WiMAXの評判・口コミまとめ 通信速度や料金に対するユーザーの評価は?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: WiFi

おすすめのWiMAX
キャンペーン情報!

broad-wimax

Broad WiMAX公式キャンペーン

初期費用0円 + 端末代金0円
+ 違約金負担

プラス

さらにモバレコからの申し込みで

5,000円キャッシュバック
キャンペーン実施中!!

受け取りも簡単!お得なキャンペーンで
業界最安値級のBroad WiMAXがおすすめ!

「WiMAX」とは国際的な無線通信技術の規格名。初期のWiMAXをより高速化したこの「WiMAX 2+」が主流になっています(以降、WiMAX=WiMAX 2+として解説)。

UQコミュニケーションズが大元になって日本国内で提供されており、各プロバイダ(販売代理店)でもさまざまなサービスを展開しています。

そんな「WiMAX」にはメリットが多い一方、スマホと同様に長期契約が基本になっているというデメリットがあります。そのため、いざ使い始めたら「繋がらなかった」「通信速度が思っていたよりも遅い」ということにならないように、契約前の事前の下調べがとても重要です。

そこで今回はWiMAXの契約を検討している人のために、WiMAXを実際に契約して使っている人たちの評判・口コミを調べてみました。ぜひ参考にしてください。

WiMAXがおすすめの人

・工事をしないで利用したい人
・外出先でも手軽に利用したい人
・料金をおさえて利用したい人
・無制限で利用したい人
・速度もしっかりおさえたい人

WiMAXは無制限で利用したい人におすすめのWiFiルーター

UQ WiMAX
WiMAXは無制限で利用したい人におすすめ(引用元:UQ WiMAX

WiMAXは無制限でWiFi通信を利用したい人に、もっともおすすめのWiFiルーターです。

その理由のひとつが、運営会社が安定している点です。以下のとおり、WiFiルーターの運営会社のなかでも、WiMAXの運営会社はもっとも安定している企業といえるでしょう。

【UQコミュニケーションズ株式会社の会社概要と業績】

会社名 UQコミュニケーションズ株式会社
資本金および資本準備金 1,420億円
2016年度3月期売上高(単位:百万円) 191,983
2016年度3月期営業利益(単位:百万円) 47,567
2016年度契約者数3月期(単位:千件) 18,048

WiMAXが扱うWiFiルーターには、ポケット型WiFi(モバイル)とホームルーターがあります。それぞれの特徴についてご説明します。

手軽に持ち運べるポケット型WiFi(モバイル)

ポケット型WiFi(モバイル)は、小型のWiFiルーターで手軽に持ち運べるものです。もちろん自宅でも使えますが、外出先でもインターネットを利用したい人によりおすすめといえます。

自宅で利用できるホームルーターも契約可能

ホームルーターは自宅に据え置きするタイプのWiFiルーターです。ポケット型WiFi(モバイル)との違いは、自宅でしか使えないという点です。ホームルーターは、自宅内で快適に使えるよう設計されているため、ポケット型WiFi(モバイル)より電波が安定しているというメリットがあります。自宅でしかインターネットを使わないという方におすすめです。

ポケット型WiFi(モバイル)とホームルーターはどちらも工事をする必要がありません。なお、ホームルーターと光回線の違いは、固定回線かそうでないかです。光回線は固定回線なので通信が安定していますが、ホームルーターは固定回線ではないため、光回線よりは安定性が劣ります。

WiMAXの口コミ・評判からわかる6つの実態と評判

WiFiルーター
WiMAXの口コミ・評判

WiMAXの使い勝手や通信速度などがどうなのか、気になる方も多いかと思います。実際にWiMAXを利用しているユーザーの声を調べたことで判明した、以下のメリット6つをご紹介します。

①「ギガ放題プラン」ならデータ量を無制限で利用可能
②数あるWiFiルーターのなかでも通信速度が安定している
③WiFiルーターのなかでも実質料金が安い
④スマホのセット割が適用されるプロバイダもある
⑤人工カバー率は90%以上の対象エリア

①「ギガ放題プラン」ならデータ量を無制限で利用可能

WiMAXには速度の制限はありますが、「月間データ量」は無制限です。WiMAXの速度制限は、以下のとおりです。

速度制限の条件:直近3日間で通信量の合計が10GB以上になった場合
制限内容:ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃)にかけて通信速度をおおむね1Mbpsに制限される

実際にWiMAXを使ってみた感触はどうなのか、ギガ放題プランについてのTwitterの書き込みをみてみましょう。

ギガ放題で問題なく使えているというコメントがありました。通信速度が遅いというコメントに対する返信ですが、その方はもしかしたら3日間で10GBの制限を超えてしまっているのかもしれません。

無制限WiFiではWiMAXのギガ放題がもっともおすすめ、という書き込みをしている人もいました。対応エリアに入っていれば、もっともコスパがよいということです。

このように、ギガ放題では3日間で10GBという制限さえ気をつければ、問題なく使えることがわかります。

②数あるWiFiルーターのなかでも通信速度が安定している

WiFiルーターの種類は数多くありますが、なかでもWiMAXの通信速度はもっとも安定しています。ここでは、WiMAXのルーター端末のスペック、みんそくにおける回線速度、Twitterでの評判についてご紹介します。

【WiFiルーターの最大通信速度】

ポケット型WiFi(モバイル) Speed Wi-Fi NEXT WX06 440Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W06 1.2Gbps
ホームルーター Speed Wi-Fi HOME 02 440Mbps
Speed Wi-Fi HOME L02 1.0Gbps

WiMAXのWiFiルーターはどれもスペックがよく、最大速度が速いことがわかります。
通信速度の実測値データをみても、WiMAXの速度は安定していることがわかります。

WiMAXのホームルーターで、111.50Mbps出ているという方がいました。非常に速い通信速度ですね。

こちらは、フルスピードで48.2Mbps、節電モードでも35.4Mbpsといい数値を出しています。

WiMAXを契約したところ、通信速度だけでなくルーター端末が届くのも速いという方もいました。

WiMAXはエリアによっては繋がりづらい場合もありますが、対応エリア内なら通信速度は問題ないといえそうです。

③WiFiルーターのなかでも実質料金が安い

WiFiルーターの各社の実質料金は、どれくらいでしょうか?月額実質料金の相場は3,000円台で、安いと2,000円台のところもあります。

なかでもWiMAXは、キャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているため、実際に支払う実質料金を考えると他社よりも安いといえるでしょう。

ただし、WiMAXはプロバイダや代理店が豊富で、実施されているキャンペーンの内容が大きく異なります。申込窓口が変わると実質料金がまったく異なるため、窓口による実質料金の違いをしっかりおさえておく必要があります。

おすすめの申込窓口についての詳細は、『WiMAXの窓口全13社を比較』を参考にしてみましょう。

④スマホのセット割が適用されるプロバイダもある

WiMAXはauとUQモバイルのスマホの料金が割り引きになったり、セット割が適用されたりするプロバイダもあります。申込窓口によって使えるセット割が違うので、セット割を使いたい場合は事前に確認しましょう。auとUQモバイルのセット割の割引内容や条件について、かんたんにまとめました。

【auとUQモバイルのセット割の割引内容と条件】

セット割名 割引額 割引条件
auスマートバリュー(au) 毎月550円~2,200円 対象のプランへの加入が必要
ギガMAX月割(UQモバイル) 毎月330円~550円 対象のプランへの加入が必要

スマホセット割がない回線から、UQモバイルに移ったという方がいました。この方はもともと使っているWiMAXとセット割が使えるようになったそうです。スマホ料金が毎月550円割り引きになるのは大きいですね。

WiMAXのセット割が使えるUQモバイルに乗り換える際に、キャッシュバックを使うことでMNP手数料や契約手数料が実質無料になったという方がいました。しかも、スマホ料金が毎月割り引きされるようになるので、いうことなしですね。

このように、スマホのセット割をお得に利用している方は多いようです。お使いのスマホとセット割が使える場合は、ぜひ検討してみましょう。

⑤人口カバー率は90%以上の対象エリア

WiMAXの人口カバー率は90%以上とかなり高く、対象エリアは全国区です。そのため、仕事の出張や旅行などで移動が多い方にもぴったりといえるでしょう。

細かい対応エリアは、UQ WiMAXのサービスエリア検索ページから確認できます。契約前に対応エリアに入っているかを必ず確認しましょう。

楽天モバイルをWiFiルーター代わりに使う人もいますが、対応エリアが重要です。お住まいの地域や通勤先など、よく行く場所が対応エリアに入っていないと使いものになりません。その点、WiMAXは対応エリアが広いので使いやすいでしょう。

WiMAXのエリア切替スイッチを変えないまま、ハイスピードプラスエリアモードを使い続けると、LTE利用料がかかってしまうため、注意が必要です。データを無制限で使えるエリアに入った場合は、モードを忘れずに切り替えましょう。

WiMAXの口コミ・評判からわかるデメリットとは?

複数のWiFiルーター
WiMAXの口コミ・評判からわかるデメリット

ここまでご説明したとおりWiMAXには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。ここでは、WiMAXの口コミや評判からわかるデメリットと注意点をご説明します。

・使いすぎると速度制限にかかる
・プロバイダによって料金が変わる
・つながりにくい場所があるので注意

使いすぎると速度制限にかかる

WiMAXは基本的に無制限に使えるWiFiルーターですが、使いすぎると速度制限がかかります。WiMAXの速度制限には、「3日間で10GB」と「ハイスピードプラスエリアモードの制限」の2種類があります。前者の制限はかかってもそこまで遅くはなりませんが、後者は非常に遅くなるため要注意です。2種類の速度制限の詳細について、ご説明します。

 3日間で10GB以上使うとかかる緩やかな速度制限

3日間で10GB以上使うとかかる速度制限の制限内容や解除条件は、以下のとおりです。

【3日間で10GBの速度制限】

速度制限がかかる条件 直近3日間で通信量の合計が10GB以上になる
制限後の速度 おおむね1Mbps
制限期間 ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃)
制限解除時期 翌々日の2時以降

制限がかかる条件も3日間で10GBと緩く、速度が制限されたとしても1Mbpsなので最低限の通信は可能です。

3日間で10GBの制限を超えてしまったという書き込みをしている方がいました。制限されている時間がすぎるまで、ネット検索やSNSなどくらいしかできなくなります。

 ハイスピードプラスエリアモードでかかる厳しい速度制限

ハイスピードプラスエリアモードでかかる速度制限の制限内容や解除条件は、以下のとおりです。

【ハイスピードプラスエリアモードの速度制限】

速度制限がかかる条件 ハイスピードプラスエリアモードで7GB以上使う
制限後の速度 128kbps
制限期間 データ量超過時~当月末日
制限解除時期 翌月1日

制限後の速度は128kbpsとかなり遅く、当月中は制限が解除されないので月初に制限がかかるときついでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードの制限にかかってしまうと、128kbpsと速度が非常に遅くなるのに加えて、当月中は制限が続きます。なにもできない状態が当月中ずっと続くので、注意が必要です。

プロバイダによって料金が変わる

WiMAXを申し込む方法は、公式のUQ WiMAXから申し込む以外にも、複数の提携プロバイダから申し込むことも可能です。月額料金やキャンペーンなどはプロバイダ独自で設定しているため、きちんと比較をしてから申し込みましょう。

こちらは、「GMOとくとくBB」でキャッシュバックのキャンペーンを利用して契約した方です。特典がまったくないのと、特典がもらえるのであれば、特典がある申込窓口を選んだほうがお得です。

つながりにくい場所があるので注意

対象エリア内であっても、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホキャリアの回線と比較したところ、あきらかにつながりにくい場所があります。

たとえばトンネルや地下、コンクリート作りの建物内、山間部などの障害物でおおわれた場所は、とくにWiMAXの電波が届きにくいといわれています。お住まいの地域やよく行く職場などでつながりやすいかを、Twitterなどの口コミで確認するとよいでしょう。

室内ではどうしてもつながりにくいため、外出先でWiMAXを使っているという方がいました。

公式サイトではつながりにくいといわれている地域であっても、逆につながりやすかったという場合もありました。

WiMAXがおすすめの人はこんな人!

PC利用イメージ
WiMAXがおすすめの人

ここまでご説明した結果、WiMAXがおすすめなのは以下のような人です。

・工事をしないで利用したい人
・外出先でも手軽に利用したい人
・料金をおさえて利用したい人
・無制限で利用したい人
・速度もしっかりおさえたい人

WiMAXの窓口全13社を比較

WiFIルーター
WiMAXの窓口全13社を比較

WiMAXを申し込む際は、公式のUQ WiMAXから申し込むよりも、プロバイダや代理店から申し込むほうがお得です。理由は以下のとおりです。

・公式キャンペーンとプロバイダや代理店独自のキャンペーンを両方使える
・プロバイダや代理店のキャンペーンにはお得な特典が多い

WiMAXはどこで申し込んでも速度や質は変わらないため、実質料金の安さで決めることが重要です。ここでは、WiMAX全13社の実質料金を比較してみました。WiMAXの窓口を実質料金の安さで選ぶために、実質料金安い順に比較表をまとめています。

【WiMAX全13社実質料金比較】

※横にスクロールできます。

窓口名 3年間実質月額料金 月額料金 キャッシュバック額 端末代金
GMO とくとくBB WiMAX 3,818円 1〜2ヶ月:3,969円
3〜36ヶ月:4,688円
33,200円 0円
Broad WiMAX 3,884円 1~2ヶ月:2,998円
3~24ヶ月:3,753円
25ヶ月~:4,413円
0円 5,000円
DTI WiMAX 3,962円 1~2ヶ月:0円
3ヶ月目:2,849円
4ヶ月~:4,136円
0円 0円
カシモWiMAX 3,995円 1ヶ月:1,518円
2ヶ月~:3,971円
0円 0円
So-net WiMAX 4,536円 1~12ヶ月:3,700円
13ヶ月~:4,817円
0円 0円
TikiモバイルWiMAX 4,480円 1~36ヶ月:4,389円
37ヶ月~:4,730円
0円 0円
BIGLOBE WiMAX 4,585円 サービス開始月0円
以降4,378円
17,000円 21,120円
KT WiMAX 4,360円 4,268円 0円 16,500円
YAMADA air mobile 4,360円 4,268円 0円 16,500円
エディオンネット 4,360円 4,268円 0円 16,500円
UQ WiMAX 4,360円 4,268円 0円 16,500円
DIS mobile WiMAX 4,360円 4,268円 0円 16,500円
ワイヤレスゲートWi-Fi 4,360円 4,268円 0円 16,500円

※価格はすべて税込み

全13社を比較した結果、おすすめの窓口は「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」です。

「GMOとくとくBB」はキャッシュバックがホームルーターは33,200円、ポケット型WiFi(モバイル)は30,200円と高額還元のキャンペーンを行っています。キャッシュバックは受け取り手続きが必要となり、1年後の還元になります。

「Broad WiMAX」は唯一違約金補填が受けられるキャンペーンを行っています。他社から乗り換えを検討している方はこちらが最もおすすめです。

モバレコ経由の申込限定!
5,000円キャッシュバック進呈中!

状況別でみるWiMAXのおすすめプロバイダ3社

WiFiルーターとスマホ
状況別でみるWiMAXのおすすめプロバイダ3社

安さを求めるのか、支払方法を選びたいのかなど、状況によっておすすめのプロバイダが違います。ここでは、それぞれの状況でおすすめのWiMAXのプロバイダをご紹介します。

・最安のプロバイダなら「GMOとくとくBB」
・口座振替・乗り換えなら「Broad WiMAX」
・1年以内の契約予定なら「BIGLOBE WiMAX」

最安のプロバイダなら「GMOとくとくBB」

もっともお得に契約したいなら、おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。GMOとくとくBBの概要表は以下のとおりです。

【GMOとくとくBBの概要表】

月額料金(キャッシュバック) 1~2ヶ月:3,969円
3~36ヶ月:4,688円
手数料 3,300円
3年間実質月額料金 ホームルーター:3,818円
ポケット型WiFi(モバイル):3,900円
キャンペーン ホームルーター:33,200円
ポケット型WiFi(モバイル):30,200円
契約期間 3年
平均速度 ※ 下り平均速度: 33.84Mbps
上り平均速度: 4.5Mbps

※2020年12月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06 × GMOとくとくBBの通信速度レポート」より

全13社の比較表からもわかるとおり、キャッシュバックを加味すればGMOとくとくBBが最安値です。

ただし、キャッシュバックは1年後の還元で受け取り申請が必要です。キャッシュバック申請を忘れそう、確実に特典をもらいたいという方は、他のプロパイダを選んでもよいでしょう。

口座振替・乗り換えなら「Broad WiMAX」

口座振替で支払いたい、または乗り換えで他社の解約金が高額で悩んでいるという方は、「Broad WiMAX」がおすすめです。Broad WiMAXの概要表は以下のとおりです。

【Broad WiMAXの概要表】

月額料金 1~2ヶ月:2,998円
3~24ヶ月:3,753円
25ヶ月~:4,413円
手数料 3,300円
3年間実質月額料金 3,884円
キャンペーン 違約金当社乗換えキャンペーン!
※最大19,000円負担
5,000円キャッシュバック
契約期間 3年
平均速度 ※ 下り平均速度: 36.09Mbps
上り平均速度: 6.73Mbps

※2020年12月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06 × Broad WiMAXの通信速度レポート」より

最安ではありませんが、実質料金は安いほうといえます。また、契約解除料を最大19,000円まで負担してくれるため、乗り換え時の解約料が高額な場合におすすめです。

さらに、ポケット型WiFi(モバイル)で支払時に口座振替が使えるところはほとんどないので、クレジットカードをおもちでない方はBroad WiMAXがよいでしょう。

モバレコ経由の申込限定!
5,000円キャッシュバック進呈中!

1年以内の契約予定なら「BIGLOBE WiMAX」

引っ越しの予定がある、一時的にWiMAXを契約したいなどで、1年以内の契約になる場合は「BIGLOBE WiMAX」がおすすめです。BIGLOBE WiMAXの概要表は以下のとおりです。

【BIGLOBE WiMAXの概要表】

月額料金 4,378円
手数料 3,300円
3年間実質月額料金 4,585円
キャンペーン データ端末と同時申込で17,000円キャッシュバック
契約期間 1年
平均速度 ※ 下り平均速度: 34.14Mbps
上り平均速度: 65.16Mbps

※2020年12月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06 ×BIGLOBEの通信速度レポート」より

契約期間は1年で、しかも、1年以内の解約料は1,000円とかなり安いので、短期間の利用ならBIGLOBE WiMAXがおすすめです。また、口座振替による支払いも可能です。

WiMAXの申し込みをする全手順

申し込みイメージ
WiMAXの申し込みをする

WiMAXの申し込みをする全手順をご紹介します。ここでは、例として「Broad WiMAX」の申込手順をご説明します。

① プランを選択する
Broad WiMAX の公式サイトにアクセスし、「WiMAXをお申し込みする」を選択して、申し込みます。データ量が多いわりに安いため、契約プランは月間データ量無制限の「ギガ放題」がおすすめです。
② 端末が届いたら初期設定をする
初期設定の方法は以下のとおりです。

・届いた端末の電源を入れる
・パソコンやタブレットなどの無線LAN設定を開く
・箱の外装に表記されてあるSSIDと本体に記載されたKEYを入力する
・接続開始

また、キャッシュバック重視でGMOとくとくBB選ぶ方はキャッシュバックの申請が必要です。受け取り方法は以下のとおりです。

① 端末発送月をふくむ11ヶ月目にメールが届く
② メール内の指示にしたがって口座情報を登録
③ 翌月末営業日にキャッシュバックが振り込まれる

WiMAXのよくある3つの質問

WiFiの疑問イメージ
WiMAXのよくある3つの質問

WiMAX契約時によくある質問と回答をご紹介します。

WiMAXがつながらない原因とは?

次のような可能性が考えられます。

・WiFiのパスワードを間違えている

対処法:再度パスワードを入力する。

・利用エリア外である

対処法:エリア内で利用する、通信品質は不安定だが公衆のWiFiを利用する。

・端末の充電切れ

対処法:端末を充電する。

・機器が不調である

対処法:再起動や再接続をしてみる。

WiMAX端末のスペックとは?

持ち運びタイプと置き型のホームルーターのおすすめWiMAX端末は「Speed Wi-Fi NEXT W06」と「Speed Wi-Fi HOME L02」です。スペックは以下のとおりです。

・Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT W06(引用元:GMOとくとくBB

【主なスペック】

最大速度 1.2Gbps
連続通信時間 約9時間
重量 約125g
同時接続 16台

2019年1月25日に発売されたSpeed Wi-Fi NEXT W06(以下、W06)はファーウェイ製のWiMAX2+対応モバイルルーター。モバイルルータータイプで最速の下り最大867Mbpsの超高速通信に対応した最新モデルです。USB接続なら下り最大1.2Gbpsというギガビット超えの大容量通信が行えます。

通信速度に関してはモバイルルーター対応で現行モデル最速ということもあり、概ね良好な意見ばかり。しかし、最新モデルならではの初期不良なども報告されていました。この辺りはアップデートにより徐々に解決されていく部分なので、購入前に重大な問題が続いていないか確認するようにしましょう。

・Speed Wi-Fi HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02
Speed Wi-Fi HOME L02(引用元:GMOとくとくBB

【主なスペック】

最大速度 1Gbps
重量 約436g
同時接続 42台

Speed Wi-Fi HOME L02(以下、L02)はファーウェイ製の据え置き型ルーター。2019年1月25日に発売された最新ホームルーターモデルです。

最大の特徴はギガビット通信に対応(LAN接続時)した圧倒的な速度。従来機種よりも格段にスピードが出て驚くユーザーもいるようです。4本の高感度アンテナで360度全方位をカバーしているので、通信の安定性も折り紙つき。自宅専用に導入を検討している人も多いようです。

WiMAXのお問い合わせ窓口

UQ WiMAXのお問い合わせ窓口は以下のとおりです。

【電話新規受付窓口】

電話番号:0120-959-001
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

【チャットサポート】

チャットサポートはこちらから

【メール問い合わせ】

メール問い合わせはこちらから

まとめ

この記事ではWiMAXの口コミ・評判からわかるメリット、全13社の窓口比較、おすすめプロバイダ、申込手順などについてご説明しました。

WiMAXの口コミ・評判からわかるメリットは以下の5つです。

①「ギガ放題プラン」ならデータ量を無制限で利用可能
②数あるWiFiルーターのなかでも通信速度が安定している
③WiFiルーターのなかでも実質料金が安い
④スマホのセット割が適用されるプロバイダもある
⑤人工カバー率は90%以上の対象エリア

WiMAXの全13社の窓口を比較した結果、状況ごとにおすすめのプロバイダは以下のとおりです。

・最安のプロバイダなら「GMOとくとくBB」
・口座振替・乗り換えなら「Broad WiMAX」
・1年以内の契約予定なら「BIGLOBE WiMAX」

この記事の内容を参考にして、もっともお得な申込窓口からWiMAXを契約してみましょう!

モバレコ経由の申込限定!
5,000円キャッシュバック進呈中!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

キャリア・格安SIM 診断

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン