい方も多いでしょう。

そこで、光回線以外でおすすめなWiFi(ネット回線)をランキング形式でまとめました。光回線の契約が難しい方は、ぜひ参考にしてみてください。

■ ゲーマーにおすすめなホームルーターランキング

ランキング 注目ポイント
【1位】ドコモ home 5G ホームルーターのなかで最速級
【2位】GMOとくとくBB WiMAX ホームルーターのなかで最安級
【3位】Broad WiMAX
  • 他社から乗り換えでキャッシュバックあり
  • 契約期間なしプランあり
【4位】縛られないWiFi 端末レンタルで契約期間もなし
【5位】ソフトバンクエアー ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら安く使える

【1位】ドコモ home 5G

ゲームにおすすめなWiFi(ネット回線)のドコモ home 5G
画像:ドコモ home 5G(GMOとくとくBB)より引用[9]
ドコモ home 5Gのプラン詳細を開く

■ プラン内容

サービス・プラン名 home 5G
エリア 全国
契約期間 なし
費用 月額料金 4,950円
事務手数料 3,300円
端末代金 39,600円※

※ドコモ公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

おすすめ申込窓口 GMOとくとくBB
実質月額料金 2年間 4,338円

■ 通信速度・通信制限

使用回線 ドコモ
データ使用量 無制限※
最大速度 上り 218Mbps
下り 4.2Gbps
平均実測値※ 下り 211.04Mbps
上り 19.61Mbps

※9月~11月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 11月キャンペーン情報

公式 ・ドコモのスマホセット割あり
・端末代金が実質無料
代理店 ・Amazonギフト券18,000円プレゼント

ホームルーターでゲームをするなら第一に検討して欲しいサービスが、ドコモ回線を使用する「home 5G」です。

home 5Gなら、最大4.2Gbpsの超高速通信でインターネットが利用できます。また、実測値で見ても光回線なみの高速通信が出来ているのが分かります。

光回線と比べるとPing値は少し高く感じますが、ホームルーターの中ではトップレベルに低いです。

基本的にデータ通信料に制限がなく、上限を気にしないで5G通信を利用できるのも嬉しいポイントです。

また、スマホをドコモのギガプラン契約していれば、「home 5G セット割」によって家族全員の最大20回線から最大1,100円の割引が永年適用されます。

Amazonギフト券18,000円プレゼント

【2位】GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB
GMO とくとく BB WiMAXの料金詳細
プラン ギガ放題プラス
契約期間 2年(自動更新なし)
月額料金 1~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月以降:4,444円
実質月額料金(3年) 3,010円
事務手数料 3,300円
端末代金 21780円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5Gエリア
最大通信速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
違約金 1~24ヶ月目:1,100円
25ヶ月目以降:0円
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 一定期間内に大量のデータ通信をした場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり
キャンペーン 【期間限定】他社から乗り換えで最大49,000円キャッシュバック
海外使用 不可

■ 最新のキャンペーン

  • 23,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで最大49,000円

料金の安さで選ぶなら「GMOとくとくBB WiMAX+5G」がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、月額料金の割引、端末代金0円、キャッシュバックの豊富なキャンペーンで実質月額最安級で利用できるWiMAXのサービスです。

キャッシュバックの受け取りは約1年後となっているため、キャッシュバック受け取りが心配な方はBroad WiMAXがおすすめです。

【3位】縛られないWiFi

縛られないWiFi
▼縛られないWiFi(縛られないコース)のプラン詳細を開く
プラン WiMAXギガ放題プラン クラウド30GBプラン クラウド50GBプラン
月額料金 4,620円 3,190円 3,520円
事務手数料 3,300円
実質月額料金(3年) 4,712円 3,282円 3,612円
回線 WiMAX2+
au 4G LTE
docomo、au
最大通信速度 下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
契約期間 なし
違約金 なし
データ容量 実質無制限
通信速度の制限 3日で10GB通信すると翌日18時〜翌々日2時まで下り最大1Mbps 指定の月間容量を超過すると月末まで
128Kbpsの通信制限
海外使用 不可

縛られないWiFiは、株式会社25が運営するWifi正規品レンタルサービスです。契約期間の縛りがない「縛られないコース」と1年契約の「1年おトクコース」の2つのプランを提供しています。

WiMAXとクラウドタイプの2つのサービスを提供しているため、様々な環境や条件に合わせて契約できるのも魅力のひとつです。

縛られないWiFiの特徴は、名前の通り契約期間・違約金がないことです。端末もレンタルサービスになるため、端末の購入代金もかかりません。短期間の契約、お試しで使ってみたいという人におすすめできます。

また、通常クレジットカードのみのお支払いとなっていますが、1年おトクコースなら口座振り込みに対応しています。

平日14:00までの受付で最短当日発送と申し込みから使えるまでの期間が短いことも嬉しいポイントです。

【4位】Broad WiMAX

Broad WiMAX
Broad WiMAXのプラン詳細を開く

■ プラン内容

※横にスクロールできます。

プラン名 ギガ放題バリュープラン ギガ放題フリープラン
エリア 全国
契約期間 24ヶ月(自動更新なし) なし
費用 端末代金 21,780円
事務手数料 3,300円
月額料金 初月:1,397円
1ヶ月~:3,883円
初月:1,397円
1ヶ月~:4,070円
実質月額料金 24ヶ月 4,720円 4,907円

■ 通信速度・通信制限

※横にスクロールできます。

使用回線 ・WiMAX 2+
・au4GLTE
・au 5G
データ使用量 原則無制限
端末 回線タイプ ホームルーター ポケット型WiFi
端末名 HOME 5G L11 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
最大速度 上り 2.7Gbps 2.2Gbps
下り
平均実測値※ 下り 98.82Mbps 67.99Mbps
上り 10.58Mbps 10.6Mbps

※すべてのタイプを含めた9月~11月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 11月のキャンペーン情報

公式 ・auとUQモバイルのスマホセット割あり
プロバイダ ・いつでも解約サポートあり
当サイト経由限定 ・5,000円キャッシュバック

Broad WiMAXでは、契約期間で選べる2つの新プランの提供を開始しました。

従来プランでは、月額料金が契約経過月によって変動していましたが、今回新しく登場したプランは、月額料金が変動しない分かりやすいプランとなっています。

また、他のプロバイダにはない他社違約金を補填するキャンペーンを行っているため、とくに乗り換えを検討している人におすすめです。最大19,000円まで負担してくれます。

高額キャッシュバックがあるプロバイダもありますが、受け取り手続きに不安がある人がBroad WiMAXがおすすめです。

契約の縛りがない新プラン登場!
最大57,000円キャッシュバック

【5位】ソフトバンクエアー(モバレコエアー)

モバレコAir
モバレコエアーのプラン詳細を開く

■ プラン内容

※横にスクロールできます。

サービス・プラン名 モバレコエアー 5Gプラン
エリア 全国
契約期間 2年
費用 月額料金 ~2ヶ月:2,167円
~24ヶ月:3,679円
25ヶ月~:5,368円
事務手数料 3,300円
端末代金※ 71,280円

※ソフトバンク公式キャンペーンで実質無料

■ 実質料金

※横にスクロールできます。

おすすめ申込窓口 モバレコエアー
実質月額料金 24ヶ月 2,732円

■ 通信速度・通信制限

※横にスクロールできます。

使用回線 ソフトバンク
データ使用量 原則無制限
最大速度 下り 2.1Gbps
上り
平均実測値※ 下り 63.6Mbps
上り 7.58Mbps

※9月~11月の平均実測値(みんなのネット回線速度から引用)

■ 11月キャンペーン情報

公式 ・月月割で端末代金無料
・最大10万円の他社違約金補填
・ソフトバンク&ワイモバイルのスマホセット割あり
当サイト経由限定 ・2年間の月額料金割引
・現金17,000円キャッシュバック

\ モバレコサイト経由の申込限定 /
キャッシュバック最大23,000円に増額中

モバレコエアーでは、ソフトバンクエアーと同端末であるソフトバンク社が提供するAirターミナルを使います。最新の端末であるAirターミナル5(5G)なら5G通信にも対応しています。

ソフトバンク回線を使うモバレコエアーは、通信が安定しているうえにソフトバンクスマホとのセット割も活用できます。
データ容量が無制限なので、データのダウンロードを大量に必要とするオンラインゲームでも安心してプレイできます。

また、モバレコエアーの公式代理店経由で申し込みすると、独自の月額料金割引とキャッシュバックが適用されます。公式サイト経由と比べコストを大幅に抑えることができるため、おすすめです。

当サイトからの申し込み限定
現金23,000円キャッシュバック!

オンラインゲームで回線が遅いときの対処法

オンラインゲームで回線が遅いときの対処法

「オンラインゲームをしたいのに、速度が出なくて思うようにプレイできない」といったときの、自分でできる対処法を紹介します。

下記の対処法は、対応が簡単な順番です。まずは①から順番に試していきましょう。

オンラインゲームで回線が遅いときの対処法

➀機器を再接続する
②通信障害やサーバーダウンが解消されるまで待つ
③WiFi接続している人は有線接続する
④ルーターの性能をチェックする
⑤LANケーブルの規格が古くないかチェックする
⑥「IPv6」に対応させる

➀機器を再接続する

接続を切断して、再接続することで通信速度が改善する可能性があります。とくに長い時間接続し続けている状態であれば、一度機器をリセットしてみましょう。

②通信障害やサーバーダウンが解消されるまで待つ

パソコンなどには問題がないのに突然速度が低下した場合は、通信障害やサーバーダウンが原因の可能性があります。

固定回線など、回線側が通信障害やサーバーダウンを起こしている場合は、ユーザー側にできることはありません。

通信障害の有無や状況を公式サイトなどでチェックして、解消されるのを待ちましょう。

③WiFi接続している人は有線接続する

WiFi接続は、電子レンジなどの家電の電波に干渉されるのでどうしても通信が不安定になりがちです。

WiFi接続している状態で通信速度が低下しているのであれば、LANケーブルなどを使った有線接続に切り替えると通信速度が改善されるでしょう。

④ルーターの性能をチェックする

いくら契約した回線が高速通信できるといっても、使っているルーターが古いものだとその高い回線品質を活かしきれません。

ルーターはもちろん、ケーブルなどにも規格があり、契約している回線の品質に合った最新のものを使わなければ、本来出るスピードも出ません。

速度が出ないと感じたら、ルーターの性能をチェックしてみて、古い型であれば新しいものに買い替えましょう。

⑤LANケーブルの規格が古くないかチェックする

WiFiルーターに接続しているLANケーブルは、規格によって送受信できる最大速度が決められています。

固定回線の場合、最大速度は概ね1Gbsなので、LANケーブルの規格は「カテゴリ5e(CAT.5e)」以上が最適です。

カテゴリ5(CAT.5)のように古いLANケーブルが接続されている場合、いくら固定回線の最大速度が速くても、最大100Mbpsまでしか送受信できません。

これでは固定回線の良さを引き出せませんので、思ったように速度が出ないときは、LANケーブルの規格を確認してみましょう。

⑥「IPv6」に対応させる

通信方式には、以前まで主流だったIPv4と次世代通信方式であるIPv6があります。

IPv6はIPv4と比べて、使用できるIPアドレスが膨大な量に増えています。通信可能なアドレス空間が潤沢なので、IPv4よりもスムーズな通信が可能です。

通信方式がIPv4の場合は、IPv6に対応させると速度がアップします。ただし、IPv6対応の機器を使うことが大前提となるので、周辺機器もIPv6対応なのかどうかをチェックしましょう。

ゲームのWiFi(ネット回線)についてよくある質問

ゲームのWiFi(ネット回線)についてよくある質問
ゲームおすすめ回線に関するよくある質問

最後に、ゲームのWiFi(ネット回線)についてよくある質問を紹介します。ゲームをするときのゲームのWiFi(ネット回線)で悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

光コラボでもストレスフリーでゲームはできる?

A.光コラボでもゲームは快適にできます。

評判を調べてみると、賛否両論の意見が出ており結局契約すべきかわからない!と悩んでしまうのではないでしょうか?

特に光コラボは乗り換えも簡単でスマホセット割も充実しているので、契約者数が多く口コミもあふれています。

結論、独自回線でも光コラボでも快適にゲームすることは可能です。

しかし、周辺のサービス契約者数などにより、実際ご自宅で使ってみて本当にストレスフリーでゲームできるのか?は、契約しないとわからない部分があることも否めません。

そのためキャンペーンなどを使いつつ、乗り換えながら最適な光回線を探してみるのが最も確実です。

とはいえ手間も時間もかかるので、本記事で紹介したWiFi(ネット回線)を参考にしつつぜひ契約先を選んでみてください。

申し込みしてからどれくらいで開通する?

A.WiFi(ネット回線)は、種類によって申し込みから開通までの時間が異なります。

固定回線 1~2ヶ月
ホームルーター 2~7日
ポケット型WiFi 2~7日

ゲームにおすすめの回線としてご紹介した、固定回線とホームルーターの開通目安をご紹介します。

光回線は、申し込み後に現地調査や電柱から室内へ光ファイバーを通す工事が必要になります。そのため開通までは1〜2ヶ月の期間がかかります。

また、長期休みや年度末など、多くの人がインターネットを契約する時期に申し込むと、さらに期間が延びてしまうこともあるため、光回線は早めの申し込みがおすすめです。

一方、ホームルーター・ポケット型WiFiは自宅に端末が届けばコンセントに接続するだけで開通するため、申し込みから発送までの3〜7日程度で利用を開始できます。

ゲームサーバーがダウンしてしまう要因は?

A.ゲームサーバーがダウンしてしまう原因は、アクセス集中・ハードウェア障害、サイバー攻撃です。

アクセス集中 サーバーの許容範囲を超える人数が一度にアクセスし、サーバーが処理しきれなくなった状態
ハードウェア障害 サーバーの故障や停電が原因で、ハードウェアが停止してしまう状態
サイバー攻撃 第三者が不正にゲームシステム内に浸入し、故意にサーバーを停止させた状態

サイバー攻撃の場合、ユーザー側にできることはありませんので、ゲーム側のシステムメンテナンスが終了するのを待ちましょう。

まとめ

オンラインゲームを楽しみたい方やオンラインゲームのためにインターネット環境を整えたい方には、光回線がおすすめです。

インターネット接続サービスには固定回線・ホームルーター・ポケット型WiFiの3つがあり、最も高速通信でき通信が安定しているのが光回線だからです。

ただし光回線は工事が必要なため、物件の状況によっては導入できないこともあるでしょう。また、料金や引越しなどの事情がネックになっている方は工事不要で高速通信できるホームルーターをおすすめします。

品質のよいインターネット環境を手に入れて、ストレスなくオンラインゲームを楽しむためには、通信品質はもちろん、料金面やキャンペーン内容にも目を向けて回線を選ぶことが大切です。

ぜひこの記事を参考に、自分に合う最適なインターネット回線探しをしてみてください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン