カテゴリ: ドコモ光

ドコモ光の評判・口コミを総まとめ!契約しても損しない?メリット・デメリットを一挙紹介

固定回線は工事費や違約金などが発生するため、乗り換えるときは慎重になりますよね。もし乗り換えた先がデメリットだらけだったら…と心配になることもあるでしょう。

そんな時に注目すべきは「評判」です。実際に契約しているユーザーの声を知ることで、契約後のイメージがしやすくなり失敗を防ぐことができます。

結論を言えば、ドコモ光は悪い光回線ではありません。どれも解決策を知っていれば改善できるのでしっかり抑えておきましょう。

【ドコモ光の悪い評判と解決策】

悪い評判 解決策
速度が遅い ・IPv6回線に接続する
料金が高い ・ドコモスマホとのセット割を活用
・代理店限定キャンペーンを利用する
開通までに時間がかかる ・2週間~2ヵ月ほどかかるので早めに申し込むを行う
オペレーターに繋がらない ・チャットやメールで問い合わせを行う

この記事を読めば、ドコモ光との契約が最適なのかどうかがわかります。

▼この記事を読むと分かること

・ドコモ光を契約しているユーザーの声
・ユーザーの声から分かるメリット・デメリット
・ドコモ光を申し込むときのおすすめ代理店

※記事中に記載の価格は特筆ない限り全て税込表記としています。

-最大20,000円キャッシュバック-

ドコモ光

ドコモ光

・新規工事費が無料

・ドコモのスマホ料金が毎月最大1,100円割引

・新規申し込みでdポイント2,000ptプレゼント

光回線ならドコモ光がおトク!

代理店ネットナビからの申し込みなら
最大20,000円キャッシュバック!

目次:

ドコモ光の解約金が7月から減額に!

2022年7月1日からドコモ光の解約金の金額が変更になり、新プランが提供開始されます。

【新プランと旧プランの解約金の比較表】

料金プラン 解約金
種別 住居タイプ 新プラン 旧プラン
定額 戸建て 5,500円
8,800円お得)
14,300円
マンション 4,180円
4,620お得)
8,800円
従量 ドコモ光ミニ 2,970円
11,330お得)
14,300円

旧プランよりも解約金が大幅に減額され、今までより解約金を気にせず乗り換えやすくなっています。

ただし、新プランの提供に伴い2年定期契約を更新するたびにdポイントで3,000ポイントもらえる「更新ありがとうポイント」が廃止になっています。

▼新プランのメリット

解約金が安くなり、乗り換えやすくなった

▼新プランのデメリット

「更新ありがとうポイント」が廃止され、長期利用に向かなくなった

ドコモ光の悪い評判は本当?

ドコモ光の注意点とよくない評判

ドコモ光の口コミを調べてみると、良い評判もありますが悪い評判も多々見かけました。しかし、対応策を知っていれば解決できる内容もあります。

▼ドコモ光の悪い評判

  • 速度が遅い
  • 料金が高い
  • 開通までに時間がかかる
  • オペレーターに繋がらない

ここからは、上記の実際の口コミと評判を解説していきます。

【速度】に関しての悪い評判と対処法

ドコモ光はNTTドコモが提供する光回線サービスで、フレッツ光と同じ回線を使った「光コラボ」サービスです。

そのため、ドコモ光の速度は、フレッツ光と同様の上下最大1Gbpsとなっています。

▼光コラボとは

光コラボレーションと呼ばれており、NTT東日本・西日本の回線網とプロバイダがセットになった光回線サービスです。

さっそく速度に関する口コミを見ていきましょう。

■ドコモ光 速度の評判①

この方は、下り6.6Mbpsしか出ていません。この速度だと動画のダウンロードなどは相当な時間がかかってしまうでしょう。

■ドコモ光 速度の評判②

こちらの方はやはりIPv4接続だと速度が上がらず不便さを感じているようです。

■ドコモ光 速度の評判③

この方はさらに速度が遅く、標準画質の動画再生もままならない水準の1.90Mbpsでした。

回線速度は、使用環境や時間帯によって異なります。また、他の光コラボと同じ回線を共有しているので回線が混雑してしまっているのが原因です。回線の混雑を避け、快適な速度を保つためには「IPv6プラス」を利用できるプロバイダを選択しましょう。

速度が不安な場合は、「IPv6プラス」を利用する

下記表で、v6プラスを契約できるプロバイダと実測値を記載しています。

【v6プラスを契約できるプロバイダと実測値】

プロバイダ v6プラス対応のルーター無料貸し出し 平均実測値※1
BIGLOBE 下り:330.50Mbps
上り:226.08Mbps
@nifty 下り:213.22Mbps
上り:216.08Mbps
ぷらら 下り:280.22Mbps
上り:207.57Mbps
GMOとくとくBB 下り:289.48Mbps
上り:223.82Mbps
OCN 下り:273.95Mbps
上り:202.58Mbps
DTI × 下り:243.75Mbps
上り:195.74Mbps
andline 下り:188.99Mbps
上り:196.69Mbps
WAKWAK × 下り:135.56Mbps
上り:137.38Mbps
hi-ho × 下り:116.65Mbps
上り:176.3Mbps
楽天ブロードバンド × 下り:182.38Mbps
上り:178.85Mbps
TNC × 下り:346.04Mbps
上り:282.23Mbps

※1 みんなのネット回線速度2022年5月11日のデータです。

v6プラスを利用することで、混雑しやすい時間帯でもスムーズに接続できるようになります。また、v6プラス対応のルーターを無料で貸し出してくれるところがおすすめです。

当サイトがおすすめする代理店ネットナビから申し込めば、平均実測値が最も速いBIGLOBEをプロバイダに選択することができます。

【料金】に関しての悪い評判と対処法

ドコモ光の月額料金は、他社と比較したときに安いわけではありません。

ドコモ光セット割を適用できない場合や、au・ソフトバンクのスマホを使っている場合は、スマホキャリアにあわせて以下の光回線の契約がおすすめです。

【ドコモユーザー以外のおすすめ光回線】

スマホキャリア おすすめ光回線 おすすめ光回線がエリア外のとき
au auひかり So-net光プラス
ソフトバンク NURO光 ソフトバンク光
ahamo・格安SIM・楽天モバイル NURO光 ・auひかり
・So-net光プラス

なお、「ahamo」はドコモ光セット割の対象外なので注意しましょう。

■ドコモ光 料金の評判①

■ドコモ光 料金の評判②

この方は、ドコモ光のセット割を継続するためにahamoの申し込みを断念したようです。

■ドコモ光 料金の評判③

一方で、ahamoへの乗り換えをきっかけに、NURO光へ乗り換えた人もいました。セット割の適用合計額がいくらになるのかを計算しながら、光回線の契約先を検討することが大切です。

ドコモユーザーに関しては、プランに応じて下記表の金額がスマホ料金から割引されます。

【ドコモスマホの割引金額】

プラン 割引金額
・ギガホ
・ギガライト
永年最大1,100円割引
・カケホーダイ&パケあえる 最大3,850円割引

少しでもお得に契約できるプランなので、ドコモユーザーの方はぜひ活用しましょう。

また、その他にもドコモ光公式キャンペーンや代理店独自のお得なキャンペーンがあるので合わせて適用するのがおすすめです。

▼ドコモ光のその他のキャンペーン

  • ドコモ光dポイントプレゼント
  • 光★複数割
  • TVを契約で最大20,000円キャッシュバック
  • ドコモ光期間限定割引

料金が高い場合は、ドコモスマホとのセット割やキャンペーンを利用する

【開通】に関しての悪い評判と対処法

はじめて光回線を利用する場合は、回線を引き込むための工事が必須です。

工事が完了するまでインターネットに接続できませんが、ドコモ光の工事は遅いという評判が目につきました。

■ドコモ光 工事の評判①

■ドコモ光 工事の評判②

契約から数か月が経過したというユーザーです。これほどの時間が経つと少し不安を感じるかもしれません。

■ドコモ光 工事の評判③

ただしこの工事日程に関しては地域や予約のタイミングによって左右され、工事日が直近で決めることが出来たユーザーもいます。

このように工事日については回線が通せるかの調査も含めた工事業者との兼ね合いが大きいです。工事日は余裕をもって、数週間~数か月になることを予想し申し込むと良いでしょう。

もしすぐにWiFi環境が必要になる場合は、工事までの間WiFiルーターを貸し出してくれるプロパイダもあるので活用することをおすすめします。

■ドコモ光 工事の評判④

ドコモ光に関わらず、申し込みはなるべく早めに実施することをおすすめします。

■ドコモ光の工事ができない場合もある

ドコモ光のエリアは日本全国に対応していますが、ドコモ光の工事が出来ない可能性もあるので注意しましょう。

特に集合住宅の場合は別回線が導入済みであったり、壁に穴を開けるような工事はNGな建物もあります。事前に管理人や管理会社に回線工事をしてもいいか問い合わせておきましょう。

▼工事が出来ない理由の例

  • 建物が古かったり構造上の問題で回線が引けない
  • 重合住宅の場合、別の回線の工事がされている
  • 建物の管理人の許可が必要で、工事NGの場合

開通工事は時期によって時間がかかるので、余裕を持って申し込みする

オペレーターに繋がらない

ドコモ光のオペレーターに問い合わせても、なかなか繋がらないという評判を見かけました。

■ドコモ光 窓口の評判①

この方は、オペレーターに繋がるのに5分かかりその後も何かと待たされるということが続いたようです。

■ドコモ光 窓口の評判②

こちらの方は、電話はつながらずLINEでの問い合わせに切り替えたようです。複数の問い合わせ窓口を知っておくと混雑時に助かりますね。

■ドコモ光 窓口の評判③

一方で、ドコモ光の対応が良いといっている方もいらっしゃいます。繋がるまでの時間は書かれていませんが、恐らくスムーズな対応だったのでしょう。

このように人によって待たされる時間が異なるので、時間帯やタイミングによってスムーズに繋がる人もいるようです。

もし繋がらなかった場合は、電話以外の問い合わせ方法を試してみるのがおすすめです。

【電話以外の問い合わせ方法】

方法 対応方法
インフォメーションセンターへの電話事前予約 ドコモ公式サイトにて電話予約
メール My docomoにてメールで問い合わせ
My docomo My docomoにログインし問い合わせ
おたすけロボット ドコモ公式サイトのおたすけロボットにチャット機能で問い合わせ
LINE 「ドコモ あんしん遠隔サポート」を友だち追加し、LINEのトーク画面から問い合わせ

ドコモ公式サイトからは電話予約ができたり、LINEやチャットなどの問い合わせ方法は比較的速いとの口コミを見かけました。電話がつながりにくい場合は、上記の方法を活用してみてください。

電話が繋がらない場合は、その他の問い合わせ方法を試す

ドコモ光の評判から分かるメリット6点

良い評判

前述した通り、ドコモ光の契約が特におすすめできるのは「スマホをドコモで契約している人」や「現在の住居でフレッツ光を契約したことがある場合」です。

スマホとドコモ光のセット割の適用や、工事不要といったところを踏まえて紹介しましたが、ドコモ光には他にも多くのメリットが存在します。

Twitterにはドコモ光のユーザーからさまざまな評判が投稿されています。ドコモ光ならではの強みを裏付けする口コミが見つかったので、それぞれ紹介していきます。

【速度】v6プラス対応プロバイダを選べば快適な速度で使える

ドコモ光 他社料金 比較
画像:JPNE公式サイトより引用[3]

これまでの通信規格として主流だった「IPv4」は、すでに多くの契約者が利用しているため、回線が混雑しやすく速度が出にくいです。

対する新しい通信規格である「IPv6」回線に余裕があり、スムーズな通信が見込めます。

ドコモ光には、空いているIPv6とこれまでのIPv4の両方に接続できる、「v6プラス」を提供するプロバイダがあるため、高速通信が期待できるでしょう。

■ドコモ光 速度の評判①

■ドコモ光 速度の評判②

■ドコモ光 速度の評判③

同じドコモ光でも、IPv4からv6プラスに変えただけで回線速度が劇的に向上しているユーザーの口コミもありました。

v6プラスは標準搭載されており、追加料金などもかかりません。v6プラス対応ルーターを無料でプレゼント・レンタルしているプロバイダもあります。

【料金】ドコモスマホのセット割が適用できる

ドコモのスマホユーザーがドコモ光を契約すると、ドコモスマホの料金から毎月最大1,100円の割引が入ります。

家族もドコモスマホを使っている場合、離れて暮らす家族も含めて最大20回線まで割引の適用が可能です。

■ドコモ光 料金の評判①

ドコモ光セット割だけでなく、様々な割引と併用可能です。

ドコモが定める3親等以内の家族であればグループを組むことができ、料金の支払いをdカードにするだけでも1回線あたり2,382円の割引が適用されるのは嬉しいですね。

■ドコモ光 料金の評判②

ドコモ光セット割は、離れて暮らす家族にも適用されます。グループ内の誰か1人でも光回線を契約すれば全員に適用されるので、総額で見るとかなり大きな割引になります。

【料金】高額キャッシュバック+dポイントがもらえる

ドコモ光のプロバイダ・代理店では、高額キャッシュバックやポイント還元といった独自キャンペーンを実施しています。

どのプロバイダ・代理店を選ぶかによって変わりますが、キャンペーンは毎月実施されていることがほとんどです。申し込み時にはキャンペーンもあわせてチェックしてみましょう!

■ドコモ光 料金の評判①

■ドコモ光 料金の評判②

【工事】いま申し込めば工事費が完全無料になる

NTTドコモの公式特典として、通常は戸建て19,800円、マンション16,500円工事費が完全無料になるキャンペーンを実施しています。

他社回線では実質無料の形で工事費を無料にしているため、3年以内などに解約した場合に工事費の支払いが発生してしまう場合があります。

対してドコモ光の場合、15,000~20,000円という金額の支払いが完全に無料になるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

工事費が無料になるだけではなく、キャッシュバックやポイント還元といったサービスも含めて考えると、さらにお得です。

■ドコモ光 工事の評判①

■ドコモ光 工事の評判②

【工事】フレッツ光からは工事不要で乗り換えられる

ドコモ光は、フレッツ光の回線網を利用した「光コラボ」です。

お住まいの物件でフレッツ光の回線工事をしたことがあれば、工事不要でドコモ光に申し込みできます

また、料金もお得になる可能性が高いため、フレッツ光ネクストとの料金を比較してみましょう。

サービス ドコモ光 フレッツ光ネクスト
戸建ての月額料金 5,720円 5,489円
マンションの月額料金 4,400円 3,564円

額面上はフレッツ光ネクストのほうが割安ですが、ドコモ光セット割を1回線でも適用すれば、戸建て・マンションともに実質料金で逆転します。

また、キャッシュバックやポイント還元を受けられることもドコモ光の魅力です。すべてを含めると、ドコモ光の実質料金はさらに下がります。

■ドコモ光 工事の評判①

工事の必要がなければ、開通の日にわざわざ在宅する必要もありません。繁忙期でも速やかに回線の利用開始ができるのもメリットです。

■ドコモ光 工事の評判②

セット割を適用しなくてもフレッツより安いという人もいました。ドコモ光の高額キャッシュバックを差し引いて計算すると、とてもお得に契約できます。

【サポート】サポート体制も問題なし

ドコモ光の口コミを見ると、「電話が繋がらない」といった評判を見かけることが多いです。

ですが、混雑しやすい曜日や時間帯によって、どうしても待ち時間が発生してしまうことはあります。実際すぐに通電したり、サポートに問題はないという報告もありました。

■ドコモ光 サポートの評判①

■ドコモ光 サポートの評判②

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

【結論】ドコモ光がおすすめなユーザー

ドコモ光をおすすめできる人

結論からお伝えすると、ドコモ光との契約が特におすすめなユーザーは以下の通りです。

▼ドコモ光との契約がおすすめなユーザー

  • スマホをドコモで契約している人
  • 現在の住居でフレッツ光を契約したことがある場合

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

①スマホをドコモで契約している人

ドコモ光では「ドコモ光セット割」という割引サービスを実施しています。

ドコモで提供されているスマホプラン(ギガプラン)のを契約しているユーザーは毎月1,100円の割引が入り、契約している限り永年適用が可能です。

さらにドコモの定める3親等以内でドコモを契約している人がいれば、グループを組むことができます。グループを組むと、グループ内でドコモのギガプランを契約している人それぞれに毎月1,100円の割引が入ります。

そうするとスマホ側でも「みんなドコモ割」という割引が適用になるので、1回線あたり最大2,200円もお得です。

▼ドコモで5Gギガホ プレミアを契約していた例

月額料金 7,315円
みんなドコモ割(3回線以上) -1,100円
ドコモ光セット割 -1,100円
dカードお支払割※ -187円
合計額 4,928円

※料金の支払いをdカードにしていると適用される割引

②現在の住居でフレッツ光を契約したことがある場合

フレッツ光から乗り換える場合、工事の必要がありません。

ドコモ光に電話をし、現在契約している固定回線のプロバイダへ解約の連絡をすれば工事なしで切り替わります。

また、引っ越しのタイミングで固定回線を契約する方も同様です。以前住んでいた方がフレッツ光を利用していた場合は、ドコモ光に連絡しルーターなどを受け取るだけでWiFiの利用が可能なのは嬉しいポイントでしょう。

引っ越し先に回線が引いてあるかは建物の管理人へ問い合わせるか、ドコモ光に直接問い合わせることでも確認が可能です。

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光のサービス内容を確認しよう

ドコモ光 サービス内容
画像:ドコモ光公式サイトより引用[1]

結論として、ドコモ光がおすすめなユーザーはドコモでスマホを契約している人です。

ドコモスマホのセット割を適用できる光回線は、現時点でドコモ光しかありません。ドコモ光を契約すると、本人と家族のドコモスマホ料金が、月々最大2,200円安くなります。

また、今回はSNSに投稿されていたドコモ光の評判からメリット・デメリットを知ることが出来ました。

これらを踏まえて実際に申し込む前に、ドコモ光の具体的な料金プランについて確認しておきましょう。

ドコモ光の料金プラン

項目 戸建て マンション
1ギガ タイプA 5,720円 4,400円
タイプB 5,940円 4,620円
単独タイプ 5,500円 4,180円
10ギガ タイプA 6,930円
タイプB 7,150円
単独タイプ 6,490円

ドコモ光を申し込んだだけでは、インターネットが使えません。通信を提供するプロバイダとの契約をする必要があります。この回線と通信がセットになったものが「タイプA・タイプB」ということです。

違いは月額料金と選べるプロバイダの種類のみなので、契約したいプロバイダがどこかによって契約タイプを選びましょう。

単独タイプはプロバイダがセットになっておらず、タイプA・タイプBに含まれるプロバイダ以外と契約することができる点はメリットです。

ただしプロバイダとの契約に別途料金がかかるので、トータルで見るとタイプA・タイプBより高いことがほとんどであると認識しておきましょう。

別途プロバイダと契約しなくてはいけないことを考えると、おすすめは月額最安値の「タイプA」の契約です。自身の契約したいプロバイダを選びつつ、申し込みのプランを決めましょう。

ドコモ光のセット割

割引名 ドコモ光セット割
有効期間 条件を満たす限り永年
内容 月額料金から最大1,100円割引
条件 ・ドコモ光を契約している
・ドコモ回線の契約プランはギガプランもしくはパケットパックの契約をしている
・ドコモ光の契約者名義と支払い口座が同じドコモ回線が必要(1回線以上)
対象ユーザー ① スマホのドコモ回線とドコモ光の契約者
② ①のファミリー割引に属するユーザー

スマートフォンの回線契約をドコモで行っていると、セット割引を適用することが可能です。

また、セット割引の対象者はドコモ光を契約しているユーザーとその家族(ファミリー割引に属するユーザー)の最大20回線です。

ここでいう家族とは、離れて暮らしている家族や親戚、同じ住所の契約であれば同棲中の方や同性パートナーなど、ドコモの定める3親等以内であれば適用することができます。

グループを組むとドコモ光セット割の対象になるだけでなく、家族間の国内通話が無料といった特典や、月額料金割引(みんなドコモ割)が適用できるといったメリットがあります。

料金プラン 割引額
5Gギガホ プレミア 1,100円
5Gギガホ
ギガホ プレミア
5Gギガライト ~7GB 1,100円
~5GB
~3GB 550円
~1GB なし

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光と他社の料金比較

ドコモ光 他社料金 比較

ここからは、ドコモ光と他社光回線の月額料金を紹介します。

回線名 戸建ての月額料金 マンションの月額料金
コミュファ光 1年目:4,310円
2年目以降:5,545円
1年目:4,980円
2年目以降:5,870円
NURO 光 5,200円 2,090円~2,750円
楽天ひかり 1年目:0円※
2年目以降: 5,280円
1年目:0円※
2年目以降: 4,180円
ぷらら 光 5,280円 3,960円
auひかり 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4,180円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円
ドコモ光 5,720円 4,400円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
so-net光 6,138円 4,928円
OCN 光 5,610円 3,960円

※楽天ユーザーのみ適用

これらはセットプランの料金などは記載しておらず、オプションやキャンペーンなどの割引も含まない基本の料金です。

比較してみると、ドコモ光の月額料金は最も安いわけではありません。ですがスマホをドコモ回線で契約しているユーザーはセット割引プランが適用となり、他社より安く運用することも出来ます。

もし現在契約しているスマホとセットプランが適用できない・適用できても他社より高額の場合はスマホの契約先も見直し、あわせて光回線を申し込む方法も検討してみると良いでしょう。

【23社】ドコモ光のプロバイダ別キャンペーン比較

ドコモ光 プロバイダ 比較

光回線を契約するとき、プロバイダにも申し込む必要があることはご存じの方も多いでしょう。

プロバイダはインターネットの入り口の役割を担っています。ドコモ光が提供しているフレッツ光回線を、インターネットに接続してくれる事業者がプロバイダという訳です。

つまりドコモ光でも、プロバイダを契約しないとインターネットが利用できません。

必ず契約しなくてはならないプロバイダですが、どれを申し込むかによってキャンペーン内容が変わります。

下記にドコモ光のプロバイダの特徴とキャンペーンをまとめたので、チェックしてみましょう。

▼ タイプA:ドコモ光の窓口別キャンペーン比較表

※横にスクロールできます。

プロバイダ名 実測値 V6プラス対応 無料ルーターレンタル キャンペーン
TikiTiki 下り平均速度:388.0Mbps
上り平均速度:154.19Mbps
×
シナプス 下り平均速度:327.88Mbps
上り平均速度:156.59Mbps
× × ・セキュリティソフト12ヶ月無料
・おまかせ! リモートサポート初回無料
・出張サポート初回無料
ドコモnet 下り平均速度:315.64Mbps
上り平均速度:254.12Mbps
× ・セキュリティソフト12ヶ月無料
・マルウェア不正通信ブロック機能が無料
GMOとくとくBB 下り平均速度:300.21Mbps
上り平均速度:231.34Mbps
・最大20,000円キャッシュバック
・解約違約金20,000円還元
・モバイルWiFi最大3ヶ月無料レンタル
・訪問サポート初回無料
・セキュリティソフト12ヶ月無料
エディオンネット 下り平均速度:290.05Mbps
上り平均速度:206.75Mbps
×
BIGLOBE 下り平均速度:285.4Mbps
上り平均速度:193.97Mbps
・セキュリティソフト12ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
ぷらら 下り平均速度:275.22Mbps
上り平均速度:202.73Mbps
・15,000円キャッシュバック
・セキュリティソフト24ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
DTI 下り平均速度:254.41Mbps
上り平均速度:228.87Mbps
× ・DTI優待サービス
・安心パックオプション最大2ヶ月無料
・スマホバックアップ最大2ヶ月無料
@ネスク 下り平均速度:253.47Mbps
上り平均速度:254.39Mbps
× ×
Tigers-net.com 下り平均速度:244.19Mbps
上り平均速度:216.09Mbps
・訪問サポート初回無料
・セキュリティサービス無料
IC-NET 下り平均速度:238.13Mbps
上り平均速度:193.61Mbps
・セキュリティサービス無料
・訪問サポート2回無料
・安心サポート永年無料
BB.excite 下り平均速度:233.62Mbps
上り平均速度:186.96Mbps
・セキュリティソフト36ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
@nifty 下り平均速度:224.39Mbps
上り平均速度:227.43Mbps
・20,000円キャッシュバック
・セキュリティサービス12ヶ月無料
・パスワードマネージャー最大6ヶ月無料
・リモートサポート初回無料
・訪問サポート初回無料
andline 下り平均速度:218.12Mbps
上り平均速度:199.05Mbps
・セキュリティソフト12ヶ月無料
・メールセキュリティサービス永年無料
SIS(SPEEDIA) 下り平均速度:168.97Mbps
上り平均速度:223.79Mbps
・セキュリティサービス永年無料
・リモートサポート初回無料
・訪問サポート初回無料
楽天ブロードバンド 下り平均速度:154.19Mbps
上り平均速度:155.47Mbps
× ・セキュリティサービス12ヶ月無料
・電話設定サポート初回無料
hi-ho 下り平均速度:145.88Mbps
上り平均速度:177.18Mbps
・セキュリティソフト12ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
▼ タイプB:ドコモ光の窓口別キャンペーン比較表

※横にスクロールできます。

プロバイダ名 実測値 V6プラス対応 無料ルーターレンタル キャンペーン
TNC 下り平均速度:351.56Mbps
上り平均速度:246.52Mbps
× ×
ASAHIネット 下り平均速度:285.17Mbps
上り平均速度:218.44Mbps
× ×
@TCOM 下り平均速度:269.64Mbps
上り平均速度:198.46Mbps
× ・セキュリティーサービス3ヶ月無料
OCN 下り平均速度: 261.11Mbps
上り平均速度:190.7Mbps
・セキュリティサービス12ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
WAKWAK 下り平均速度:224.71Mbps
上り平均速度:182.01Mbps
×
@ちゃんぷるネット 下り平均速度:1.76Mbps
上り平均速度:112.93Mbps
・無料設定サポート12ヶ月無料

それぞれのプロバイダごとに実施しているキャンペーンやV6プラス対応有無が違うので、最もご自身の重要視しているポイントと合致しているかがプロバイダ選びのコツです。

ですが、比較してみても結局どこが良いか分からない方は「GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBBはドコモ光でも料金の安いタイプAに対応しており、v6プラスがが使用できるのはもちろんv6プラス対応ルーターも無料です。

さらに2020年オリコン顧客満足度の、プロバイダ広域企業第1位、さらにお客様満足度2年連続No.1の実績があります。

料金・速度・サービスなど複数の点で評判のいいプロバイダなので、迷っている方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

▼GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 料金が安い「タイプA」
  • v6プラスに対応している
  • 満足度が第1位

【5社】ドコモ光の代理店別キャンペーン比較

GMOとくとくBB ドコモ光 おすすめ
画像:ドコモ光公式サイトより引用[1]

ドコモ光だけでなく、固定回線を契約する場合「公式サイト」もしくは「代理店」といった2パターンの契約方法があります。

公式サイトだけでなく様々な窓口から申し込みをできるようにすることで、多くのお客様へのご案内を可能にしているのです。

ですが、窓口が多くてどこから申し込めばお得になるのか分からない方も多いのではないでしょうか?

代理店の中でおすすめの窓口は「株式会社ネットナビ」です。理由を3つの項目に分けて解説します。

【限定】オプションなしでも15,000円キャッシュバック

▼キャッシュバック額の比較5社

窓口 キャッシュバック最大額 オプションなしの
キャッシュバック額
受け取り時期
ネットナビ 20,000円 15,000円 翌月
GMOとくとくBB 20,000円 5,500円 5ヶ月後
ぷらら 15,000円 15,000円 5ヶ月後
@nifty 20,000円 18,000円 1年後
OCN※ 20,000円 20,000円 翌月

※割高なタイプBのプロバイダ契約が必須

ネットナビの強みは、オプション契約なしで最大15,000円のキャッシュバックを受け取れることです。

他社では最大20,000円のキャッシュバックを実施していますが、オプションに加入する必要がほとんどです。

比較してみるともっとも好条件なのはOCNですが、タイプBのプロバイダ契約が必要で、月額料金が高くなります。

次にキャッシュバック額が高額な@niftyは受け取り時期が1年後と長く、口座の登録も開通から11ヶ月後に送付されるURLから実施しなくてはならないため注意が必要です。

オプションなしで翌月に15,000円を受け取れ、サービスの内容も充実したネットナビが現時点で最もおすすめできる窓口といえます。

v6プラス対応プロバイダを選択できる

速度に関する評判をみてもわかるとおり、ドコモ光を契約する際は「v6プラス」に対応したプロバイダを選ぶことで快適な通信を使用することが可能です。

代理店ネットナビではv6プラス対応のプロパイダを含め好きな契約先を選択でき、「GMOとくとくBB」をプロバイダに指定できるため、回線速度の速さに期待できます。

ドコモ光の性能はどの窓口で申し込んでも同じだから安心!

ドコモ光の通信品質をはじめとする性能は、どの窓口で申し込んでも変わりません。代理店では申し込み手続きをドコモの代わりに受けてくれ、取り次いでくれる形となっています。

そのためドコモ光の内容自体に違いはありませんが、キャンペーンや割引など代理店独自の特典が存在するため、ここでは15,000円のキャッシュバックが受け取れる「株式会社ネットナビ」をおすすめしています。

代理店ネットナビの公式サイトは下記のリンクから確認することができます。

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光の申込は「ネットナビ」がおすすめ

ドコモ光
画像:ドコモ光公式サイトより引用[2]

当サイト経由で代理店「ネットナビ」からドコモ光を申し込むと、最大20,000円のキャッシュバックが受け取れます。

▼キャッシュバック金額と条件

キャッシュバックの条件 キャッシュバック金額
ひかりTV for docomo + DAZN for docomoを新規で契約 20,000円
ひかりTV for docomoを新規で契約 18,000円
DAZN for docomoを新規で契約 17,000円
条件無し 15,000円

最大20,000円を受け取るにはオプション加入が必要ですが、オプション加入なしでも15,000円のキャッシュバックが受け取れます

さらに新規工事費が無料や、高速通信が期待できる「IPv6プラス」対応のルーターを無料でレンタルできます。

ドコモ光の申込方法

ドコモ光のお得な申込方法を手順ごとにまとめていきます。下記の申し込み方法に沿って、申し込みを行いましょう。

1. 「代理店ネットナビ」から申し込む
オプションなしで15,000円のキャッシュバック+dポイント2,000ptがもらえて、工事費無料などの公式特典も利用できる「ネットナビ」から申し込みましょう。
2. 工事日を決める
はじめて光回線を契約する場合は工事が必要です。賃貸やアパート・マンションの場合は大家さんに確認を取り、工事の許可を受けてから申し込みましょう。
3. 利用開始
工事が完了して、機器の接続設定を終えたあとは、すぐにドコモ光を利用できます。工事までに時間がかかる場合は、WiFiの無料レンタルが可能です。
4. キャッシュバック受け取り
利用開始後にキャッシュバックを受け取る権利を確定させられます。受け取り用の情報が記されたメールが届くので、URLにアクセスして受け取りの申請を済ませましょう。

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

ドコモ光についてよくある質問

ドコモ光

ここまでドコモ光の評判について詳しく解説してきました。最後にドコモ光の申し込みを検討している方からのよくある質問について紹介します。

申し込みに迷っている方や疑問点がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光のおすすめポイントは?

▼ドコモ光のおすすめポイント

  • ドコモスマホとのセット割が適用できる
  • スマホセット割が最大20回線まで適用可能
  • 工事費が完全に無料
  • v6プラスに対応している
  • フレッツ光からは工事不要で乗り換えられる
  • プロバイダ・代理店が複数ありキャンペーンが豊富

特にドコモスマホとのセット割が適用できる光回線は、現状ドコモ光のみです。ドコモの回線を契約しているユーザーは最も恩恵のある光回線だと言えるでしょう。

さらに工事費完全無料なので初期費用も抑えることができ、V6プラスに対応しているため快適なインターネット通信を可能にしています。

ドコモ光の問い合わせ窓口はどこ?

▼ドコモ光 問い合わせ先まとめ

チャット 24時間おたすけロボット
LINE ドコモ故障サポート
電話 ドコモから (局番なし)113(24時間、無料)
一般電話から 0120-800-000(24時間、無料)

ドコモ光を契約しておりトラブルが発生したら、上記番号まで問い合わせましょう。

もし契約に関しての問い合わせの場合は、各プロバイダ・代理店によって違うため各公式ホームページの確認をおすすめします。

ドコモ光は引っ越し手続きができるの?

A.引越し手続きは可能です。

転居先でもドコモ光の契約を継続したい場合は、移転の申し込みを実施しましょう。移転の申し込みは、電話・WEB・店舗のいずれかから可能です。

このなかでも、とくにオンラインでの手続きがおすすめです。電話の場合はつながらないことがあったり、ショップの場合は待ち時間があったりと手続きに手間取ってしまう可能性があります。

しかしオンラインの場合は、24時間いつでも手続きできて、待ち時間が発生しません。また自宅で手続きできるので、忙しい方でも簡単に済ませられます。

ドコモ光の解約金はいくら?方法は簡単?

A.旧プランの違約金は戸建タイプ14,300円、マンションタイプ8,800円。
新プランの違約金は戸建タイプ5,500円、マンションタイプ4,180円です。

契約期間あり(自動更新)を契約しているユーザーは、旧プランは戸建タイプ14,300円・マンションタイプ8,800円の解約金がかかります。

また、2022年7月1日からの新プランは、戸建タイプ5,500円、マンションタイプ4,180円の解約金になります。

ただし、契約満了月の当月・翌月・翌々月はかかりません。

手続きは簡単で、電話もしくは店舗で解約したい旨を伝えましょう。本人確認や注意事項を確認したのち、解約日が確定します。モデムやルーターがレンタルだった場合は、返送して完了です。

回線の撤去工事などはありません。

ドコモ光でオンラインゲームはできる?

A.可能です。

ドコモ光はフレッツ固定回線を使った光コラボ回線です。通信が安定しており、オンラインゲームに必要な実測値もあります。

通信速度は固定回線として平均的ですが、v6プラス対応のプロバイダを選べば、通信速度が速くなり、より安定して遊べるようになります。

ahamoユーザーはセット割引を適応できない?

A.ahamoは適応されません。

ahamoユーザーはドコモ光どのセット割引は適応されませんが、ドコモ光を使用することが可能です。

ahamoユーザーはどの光回線ともセット割が適応されないので、速度が速いNURO光がおすすめです。

スマホもドコモにまとめるとお得!

ドコモ

ドコモ光を利用中の方は、スマホも一緒にドコモへまとめるのがおすすめです。

ドコモの大容量プランである「5Gギガホ プレミア」では、利用データ量が少なかった月に自動で割引がされるので、固定回線を既に契約中の人にもおすすめです。

家族のうち一人でもドコモの固定回線を利用していれば、離れて暮らしていても「ドコモ光セット割」が適用されます。

さらに、ドコモユーザーの家族が3人以上いれば「みんなドコモ割」でさらに割引されるので、ドコモ光の契約を機にスマホの契約も見直してみてはいかがでしょうか?

▼家族でドコモへまとめた場合の料金を確認する
〜3GB 無制限
5Gギガホ プレミア(基本料金) 5,665円 7,315円
みんなドコモ割(3回線以上) -1,100円 -1,100円
ドコモ光セット割 -1,100円 -1,100円
dカードお支払割 −187円 −187円
合計 3,278円 4,928円

※価格はすべて税込

また、ドコモでは最新機種が最大22,000円の割引が適用して購入できるだけでなく、「いつでもカエドキプログラム」も利用することで、iPhone 13シリーズであれば、実質27,368円〜から購入することも可能です。

▼割引の詳細を確認する
iPhone 13 mini(128GB) 98,208円
5G WELCOME割 -22,000円
いつでもカエドキプログラム(残価) -48,840円
合計 27,368円
(1,189円×23回)

※価格はすべて税込
※端末を23か月目までに返却をした場合で計算

固定回線を申し込むタイミングは、スマホの料金も見直したり、新しい端末を購入するには絶好のタイミングです。

固定回線と携帯キャリアをそろえるメリットはたくさんあるので、ぜひ検討してみてください。

iPhone 14シリーズ 予約受付中!

ドコモ光の評判まとめ

今回は、ドコモ光について実際のユーザーの評判とあわせて解説しました。あらためてドコモ光のメリットをまとめます。

▼ドコモ光のメリット

  • 【速度】v6プラス対応プロバイダを選べば快適な速度で使える
  • 【料金】ドコモスマホのセット割が適用できる
  • 【料金】高額キャッシュバック+dポイントがもらえる
  • 【工事】いま申し込めば工事費が完全無料になる
  • 【工事】フレッツ光からは工事不要で乗り換えられる
  • 【サポート】サポートの手厚さも問題なし

▼ドコモ光の注意点とデメリット

  • 【速度】速度は使用環境や時間帯によって遅くなる場合がある
  • 【料金】ドコモユーザー以外にはメリットが薄い
  • 【工事】工事が遅いという口コミもある
  • 【手続き】ドコモ光の工事ができない場合もある

Twitterから評判を確認した結果、料金からサービスまでおおむね良好な評価を得ていることがわかりました。ドコモユーザーなら契約して損のない回線なので、ぜひ契約を検討してみましょう!



※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン