カテゴリ: WiFi(光回線)

So-net 光 プラスの口コミ・評判まとめ! 一緒に検討したいおすすめ回線も紹介

So-net 光 プラスの申し込みを検討している人の中には、So-net 光 プラスの口コミや評判を知った上で検討したい方も多くいらっしゃると思います。

今回の記事では、So-net 光 プラスのメリットや注意点、さらにはおすすめの人の特徴までまとめてみました。申し込みから開通までの流れやおすすめの申込窓口も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

So-net 光 プラスの7つのメリット

So-net 光 プラスの7つのメリット
So-net 光 プラスの7つのメリット(引用元:So-net

まずはSo-net 光 プラスのメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

So-net 光 プラスのメリット

・月額料金割引キャンペーンでとにかく安い
・auスマホとのセット割でさらにお得になる
・回線速度は安定している
・日本全国の幅広いエリアで使える
・工事費が実質無料
・無料でWiFiルーターがレンタルできる
・無料でセキュリティソフトが使える

月額料金割引キャンペーンでとにかく安い

So-net 光 プラスは月額料金の割引キャンペーンを適用することで、2年間格安で利用できます。So-net 光 プラスの基本的な料金プランやサービス内容について、以下の表にまとめてみました。

So-net 光 プラスの概要表

月額料金 マンション:4,928円
戸建て:6,138円
工事費 26,400円(キャンペーンで実質無料)
光電話 2年分:13,200円
3年分:19,800円
契約事務手数料 3,300円
解約金 20,000円
スマホセット割 So-net 光 プラス×auセット割
スマホセット割条件 ・auスマホやタブレット、携帯のいずれかをセットで利用
・So-net 光 プラスとauスマホなどの契約住所が同じ
・auスマートバリューもしくはauスマートバリュー mineに加入していない
・auスマホやタブレット、携帯のいずれかで対象プランの契約をしている
おもなキャンペーン ・月額料金の2年間割引
・最大50,000円分キャッシュバック
・工事費実質無料

※価格はすべて税込

So-net 光 プラスで2年間の月額割引を適用させるには、公式サイトから申し込む必要があります。公式サイトから申し込むだけで、月額料金から毎月自動で割引されるキャンペーンなので特典の受け取り忘れがなくて安心ですね。

一方、キャッシュバックタイプのキャンペーンの場合、手続きに手間がかかったり申請自体を忘れてしまったりと、特典が受けられないことも考えられます。

申請忘れや手続き方法に不安がある人には、確実に特典が受けられる月額割引タイプのキャンペーンの方がおすすめです。

公式サイトからSo-net 光 プラスに申し込みをした場合、他社光回線と比べてどのくらい安くなるのでしょうか。違いをわかりやすくするために、So-net 光 プラスに公式サイトから申し込みした場合と、他社光回線の月額料金を比較して表にまとめました。

月額料金の比較表

月額料金(戸建て) 月額料金(マンション)
So-net 光 プラス 3,780円 ※2年間 2,780円 ※2年間
ドコモ光 5,720円 4,400円
NURO光 5,217円 2,090円(10回線以上)
2,750円(6回線以下)
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
auひかり 5,610円 4,180円

※価格はすべて税込

このようにほとんどのケースで、他社よりSo-net 光 プラスの方が1,000円以上安くなることがわかります。

auスマホとのセット割でさらにお得になる

So-net 光 プラスでは「So-net 光プラス×auセット割」で、auスマホやタブレット、携帯とのセット割引が受けられます。

ちなみに、So-net 光 プラスではauスマートバリューも適用できますが、So-net 光プラス×auセット割の方がおすすめできるポイントが多いといえるでしょう。割引額自体にそれほど違いはないので、一見「それほど大差ないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

auスマートバリューを適用するために、月額550円のひかり電話に加入しなければならないというデメリットがあります。トータルで比較すると、So-net 光プラス×auセット割はオプション代がかからない分、安く契約できるのです。

割引対象が異なることも、So-net 光プラス×auセット割の方をおすすめする理由の1つです。auスマートバリューでは「au携帯の月額料金」から差し引かれ、So-net 光プラス×auセット割では「So-net 光プラスの月額料金」から直接差し引かれます

通信費全体の節約という点ではそれほど違いはないかもしれませんが、So-net 光プラスのセット割ならインターネット代金から割引された方がわかりやすい人も多いでしょう。

【So-net 光×auセット割のプラン別割引額】

端末 契約プラン 割引額
auスマホ ・auフラットプラン7プラス
・auフラットプラン7プラスN
・auデータMAXプラン
・auデータMAXプラン Netflixパック
・auデータMAXプランPro
・カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 2G/3G、auピタットプラン、auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)、auピタットプランN(s)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
・カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 2G(V)/3G(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック(V)、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)
・スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額1G/3G/データ定額3cp、auピタットプラン、auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)、auピタットプランN(s)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
・スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額1G(V)/3G(V)/データ定額3cp(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)
・シンプル+auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
・シンプル(V)+auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)
・ジュニアスマートフォンプラン/ジュニアスマートフォンプラン(V)
・シニアプラン/シニアプラン(V)
・LTEフラットcp(1GB)
550円
auケータイ ・カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 2G(VK)/3G(VK)
・カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付)
・スーパーカケホ(ケータイ/V)+データ定額1G(ケータイ/V)、3G(ケータイ/V)
550円
auスマホ ・カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G
・カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)
・スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G/U18データ定額20G/データ定額5cp/li>
・スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)/U18データ定額20G(V)/データ定額5cp(V)
・LTEフラット/LTEフラット(V)
・LTEフラット(特典)
・ISフラット/ISフラット(特典)
・プランF(IS)、プランF(IS)シンプル
1,320円
auタブレット ・LTEフラット for Tab/Tab(L)
・LTEフラット for Tab(i)
・LTEフラット for DATA(m)
・LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
1,320円
auケータイ ・カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 5G(VK)/8G(VK)/10G(VK)/13G(VK)
・スーパーカケホ(ケータイ)+データ定額 5G(ケータイ/V)
1,320円

※価格はすべて税込

So-net 光プラス×auセット割では、auスマホなどで契約しているプランによって割引額が変動します。プラン別で550円もしくは1,320円のいずれかの割引が適用されます。

So-net 光プラス×auセット割は、So-net 光 プラスに申し込みするだけで適用できますので手続き方法が不安な人も安心です。

回線速度は安定している

IPv6
実質無料でIPv6を利用できます(引用元:So-net

So-net 光 プラスの回線速度は最大1Gbpsと公式で発表されており、光回線としては標準的な数値です。またSo-net 光 プラスでは、IPv6接続サービス「v6プラス」を利用できるため、接続が比較的安定しているのも特徴です。

IPv6とは、従来の接続方法IPv4より混雑しづらく、快適に利用できる次世代の接続方法のことをいいます。

本来であれば、So-net 光 プラスでIPv6を利用するにはv6プラス対応ルーターを月額440円でレンタルしなければなりません。しかし現在、v6プラス対応ルーターの無料レンタルキャンペーンを実施しているため実質無料でIPv6を利用できます

So-net 光 プラスの実際の速度を把握するために「みんなのネット回線速度」のデータで他社回線と比較し、表にまとめました。

実測速度の比較表

平均速度
So-net 光 プラス 平均ダウンロード速度:282.27Mbps
平均アップロード速度:195.76Mbps
ソフトバンク光 平均ダウンロード速度:291.53Mbps
平均アップロード速度:186.68Mbps
ドコモ光 平均ダウンロード速度:235.37Mbps
平均アップロード速度:180.65Mbps
ビッグローブ光 平均ダウンロード速度:231.41Mbps
平均アップロード速度:174.46Mbps
auひかり 平均ダウンロード速度:379.08Mbps
平均アップロード速度:267.79Mbps

※2021年6月15日時点

このようにSo-net 光 プラスの平均速度は、auひかりのような独自回線タイプには及びません。しかし、同時に光コラボの中では比較的速い光回線であることが確認できます。

この方は実際にSo-net 光 プラスに変えたことで、快適な速度を体感しています。NURO光などの独自回線ほどではありませんが、他社光回線に引けをとらない速度が出ていることがわかります。

日本全国の幅広いエリアで使える

光コラボレーションサービス
So-net 光 プラスは光コラボレーションサービス(引用元:NTT西日本

So-net 光 プラスは光コラボレーションサービスであるため、全国的に幅広いエリアで使えるのが特徴です。光コラボレーションとは、各事業者がNTTの光回線を借りて提供しているサービスのことを指しています。

So-net 光 プラスはエリアが広いNTTの光回線を利用しているため、全国的に幅広い場所で利用できるのです。NTT回線の提供エリアは、NTT西日本かNTT東日本のエリアを調べることで確認できます。

工事費が実質無料

So-net 光 プラスでは、工事費を実質無料にできるキャンペーンも実施しています。工事費実質無料キャンペーンは、分割して支払う金額と同額を毎月の利用料金から割り引く形で無料になる仕組みです。

マンション・戸建てタイプともに総額26,400円支払うことに変わりはありませんが、それぞれ分割回数が異なる点には注意しましょう。

工事費

マンション 戸建て
工事費 26,400円 26,400円
分割料金 550円 440円
分割支払い回数 48回 60回

※価格はすべて税込

先述したとおり、工事費は分割回数に合わせた月数ほど利用し続けることで、「実質」無料になる仕組みです。途中解約した場合は「未払い月×分割料金」の残債を請求されるので注意が必要です。

工事費を実質無料にするために、マンションタイプで48ヶ月、戸建てタイプで60ヶ月は最低でも利用し続けるようにしましょう。

無料でWiFiルーターがレンタルできる

So-net 光 プラスでは、無料で高性能WiFiルーターをレンタルできるキャンペーンも実施しています。So-net 光 プラスと同時に申し込むだけで、IPv4とIPv6接続のどちらも利用できる「v6プラス」対応のWiFiルーターをかんたんに無料でレンタルできます。

実際にSo-net 光 プラスに申し込みをしてv6プラス対応ルーターを無料で手に入れています。自分で同性能のWiFiルーターを購入することを考慮すれば、その分安く利用できるともいえます。

無料でセキュリティソフトが使える

So-net 光 プラスではセキュリティソフト「S-SAFE」を無料で利用できるキャンペーンも実施中です。

インターネットを利用する際にセキュリティソフトをどれにするか悩む人も多いのではないでしょうか。So-net 光 プラスに申し込みすれば、そのようなことを悩む必要もなくS-SAFEが利用できて、本来必要な月額利用料550円もかかりません。

So-net 光 プラスの4つのデメリット・注意点

タブレットを使う人
So-net 光 プラスの4つのデメリット・注意点

So-net 光 プラスを契約する際、意識してもらいたい注意点について4つほど紹介します。

So-net 光 プラスのデメリット・注意点

・auユーザーはauひかりの方が速くてお得になる可能性が高い
・3年目以降は料金が高くなる
・契約更新月以外に解約すると20,000円の違約金がかかる
・カスタマーサポートにつながりにくい

auユーザーはauひかりの方が速くてお得になる可能性が高い

auひかり

auユーザーの場合、So-net 光 プラスよりauひかりの方が、より速くてお得に利用できる可能性があります。

auひかりは、月額料金が安いことに加え、独自回線を利用していることから速度が出やすいのが特徴です。しかし戸建てタイプでエリアが限定的であったりマンションタイプで設備が導入されていなかったりと、利用自体できないケースもあるため注意が必要です。

So-net 光 プラスとauひかりにどのような差があるのか、実際に比較しましたのでまずはご覧ください。

auひかりとの比較表

So-net 光 プラス auひかり
提供エリア NTT光回線エリア auひかり回線対応エリア
(一部エリアは範囲外)
平均速度 平均ダウンロード速度:282.27Mbps
平均アップロード速度:195.76Mbps
平均ダウンロード速度:379.08Mbps
平均アップロード速度:267.79Mbps
月額料金 ネット 戸建て:6,138円
マンション:4,928円
戸建て:5,610円
マンション:4,180円
電話 550円 550円
契約期間 3年 戸建て:3年
マンション:2年
実質月額料金
(契約期間内)
戸建て:5,037円
マンション:4,001円
戸建て:4,197円
マンション:2,883円
キャンペーン ・月額料金の2年間割引
・最大50,000円分キャッシュバック
・工事費実質無料
・月額24ヶ月割引
・電話とセットで最大37,500円割引
・乗り換え時の違約金還元

※価格はすべて税込

このようにauひかりの方が、どちらの契約タイプでも月額料金は安くなります。また実際の通信速度もSo-net 光 プラスより、auひかりの方が速いことがわかります。

オプションなしでも5万円
最大6,3万円キャッシュバック実施中

3年目以降は料金が高くなる

So-net 光 プラスの月額料金は、3年目以降高くなることにも注意が必要です。So-net 光 プラスで受けられる月額料金の割引は、2年間限定であるためキャンペーン終了後に通常料金に戻ります。

他社光回線と3年間の実質料金を比較した場合、So-net 光 プラスは割安になるのでしょうか?3年間利用した際の料金について表にまとめました。

実質料金の比較表

マンション(実質料金) 戸建て(実質料金)
So-net 光 プラス 144,028円 181,338円
ドコモ光 161,500円 209,020円
NURO光 73,340円(10回線以上)
97,100円(6回線以下)
165,912円
ソフトバンク光 162,980円 218,420円
auひかり 105,200円 134,690円

※価格はすべて税込

3年目の月額料金が高くなっても、So-net 光 プラスのトータル実質料金は他社より比較的安い方であることがわかります。

契約更新月以外に解約すると20,000円の違約金がかかる

So-net 光 プラスでは、契約更新月以外に解約した場合、マンション・戸建てタイプともに20,000円の違約金が発生します。契約期間である3年以内での解約はもちろんのこと、3年経過後の契約更新月以外にも違約金は発生するので注意が必要です。

カスタマーサポートにつながりにくい

So-net 光 プラスは、カスタマーサポートにつながりにくいという評判もあります。So-net 光 プラスに限らず光回線のカスタマーセンターは、繁忙期などタイミングによって混み合うことがあります。

タイミングによってつながりにくくなっていますので、根気よく問い合わせることも重要です。

So-net 光 プラスがおすすめの人はこんな人!

ノートPCとスマホとコーヒー
So-net 光 プラスがおすすめの人はこんな人!

So-net 光 プラスがおすすめの人について、3パターン紹介します。

auひかりがエリア外だったauユーザー

auひかりのエリアを検索した際、エリア外だった場合にはSo-net 光 プラスがおすすめです。

先述したとおり、So-net 光 プラスよりもauひかりの方がより速くお得な可能性が高いため、まずはauひかりのエリア検索をしましょう。その結果auひかりがエリア外であることがわかったら、より広いエリアで利用できるSo-net 光 プラスを検討するといいですよ。

速度を重視する人

先述したとおり、So-net 光 プラスは光コラボの中で比較的速い方の光回線で、速度重視の方にもおすすめです。「v6プラス」に対応しているため、他社と比較しても比較的速い速度が期待できます。

特典をもらい忘れる心配をしたくない人

So-net 光 プラスでは、月額料金から毎月自動で割引されるタイプのキャンペーンなので、特典をもらい忘れる心配をしたくない人にもおすすめです。

キャッシュバックタイプのキャンペーンの場合、数ヶ月後に別で申請する必要があったりオプション加入の条件があったりと、特典をもらい損ねる可能性が出てきます。

So-net 光 プラスでは面倒な手続きなしで月額料金が安くなるため、もらい忘れリスクがありません。

So-net 光 プラスは「So-net公式サイト」での申し込みがおすすめ!

スマホとPCを利用する人
So-net 光 プラスは「So-net公式サイト」での申し込みがおすすめ!

So-net 光 プラスに申し込みの際は、月額料金の割引が受けられる「So-net公式サイト」からがおすすめです。

申込窓口によってどのような違いがあるのか、実質料金やキャンペーンで比較し表にまとめました。

【So-net 光 プラスの窓口比較表】

実質月額料金
(3年間)
キャッシュバック オプションの必要性 受け取り時期
ライフサポート マンション:3,627円
戸建て:4,665円
マンション:65,000円
戸建て:70,00円
なし 記載なし
So-net公式サイト マンション:4,001円
戸建て:5,037円
GrandNetwork マンション:3,766円
戸建て:4,943円
60,000円 指定オプション 代理店:1年後
NEXT
(特典B)
マンション:4,183円
戸建て:5,081円
マンション:45,000円
戸建て:55,00円
なし So-net:当月
代理店:2ヶ月後
BIGUP
(特典A)
マンション:4,263円
戸建て:5,162円
マンション:30,000円
戸建て:40,000円
なし 代理店:2ヶ月後
So-net:6ヶ月後
bloom マンション:4,322円
戸建て:5,220円
マンション:40,000円
戸建て:50,00円
記載なし 代理店:翌月末
So-net:6ヶ月後
ネットナビ マンション:5,155円
戸建て:6,331円
10,000円 電話、テレビ
指定オプション
代理店:1年後

※価格はすべて税込

他社窓口と比較しても、やはりSo-net 光 プラスの申し込みは「公式サイト」からがもっともおすすめです。他社でも高額のキャッシュバックはもらえますが、オプション加入が条件になっていたり、取得時期が数ヶ月後であったりと決して受け取りやすいとはいえません。

公式サイトから申し込めば、そのような心配は不要になり、実質料金もトップレベルに安くできます。

月額料金の割引以外に、高性能ルーターの無料レンタル工事費実質無料U-NEXTとのセット割が受けられるなど豊富なキャンペーンが用意されています。自分で設定できるか不安な人には、端末1台分まで無料で訪問設定してもらえるキャンペーンも実施されています。

So-net 光 プラスの申し込みから開通までの流れ

スマホを使う人
So-net 光 プラスの申し込みから開通までの流れ

So-net 光 プラスの開通までの流れを、新規契約と転用・事業者変更別で紹介します。

新規契約の場合

新規契約の場合は以下の手順になります。

新規契約の場合

①So-net 光 プラスを申し込む
②担当者と工事の日程を調整する
③開通工事後に利用開始

 申し込む

So-net 光 プラスは公式サイトか電話から申し込めます。申し込み完了後、申し込み受付完了のメールが届くので確認しておきましょう。

場合によってはメールが届かないことも考えられます。もしもメールが届かなかった場合には、So-net サポートデスクに問い合わせてみてください。

 工事の日程調整

申し込みした内容に不備がなければ工事日についてのショートメッセージが届きます。空いている時間を見つけて工事日を予約しましょう。

 開通工事

開通工事の当日、立ち会いが必要な場合があるので事前に確認しておいてください。

 利用開始

開通工事が終われば、後日利用開始に必要な案内が送付されます。記載されているとおりに接続機器の設定を行えば、すぐにインターネットを利用できます。

転用・事業者変更の場合

転用・事業者変更の場合は以下の手順になります。

転用・事業者変更の場合

①転用・事業者変更承諾番号を取得
②So-net 光 プラスに申し込む
③送付される利用案内どおりに設定して利用開始

 転用承諾番号を取得【転用の場合】

転用する際は、NTTに問い合わせて転用承諾番号を取得してください。転用承諾番号には、15日の有効期限が定められているので、取得後は早めにSo-net 光 プラスに申し込みしましょう。

 事業者変更承諾番号の取得【事業者変更の場合】

事業者変更する際は、NTTに問い合わせて事業者変更承諾番号を取得してください。転用時と同様、15日の有効期限が定められているので、取得後は早めにSo-net 光 プラスに申し込みするのが望ましいです。

 申し込み

So-net 光 プラスは、公式サイトか電話から申し込みできます。申し込み完了後、申し込み受付完了のメールが届くはずなので一度確認しておきましょう。また支払い方法の登録をしていない場合は、できるだけ早めに済ませておいてください。

 利用開始

【転用の場合】
送付された案内どおりに接続機器の設定を終わらせれば、すぐにインターネットを利用できます。転用前のプロバイダーが不要な場合は、解約手続きも早めに済ませておきましょう。

【事業者変更の場合】
利用開始の案内が届けばすぐにインターネットを利用できます。

So-net 光 プラスと一緒に検討したいおすすめインターネット回線

ルーターイメージ画像
So-net 光 プラスと一緒に検討したいおすすめ回線

So-net 光 プラスとあわせて検討してもらいたい他社回線について、目的や用途別に具体的に紹介します。

「光回線」は通信速度が安定して速い!

So-net 光 プラスと同じ光回線であれば、他社回線に乗り換えた場合でも通信速度が速く安定しています。

光回線を選ぶコツとしては、利用しているスマートフォンのキャリアベースで検討するのがおすすめです。各キャリアのセット割に対応している光回線を選ぶことで、スマホの月額料金の割引が受けられるので通信費の節約につながります。

スマホキャリア別のおすすめ光回線

・ソフトバンクユーザー:NURO光
・NURO光がエリア外のユーザー:ソフトバンク光
・ドコモユーザー:ドコモ光
・auユーザー:auひかり
・auひかりがエリア外のユーザー:So-net 光 プラス

ドコモスマホとのセット割が適用できる光回線は「ドコモ光」のみです。そのためドコモユーザーはドコモ光一択と覚えておいてください。

ソフトバンクとauユーザーは、それぞれに対応したセット割が適用できる独自回線をまずは検討しましょう。

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」、auユーザーなら「auひかり」が候補にあがるでしょう。それぞれの独自回線が提供エリア外の場合はセット割が適用できて、より提供エリアが広い「ソフトバンク光」と「So-net 光 プラス」を選ぶとよいでしょう。

格安SIMユーザーは速度が速い光回線を選ぶのがおすすめです。なぜなら、ほとんどの格安SIMでは光回線とのセット割に対応していないケースが多いからです。セット割に対応している「OCNモバイルONE」の「OCN光モバイル割」などでは、割引額も少ないためそれほどメリットがあるともいえないでしょう。

格安SIMユーザーにおすすめの光回線

・NURO光
・auひかり
・So-net 光 プラス

そのため、格安SIMユーザーは速度が速い独自回線の「NURO光」と「auひかり」をまずは検討してください。独自回線の場合は提供エリアが限られるため、利用自体できない可能性もあります。その際は全国的にエリアが広く、光コラボの中でも速度が比較的速い「So-net 光 プラス」がおすすめできます。

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

 

オプションなしでも5万円
最大6,3万円キャッシュバック実施中

最大37,000円キャッシュバック中!

「ホームルーター」は工事不要で手軽にインターネット回線を使える

光回線の開設工事ができないもしくは避けたい人には、工事不要で手軽に利用できる「ホームルーター」タイプの回線がおすすめです。

ホームルーターであれば工事せずに電源アダプタを挿すだけでインターネットが利用できます。光回線ほどの速度は期待できませんが工事不要でかんたんに接続できます。

ちなみに、ホームルーターの選び方のコツとしては、「実質料金」と「データ容量」から選ぶのがよいでしょう。おすすめのホームルーターは、月間データ容量の縛りがないWiMAXとソフトバンクエアーです。

おすすめのホームルーター

・速度が速いWiMAX
・ネットが使い放題のソフトバンクエアー

WiMAXでは、「BroadWiMAX」がおすすめです。BroadWiMAXで申し込めば月額料金から割引されるタイプのキャンペーンが受けられるため、特典のもらい忘れの心配がいりません。乗り換え時の違約金を負担してもらえたり指定回線に違約金なしで乗り換えできたりと、その他の豊富なキャンペーンも受けられます。

ソフトバンクエアーを契約する際は「モバレコエアー」がおすすめです。モバレコエアーで申し込めば、翌月には20,000円のキャッシュバックが受け取れます。

指定メディア限定の新プラン登場
今ならキャッシュバック10,000円

今だけ!アンケートに答えるだけでキャッシュバック増額中!
30,000円キャッシュバック

「ポケット型WiFi」は外出先でも利用できる!

外出先でも利用したい場合にはポケット型WiFiがおすすめです。光回線とは異なり工事の必要がありません。ホームルーターよりもサイズが小さく、バッテリータイプで持ち運びしやすい端末なので外出先の使用に向いているのです。

ポケット型WiFiを選ぶ際は、「実質料金」と「データ容量」を重視しましょう。月間のデータ容量を気にせず実質料金も安く利用できるWiMAXがおすすめです。

おすすめのポケット型WiFi

・Broad WiMAX

WiMAXを契約する場合は「Broad WiMAX」がおすすめです。Broad WiMAXで申し込めば、月額料金から割引されるタイプのキャンペーンが受けられて、特典を確実に受け取れます。

その他のポケット型WiFiについても別の記事で解説しています。WiMAX以外のポケット型WiFiについては、下記記事を参考にしてください。

まとめ

今回はSo-net 光 プラスを検討中の人に向けて、メリットや注意点、おすすめの人の特徴について詳しく解説しました。契約時にはメリットだけではなく注意点を理解しておくことも重要です。

So-net 光 プラスのメリット

・月額料金割引キャンペーンでとにかく安い
・auスマホとのセット割でさらにお得になる
・回線速度は安定している
・日本全国の幅広いエリアで使える
・工事費が実質無料
・無料でWiFiルーターがレンタルできる
・無料でセキュリティソフトが使える

So-net 光 プラスのデメリット・注意点

・auユーザーはauひかりの方が速くてお得になる可能性が高い
・3年目以降は料金が高くなる
・契約更新月以外に解約すると20,000円の違約金がかかる
・カスタマーサポートにつながりにくい

インターネット回線を選ぶ際はSo-net 光 プラスだけではなく、他の回線もあわせて検討した方がいい場合もあります。今回の記事を参考にして自分に合ったお得な契約先を見つけてください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン