【2021年】WiMAXを最安で申し込めるプロパイダはこれだ! 料金内訳や注意点を徹底解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ポケットWiFi

WiMAX 最安

WiMAXの申し込みを検討している方は、料金がどのくらいかかるのかがとくに気になるポイントですよね。

WiMAXの料金は数あるWiFiルーターのなかでも安く、コストパフォーマンスがもっともいいといえます。料金面・速度面のどちらも重視される方に、WiMAXは大変おすすめです。

ただし、WiMAXにはプロバイダという販売窓口が多数存在し、各窓口で料金やキャンペーン内容に違いがあるので注意が必要です。

今回は、WiMAXの料金がどれくらいなのか、その内訳とともに徹底解説していきます。また、2021年現在もっともお得な料金で申し込めるWiMAXプロバイダも紹介します。

※表示価格はすべて税込みです。

WiMAXの料金内訳を徹底解剖!

WiMAX
画像:Broad WiMAX公式サイトより引用

まず、WiMAXの料金の内訳について確認しましょう。WiMAXの料金は、主に以下の3つに分けられます。

  • ①月額料金
  • ②初期費用(端末代・手数料)
  • ③オプション料金

正確に料金をシミュレーションするためにはこれらの内訳を認識しておく必要があります。詳しく内容を解説します。

①月額料金

解約するまで毎月かかる、WiMAXの基本料金です。基本的に契約直後の方が安く、利用年数が進むに従って高くなる傾向にあります。

そもそも月額料金が高い場合は、別のWiMAXプロバイダを検討するなど、根本的な見直しが必要です。

②初期費用(端末代・手数料)

初期費用とはWiMAXを契約するにあたり必要な費用を指します。これらの料金は初月請求に1回のみ上乗せされることがほとんどです。

手数料は「契約事務手数料」「登録手数料」などの名目で請求され、相場は3,300円程度でしょう。

端末代は無料のプロバイダがほとんどですが、中には16,500円程請求するところもあります。一括での支払いが難しい場合でも、分割払いが可能です。

また、これらはプロパイダ独自のキャンペーンなどで無料になっていることもあるため、これらも加味して比較する必要があるでしょう。

③オプション料金

WiMAXはオプションをつけることが可能です。オプションの種類や相場の金額をまとめました。

オプション種別 内容 月額料金(相場)
LTEオプション 基本の回線に加えてau 4G LTEを利用できるようにするオプション 0~1,105円
端末補償 モバイルWiFiルーター本体の故障・紛失・水濡れなどを保障するオプション 330~660円
操作案内 パソコン・スマホ・WiFiの設定などを遠隔で支援するオプション 330~1,100円
セキュリティ インターネットのセキュリティオプション 550円前後
公衆無線LAN 街中の指定WiFiスポットが利用できるオプション 330~440円
動画・音楽サービス 動画・音楽などのストリーミングサービス 550~2,200円

各オプションの内容・料金は、プロバイダによって異なります。オプションの加入は任意なので、月額料金を下げるためにも、不要なものは早急に解約しましょう。

最安のWiMAXを見つける際に意識すべきポイント

お金ロゴ
最安のWiMAXを見つける際に意識すべきは「実質料金」(引用元:DTI WiMAX

最安のWiMAXを見つけるために、以下の6つのポイントを意識して申込窓口を選びましょう。

▼最安のWiMAXを見つけるポイント

  • 実質料金(トータル費用)が安くなるか
  • キャンペーン内容がお得で、適用条件が厳しくないか
  • 端末代・送料が無料か
  • お試し利用できるか
  • プランは必ずギガ放題を選ぶ
  • 口座振替よりクレジットカード払いの方が安い

実質料金(トータル費用)が安くなるか

WiMAXの各プロバイダを比較する際は、単なる月額料金ではなく、キャッシュバックや端末代を踏まえた「実質料金」を意識しましょう。

実質料金は、以下のような手順で算出できます。

①「月額料金×最低利用期間」でトータルコストを算出
②トータルコストからキャッシュバックなどを引き、端末代・手数料を足す
③ ②で算出したトータルコストを再び最低利用期間で割る

最低利用期間はプロバイダによって違いますが、大体が2年間または3年間のどちらかです。2年間の場合は24ヶ月、3年間の場合は36ヶ月で算出してください。

また、上記2の過程で引くべき項目・足すべき項目は以下のとおりです。

引くべき項目 ・キャッシュバック
・割引
・その他還元
足すべき項目 ・端末代
・手数料
・その他請求に上乗せされるもの

実質料金で各プロバイダを比較すれば、単純な月額料金だけでは見えてこない、本当にお得な窓口を見つけられます。

キャンペーン内容がお得で、適用条件が厳しくないか

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャッシュバックや割引など独自のキャンペーンが受けられ実質料金が安くなることは先述のとおりです。そのため、よりお得なキャンペーンを実施しているプロバイダを選びましょう

また、他社からの乗り換えの場合は、もとの回線の違約金を負担してもらえるキャンペーンがあるかにも注目しましょう。多少キャッシュバックなどの金額が少なくても、違約金の負担があるプロバイダのほうがトータルの費用が抑えられることもあります。

ただし、プロバイダを選ぶ際はキャンペーンの金額だけではなく、適用条件にも要注目です。適用条件が厳しいものだと、適用外になったりもらい忘れてしまったりと思っでいたよりも安くならない危険性があります。

以下のような条件が設定されているキャンペーンを実施しているプロバイダは申し込みを避けたほうがいいでしょう。

▼厳しいキャンペーンの適用条件例

  • 受け取り・申請の時期が1年後など遠い
  • 有料オプションの加入が条件に含まれる
  • 友人の紹介など達成の難しい条件がある
  • 手続きの方法が複雑

端末代・送料が無料か

WiMAXの端末は定価だと2〜3万円と高額です。そのため、端末代がキャンペーンで無料になるプロバイダから申し込むことでかかる費用を大きく抑えられます。

また、申込後端末は宅配便で届けられますが、送料がかかるとそのぶん初期費用も高くなってしまうため、送料無料のプロバイダを選ぶこともポイントです。

お試し利用できるか

WiMAXの提供エリアは日本全国に広く展開していますが、周辺子環境によって速度が遅かったり繋がりにくかったりするケースがあります。そのため、お試し利用のできるプロバイダで申し込みすれば、サービスに満足できなかった場合に無料で契約をキャンセルできるため安心です。

ほとんどのプロバイダでは「初期契約解除制度」を使い、利用開始後8日以内であれば無料でキャンセルできます。また、GMOとくとくBBでは特定の条件はありますが、20日以内であれば無料でキャンセルできお試し利用できます。

プランは必ずギガ放題を選ぶ

WiMAXのプランには実質無制限で利用できる「ギガ放題(5G回線対応はギガ放題プラス)」と、月間7GBまで使える「7GBプラン」がありますが、前者のギガ放題(ギガ放題プラス)を選びましょう

月額料金だけで見ると7GBプランのほうが安いですが、7GBと実質無制限を比較すると容量の大きさの割に料金の差はそこまでありません。よって実質無制限の方がお得だと言えるでしょう。

さらに月間7GBはすぐに使い切ってしまうほど少ない容量であるため、高速通信ができるWiMAXの性能を十分に活かしきれません。低容量であればコスパとしては他社を選んだほうが優れているため、WiMAXは使い放題で安いプロバイダを選ぶことが前提です。

口座振替よりクレジットカード払いの方が安い

WiMAXの料金支払い方法はできる限りクレジットカード払いを選ぶようにしましょう。

そもそも口座振替を選べるプロバイダは数が少ないのですが、口座振替だと毎月220円程度の口座振替手数料が必要です。ひと月でみると少額ですが、年間で見ると3,000円弱ほど余計な費用がかかることになってしまいます。

【2021年料金比較】最安の実質料金で申し込めるWiMAXプロバイダは?

WiMAX 最安 プロバイダ

実際にWiMAXの各プロバイダを、各契約期間ごとの実質料金で比較してみましょう。

※横にスクロールできます。

プロバイダ プラン 実質月額 月額料金 契約事務手数料 特典
GMOとくとくBB ギガ放題 3,879円 1~2ヶ月:3,969円
3か月以降:4,688円
3,300円 31,000円キャッシュバック
ギガ放題プラス 4,433円 1~24ヶ月:4,158円
25ヶ月以降:4,708円
3,300円
Broad WiMAX ギガ放題 3,876円 1~2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:3,753円
25~36ヶ月:4,413円
3,300円 ・当サイト経由の申し込みで5,000円キャッシュバック・初期費用無料:20,742円
ギガ放題プラス 5,390円 1~2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:4,634円
25ヶ月以降:5,313円
3,300円 当サイト経由の申し込みで5,000円キャッシュバック・初期費用無料:20,742円
ギガ放題プラスDX 4,368円 1~2ヶ月:2,090円
3~36ヶ月:3,894円
37ヶ月以降:4,413円
3,300円 当サイト経由の申し込みで5,000円キャッシュバック
DTI WiMAX ギガ放題+5G 対応プラン 4,950円 1~24ヶ月:4,070円
25ヶ月目以降:4,620円
3,300円
カシモ WiMAX ギガ放題プラス 4,547円 1ヶ月目:1,408円
2ヶ月目〜:4,455円
3,300円
Asahi Net ギガ放題 4,475円 2~12ヵ月目:3,620円
13~36ヶ月目:4,719円
37ヶ月以降:4,785円
3,300円
BIGLOBE WiMAX ギガ放題 4,612円 4,378円 3,300円+21,120円(端末代) 17,000円キャッシュバック
ギガ放題プラス(5G) 4,984円 1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目~:4,928円
3,300円+21,912円(端末代) 10,000円キャッシュバック
UQ WiMAX ギガ放題プラス 5,148円 1~24ヶ月: 4,268円
25ヶ月以降:4,818円
3,300円+21,780円(端末代)

実質月額でみると、キャッシュバックが多いGMOとくとくBBがお得になります。ただし、最大31,000円のキャッシュバックはホームルーター型の機種が対象、またキャッシュバックをもらい忘れると、かえって高くなってしまうので注意が必要です。

キャッシュバックのもらい忘れがなく、月額としても安いプロパイダはBroad WiMAXカシモWiMAXになります。

Broad WiMAXは口座振替の支払いも選ぶことができ、乗り換えキャンペーンの恩恵もあるので、新規、乗り換えのユーザーもお得に申し込みすることが可能です。

さらに、今なら当サイト経由の申し込みで5,000円キャッシュバック特典もつくので、よりお得に申し込むことが可能です。

おすすめのWiMAXプロバイダを4社に厳選

Broad WiMAX
おすすめのWiMAXプロバイダを4社に厳選
(引用元:Broad WiMAX

ここからは、プロパイダを比較し厳選したWiMAXを紹介します。

▼WiMAXの安いおすすめプロパイダ

乗り換えユーザーなら「Broad WiMAX」が最安!

Broad WiMAX
画像:Broad WiMAX公式サイトより引用

Broad WiMAXは違約金負担キャンペーンを実施しており、乗り換えを検討しているユーザーにおすすめのプロバイダです。

プラン ギガ放題
月額料金 1~2ヶ月目:2,999円
3~24ヶ月目:3,752円
25ヶ月目~:4,412円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 ・当サイト経由の申し込みで5,000円キャッシュバック
・初期費用割引:20,742円
・違約金負担キャンペーン
適用条件 ・当サイト経由の申し込み(キャッシュバック)
・クレジットカード支払いのみ
・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
契約期間内の実質総額料金 141,520円
実質月額料金 3,901円
プラン ギガ放題プラス
月額料金 1~2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:4,634円
25ヶ月以降:5,313円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 2年間
キャンペーン内容 ・当サイト経由の申し込みで5,000円キャッシュバック
適用条件 ・当サイト経由の申し込み(キャッシュバック)
・クレジットカード支払い
・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
契約期間内の実質総額料金 109,581円
実質月額料金 5,390円
プラン ギガ放題プラスDX
月額料金 1~2ヶ月:2,090円
3~36ヶ月:3,894円
37ヶ月以降:4,413円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 ・当サイト経由の申し込みで5,000円キャッシュバック
適用条件 ・当サイト経由の申し込み(キャッシュバック)
・クレジットカード支払い・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
契約期間内の実質総額料金 136,576円
実質月額料金 4,368円

Broad WiMAXの実質料金は、今回比較した中でも実質料金が安めのプロバイダです。また、当サイト限定でキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックの料金はギガ放題プランで5,000円、5G対応のギガ放題プラスで10,000円です。

口座振替にも対応しているため、クレジットカード支払いに抵抗がある方でも安心です。

さらに、ギガ放題プラン限定ではありますが、他社からの乗り換えの場合だと最大19,000円まで違約金を負担してもらえるため、乗り換えの人に特におすすめです。WiMAXの通信品質に満足できなかった場合も、「いつでも解約サポート」を利用して固定回線に違約金なしで乗り換えられます。

▼Broad WiMAX違約金負担キャンペーン(ギガ放題のみ)

違約金負担上限 最大20,900円
(端末残債は対象外)
該当の他社サービス ・モバイルWiFi
・光回線
・ADSL・ケーブルテレビ
適用条件 ・振込時点で解約
・滞納をしていないこと
・利用している他社サービスと同一の契約者名で契約
・クレジットカード支払いのみ
・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
・申込時に「お乗り換えキャンペーンを適用する」にチェック
キャッシュバック時期 契約開始月を含む6ヶ月末
手続き方法 申し込み後送られてくる案内メールから、契約開始月を含む4ヶ月以内に以下2点を手続き
・該当の他社サービスの解約書類を送信(FAXでも可)
・キャッシュバックの振込先口座情報を送信

▼Broad WiMAXいつでも解約サポートの概要

サービス内容 Broad WiMAXを経由して指定のネット回線へ乗り換える際、違約金が無料
指定のネット回線 ・ソフトバンク光
・auひかり
・So-net光
・ビッグローブ光
・broad光
・YAHOO!BB Broadband
・Broad LTEなど
注意事項 ・事務手数料や初期費用は免除対象外
・WiMAX端末は返却必須の場合あり
   

Broad WiMAX

手厚いサポートと多様なキャンペーンが魅力

モバレコ経由限定!
5,000円キャッシュバック!

モバレコ経由の申込限定!
5,000円キャッシュバック

とにかく安さ重視なら「GMOとくとくBB」が最安!

GMOとくとくBB
画像:GMOとくとくBB公式サイトより引用

安さ重視でWiMAXのプロバイダを選ぶなら、実質料金がもっとも安い「GMOとくとくBB」がおすすめです。

プラン ギガ放題 ギガ放題プラス(5G)
月額料金 1~2ヶ月:3,969円
3か月以降:4,688円
1~24ヶ月:4,158円
25ヶ月以降:4,708円
端末代 0円 0円
契約事務手数料 3,300円 3,300円
契約期間 3年間 3年間
キャンペーン内容 31,000円キャッシュバック
適用条件 ・クレジットカード支払い
・過去に適用履歴がない
・振込完了まで解約しない
キャッシュバック受け取り時期 端末発送月を含む11ヶ月目に送信されるメールから振込口座を登録
キャッシュバック受け取り手続き 最短12ヶ月目末日
契約期間内の実質総額料金 167,330円 156,288円
実質月額料金 3,879円 4,433円

ギガ放題プランの場合、31,000円の高額キャッシュバックがもらえ実質料金がもっとも安くなるプロバイダです。ただし、ホームルーターや5G対応のギガ放題プラスだとキャッシュバックがもらえない点に注意しましょう。

端末発送月を含む11ヶ月目に送信されるメールから、キャッシュバックの振込先口座の登録手続きを忘れないように、注意しましょう。

5Gプランなら「カシモWiMAX」が最安!

カシモWiMAX
画像:カシモWiMAX公式サイトより引用

5G回線に対応しているギガ放題プラスを検討している場合は、「カシモWiMAX」が最安のプロバイダです。

プラン ギガ放題プラス
月額料金 初月:1,408円
2ヶ月目~:4,455円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 3年間
キャンペーン内容
適用条件
キャッシュバック受け取り時期
キャッシュバック受け取り手続き
契約期間内の実質総額料金 160,380円
実質月額料金 4,547円

カシモWiMAXはキャッシュバックはありませんが初月の月額料金が安く、特に5G対応のギガ放題プラスの実質料金が最安です。

端末代も無料であり、キャッシュバックの手続きの手間もないため、5Gを使いたい人はまずカシモWiMAXを検討しましょう。

契約期間・違約金を気にせず使いたいなら「BIGLOBE WiMAX」が最安!

BIGLOBE WiMAX
画像:BIGLOBE WiMAX公式サイトより引用

短期間だけWiMAXを利用したいならば、BIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAXは、契約期間を2~3年と定めるWiMAXプロバイダが大半の中、唯一契約期間を1年間と定めています。

プラン ギガ放題 ギガ放題プラス
月額料金 4,378円 1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目~:4,928円
端末代 21,120円 21,912円
契約事務手数料 3,300円 3,300円
契約期間 1年間 1年間
キャンペーン内容 キャッシュバック:17,000円 キャッシュバック:10,000円
適用条件 SIMカードと端末の同時申し込み
キャッシュバック受け取り時期 最短サービス開始翌月
キャッシュバック受け取り手続き サービス開始翌月の翌日(月初2日目)から45日間以内にメール(マイページ)から口座情報を登録
契約期間内の実質総額料金 157,608円 164,208円
実質月額料金 4,584円 4,984円

キャッシュバックの受け取り時期も最短サービス開始翌月と早く、さらに支払い方法もクレジットカード・口座振替の双方に対応しています。

ほとんどのプロバイダがクレジットカード支払いのみをキャンペーン対象とする中、口座振替であってもキャッシュバックが受け取れる点も魅力的です。

WiMAXの申し込み手順

WiMAXの申し込み手順
WiMAXの申し込み手順
(引用元:DTI WiMAX

WiMAXの申し込み手順は、以下のとおりです。これまで紹介した情報を参考に選んで手続きしてみてください。

①プロバイダを決める
②プロバイダのWebサイトから申し込む
③端末が届いたら初期設定をして利用開始

それぞれの手順について、詳しい内容を解説していきます。

①プロバイダを決める

まずは、たくさんのWiMAXプロバイダの中から、ご自分にあったプロバイダを見つけ出しましょう。

前項にて各プロバイダの料金・キャンペーンをまとめ、おすすめのプロバイダも紹介していますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

②プロバイダのWebサイトから申し込む

実際にWiMAXを申し込むにあたっては、店頭窓口よりもWeb窓口がおすすめです。Web窓口は店頭窓口よりもキャンペーン内容が充実しており、お手続きも好きな時間帯に簡単に終わります。

 端末は最新機種、プランは「5G」を選ぶ

WiMAXを申し込む際は、できるだけ最新の機種を選び、5G回線対応のギガ放題プラスでの申し込みがおすすめです。

というのも、従来回線を使うギガ放題・7GBプランは現状提供を縮小しており、端末の在庫がなくなり次第終了していく傾向にあります。終了後はサポート体制も手薄になることが予想されるほか、現在は限定的な5G罫線エリアも今後広がっていくため将来的には広範囲で超高速通信が利用できるようになりますよ。

ここで、5G回線に対応しているWiMAX端末のスペックをご紹介します。最大速度が光回線をも上回るハイスペックです。

▼Speed Wi-Fi 5G X11(ポケットWiFi)のスペック概要

製品名 Speed Wi-Fi 5G X11
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
最高速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
対応ネットワーク WiMAX 2+・au 4G LTE・au 5G
重量 約174g
寸法 約136x68x14.8mm
連続通信時間 ※公式にて計測中

▼Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(ポケットWiFi)のスペック概要

製品名 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
製造元 Samsung
最高速度 下り:2.2Gbps
上り:138Mbps
対応ネットワーク WiMAX2+・au 5G・au 4G LTE
重量 約203g
寸法 約147×676×10.9mm
連続通信時間 約1,000分

▼HOME 5G L11(ホームルーター)のスペック概要

製品名 HOME 5G L11
製造元 ZTE Corporation
最高速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
対応ネットワーク WiMAX2+・au 5G・au 4G LTE
重量 約599g
寸法 約70×182×124mm

③端末が届いたら初期設定をして利用開始

届いた端末の初期設定を済ませば、当日からインターネットが利用できます。
初期設定の手順は、主に以下のとおりです。

1、端末にSIMカードを差し込む
2、端末を起動させる
3、パソコンやスマホでSSIDとパスワードを設定

SSIDとパスワードは、端末内の設定や外面のシールなどで確認できます。

WiMAXを申し込みするならおすすめのWiMAXプロバイダをチェック

WiMAXの料金に関するQ&A

DTI WiMAX
WiMAXの料金に関するQ&A
(引用元:DTI WiMAX

最後に、WiMAXの料金に関する、よくある質問についてまとめました。

プラン変更には料金がかかる?

A.かかりません。

WiMAXでギガ放題・7GBプラン間の変更には手続きにとくに料金はかかりません。プラン変更の反映は翌月からであり、1ヶ月おきの変更も可能です。

ただし、5G回線対応のギガ放題プラスへのプラン変更の場合、かかる料金はプロバイダによって異なります。ギガ放題プラスでは利用する端末自体が変更となるため、端末代がかかる場合があります。

料金を滞納したらどうなる?

A. 振込用紙が届き、コンビニ等での支払いになります。

料金を滞納した場合、WiMAXから「利用停止予告コンビニ払込請求書」というハガキが届きます。

記載の予告日時を過ぎると利用できなくなってしまうので、早急にコンビニで支払いを済ませましょう。ハガキは支払期日を経過していても、翌々月の初頭までならば利用できます。

料金が高いと思ったらどうすればいい?

A.料金を見直してみましょう。

不要なオプションに加入している場合は、各プロバイダに連絡をとり、早急に解約してください。また、初回請求分については、初期費用の上乗せで高く見えているだけという場合もあります。

削れる部分がないならば、違うプロバイダへの乗り換えも検討してみましょう。

解約のときには違約金がかかる?

A.更新月以外の解約には、各プロバイダが定めた違約金がかかります。

例としてGMOとくとくBBの場合の場合をあげると、契約期間によって以下のように違約金が変わります。

1~12ヶ月目 20,900円
13〜24ヶ月目 15,400円
25~36ヶ月目 10,450円
37ヶ月目(更新月) 0円
38~72ヶ月目 10,450円
73ヶ月目(更新月) 0円

※端末発送月の翌月を1ヶ月目とした場合

12ヶ月未満の解約は20,900円かかるほか、3年間の自動更新契約となっており、3年に1ヶ月巡ってくる更新月以外での解約は一律10,450円が請求されます。

機種変更に料金はかかる?

A.一般的に事務手数料と次の端末代の2つがかかります。

機種変更キャンペーンを利用すれば端末代や利用料金が割引されますが、事務手数料がかかる点は変わらず、さらに契約期間もリセットされてしまいます。

WiMAXはもともと、長く契約するほど、料金が上がっていく傾向にあります。できるだけ安く利用を続けたいならば、更新月ごとにプロバイダの乗り換えを検討してみてください。

まとめ

WiMAX料金まとめ
WiMAX料金まとめ

WiMAXの料金は、主に以下の3つに分けられます。

①月額料金
②初期費用(端末代・手数料)
③オプション料金

少しでも安く利用したいならば、まず不要なオプションを解除し、オプション料金を減らしましょう。そもそも月額料金が高い場合は、WiMAXプロバイダの乗り換えがおすすめです。

また、WiMAXにはたくさんのプロバイダがあり、通信面こそどれも変わらないものの、料金やキャンペーン内容が異なります。乗り換え・新規申し込みを検討する際は、ご自分にあったプロバイダを探してみてください。

今回はプロバイダを比較した結果、ケース別に以下5つをおすすめとしてご紹介しました。

中でも料金の安さで選ぶならば、実質料金がもっとも安いGMOとくとくBBのギガ放題キャッシュバックキャンペーンがおすすめです。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン