iPhoneでも使えるeSIMって?設定方法や対応サービスを徹底解説

書いた人: agar

カテゴリ: iPhone

iPhone eSIM

iPhoneの
お得なキャンペーン情報

店舗にいかなくてもネットから購入可能。
オンラインで手数料をお得にスマホを購入!

楽天モバイルから
iPhone 12シリーズが新登場!

  • ドコモ:22,000円割引
  • au:22,000円割引
  • ソフトバンク:21,600円割引
  • ワイモバイル:18,000円割引
  • 楽天モバイル最大20,000pt還元

端末のご購入はこちら

オンラインショップ限定
キャンペーン実施中

iPhone 12も!
他社からのりかえで22,000円割引

iPhone 12も!
他社からのりかえで21,600円割引

オンライン限定!対象端末が
最大18,000円値引き中

月額基本料金が3カ月無料!

楽天モバイルやIIJmioの新サービスが開始されて注目度が上がってきている「eSIM」

iPhoneでも最近の機種なら対応しており、身近な存在になりつつあります。eSIMとは何なのか、これまでの物理的なSIMカードと比べてどんなメリットがあるのかをご紹介します。

eSIMとは

IIJmio eSIM説明画面
画像引用:IIJmio公式サイト
eSIMの特徴

私たちが普段使っているスマートフォンの多くには、「SIMカード」という契約情報が書き込まれた小さなチップが入っています。このカードを入れ替えることで、スマートフォンを買い替えたり初期化したりする必要なく、ほかのキャリアやMVNOでそのまま使い続けられます。

eSIMとは、形を持たないバーチャルなSIMのことです。物理的なSIMカードをなくして、これまでSIMカードが持っていたデータをスマートフォンの中に直接保存します。

SIMカードをデータ化すると言っても、写真やアプリと一緒の場所に保存するわけではありません。不正に書き換えたり複製したりできないように厳重に保護された「セキュアエレメント」という専用の保存場所が用意された機種だけで使える機能です。日本で買える機種では、最新のiPhoneのほか、AndroidならGoogleの「Pixel 4」などで利用できます。

楽天モバイルeSIM説明画面
画像引用:楽天モバイル公式サイト
eSIMなら簡単に使い始められます

物理的なSIMカードからeSIMに変えることで、通信速度や料金が安くなるわけではありませんが、「使い勝手」には大きなメリットがあります

たとえば新しい格安SIMを契約する時、eSIMならネットで申し込んでからSIMカードが郵送されてくるのを待つ必要はありません。契約してすぐにeSIMをダウンロードして使い始められます。

また、データ容量を使い切ってしまった時のためのサブ回線や海外用など、予備のSIMカードを持っている人もいるでしょう。eSIMなら、使わない時もスマートフォンの中に保存しておけますし、使う時に小さなカードを入れ替えずに済むので紛失する心配がありません。

海外でも対応キャリアが増えてきていて、プリペイドのeSIMをネットからすぐに買えます。空港でプリペイドSIMが買える場所を探したり、不慣れな外国語で苦労して買ったりする手間からも解放されます。

eSIMのメリット

・契約してからSIMカードを待たずに始められる
・SIMカードの入れ替えが不要
・ネットですぐに買える

eSIM対応サービス(格安SIM)

日本でも、eSIMに対応する通信会社は少しずつ増え始めています。その中でも、個人でさまざまな機種に使えるサービスとしては、IIJmioの「データプラン ゼロ」と楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V(VI)」があります。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V(VI)」

楽天モバイル料金プラン
画像引用:楽天モバイル公式サイト
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V(VI)」

2020年4月に自社回線のMNOとして本格始動した楽天モバイル。2021年4月からは5Gに対応はもちろん、データ1GBまでは0円の「Rakuten UN-LIMIT VI」を提供開始します。そんなMNO版楽天モバイルの料金プランである「Rakuten UN-LIMIT V(VI)」はeSIMに対応しています。

Rakuten UN-LIMITは、楽天回線のエリアでは4G回線・5G回線問わずデータ使い放題のプランです。(※大量に使う場合は1日ごとの制限あり)自社エリアは限られていますが、楽天回線が入らない場所では、au回線を月5GBまで使えます。基本料金は3,278円(税込)で、今ならキャンペーンで最初の1年間は無料で利用できます。

楽天モバイルが販売しているオリジナルスマホ「Rakuten Mini」「Rakuten Hand」「Rakuten BIG」はeSIM専用なので、この機種を使う人のためにeSIMを提供しています。

普通のSIMカードを申し込んだ人もeSIMに切り替えることができ、iPhone 12シリーズやPixel 4などで利用できます。ただし動作保証外となり、あくまで「自己責任で使える」という状況になっています。

楽天モバイルのキャンペーン

・300万名限定!Rakuten UN-LIMIT V(VI)1年間無料
最大25,000pt還元キャンペーン
・Rakuten Hand19,999ptプレゼントキャンペーン

月額基本料金が3カ月無料!

IIJmioの「データプラン ゼロ」

IIJmioの料金プラン
画像引用:IIJmio公式サイト
IIJmioの「データプラン ゼロ」

老舗MVNOのIIJmioは、「データプラン ゼロ」というeSIM専用のプランを提供しています。

音声通話やSMSは使えないデータ通信専用のプランで、普通のSIMカードと組み合わせて使ったり、Microsoftの「Surface」シリーズのようなeSIM対応PCを外出先で使ったりするのに適しています。

データプラン ゼロは、使わない月はたった165円(税込)の基本料金だけで済みます。必要な分だけデータ容量をチャージして使う仕組みで、毎月最初の1GBは330円(税込)、それ以降は495円/1GB(税込)でチャージできます(最大10GB)。

たとえば、普段使っているキャリアがつながらない場所に出かける時だけチャージしたり、メインのSIMのデータ容量を使い切ってしまった時に安く容量を増やせるピンチヒッターとして使ったりと、サブ回線として便利なプランです。

IIJmioのキャンペーン

・データプラン ゼロプランの初期費用1円

その他の対応状況

Apple Watch モバイル通信サービス説明画面
画像引用:ソフトバンク公式サイト
Apple Watchやキッズケータイなど、意外なところで活躍

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社では、まだキッズケータイやApple Watchなどの特殊用途で「SIMカードを入れるスペースを節約できる」というメリットを生かす程度に留まっています。

また、法人向けのサービスでは、スマートフォンではなくIoT用の小さな通信機器のためにeSIMを提供している会社がいくつかあります。たとえば、「OCN モバイル ONE」でおなじみのNTTコミュニケーションズなどです。

もっとeSIM対応の機種が増えて浸透すれば、個人向けのeSIMサービスも今以上に増えるかもしれませんね。

eSIM 対応のiPhone

eSIM 対応のiPhone一覧
画像引用:Apple Support
iPhoneはXS/XR以降ならeSIMに対応

Appleは、2018年以降に発売したiPhoneシリーズの各機種をeSIMに対応させています。

具体的には、iPhone XS、XS Max、XR、11、11 Pro、11 Pro Max、SE(第2世代)、12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max がeSIM対応機種です。高価なハイエンドモデルだけではなく、iPhone SEやiPhone 12のような手頃な機種でも使えるのは嬉しいポイントですね。

ちなみに、iPadも一部機種がeSIMに対応しています。eSIMを使えるiPadは、iPad(第7世代)、iPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代)、11インチiPad Pro(第1世代・第2世代)、12.9インチiPad Pro(第2世代~第4世代)です。

eSIM対応のiPhone

iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone SE(第2世代)
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max

eSIM対応のiPad

iPad(第7世代、第8世代)
iPad mini(第5世代)
iPad Air(第3世代、第4世代)
11インチiPad Pro(第1世代、第2世代)
12.9インチiPad Pro(第3世代、第4世代)

iPhoneでeSIMを設定する方法

eSIMの申し込み画面
画像引用:IIJmio公式サイト
eSIMの申し込みは、使いたい端末以外から始めるとスムーズ

iPhoneでeSIMを使うには、キャリア版の場合はSIMロック解除が必要です。補足すると、IIJmioのeSIMはドコモ回線ですが「フルMVNO」という特殊な方式のため、ドコモ版iPhoneでもSIMロックがかかったままでは使えません。

iPhoneでeSIMを設定する方法は、大きく分けて「QRコードを読み取ってSIMをダウンロードする」タイプと「専用アプリから申し込んでそのままSIMをダウンロードする」タイプがあります。

海外キャリアや旅行用プリペイドSIM(GigSkyなど)では後者のタイプのところも多く、iPhone 1台ですぐに使い始められるので便利です。IIJmioや楽天モバイルのeSIMはQRコード型なので、eSIMを使いたいiPhone“以外”から申し込むのがコツです。

各社のサイトからSIMカードの申し込みを進めていくと、eSIMをダウンロードするためのQRコードが発行されます。これを最後にiPhoneで読み取って設定するので、パソコンやタブレットなど、他の端末を用意しておくとスムーズです。他の端末を持っていない場合は、iPhoneから申し込んでQRコードを印刷しても良いでしょう。

iPhoneでeSIM設定1iPhoneでeSIM設定2
「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」
iPhoneでeSIM設定3
「モバイル通信プランを追加」でQRコードを読み取ります

設定する際の注意点としては、普通のQRコードリーダーで読み取っても設定できません。「設定」アプリから「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」と進むと、eSIM設定用のQRコードリーダーが起動します。

QRコードの読み取りに成功すると自動でeSIMがダウンロードされ、あとは画面の指示に従って設定を進めていきます。

ちなみに楽天モバイルeSIMの発行は手数料無料

eSIMの申し込み画面
画像引用:楽天モバイル公式サイト
楽天モバイルeSIMの発行は手数料無料

楽天モバイルですでに利用していて、eSIM対象のスマホに変えたのでeSIMで設定し直したい、という人もいるでしょう。楽天モバイルでは、my楽天モバイルからeSIMの発行が無料で行うことができます。

今回は、Webでの画面を用いて手順を説明いたします。アプリからの場合もほとんど同じ手順で行うことができるので参考にしてみてください。

まずはmy楽天モバイルにアクセスします。メニューから「契約プラン」を選択しましょう。

eSIMの発行方法1
メニューから「契約プラン」を選択

契約プランが表示されたらその下に表示されている「各種手続き」を選択します。すると複数の選択肢がでてきますので「SIM交換」を選びます。

eSIMの発行方法2
「各種手続き」から「SIM交換」を選択

SIMの交換理由とSIMタイプを選択し、「再発行する」で申し込みが完了します。

eSIMの発行方法3
SIMの交換理由とSIMタイプを選択し、再発行する

SIMの申し込みが完了したらmy 楽天モバイルのトップページに申込番号が表示されます。QRコードが表示は、「申し込み履歴」をからお申し込み回線の「開通手続きをする」を選ぶことで行えます。

ここまできたら開通したいスマホで通常通りeSIMの設定を行いましょう。

まとめ

ダウンロードするだけでいつでも使い始められる「eSIM」は、今すぐSIMが必要な時や海外に行く時など、利用シーンによってはこれまでの物理的なSIMカードよりもずっと便利に使えます。

最近のiPhoneなら多くの機種が対応していますし、IIJmioの「データプラン ゼロ」など、大手キャリアや他の格安SIMを使っている人のサブ回線として使い勝手の良いプランも出てきており、今後に注目の機能です。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

agar

agar

爆買いスマホマニア

プロフィール

携帯ショップ店員、スマホ専門ニュースサイトの記者などを経て、フリーライターとして活動中。2010年頃からAndroidスマホにハマり、通算100機種以上を購入して使ってきました。端末の魅力から難しい料金プランの選び方まで、知識・経験を活かして分かりやすくお伝えします。

休日はバイクや自転車で旅に出たり、カメラを持って散歩するのが好きです。モバレコ以外のメディアではクルマ・バイク・鉄道など乗り物に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホ・料金プラン・カメラ など

ブログ・SNS

Twitter(@__agar)
https://twitter.com/__agar

特集コンテンツ

d-card

d-card

キャリア・格安SIM 診断

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン