WiMAX2+で機種変更するための方法は?損をしないためのポイントを紹介

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAX2+で機種変更するための方法は?損をしないためのポイントを紹介

WiMAX2+を契約して既に使っているが、バッテリー保ちが悪くなってきた。あるいは契約後に出た新しい機種が気になっている。こんな時「そういえばWiMAX2+でも機種変更ってできるのだろうか?」なんて考えるかもしれませんね。

この記事では現在すでにWiMAX2+を契約して使用している人やこれから契約して使う予定の人向けに、WiMAX2+での機種変更方法やポイント、注意点を紹介します。

目次:

こんなときは機種変更を考えよう

そもそもWiMAX2+での機種変更はどんなタイミングで考えるべき? まずはここから確認しておきましょう。

WiMAX2+での機種変更はどんなタイミング?

契約更新時期を迎える

まずは「契約更新時期」を迎える場合。後ほどまた触れますが、契約更新時期は機種変更も含めた契約内容の変更が無駄な費用をかけずにおこなえるタイミングです。

WiMAX2+は短くても2年からの契約が一般的ですが、契約のタイミングから同じ機種を使っているとすれば、今使っている機種は2年以上前に発売された機種であるはず。2年あれば性能面でも機能面でも大きな進化を遂げている可能性大なので、機種変更は積極的に検討すべきです。

外装やバッテリーに消耗が見られる

次にルーターの外装がボロボロになってきていたり、バッテリーの保ちが悪く感じるようになってきていたり。こういった状況も機種変更を前向きに考えるよいタイミングでしょう。

ただしバッテリーの劣化については、一部のバッテリー着脱が可能な機種であれば、バッテリーを交換するだけでも解消できることも。

外装はまだまだ使えるキレイな状態である。あと数ヶ月待てば契約更新の時期を迎える。こんな場合はすぐに機種変更せず、バッテリーの交換で凌ぐことも有効な対応ですよ。

最新の機能を使いたい

また新しく登場した通信技術や機能を使いたいという場合も、機種変更を検討すべきタイミングといえます。

ルーターを含む通信機器を使う上で大切なポイントといえば「通信速度」。WiMAX2+では新しい技術の導入により、過去の機種と最新機種では対応する最大通信速度に大きな差がある場合も。

また通信速度以外にも、賢い節電機能を搭載してバッテリー保ちを向上させた製品なども登場しています。

通信エリアを拡げたい

最後に通信エリアを拡げたい場合にも、機種変更は有効な手段です。

おそらく契約時に「どういった機能がほしいか」をよく吟味の上で購入する機種を選ぶこととは思います。

ですがその後に使用する環境が変わることもあるでしょうし、使い方の変化で必要な機能が変わることもあるでしょう。

たとえばWiMAX2+のみで通信をおこなう「ハイスピードモード」で使用を前提として購入したけど、外出先での使用頻度が増え、au 4G LTEを組み合わせてより広いエリアで通信できる「ハイスピエードプラスエリアモード」も欲しくなる、なんて場合が考えられます。

また使う中で意外とバッテリーが保たないので、バッテリー保ちのよい機種、あるいはバッテリーを交換できる機種が欲しくなるケースもあるかもしれません。

日常での使い方に影響を及ぼす部分については、日々小さなストレスを抱えながら使い続けるより、機種変更に費用を払っても以降ストレスがない状態使えるようにすることも大切です。

WiMAX モバレコ店

WiMAXの機種変更の可否は事業者や利用機種により異なる

WiMAX2+と同じようにモバイル通信が利用できるサービスとしては、今もっとも身近なものはスマートフォンを含む携帯電話でしょう。携帯電話では機種変更はできて当たり前な感じがしますよね。

ではWiMAX2+では、スマートフォンと同じような感覚で機種変更はおこなえるのでしょうか。

これについては各WiMAX2+事業者や現在使用しているルーターの機種により、判断が異なります。

機種変更できるかどうかは事業者や利用機種により異なる

UQ WiMAXを含む6事業者ならいつでも機種変更可能

たとえば国内でのWiMAX2+サービスの本家(MNO)であるUQ WiMAXを含む、以下6つのWiMAX2+事業者では、現在の契約を継続しつつ、機種のみを買い換えられます。

  • UQ WiMAX
  • BIC WiMAX SERVICE
  • ワイヤレスゲート Wi-Fi WiMAX2+
  • BIGLOBE WiMAX2+
  • So-net モバイル WiMAX2+
  • ASAHIネット WiMAX2+

これら6つの事業者では、UQ WiMAXの公式サイト内に設置された受付ページにおいて「契約先の選択」「購入機種の選択」といったステップを踏むことで新しい機種を購入できます。

新しい機種の購入代金は、購入機種や現機種の使用期間により異なる設定となっており、一般的には現機種の使用期間が長いほど、新機種は安く購入できますよ

現機種も比較的新しいモデルであれば、買い替えにかかる費用は必然的に高くはなります。が、費用を負担すれば買い替えができる、ということはひとつ魅力といえるでしょう。

Broad WiMAXは条件を満たせば機種変更可能

Broad WiMAX

上記以外にBroad WiMAXの場合も例として見てみましょう。

Broad WiMAXでは、WiMAX2+端末を20ヶ月以上利用しているユーザーに関してのみ、機種変更を認めています。条件を満たさないと機種変更ができない点はつらいですが、一方で条件を満たしている場合には手続費用0円にて機種変更が可能です。

また2017年9月現在は特典がつくキャンペーンを開催しており「月額料金が最大24ヶ月の間、324円割引」「端末代金が無料」となっていますよ。

対象機種はモバイルルーターの最新モデルである「Speed Wi-Fi NEXT W04」および「Speed Wi-Fi NEXT WX03」の2種類なので、最近機能を使いたい人にとってはうれしいですね。

WiMAX モバレコ店

WiMAXの機種変更にはこんな方法も

ここまで紹介した内容は今契約しているWiMAX2+事業者と引き続き契約を続ける前提で、公式に案内されているもの。

「契約しているWiMAX2+事業者の機種変更条件を満たしていない」あるいは「契約しているWiMAX2+事業者では機種変更を取り扱っていない」なんて場合は機種変更は無理なのでしょうか。

実はこういった場合でも機種変更を実現できる方法があと2つ挙げられます。

解約&再契約する

1つ目は、今契約しているWiMAX2+事業者をいったん解約し、再契約するというもの。

再契約時にはあらためて、購入する機種を選ぶことができます。

利用期間(タイミング)によっては契約解除料や違約金といったものの支払いが発生することに注意が必要ですね。ただし契約更新のタイミングが近い場合は、契約更新月で解約し、あらためて契約しなおせば無駄な出費もなく、かつ最新機種をゲットできます。

なお契約更新月がまだまだ先……なんて場合は、現在契約しているWiMAX2+事業者とは別の事業者にのりかえるのも有効な方法です。

Broad WiMAXなどをはじめ、WiMAX2+事業者の中には「他社からののりかえ時に発生する費用を全額負担」といったキャンペーンを実施しているところも。

WiMAX2+では、大本の回線事業者であるUQ WiMAX(MNO)でも、設備を借りて営業する他の事業者(MVNO)でも、通信エリア・通信速度といった品質が大きく変わらないことが特徴としてあげられます。

つまりWiMAX2+を使う上でもっとも肝心なポイントといえる「通信品質」はとくに心配せず、柔軟にアクションを起こしやすいということですね。

白ロム製品を購入する

白ロム端末を購入する

また今の契約を解約せず、白ロムと呼ばれるSIMロックのかかっていない製品(ルーター本体)を購入して機種変更するという方法もあります。

WiMAX2+の白ロム製品はAmazonなどの通販サイトを中心として取引が見られますが、こういった製品を購入すれば、現機種にささっているSIMカードを差し替えるだけで新しい機種が使用可能です。

ちなみに2017年9月時点において最新の機種である「Speed Wi-Fi NEXT W04」や「Speed Wi-Fi NEXT WX03」などは、未使用品が10,000円前後で販売されています。

この場合ひとつ注意事項として、万が一購入した製品が故障した場合などにおいても、メーカーによる製品保証が適用されないということは覚えておきましょう。

本来であればWiMAX2+事業者を介して、回線とセットで購入するルーター製品ですので、製品が故障した際にもWiMAX2+事業者を通じて保証が適用されます。

しかし白ロム製品は第三者が契約する際に購入した端末を、端末本体だけ譲り受けた形となるため、今契約しているWiMAX2+事業者では保証の対象となりません。

機種にもよっては製造しているメーカー側で修理の対応をしてもらえる場合はあるかもしれませんが、これもメーカーと機種を問わず100%保証できることではありません。

もともと契約時に購入したルーターを予備機として手元に残しておきつつ、白ロム製品を買い増すというのが、万が一のケースも想定すればもっとも安心できる方法といえるでしょうね。

WiMAXの機種変更時はここに注意

最後に機種変更をおこなう際に押さえておきたい注意点についても触れておきます。

WiMAXの機種変更時の注意点

機種変更により使える機能が変わる

まず当然ですが、機種変更により使える機能が大きく変わる可能性があります。

例えば数年前の機種ではWiMAX2+だけでなく、今でも完全に制限のない“使い放題”となっているWiMAXに対応するモデルもあります。しかし最近のモデルはWiMAX2+のみあるいはWiMAX2+およびau 4G LTEをサポート、とするものが基本です。

機種変更で得られる新機能にはもちろん魅力を感じると思いますが、一方で現機種でないと対応していない機能はないか。この点はよく見定める必要があります。

買い替え施策よりのりかえ施策のほうがおトクな場合も

WiMAX2+事業者によっては契約をそのままに機種変更できる「買い替え施策」をおこなっているところも見られます。

ただし内容をよくよく確認してみると、中には現在の契約を解約し、他のWiMAX2+事業者にのりかえたほうが新機種もゲットでき、かつ料金も安くなるケースも。

たとえばBroad WiMAXのように他社から解約する際に発生する契約解除金などの費用をすべて負担してくれるところもあるので、機種変更を考えるタイミングで月額料金もより安くすることができないかを考えてみるとなおよいでしょう。

まとめ

現在すでにWiMAX2+を契約して使用している人やこれから契約して使う予定の人に向けて、WiMAX2+での機種変更方法やポイント、注意点を紹介してきました。さいごにあらためてポイントを整理しておきます。

  • 機種変更ができる事業者/できない事業者がある
  • 機種変更は解約&再契約や白ロム製品の購入でもおこなえる
  • 機種変更にあわせて他社にのりかえたほうがおトクな場合も多い

契約しているWiMAX2+事業者により、選べる機種変更方法は異なります。この点をまずは確認の上、より損の少ない方法を選ぶようにしたいものですね。

Broad WiMAX を安く購入する方法

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX モバレコ店」がお得!

Broad WiMAX × モバレコ 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXの特徴は、

WiMAXのギガ放題プランなら通信制限がなしで高速通信が利用可能!※ 毎月気にしがちなスマホの通信制限も、もう気にする必要がなくなります! また複数台での接続も可能なので、家族で利用するのも安心。

スマホ・タブレット・自宅PCなどのデータ通信をWiMAXで利用するようにすれば、料金を抑えることが可能に! スマホのデータプランを一番安いものにしたり、自宅の固定回線の代わりにWiMAXを使うことで料金を節約!

WiMAXは下り最大440Mbps※の高速通信が可能! 動画やWebサイトの閲覧もストレスなく楽しめる。キャリアによって異なりますが、スマホの通信速度とおおよそ変わらない速度。

※詳しくはサポートページでご確認下さい。

対象端末「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W04」「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX03」「Speed Wi-Fi HOME L01」のどれも端末代金0円。

お得なWiMAX モバレコ店をチェックしてみよう!

WiMAX 2+ W04

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ W04

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

WiMAX 2+ WX03

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ WX03

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

L01

Speed Wi-Fi HOME
L01

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。