カテゴリ: WiFi(その他)

ポケットWiFi 固定回線

ポケット型WiFiと固定回線どっちがおすすめ? 違いや特徴、おすすめの人などを確認しよう

ポケット型WiFiと固定回線の違いや、結局どちらが自分におすすめなのか気になる方は多いかと思います。

今回はポケット型WiFiと固定回線について疑問を抱いている方に向けて、それぞれの特徴からわかる違いやおすすめの人について解説していきます。

ポケット型WiFiがおすすめの人

・外出先でネットを使いたい人
・そこまで通信速度が速くなくてもよい人
・通信料金を抑えたい人
・すぐに使いはじめたい人

固定回線がおすすめの人

・自宅でのみネットを使えればよい人
・高速で安定した通信を求める人
・データ量を気にせず無制限に使いたい人
・自宅で工事が可能な人

また、おすすめの固定回線とポケット型WiFiについても詳しく紹介していきます。

\ 当サイト経由限定 /

キャッシュバック最大3万円に増額中

 ・月額料金2,167円から使える置き型WiFi
 ・ソフトバンク、Y!mobileスマホセット割

■モバレコ限定 キャンペーン

・最大3万円の高額キャッシュバック
U‐NEXT 6ヶ月無料トライアル実施中

※キャンペーン併用可能

ポケット型WiFiと固定回線の違いとは

パソコンとスマホなど
ポケット型WiFiと固定回線の違いとは

インターネット回線にはポケット型WiFiと固定回線がありますが、なにが違うのでしょうか?2つの違いを比較してみました。

ポケット型WiFiと固定回線の比較表

※横にスクロールできます。

ポケット型WiFi 光回線
相場料金 3,000円~5,000円 4,000~6,000円
平均速度  35.2Mbps 316.85Mbps
通信方式 無線 有線
データ容量 制限あり ※1 基本無制限
速度制限 あり 基本なし
工事有無 不要 必要
費用はキャンペーンでほぼ実質無料
開通までの時間 数日 1~3ヶ月
持ち運び 可能 不可

みんそく2022年2月時点のデータより
※1 WiMAXの通信制限の緩和により、WiMAXは無制限利用可能

ポケット型WiFiはモバイルルーター端末があればどこでもネットが使えるものに対し、固定回線は自宅に光回線を引いて使うものです。

ポケット型WiFiは手軽にどこでも使えて料金が安いですが、その反面無線通信なので通信速度が遅い場合もあります。一方、固定回線は工事が必要で料金が高いですが、有線通信なので通信速度が安定しており、データ量無制限に使えます。

それぞれの通信方式の特徴について、詳しくご説明しましょう。

ポケット型WiFiの特徴

ポケット型WiFiのメリットとデメリットは以下のとおりです。

ポケット型WiFiのメリット・デメリット

メリット ・自宅でも外出先でも使える
・実質料金が安い
・工事が不要
・すぐに使いはじめられる
・自分に合ったデータ容量のプランを選べる
デメリット ・通信速度が遅い場合がある
・速度制限がある

ポケット型WiFiの最大の特徴は、持ち運び可能でどこでもネットを使えるという点です。また、申し込んだら早ければ即日で届き、すぐに使いはじめられるという点も大きなメリットです。

しかしほとんどのサービスにおいて、 月間のデータ容量を超えると通信速度が制限されます。

具体的なポケット型WiFiの速度制限について、見てみましょう。

ポケット型WiFiの速度制限

WiMAX クラウドWiFi(ゼウスWiFi)
速度制限の条件 一定期間内に大量のデータ通信があった場合 月間データ容量の超過
制限後の速度 128kbps
制限期間 混雑する時間帯 データ超過時から当月末まで
制限解除時期 翌月以降、またはデータチャージ後

WiMAXはギガ放題プランなら、データ量が無制限です。以前までは、3日間で15GB以上(5G回線)のデータ通信をおこなうと、翌日から夜間のみ軽い速度制限がかかりました。2022年2月からは、「ギガ放題プラス」の通信制限の条件が緩和され、通信速度を一律に制限されていた条件がなくなりました

一定期間内に大量のデータ通信があった場合は、混雑する時間帯の通信速度に制限は入るようですが、ユーザーにとってはより使いやすく改善されたと言えます。

そのほかクラウドSIMのポケット型WiFiは、基本的にそのような制限はありませんが、月間データ容量を超えると制限がかかります。

固定回線の特徴

固定回線の光回線のメリットとデメリットについて見てみましょう。

固定回線のメリット・デメリット

メリット ・通信速度が安定して速い
・データ容量が無制限に使える
デメリット ・実質料金が高い
・工事が必要
・開通までに時間がかかる
・ネットを自宅でしか使えない

固定回線の最大の特徴は、安定した高速通信が可能であることです。

一方で、有線通信なので工事が必要で工事費がかかりますし、開通までに時間がかかるという大きなデメリットがあります。また、ポケット型WiFiに比べると月額料金が高いです。

ただし、ほとんどの光回線で工事費が実質無料になるキャンペーンを実施しています。最低利用期間内に解約しなければ、工事費が実質無料になるので、工事費についてはあまり心配しなくてもよいでしょう。

ポケット型WiFiと固定回線がおすすめなのはこんな人!

インターネット利用イメージ
ポケット型WiFiと固定回線がおすすめの人

上記の内容をまとめると、ポケット型WiFiと固定回線がおすすめなのは、それぞれ以下のような人です。

ポケット型WiFiがおすすめの人

・外出先でネットを使いたい人
・そこまで通信速度が速くなくてもよい人
・通信料金を抑えたい人
・すぐに使いはじめたい人

固定回線がおすすめの人

・自宅でのみネットを使えればよい人
・高速で安定した通信を求める人
・データ量を気にせず無制限に使いたい人
・自宅で工事が可能な人

外出先で利用する頻度が多い人はポケット型WiFiがおすすめ

ポケット型WiFiのメリット・デメリットを再度確認しましょう。

ポケット型WiFiのメリット・デメリット

メリット ・自宅でも外出先でも使える
・実質料金が安い
・工事が不要
・すぐに使いはじめられる
・自分に合ったデータ容量のプランを選べる
デメリット ・通信速度が遅い場合がある
・速度制限がある

短期間で大量のデータを使う人は、頻繁に速度制限にかかってしまうのでおすすめできません。安定した通信品質を求めるなら、固定回線も検討しましょう。

安定した通信速度を求めるなら固定回線がおすすめ

固定回線のメリット・デメリットも確認していきましょう。

固定回線のメリット・デメリット

メリット ・通信速度が安定して速い
・データ容量が無制限に使える
デメリット ・実質料金が高い
・工事が必要
・開通までに時間がかかる
・ネットを自宅でしか使えない

外出先でのデータ使用量が多い人、自宅でネットをあまり使わない人はポケット型WiFiのほうがよいでしょう。また、引っ越しの予定がある人は撤去工事が発生する場合もあり、解約金が高額になるためおすすめできません。

スマホセット割から選ぶおすすめの固定回線5選!

スマホとアクセサリ
スマホセット割から選ぶおすすめの固定回線

固定回線は、基本的にお使いのスマホキャリアとセット割が使えるところを選びましょう。スマホ料金の割引がきく場合があり、トータルで通信料金がお得になります。

スマホキャリアごとにおすすめの光回線は、以下のとおりです。

・ドコモユーザー
「ドコモ光」

・auユーザー
「auひかり」
auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」

・ソフトバンクユーザー
「ソフトバンク光」
戸建てなら「NURO光」

それぞれの光回線について、詳しくご紹介していきましょう。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

docomo光

ドコモユーザーなら、ドコモのセット割が使える「ドコモ光」がおすすめです。光コラボ回線ですが、v6プラスが使えるプロバイダを選べば、速度を向上させられます。

▼ドコモ光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 213.09Mbps
下り 275.59Mbps
月額料金 5,783円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 14,300円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 5,783円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円
キャンペーン ・15,000円キャッシュバック(OPなし)
・dポイント2,000円分プレゼント
・工事費が完全無料
・ルーターレンタル代が無料

※戸建てで提供されているすべてのプランを含めた2月~4月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])


▼ドコモ光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 207.39Mbps
下り 263.68Mbps
月額料金 4,463円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 8,800円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,463円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円
キャンペーン ・15,000円キャッシュバック(OPなし)
・dポイント2,000円分プレゼント
・工事費が完全無料
・ルーターレンタル代が無料

※マンションで提供されているすべてのプランを含めた2月~4月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])

ドコモのセット割は、家族なら最大20回線まで適用できます。

ドコモ光セット割のスマホ割引額
プラン名 割引額/月
5Gギガホプレミア・ギガホプレミア
5Gギガホ・ギガホ
1,100円
5Gギガライト・ギガライト ステップ4:~7GB 1,100円
ステップ3:~5GB 1,100円
ステップ2:~3GB 550円
ステップ1:~1GB
ウルトラシェアパック100 3,850円
ウルトラシェアパック50 3,190円
ウルトラシェアパック30 2,750円
ベーシックシェアパック ステップ4:~30GB 1,980円
ステップ3:~15GB 1,980円
ステップ2:~10GB 1,320円
ステップ1:~5GB 880円
ウルトラデータLLパック 1,760円
ウルトラデータLパック 1,540円
ベーシックパック ステップ4:~20GB 880円
ステップ3:~5GB 880円
ステップ2:~3GB 220円
ステップ1:~1GB 110円

※価格はすべて税込

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

auユーザーなら「auひかり」

auひかり

▼auひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 下記の地域以外
静岡・愛知
岐阜・三重
大阪・京都
兵庫・和歌山
奈良・滋賀・沖縄
申し込み窓口 フルコミット
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 3年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 494.09Mbps
下り 427.0Mbps
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 15,000円
工事費(撤去) 31,680円
実質月額料金(契約期間) 4,197円※1
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
キャンペーン ・5万円キャッシュバック(OPなし)
・6,3万円キャッシュバック(ひかり電話加入)
・工事費実質無料
・5,5万円の他社違約金補填

※戸建てで提供されているすべてのプランを含めた12月~2月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])
※1. ひかり電話の適用なしのとき


▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口 フルコミット
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 上り 247.14Mbps
下り 186.43Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 9,500円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,883円※1
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
キャンペーン ・5万円キャッシュバック(OPなし)
・6,3万円キャッシュバック(ひかり電話加入)
・工事費実質無料
・5,5万円の他社違約金補填

※マンションで提供されているすべてのプランを含めた12月~2月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])
※1. ひかり電話の適用なしのとき

auユーザーなら、auのセット割が使える「auひかり」がおすすめです。独自回線で通信速度が速いと評判の光回線です。代理店から申し込めば高額キャッシュバックをもらえることがあるので、実質料金を安くできるでしょう。

auスマホとのセット割は、家族なら最大10回線まで適用できます。

auスマートバリューの各スマホプランの割引額
主なプラン 割引額/月
ピタットプラン 5Gピタットプラン 4G LTE 1GB超~7GB 550円
ピタットプラン 5G(s)ピタットプラン 4G LTE(s) 2GB超~20GB 550円
データMAX 5G
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G テレビパック
データMAX 4G LTE
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE テレビパック
1,100円

※価格はすべて税込

オプションなしでも5万円
最大6,3万円キャッシュバック実施中

auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」

So-net光プラス

auユーザーでauひかりが対象外だった場合は、「So-net光プラス」がおすすめです。光コラボ回線のなかでは通信速度が速いといえますし、月額料金割引で実質料金が安くなります。

【So-net光プラスの概要】

対応エリア 日本全国
スマホセット割 auスマートバリューで最大1,100円割引
家族は最大10回線適用可能
最大速度 1Gbps
事務手数料 3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
26,400円
月額料金 戸建て マンション
1~24ヶ月目:3,828円
25ヶ月目~:6,138円
1~24ヶ月目:2,728円
25ヶ月目~:4,928円
キャンペーン内容 2年間月額料金割引(So-net光プラス公式)

※価格はすべて税込

So-net光プラスも、auひかりと同様auスマホのセット割が使えます。家族なら最大10回線まで適用可能です。

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザーには、ソフトバンクのセット割が使える「ソフトバンク光」がおすすめです。キャッシュバックのキャンペーンも定期的におこなっているため、実質料金を安くできるでしょう。

▼ソフトバンク光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン 戸建て
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 212.3Mbps
下り 320.2Mbps
月額料金 5,720円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 10,450円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,316円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・選べる特典
①37,000円キャッシュバック
②Nintendo Switchプレゼント

※戸建てで提供されているすべてのプランを含めた2月~4月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])


▼ソフトバンク光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン マンションタイブ
契約期間 2年
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 215.33Mbps
下り 316.01Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 10,450円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,776円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・選べる特典
①37,000円キャッシュバック
②Nintendo Switchプレゼント

※マンションで提供されているすべてのプランを含めた2月~4月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])

ソフトバンクスマホとのセット割は、家族なら最大10回線まで適用できます。

おうち割 光セットの割引額
対象サービス 割引額/月
基本プラン(音声)/基本プラン(データ) データプランメリハリ
データプランミニフィット
データプラン50GB+
データプランミニ
1,100円
通話基本プラン データ定額 50GBプラス
ミニモンスター
1,100円
スマ放題/スマ放題ライト データ定額 50GB/20GB/5GB 1,100円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
550円
上記以外の料金プラン パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,100円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円

※価格はすべて税込

最大37,000円キャッシュバック中!

ソフトバンクユーザーで戸建てなら「NURO光」

NURO光

同じくソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクのセット割が使えて、しかも通信速度が高速な「NURO光」もおすすめです。最大速度が2Gbpsと高速で、戸建てタイプの月額料金が安いので、対象エリアにお住まいであれば検討してみましょう。

▼NURO 光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 北海道・東京都
神奈川県・埼玉県
千葉県・茨城県
栃木県・群馬県
愛知県・静岡県
岐阜県・三重県
大阪府・兵庫県
京都府・滋賀県
奈良県・広島県
岡山県・福岡県
佐賀県
申し込み窓口(代理店) NURO 光公式
プラン 戸建てプラン(G2T)
契約期間 2年間
最大速度 2Gbps
平均実測値※ 上り 421.89Mbps
下り 485.14Mbps
月額料金 5,200円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 44,000円
解約費用 違約金 10,450円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,013円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,100円
キャンペーン ・基本工事費実質無料
・設定サポート1回無料
・最大25,000円キャッシュバック

※戸建てで提供されているすべてのプランを含めた12月~2月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])


▼NURO 光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 北海道・東京都
神奈川県・埼玉県
千葉県・茨城県
栃木県・群馬県
愛知県・静岡県
岐阜県・三重県
大阪府・兵庫県
京都府・滋賀県
奈良県・広島県
岡山県・福岡県
佐賀県
申し込み窓口(代理店) NURO 光公式
プラン G2T
契約期間 3年
最大速度 2Gbps
平均実測値※ 上り 460.7Mbps
下り 543.38Mbps
月額料金 2,090円~2,750円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 44,000円
解約費用 違約金 10,450円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,037円~2,697円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,100円
キャンペーン ・基本工事費実質無料
・設定サポート1回無料
・最大25,000円キャッシュバック

※マンションで提供されているすべてのプランを含めた12月~2月の実測平均値(みんなのネット回線速度から引用[0])

マンションタイプは一部の導入済みのマンションにのみ提供しています。導入がないマンションでは戸建てタイプの契約が可能ですが、建物状況により回線工事ができない場合が多々あります。

提供地域かつ、戸建ての人にはもっともおすすめできる固定回線です。

また、ソフトバンクスマホとのセット割はソフトバンク光と同じ金額が適応になります。

楽天モバイルユーザーなら「楽天ひかり」

楽天ひかり

楽天モバイルユーザーなら、キャンペーンがおとくな楽天ひかりがおすすめです。

【楽天ひかりの概要】

対応エリア 日本全国
最大速度 1Gbps
事務手数料 新規契約:880円
フレッツ光、光コラボからののりかえ:1,980円
工事費用 16,500円
※フレッツ光、光コラボからののりかえは無料
月額料金 戸建て マンション
5,280円
※楽天モバイルユーザーは1年間無料
4,180円
※楽天モバイルユーザーは1年間無料
キャンペーン内容 1年間月額料金割引

※価格はすべて税込

楽天モバイル利用者なら、楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるキャンペーンを実施しています。キャッシュバックのキャンペーンとは違い、もらい忘れなく特典を受けられることがポイントです。

マンションタイプなら4,180円×12ヶ月=50,160円、戸建てタイプなら5,280円×12ヶ月=63,630円もお得にはじめられます。

また、楽天ひかりだけの申し込みでもマンションタイプなら1年目が1,980円、戸建てタイプなら3,080円と1年目の料金が安くはじめられるキャンペーンも行っています。

格安SIMユーザーは速度重視で選ぶべし

3大キャリア以外の格安SIMユーザーの場合は、スマホのセット割が毎月数百円なのであまり大きいメリットはありません。

たとえば、UQモバイルのセット割「ギガMAX月割」の割引額は毎月550円です。そのため、セット割にこだわるより速度重視で選ぶことをおすすめします。

格安SIMユーザーにおすすめの光回線は以下のとおりです。

・戸建てならおすすめは「NURO光」
・つぎにおすすめなのは「auひかり」
・どちらもエリア外なら「So-net光プラス」がおすすめ
・格安SIMも今から申し込みするなら「楽天ひかり」

戸建てならおすすめは「NURO光」

NURO光は、通信速度が速いと評判のよい光回線です。標準速度が他光回線の2倍の2Gbpsであり、高速プランもあります。2022年2月時点、みんそくの光回線ランキングの結果は以下のとおりです。

順位:2位(49回線中)
下り速度:504.76Mbps

ただし、対応エリアや開通ができる建物が限られているので申し込み後に開通ができない場合もあります。

次におすすめなのは「auひかり」

NURO光がエリア外の場合は、auひかりをおすすめします。auひかりも通信速度が速いと評判のよい光回線です。2022年2月時点、みんそくの光回線ランキングの結果は以下のとおりです。

順位:9位(49回線中)
下り速度:431.17MbpsMbps

ただし、auひかりも東海・関西エリアがエリア対象外です。対象外の地域ではKDDI系列の別の回線が提供されている場合が多いので、そちらを検討してみてもいいでしょう。

どちらもエリア外なら「So-net光プラス」がおすすめ

NURO光もauひかりもエリア外の場合は、全国で使えるSo-net光プラスがおすすめです。光コラボ回線のなかでは、もっとも通信速度が速いといわれています。2021年2月時点、みんそくの光回線ランキングの結果は以下のとおりです。

順位:28位(49回線中)
下り速度:291.96Mbps

固定回線の申し込みから開通までの流れ

固定回線の申し込み手続きから、開通手続きまでの流れをご説明します。

1. 申し込みをする
各光回線の申込窓口のサイトから、申し込みましょう。
申し込みは、お得に契約できるWeb申し込みがおすすめです。電話勧誘や家電量販店でもキャッシュバックはもらえますが、人件費などがかかるため還元率が低いことが多くなっています。
キャッシュバックなどのキャンペーンを利用する際は、受取条件が問題ないか必ず確認しましょう。
2. 工事日の調整をする
申込完了後、電話がかかってくるので工事日を調整します。工事日には基本的に立ち合いが必要となります。あらかじめスケジュールを確認しておくとよいでしょう。
3. 開通工事・機器の設定
工事日になったら、開通工事と機器の設定が行われます。作業はおよそ、1~2時間で終わります。ただし、マンションの場合は部屋まで回線が引かれているなど状況によって工事内容が変わるので注意しましょう。
4. 利用開始
工事と機器の設定が終われば、利用開始となります。

容量別でみるおすすめのポケット型WiFi5選

ポケット型WiFi
おすすめのポケット型WiFi

ポケット型WiFiを選ぶ際には、自分に合ったデータ容量のプランを提供しているところを選びましょう。容量ごとに料金が安く、おすすめのポケット型WiFiは、以下のとおりです。

・速度重視なら「WiMAX」
・低・中容量の20GB・40GBなら「ゼウスWiFi」がおすすめ
・大容量の100GBなら「Mugen WiFi」がおすすめ

速度重視なら「WiMAX」

WiMAX
WiMAX(引用元:Broad WiMAX

実質無制限なら、「WiMAX」のギガ放題プラスがおすすめです。WiMAXのルーター端末はスペックがよく、ポケット型WiFiのなかでもっとも通信品質がよいといわれています。

【Broad WiMAXの概要】

対応エリア 日本全国
使用回線 WiMAX2+
au 4G LTE
au 5G
契約期間 3年
最大速度 下り最大2.7Gbps
データ容量 無制限(ギガ放題プラスDX)
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 21,780円
月額料金 1~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
キャンペーン内容 ・月額料金割引
・Web申し込みで初期費用割引
・乗り換え割引
・いつでも解約サポート
・キャッシュバック19,000円

※価格はすべて税込

WiMAXにはプロバイダが多いですが、なかでも以下のような特典がある「Broad WiMAX」がおすすめです。

・月額料金割引
・Web申し込みで初期費用割引
・乗り換え割引(他社の違約金を最大19,000円まで負担してくれる)
・いつでも解約サポート(指定の回線に乗り換えれば違約金ゼロ円)

   

Broad WiMAX

   

指定メディア限定の新プラン登場!
ずっと4,367円で使える5G対応WIMAX

   

今なら10,000円キャッシュバック!

指定メディア限定の新プラン登場
今ならキャッシュバック10,000円

大容量の100GBなら「Mugen WiFi」がおすすめ

Mugen WiFi
Mugen WiFi(引用元:Mugen WiFi

「Mugen WiFi」は100GBプランのなかで、最安級のポケット型WiFiです。100GBのポケット型WiFiの料金を比較してみると、キャッシュバックがついているMugen WiFiがもっとも安く利用できることがわかります。

【100GBのポケット型WiFi実質料金比較】

回線名 月額料金
Mugen WiFi 3,718円
+キャッシュバック最大10,000円
どこよりもWiFi 3,718円
クラウドWiFi 3,718円
それがだいじWi-Fi 3,718円
ゼウスWiFi 1~3ヶ月:3,278円、4ヶ月~:3,828円

※価格はすべて税込

【Mugen WiFiの概要】

最大速度 下り最大150Mbps
データ容量 100GB
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金
(格安プラン 100GB)
3,718円
契約期間 2年
解約金 1年未満:9,900円
2年未満:5,500円
キャンペーン内容 キャッシュバック最大10,000円

※価格はすべて税込

また、Mugen WiFiには「30日間お試しキャンペーン」がありますので、気になる方はぜひ使ってみましょう。

ポケット型WiFiの申し込みから利用開始までの流れ

ポケット型WiFiの申し込み手続きから開通手続きまでの流れをご説明します。

1. Web申し込み
公式サイトからWeb申し込みをしましょう。Web申し込みだとお得な特典がつくことが多いので、おすすめの方法です。
2. 端末が届く
申し込みが完了すると、即日~数日後に自宅へ端末が届きます。
3. 利用開始
端末を起動すると、すぐに利用開始できます。

より安定性を求めるならホームルーターがおすすめ!

ホームルーターは、据え置き型のルーターを自宅のコンセントに接続するだけで、自宅にWiFiを通せるサービスです。固定回線のように開通工事をしなくよいので、誰でも手軽にインターネットが使えるようになります。

持ち運びはできませんが、ポケット型WiFiより通信が安定しているため、長時間のネット回線の利用やポケット型WiFiで満足できなかった人におすすめです。

おすすめポケット型WiFiで紹介した、WiMAXでもホームルーターの機種を選択して利用することができます。

特典と無制限で選ぶなら「モバレコエアー」

モバレコエアー
モバレコエアー(引用元:モバレコエアー

「モバレコエアー」は、ホームルーターを最安値で使えるサービスです。工事不要でポケット型WiFiより回線の安定性が高いため、ポケット型WiFiで速度に不満がある人におすすめです。

また、オプション契約なしで20,000円キャッシュバックを翌月末にもらえたり、ソフトバンクの公式特典が適用されたりする点も魅力的ですね。

▼モバレコエアーのサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) グッド・ラック
端末(プラン) ターミナル5(5G) ターミナル4 NEXT
使用回線 ソフトバンク
契約期間 2年
データ使用量 無制限※
最大速度 2.1Gbps 612Mbps
平均実測値 上り 7.63Mbps 5.76Mbps
下り 85.22Mbps 43.53Mbps
月額料金 1~2ヶ月:2,167円
~24ヶ月:3,679円
25ヶ月~:5,368円
1~2ヶ月:2,167円
~12ヶ月:3,080円
~24ヶ月:3,679円
25ヶ月~:5,368円
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 71,280円 59,400円
実質料金(契約期間) 2,857円 2,191円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円

※一定期間のデータ通信量が特に多いとき通信が遅くなる可能性あり
※みんなのネット回線速度(2月~4月の実測平均値)から引用[0]

▼モバレコエアーキャンペーン

【公式】

  • 月月割で端末代金無料
  • 最大10万円の他社違約金補填

【当サイト経由限定】

  • キャッシュバック1.7万円から最大3万円に増額
  • U-NEXT 6ヶ月無料トライアル実施中

したがって、モバレコエアーは次のような人におすすめです。

・データ無制限のホームルーターを使いたい人
・ソフトバンクスマホを契約している人
・実質料金最安値でホームルーターを使いたい人
・高額な違約金が発生する人

   

モバレコAir

工事不要で使えるホームルーター!
月額2,167円~(2ヶ月間)

   

今だけ限定!
アンケートに答えるだけでキャッシュバック+1万円!!
30,000円キャッシュバック!

今だけ!アンケートに答えるだけでキャッシュバック増額中!
30,000円キャッシュバック

ポケット型WiFiと固定回線のよくある質問

パソコン利用イメージ
ポケット型WiFiと固定回線のよくある質問

ポケット型WiFiと固定回線を使用するうえで、よく出る質問に対する回答をまとめてみました。

速度が遅い原因と対処法は?

ポケット型WiFiと固定回線のそれぞれで、考えられる原因と対処法をまとめます。

【ポケット型WiFi】

・接続がうまくいっていない → ルーターとパソコンなどを再起動してみる
・電波が届いていない → ルーターの位置を変えてみる
・建物の中や地下などエリア外にいる → 建物の外や地上に出てみる
・障害が発生している → 公式サイトで確認する

【固定回線】

・接続がうまくいっていない → ルーターとパソコンなどを再起動してみる
・ルーターやLANケーブルのスペックが低い → 機器を交換する
・障害が発生している → 公式サイトで確認する

ポケット型WiFiを固定回線の代わりに使っても問題ない?

問題はありませんが、固定回線には通信品質やデータ量が劣るので注意しましょう。固定回線は有線接続なので通信が安定していますが、ポケット型WiFiは無線通信なので通信が不安定になる場合があります。

実際、ポケット型WiFiの平均速度は数十Mbpsですが、固定回線は数百Mbps出ます。また固定回線の場合、データ量は無制限で速度制限もありません。ポケット型WiFiは月間データ量が決まっていることが多く、速度制限もあります。

一般的な事務作業やWebの閲覧がメインで、そこそこの通信速度・データ容量で使うのであれば、固定回線の代わりでもポケット型WiFiは有効でしょう。

もし乗り換えすると料金はいくらかかるの?

回線を乗り換える場合には、違約金がかかります。それぞれのケースでかかる違約金とその相場についてご説明します。

【ポケット型WiFiから固定回線の場合】

・解約違約金:数千円から数万円、更新月なら0円の場合もある
・端末代金残債:残債がある場合は、数千円から数万円

【固定回線からポケット型WiFiの場合】

・解約違約金:数千円から数万円、更新月なら0円の場合もある
・工事費残債:残債がある場合は、数千円から数万円
・撤去工事費:数万円(不要な場合もある)

ポケット型WiFiから固定回線に乗り換える可能性があるのならば、Broad WiMAXがおすすめです。「いつでも解約サポート」を使って、指定の固定回線に乗り換えれば、違約金ゼロ円で乗り換えが可能です。

まとめ

この記事では、ポケット型WiFiと固定回線の違いについてご説明し、それぞれのおすすめ回線、申込方法やQ&Aについて詳しくご紹介しました。

この記事を参考にして、自分にぴったりのインターネット回線を選んでください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン