カテゴリ: ドコモ光

ドコモ光 乗り換え

ドコモ光の乗り換え手続き完全ガイド!乗り換えで使えるキャンペーン情報も紹介

ドコモ光は、ドコモのスマホ回線とセット割引が組める唯一の光回線です。
ドコモ光 セット割は家族を含む最大20回線まで適用可能なため、ドコモユーザーが受ける恩恵は大きいといえます。

ですが「ドコモ光の速度や料金に不満がある」「不満はないけど、よりお得に運用できる光回線があれば契約を見直したい」など、さまざまな理由から乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ドコモ光から他社回線へ乗り換えるための費用・手順を解説します。乗り換えにおすすめの回線と適用できるキャンペーン情報も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

また、他社回線からドコモ光へ乗り換えたい、ドコモ光ユーザーでプロバイダ・プランを乗り換えたい方に向けた手続き方法もまとめて解説しています。

■ この記事を読んでわかること

  • ドコモ光の契約・運用・解約で発生するすべての費用
  • 光回線を乗り換えるときのパターン
  • 乗り換えパターン別の手続き手順&注意ポイント
  • ドコモ光からの乗り換えにおすすめな光回線
  • [ドコモ光ユーザー向け]プラン・プロバイダ変更方法

光回線のユーザー数No.1! 人気回線ドコモ光

ドコモ光

目次:

ドコモ光の解約金が7月から減額に!

お金の画像
ドコモ光の解約金が7月から減額に!

2022年7月1日からドコモ光の解約金の金額が変更になり、新プランが提供開始されました。

【新プランと旧プランの解約金の比較表】

料金プラン 解約金
種別 住居タイプ 新プラン 旧プラン
定額 戸建て 5,500円
8,800円お得)
14,300円
マンション 4,180円
4,620円お得)
8,800円
従量 ドコモ光ミニ 2,970円
11,330円お得)
14,300円

旧プランよりも解約金が大幅に減額され、今までより解約金を気にせず乗り換えやすくなっています。
ただし、新プランの提供に伴い2年定期契約を更新するたびにdポイントで3,000ポイントもらえる「更新ありがとうポイント」が廃止になっています。

▼新プランのメリット

解約金が安くなり、乗り換えやすくなった

▼新プランのデメリット

「更新ありがとうポイント」が廃止され、長期利用に向かなくなった

ドコモ光から他社回線に乗り換える方法は2パターン

PCを操作する人の画像
ドコモ光から他社回線に乗り換える方法は2パターン

ドコモ光から他社回線に乗り換える際は、「ドコモ光→光コラボ回線へ乗り換えるパターン」と「ドコモ光→独自回線へ乗り換えるパターン」の2種類で手続き方法が異なります。

それぞれ説明していきます。

ドコモ光から光コラボ回線へ乗り換えるパターン

ドコモ光は、フレッツ光回線を使用した光コラボ回線です。

そのため、光コラボ回線への乗り換えであれば、簡単なWeb上の事務手続きのみで乗り換えられます。

ドコモ光から独自回線へ乗り換えるパターン

一方、auひかりやNURO光といった自社回線を使用するインターネットサービスは、独自回線と呼ばれます。

ドコモ光とは使用する回線設備が異なるため、ドコモ光から乗り換える際は新規契約となり、利用開始前には開通工事が必要です。

【光コラボ回線と独自回線の違い】

光コラボ回線 独自回線
ドコモ光から乗り換え時の工事 必要なし 必要
速度 ドコモ光と同じ ドコモ光より速い
料金 ドコモ光とほぼ同じ ドコモ光より安い
提供エリア ドコモ光と同じ 限定的(ドコモ光より狭い)

上の表を見ると、ドコモ光から乗り換えるなら独自回線がおすすめです。ただし、独自回線は提供エリアが限定されているため、お住いの地域によっては契約できない可能性があります。

また、乗り換え時は確実に開通工事が必要になるので、マンションや借家にお住いの方は大家さんの許可がないと契約できない点に注意をしてください。

もし、独自回線への乗り換えが難しい場合は、工事不要でエリアもドコモ光と同じ光コラボ回線へ乗り換えましょう。

ドコモ光からの乗り換えで発生するすべての費用

docomo光

ドコモ光からの乗り換えで発生するすべての費用についてまとめました。

ドコモ光から他社回線へ乗り換えると、以下の費用が発生します。

▼ドコモ光からの乗り換えで発生するすべての費用

  • ドコモ光の解約金(更新月の解約で無料)
  • ドコモ光の工事費残債(キャンペーンで0円だった人、分割払が終了している人は不要)
  • ドコモ光解約月の月額料金
  • 乗り換え先の契約事務手数料
  • 乗り換え先の工事費(光コラボへ乗り換える場合は不要)

 ドコモ光の解約金

旧プラン解約金 戸建て 14,300円
マンション 8,800円
新プラン解約金 戸建て 5,500円
マンション 4,180円

ドコモ光は更新月外に解約すると、旧プランで最大14,300円、新プランで最大5,500円の解約金がかかります。

また、プロバイダからルーターなどの機器をレンタルしている場合、返却時に機器が破損していたり、返却期限に間に合わなかったりすると、機器損害金が必要になる場合があるため注意が必要です。

 ドコモ光の工事費残債

開通工事料 戸建て 19,800円
マンション 16,500円
土日に開通工事をした場合 開通工事料+3,300円

ドコモ光を新規で契約した場合、戸建て19,800円、マンション16,500円の開通工事費がかかります。ただし、ドコモ光は工事費完全無料キャンペーンを頻繁に行っているため、多くの場合、工事費は0円です。

しかし、キャンペーン期間外にドコモ光を新規で契約した方は、12回または24回の分割払いで工事費の支払いが行われますので、分割払終了前に解約すると、解約時に工事費残債が請求されます。

 ドコモ光の月額料金

戸建て 2年自動更新 契約期間なし
1ギガ タイプA 5,720円 7,370円
1ギガ タイプB 5,940円 7,590円
1ギガ 単独タイプ 5,500円 7,150円
ドコモ光ミニ 2,970~6,270円 4,620~7,920円
10ギガ タイプA 6,930円 8,580円
10ギガ タイプB 7,150円 8,800円
10ギガ 単独タイプ 6,490円 8,140円
マンション 2年自動更新 契約期間なし
1ギガ タイプA 4,400円 5,500円
1ギガ タイプB 4,620円 5,720円
1ギガ 単独タイプ 4,180円 5,280円

ドコモ光の月額料金は、解約月も1ヶ月分が満額請求されます。そのため、更新月に解約しても必ず費用が発生することを把握しておきましょう。

 乗り換え先の契約事務手数料

契約事務手数料 3,300円

ドコモ光から他社回線へ乗り換えた場合、必ず契約事務手数料が発生します。

契約事務手数料は3,300円が基本ですが、中には880円や770円など安く設定されている回線もありますので、確認しておきましょう。

 乗り換え先の工事費

ドコモ光から独自回線へ乗り換える場合、開通工事が必要ですので、数万円の開通工事費が発生します。

ただし、開通工事費は多くの場合、長期利用で実質無料になるため、短期間で解約しない限り実費負担はありません。

開通工事費や実質無料になる期間は独自回線によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

ちなみに、ドコモ光から光コラボ回線へ乗り換える場合は工事不要なため、開通工事費は不要です。

違約金なしで解約できるタイミング

更新月とは

ドコモ光では定期契約なし・定期契約ありのプランをそれぞれ提供しています。

定期契約なしプランを申し込んだ場合は、いつ解約しても違約金が発生しません。その代わり、月額料金が高めに設定されていたり、適用できないキャンペーンが多い点は注意が必要です。

定期契約ありプランを申し込んだ場合は、2年毎に来る3ヶ月間の更新月で解約すると、違約金が発生しません。

例)2022年3月に契約した場合の更新月:2024年3月・4月・5月

更新月はドコモショップの店頭・ドコモ インフォメーションセンターに電話・WEBのMy docomoより確認できます。

▼更新月の確認方法

■ ドコモ インフォメーションセンター

ドコモの携帯電話専用窓口 151
一般電話・ドコモ以外の携帯電話 0120-800-000
営業時間 9:00~20:00(年中無休)

■ My docomoの確認方法

  1. アプリ・WEBからMy docomoを開く
  2. 「データ通信」タブを選択
  3. ドコモ光の「確認」を選択

ドコモ光の解約前に注意すべきポイント

ドコモ光の3つの注意点

ドコモ光から他社回線への乗り換えを検討している方は、注意すべきポイントがいくつかあります。これらのポイントを確認してから、実際に乗り換え手続きを実施しましょう。

プロバイダの解約が必要な場合がある

ドコモ光はプロバイダ一体型のインターネットサービスなので、原則、ドコモ光解約時にプロバイダへ解約連絡を入れる必要はありません。しかし、プロバイダによってはドコモ光解約時にユーザー自身がプロバイダの解約手続きを行う必要があります。

以下に、ドコモ光を解約する際、別途解約連絡が必要なプロバイダを一部掲載していますので、参考にしてください。

プロバイダ名 受付時間
hi-ho 解約当月1日~末日18:00
BIGLOBE 解約前月26日~解約当月25日
Asahi net 解約前月16日~解約当月15日
@TCOM ユーザーの指定日

ドコモ光の関連サービスは利用できなくなる

ドコモ光から他社回線に乗り換える場合、ドコモ光は解約となります。解約前にドコモ光の契約内容をチェックし、サービスやオプションは使用できなくなっても問題ないか調べておきましょう

契約しているサービスやオプションは、My docomoから確認が可能です。

▼使えなくなるドコモ光の関連サービスの例

  • ドコモ光のメールアドレス
  • ドコモ光 セット割引
  • ドコモ光テレビ
  • ドコモ光電話 など…

※固定電話番号の引継ぎは乗り換え先によって可否が変わります

物件によっては回線撤去工事が必要な場合もある

ドコモ光では、申請しない限り回線撤去工事は必要ありません。
ですが、賃貸や集合住宅の場合、建物を管理している大家や管理会社から回線の撤去工事を求められる場合があります

ドコモ光を契約するとき、建物の契約書面や大家・管理会社に開通工事をしても問題ないか確認していると思います。そのとき回線撤去工事が必要かどうか指示があれば、それに従いましょう。

本来であれば、指示がなくともドコモ光を契約するタイミングでこちらから確認しておくのがベストです。
ですが、もしドコモ光の契約について確認しておらず契約書面にも指示がない・特に何も言われなかったので不安という場合は改めて確認するとよいでしょう。

ドコモ光から他社回線へ乗り換える手順

ドコモ光から他社の乗り換える方法

ここでは、ドコモ光から他社回線に乗り換える際の手順についてご説明します。

乗り換え先の回線が、光コラボ回線かそれ以外の独自回線かによって手順が変わります。以下の2パターンについて乗り換え手順をご説明しましょう。

▼ドコモ光から他社回線に乗り換えるパターン

※クリックで該当箇所にスクロールします

【新規契約】ドコモ光から独自回線に乗り換える

1.契約したい回線の窓口から申し込みを行う
契約したい回線を選び、新規申込みの手続きをしましょう。
2.工事日の調整が入る
申し込んだ回線の事業者から、工事についての連絡が入ります。
工事が必要である場合は、このタイミングで工事日の調整を実施します。立ち合いが必要になるため、ご自身のスケジュールにあわせて申し込みましょう。
また、工事の予約が数ヶ月先でしか取れない場合もあります。定期契約プランに申し込んでいる方は更新月も気にしながら調整すると良いでしょう。
更新日を含めたスケジュールの調整が、できるだけ希望通りに行えるよう日程には余裕を持って申込を進めておくことがコツです。
3.ドコモ光の解約を申請する
ドコモ光の解約は、ドコモショップもしくはドコモインフォメーションセンターから申請できます。このタイミングでドコモでの契約内容と利用中サービスも確認しておきましょう。
また、最も大切なのは解約日がいつになるか確認することです。もし工事日が数ヶ月先などであれば、インターネットを使用できない期間が発生する可能性があります。
もし早いタイミングで解約となってしまいそうであれば、期間を空けて改めて解約を申し出ると良いでしょう。
4.工事の実施&独自回線の利用開始
調整した日程通り、新たに開通工事を実施をします。
開通工事は大体2~3時間ですが、スタート時間がずれたり幅を広くとってあることもあるため、当日はできるだけ予定を入れないことをおすすめします。
工事が完了したら、モデム・ルーターの設定を行うと使用開始できます。
5.ドコモ光のレンタル機器を返送する
ドコモ光にてモデム・ルーターなどの機器をレンタルしていた場合は、期日までに返送が必要です。
機器の返送タイミングは解約日などによって変わってくるため、よくチェックしておきましょう。
レンタルサービスの契約内容を見たり、解約のタイミングで一緒に確認しておくと安心です。

▼乗り換えにおすすめの光回線はこちら

※クリックで該当箇所にスクロールします

【事業者変更】ドコモ光から光コラボ回線に乗り換える

1.事業者変更承諾番号を取得する
契約しているドコモ光のプロバイダに問い合わせて事業者変更承諾番号を取得します。
ドコモショップもしくはドコモ インフォメーションセンターで事業者変更承諾番号を取得できます。このタイミングでドコモでの契約内容と利用中サービスも確認しましょう。
事業者変更承諾番号の有効期限は、発行日を含め15日間となります。有効期限が切れてしまうと、再度事業者変更承諾番号の発行が必要です。

▼ドコモ インフォメーションセンター

ドコモの携帯電話専用窓口 151
一般電話・ドコモ以外の携帯電話 0120-800-000
営業時間 9:00~20:00(年中無休)
2.契約したい光コラボ回線へら事業者変更申込を行う
ドコモ光から乗り換えたい光コラボ回線に申込を行います。このタイミングで事業者変更承諾番号の入力をするため、確認できるようにしておきましょう。
WEBの場合、新規契約・事業者変更それぞれ申込ページが用意されているか、選択肢にあわせて回答していくことで自動的に事業者変更の案内に進んでくれる場合もあります。
どちらにしても、よく案内を読みながら手続きを進めていきましょう。
3.回線切り替えの連絡をもらう
事業者変更申込が完了したら、回線の切り替え日について連絡をもらいます。最短8日後に新しい光回線に切り替わり、そのタイミングでドコモ光の回線は自動的に解約となります。
切り替えは自動的に行われ、今まで使っていたルーターもそのまま使用できます。
4.ドコモ光のレンタル機器を返送する
ドコモ光にてモデム・ルーターなどの機器をレンタルしていた場合は、期日までに返送が必要です。
機器の返送タイミングは解約日などによって変わってくるため、よくチェックしておきましょう。
レンタルサービスの契約内容を見たり、解約のタイミングで一緒に確認しておくと安心です。

ドコモ光からの乗り換えにおすすめの光回線

ドコモ光からの乗り換えにおすすめの光回線

ドコモ光から乗り換えを検討しているユーザーへ向けて、おすすめの光回線をまとめました。

速度重視なら、回線速度が速い独自回線への乗り換えがおすすめです。新しく工事をすることで費用がかかることを避けたい人は、回線工事が不要の光コラボ回線への事業者変更がおすすめです。

それぞれのサービスにメリット・注意点があるので、それぞれ解説していきます。

▼乗り換えにおすすめの光回線はこちら

※クリックで該当箇所にスクロールします

auひかり:乗り換えで適用できるキャンペーンが豊富

auひかり(gmo)
画像:auひかり(GMOとくとくBB)サイトより引用

▼au ひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 36ヶ月(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 740.68Mbps
上り 687.03Mbps
月額料金 ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 4,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 下り 392.31Mbps
上り 391.57Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 2,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

メリット
  • 独自回線だから通信速度がトップクラス
  • 独自回線なのに提供エリアが広い
  • auスマートバリュー適用でレンタル必須の機器代金がタダ
デメリット
  • auとUQモバイルユーザーにとって最安の光回線ではない
  • マンションプランは最大速度が100Mbpsの可能性
  • キャンペーンの手続きは忘れず行う必要あり

auひかりは高速通信で評判の高い光回線です。WiFiでも高速通信をしたい方や、ストレスなくオンラインゲームや配信を楽しみたい方に人気です。

基本料金は最安級とはいきませんが、au・UQモバイルユーザーなら安く高速通信できる光回線が契約できるため特におすすめできます。

また、auひかりのネックだった違約金は2,730円~4,730円に減額され、回線撤去工事も任意になりました。解約時の高額請求の心配もなくなったことで、契約しやすくなっています。

キャンペーン
プロバイダ
  • ネットだけで最大67,000円キャッシュバック
  • ネット+電話で最大77,000円キャッシュバック
  • ひかり電話の基本料金が最大36ヶ月無料
  • 高性能Wi-Fiルーター無料プレゼント
公式
  • 開通工事費が実質無料
  • 他社違約金を30,000円まで補填
  • auとUQモバイルのスマホセット割

WiFiルーターも無料!
最大77,000円キャッシュバック

NURO光:固定回線の中でも最速級の通信可能

NURO光

▼NURO 光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(代理店) NURO 光公式
プラン 戸建てプラン(G2T)
契約期間 24ヶ月
最大速度 2Gbps
平均実測値※ 下り 479.73Mbps
上り 455.62Mbps
月額料金 5,200円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 44,000円
解約費用 違約金 3,850円
実質月額料金(契約期間) 3,463円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 45,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

▼NURO 光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(代理店) NURO 光公式
プラン G2T
契約期間 36ヶ月
最大速度 2Gbps
平均実測値※ 下り 545.31Mbps
上り 488.35Mbps
月額料金 2,090円~2,750円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 44,000円
解約費用 違約金 3,850円
実質月額料金(契約期間) 2,037円~2,697円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,100円

エリア検索ページを開く

■ 最新キャンペーン情報

  • 45,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

NURO光といえば、通信速度が魅力的な回線です。
契約できるエリアは限られていますが、その速度の速さからオンラインゲームを楽しみたい方・テレワークやオンライン授業などでネットを使われる方には特に人気があります。

NURO光は独自回線なので、乗り換えたい場合は新規契約での手続きが必要で、新たに工事が必要になります。ですが、NURO光でも開通工事費が実質無料になるキャンペーンを実施しているため、工事費の負担を減らすことができます。

ソフトバンクとセット割引も適用でき、もとの月額料金も安めに設定されているため、エリア内であればぜひ検討して欲しい回線です。

▼NURO光のおすすめポイント

・固定回線の中でも最速級の通信が楽しめる
・ソフトバンクユーザーはセット割が適用できる
・乗り換えで適用できるキャンペーンあり
・WiFiルーターを無料で使える

最大45,000円キャッシュバック

ソフトバンク光:違約金・撤去工事費を満額還元

ソフトバンク光

▼ソフトバンク光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン 戸建て
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 316.32Mbps
上り 227.16Mbps
月額料金 5,720円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 5,720円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,316円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

▼ソフトバンク光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン マンションタイブ
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 317.89Mbps
上り 245.24Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 4,180円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,776円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・37,000円キャッシュバック
・U-NEXT無料トライアル

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

ソフトバンク光は光コラボなので、事業者変更で申込が可能です。そのため工事が不要となり、最短8日後に使用が開始できます。

特に注目すべきなのは、乗り換えると違約金・撤去工事費が満額還元してくれるキャンペーンを実施している点です。
最大10万円の上限はあるものの、解約時に10万円以上の支払いが必要になることはまずありません。

また、キャッシュバックやルータープレゼントなどいくつかの特典もあり、選んで適用することが可能です。

▼ソフトバンク光のおすすめポイント

・光コラボなので乗り換えに工事なし
・乗り換えで発生する支払いを負担してくれる額が大きい
・ソフトバンク・ワイモバイルとセット割が適用可能
・乗り換え以外のキャンペーンも豊富

U-NEXT無料トライアル付き
現金37,000円キャッシュバック

So-net光プラス:工事不要で乗り換えできる

So-net光プラス
▼So-net光プラス(戸建て)のサービス詳細を開く
エリア 全国
申し込み窓口(プロバイダ) So-net光プラス公式
プラン 戸建てプラン
契約期間 3年
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 221.69Mbps
下り 314.48Mbps
月額料金 6,138円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 20,000円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,563円
スマホセット割 auの割引額 1,100円
UQ mobileの割引額 858円
キャンペーン ・v6プラス対応高速ルーター無料レンタル
・60,000円キャッシュバック
・総合セキュリティソフト無料
・訪問設定サポート無料
▼So-net光プラス(マンション)のサービス詳細を開く
エリア 全国
申し込み窓口(プロバイダ) So-net光プラス公式
プラン マンションプラン
契約期間 3年
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 上り 207.72Mbps
下り 280.75Mbps
月額料金 4,928円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 20,000円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 3,353円
スマホセット割 auの割引額 1,100円
UQ mobileの割引額 858円
キャンペーン ・v6プラス対応高速ルーター無料レンタル
・60,000円キャッシュバック
・総合セキュリティソフト無料
・訪問設定サポート無料

So-net光プラスは光コラボなので、事業者変更で申込が可能です。そのため工事が不要となり、最短8日後に使用が開始できます。

So-net光プラスはauひかり同様、auとUQ Mobileのセット割が適用できます。公式からの申し込みであればキャッシュバックに加え、v6プラスに対応した高速Wi-Fiルーター永年無料など魅力的な特典が豊富です。

▼So-net光プラスのおすすめポイント

・光コラボなので乗り換えに工事なし
・違約金を上回るキャッシュバックをもらえる
・au・UQ mobileとセット割が適用可能
・乗り換え以外のキャンペーンも豊富

ドコモ光のプロバイダ・プランを乗り換える

ドコモ光 プロバイダ・プランの乗り換え

ここからは、ドコモ光のユーザー向けにプロバイダ・プランの乗り換え方法について解説していきます。どちらも乗り換え自体は可能ですが、別途料金がかかる可能性があるため注意が必要です。

手続きにはドコモ光の契約情報が必要になります。乗り換え手続きをする場合は、ドコモ光の契約書面や、My docomoをいつでも閲覧できるようにしておきましょう。

ドコモ光のプロバイダを乗り換える

ドコモ光のプロバイダは、タイプAタイプBで組み分けをされています。

タイプA・B間でサービス面に大きな違いはありませんが、タイプBのプロバイダを選択すると月額料金が220円高くなる点が特徴です。

また、ドコモ光は単独タイプで契約すると、タイプA・Bに無いプロバイダを自由に契約できるため、プロバイダにこだわりがある人は単独タイプへ乗り換えてみましょう。

ただし、ドコモ光はプロバイダの乗り換えパターンによって以下の事務手数料がかかりますので、事前に確認しておいてください。

▼ドコモ光のプロバイダを乗り換えるパターン

パターン 事務手数料
タイプA→タイプAの乗り換え
タイプB→タイプBの乗り換え
3,300円
タイプA→タイプBの乗り換え
タイプB→タイプAの乗り換え
3,300円
タイプA・B→単独タイプの乗り換え 3,300円
単独タイプ→タイプA・Bの乗り換え 無料

ドコモ光のプロバイダを乗り換える際は、下記手順で手続きを進めて下さい。

▼ドコモ光のプロバイダを乗り換える手順

1. ドコモショップもしくはドコモインフォメーションにて「プロバイダを乗り換えたい」と申告する
2. ネットワーク暗証番号、お客様情報などを提示し、本人確認を行う
3. ドコモ側でプロバイダの切り替え手続きが行われる

ただし、単独タイプに乗り換える場合はご自身でプロバイダに申し込む必要があり、単独タイプから乗り換える場合はご自身でプロバイダの解約を実施する必要があるため注意が必要です。

ドコモ光の契約プランを乗り換える

ドコモ光の通常プランの最大速度は1ギガですが、より速い速度を楽しみたい場合はドコモ光 10ギガへの乗り換えが可能です。

【ドコモ光 10ギガ 概要表】

契約タイプ 戸建てのみ
提供エリア ・東京都
・和歌山県
・京都府
・滋賀県
・兵庫県
・愛知県
・静岡県
・岐阜県
※地域によっては契約不可
タイプAの10ギガプラン対応プロバイダ ・ドコモnet
・plala
・GMOとくとくBB
・andline
・IC-NET
・hi-ho
タイプBの10ギガプラン対応プロバイダ ・BB.excite
・エディオンネット
・ASAHIネット
乗り換え料金(工事費) 19,800円

ドコモ光の通常プラン(1ギガ)から10ギガへ乗り換えたい人は、下記手順で手続きを進めて下さい。

1. プラン変更の申込
ドコモショップもしくはドコモ インフォメーションセンターにて、「ドコモ光 10ギガへ変更したい」と申告しましょう。
2. ドコモ光サービスセンターからの連絡をもらう
「ドコモ光 10ギガ」の提供可否および工事日についてドコモ光サービスセンターから電話が入ります。
3. 必要な書類を受け取る
ドコモより「開通のご案内」など利用に必要な書類が送付されます。契約後、トラブルや解約などのタイミングで必要になるため、大切に保管しておきましょう。
4. 乗り換え工事
「ドコモ光 1ギガ」から「ドコモ光 10ギガ」に乗り換えるための工事が実施されます。工事日当日は、設置場所などを決定できる人が立ち会いましょう。
5. ルーターなどの接続・設定
「ドコモ光 10ギガ」に対応するルーターなどの接続・設定を行いましょう。
ドコモ光で無線LANルーターをレンタルする場合、インターネット接続のためのアプリケーションの配信を自動で行います。必ず回線終端装置(ONU)と接続のうえ、ルーターの電源を入れてください。
6. 利用開始
工事日以降、ドコモより「ドコモ光契約申込書(控え)」が送付されます。ドコモ光のサービス提供が可能であることをドコモが確認した日が、利用開始日です。
大体申込から10ギガが使用できるようになるまで、1,5か月程度かかります。

他社からドコモ光に乗り換える手順

転用・事業者変更のイメージ
画像:ドコモ光公式サイトより引用[1]
転用・事業者変更のイメージ

ここからは、他社回線からドコモ光に乗り換える際の手順について解説します。
現在利用している光回線がどこかによって、乗り換える方法が変わるため、以下の乗り換えパターンごとに紹介します。

▼他社からドコモ光に乗り換えるパターン

※クリックで該当箇所にスクロールします

ドコモ光へ乗り換える前にエリア確認は必須

新規契約をする場合は、申込に進む前に必ずエリア確認を実施しましょう。ドコモ光は全国で契約が可能ですが、一部地域や建物によっては契約ができない場合があります。

指示に沿って住所や建物名を入力していけば、簡単にエリアを確認することができます。
続けて「新規申込」に進むことができますが、ここから申し込むとドコモ光ではなくフレッツ光との契約になるため、エリア確認ができたらウィンドウは閉じておきましょう。

▼エリア確認はこちらから

【新規契約】独自回線からドコモ光へ乗り換える

1.契約したい回線の窓口から申し込みを行う
ドコモ光の、新規申込みの手続きをしましょう。
ドコモ光では公式・代理店・プロバイダなどを、複数の窓口から申し込むことが可能です。
申込窓口に迷ったら、後ほど紹介するドコモ光のおすすめ申込窓口をチェックしてみてください。
2.工事日の調整が入る
申し込むと、ドコモ光から工事についての連絡が入ります。
工事が必要である場合は、このタイミングで工事日の調整を実施します。
立ち合いが必要になるため、ご自身のスケジュールにあわせて申し込みましょう。
また、工事の予約が数ヶ月先でしか取れない場合もあります。定期契約プランに申し込んでいる方は更新月も気にしながら調整すると良いでしょう。
更新日を含めたスケジュールの調整が、できるだけ希望通りに行えるよう日程には余裕を持って申込を進めておくことがコツです。
3.独自回線の解約を申請する
独自回線の解約は、店頭もしくは電話などから申請できます。このタイミングで独自回線の契約内容と利用中サービスも確認しておきましょう。
また、最も大切なのは解約日がいつになるか確認することです。もし工事日が数ヶ月先などであれば、インターネットを使用できない期間が発生する可能性があります。
もし早いタイミングで解約となってしまいそうであれば、期間を空けて改めて解約を申し出ると良いでしょう。
4.工事の実施&独自回線の利用開始
調整した日程通り、新たに開通工事を実施をします。
開通工事は大体2~3時間ですが、スタート時間がずれたり幅を広くとってあることもあるため、当日はできるだけ予定を入れないことをおすすめします。
工事が完了したら、モデム・ルーターの設定を行うと使用開始できます。
5.ドコモ光のレンタル機器を返送する
独自回線にてモデム・ルーターなどの機器をレンタルしていた場合は、期日までに返送が必要です。
機器の返送タイミングは解約日などによって変わってくるため、よくチェックしておきましょう。
レンタルサービスの契約内容を見たり、解約のタイミングで一緒に確認しておくと安心です。

▼ドコモ光の契約に迷ったらチェック!

※クリックで該当箇所にスクロールします

【事業者変更】光コラボ回線からドコモ光へ乗り換える

1.事業者変更承諾番号を取得する
契約している光コラボ回線のプロバイダに問い合わせて事業者変更承諾番号を取得します。
事業者変更承諾番号の取得方法は契約先によりますが、店頭もしくは電話からの手続きが一般的です。このタイミングで、契約していた光コラボ回線の契約内容と利用中サービスも確認しましょう。
事業者変更承諾番号の有効期限は、発行日を含め15日間となります。有効期限が切れてしまうと、再度事業者変更承諾番号の発行が必要です。
2.契約したい光コラボ回線へ事業者変更申込を行う
光コラボ回線からドコモ光に事業者変更申込を行います。このタイミングで事業者変更承諾番号の入力をするため、確認できるようにしておきましょう。
WEBの場合、新規契約・事業者変更それぞれ申込ページが用意されているか、選択肢にあわせて回答していくことで自動的に事業者変更の案内に進んでくれる場合もあります。
申込窓口によって変わるので、よく案内を読みながら手続きを進めていきましょう。
3.回線切り替えの連絡をもらう
事業者変更申込が完了したら、回線の切り替え日について連絡を貰います。最短8日後に新しい光回線に切り替わり、そのタイミングで光コラボ回線は自動的に解約となります。
切り替えは自動的に行われ、今まで使っていたルーターもそのまま使用できます。
4.光コラボ回線のレンタル機器を返送する
契約していた光コラボ回線にてモデム・ルーターなどの機器をレンタルしていた場合は、期日までに返送が必要です。
機器の返送タイミングは解約日などによって変わってくるため、よくチェックしておきましょう。
レンタルサービスの契約内容を見たり、解約のタイミングで一緒に確認しておくと安心です。

▼ドコモ光の契約に迷ったらチェック!

※クリックで該当箇所にスクロールします

【転用】フレッツ光からドコモ光へ乗り換える

1.転用承諾番号を取得する
フレッツ光からドコモ光に転用する場合は、管轄のNTTに問い合わせて転用承諾番号を取得します。
管轄が東日本と西日本に分かれているので、お住まいの地域のNTTに電話する必要があります。
転用承諾番号には15日間の有効期限があるので、取得したらすぐに乗り換え手続きを進めましょう。

▼転用承諾番号取得できる電話番号

NTT東日本の電話番号 0120-140202
NTT西日本の電話番号 0120-553-104
受付時間 9時~17時(土日・休日も受付)
2.ドコモ光へ転用申し込みを行う
ドコモ光の、新規申込みの手続きをしましょう。
申し込み時には転用申込であること、転用承諾番号を伝える必要があります。
ドコモ光では公式・代理店・プロバイダなどを、複数の窓口から申し込むことが可能です。申込窓口に迷ったら、後ほど紹介するドコモ光のおすすめ申込窓口をチェックしてみてください。
3.回線切り替えの連絡をもらう
事業者変更申込が完了したら、回線の切り替え日について連絡をもらいます。最短8日後に新しい光回線に切り替わり、そのタイミングでフレッツ光回線は自動的に解約となります。
切り替えは自動的に行われ、今まで使っていたルーターもそのまま使用できます。
4.フレッツ光のレンタル機器を返送する
契約していた光コラボ回線にてモデム・ルーターなどの機器をレンタルしていた場合は、期日までに返送が必要です。
機器の返送タイミングは解約日などによって変わってくるため、よくチェックしておきましょう。
レンタルサービスの契約内容を見たり、解約のタイミングで一緒に確認しておくと安心です。

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ドコモ光のおすすめ申込窓口

ネットワークのイメージ画像
ドコモ光のおすすめ申込窓口

ドコモ光だけでなく、固定回線を契約する場合は公式サイト・代理店・プロバイダといったいくつかの申込窓口があります。

ドコモ光の通信品質をはじめとする性能は、どの窓口で申し込んでも変わりません。ですが、申込窓口ではそれぞれ独自キャンペーンを実施しており、契約時の実質料金が変わってきます。

中でも代理店はキャンペーン充実度がどの窓口より高いので、ドコモ光をお得に申し込むなら代理店を利用しましょう!

以下の表からもわかるとおり、代理店によってキャンペーン内容は大きく異なりますが、もっともおすすめなのは、ドコモ光公式代理店「ネットナビ」です。

窓口 キャッシュバック最大額 オプションなしのキャッシュバック額 受け取り時期
ネットナビ 20,000円 15,000円 翌月
GMOとくとくBB 20,000円 5,500円 5ヶ月後
@nifty 20,000円 18,000円 1年後
OCN※ 20,000円 20,000円 翌月

※割高なタイプBのプロバイダ契約が必須

ネットナビの強みは、オプション契約なしで最大15,000円のキャッシュバックを受け取れることです。

オプションなしのキャッシュバックで比較すると、OCNがもっとも高額ですが、割高なタイプBのプロバイダ契約が必要なので、月額料金が高くなります。
また、次にキャッシュバック額が高額な@niftyは受け取り時期が1年後と長く、口座の登録も開通から11ヶ月後に送付されるURLから実施しなくてはならないため、受け取りまでのハードルが高いです。

これらの点を考慮すると、オプションなしで翌月に15,000円を受け取れ、サービスの内容も充実したネットナビが現時点で最もおすすめできる窓口といえます。

ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ!

ドコモ光 GMOとくとくBB
画像:ドコモ光(GMOとくとくBB)サイトより引用[2]

▼ドコモ光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 277.53Mbps
上り 231.03Mbps
月額料金 5,783円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 5,500円
実質月額料金(契約期間) 5,783円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

▼ドコモ光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 262.67Mbps
上り 231.45Mbps
月額料金 4,463円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 4,180円
実質月額料金(契約期間) 4,463円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」が最もおすすめです。

まず、GMOとくとくBBは「V6プラス」に対応しており、通信速度の実測値もドコモ光のプロバイダの中で最速級です。
さらに、GMOとくとくBBはキャッシュバック以外のキャンペーンも充実しています。

例えばセキュリティソフトオプション月額550円が1年間無料、初期設定が不安な方には無料の訪問サポートが受けられるなどです。
開通時の接続設定はもちろんのこと、WiFiやメール、ひかりTVの設定も専門スタッフが代行してくれます。

「自分でプロバイダを選ぶことが面倒」「比較してもわからなかった」という方は、プロパイダはGMOとくとくBBへ申し込むことをおすすめします。

▼GMOとくとくBBおすすめポイント

・月額料金が安い「タイプA」に対応
・高速通信が可能の「V6プラス」に対応
・「V6プラス」対応のWiFiルーターは無料レンタル可能
・キャッシュバックキャンペーンあり
・他社違約金補填あり

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ドコモ光で実施中のキャンペーン情報

ドコモ光 乗り換えキャンペーン

ここからは、ドコモ光公式で実施されている乗り換えると適用できるキャンペーンを紹介します。

キャンペーンを適用することで、乗り換えにかかる費用を大幅に抑えることができます。

キャンペーン情報は随時更新していくため、ぜひチェックしてみてください。

工事費完全無料│解約しても残債支払いなし

キャンペーン名 ドコモ光新規工事料無料特典
キャンペーン期間 ~終了日未定
キャンペーン内容 ドコモ光を新規申込すると、工事料が完全無料
キャンペーン適用条件 ・ドコモ光を新規で申込む・申込月含む7ヶ月以内に利用開始する

ドコモ光では、本来発生する最大19,800円の工事費が完全無料になるキャンペーンを実施中です。
他社光回線でも、工事費無料キャンペーンは実施していますが実質無料である場合がほとんどです。

実質無料とは、工事費を分割払いに設定し、ひと月ぶんの分割金と同額を毎月割引し相殺するキャンペーンです。
つまり工事費自体は満額発生しているため、無料にするためには分割した回数月は回線契約を継続する必要があります。途中解約した場合、工事費の残額を一括返済しなければなりません。

対してドコモ光は工事費が完全無料になるタイプのキャンペーンです。工事費自体が完全になくなるので、いつ解約しても残債が発生しません。

ただし、テレビなどオプション契約時にかかる工事費や、土日祝に工事する場合に発生する3,300円の費用は、キャンペーンの対象外なので注意しましょう。

ドコモ光 セット割│スマホセットで毎月1,100円が永年割引

キャンペーン名 ドコモ光 セット割
キャンペーン期間 ~終了日未定
キャンペーン内容 ドコモ回線のスマホ料金から割引
キャンペーン適用条件 ドコモ光と対象のドコモスマホプランを契約する
▼ドコモ光 スマホセット割の割引額
料金プラン 1回線あたりの割引額
5Gギガホ プレミア 1,100円
5Gギガホ 1,100円
ギガホ プレミア 1,100円
ギガホ 1,100円
5Gギガライト/ギガライト ステップ4:~7GB 1,100円
ステップ3:~5GB 1,100円
ステップ2:~3GB 550円
ステップ1:~1GB

※タイプA/B/C/単独タイプ、10ギガ タイプA/B/単独タイプの場合

数ある光回線の中で、ドコモスマホとのセット割に対応しているのはドコモ光だけです。そのためドコモ光は、ドコモユーザーがお得に光回線を利用する際は、最優先で検討すべき光回線といえます。

ドコモ光セット割は「ファミリー割引グループ」に登録していれば家族も一緒に割引が受けられるのも魅力の1つです。条件さえ満たしていれば、離れて暮らしている家族でも最大20回線まで1回線あたり最大1,100円の割引が受けられます。

光複数割

キャンペーン名 光複数割
キャンペーン期間 ~終了日未定
キャンペーン内容 ドコモ回線のスマホ料金から1回線あたり330円の割引
キャンペーン適用条件 ・シェアグループ内で2回線以上ドコモ光を契約をする

※「ドコモ光ミニ」契約は対象外

ドコモ光では「光複数割」という複数回線契約者向けのキャンペーンも実施しています。
光複数割とは、ドコモ光を複数回線申し込みした際に、2回線以降の1回線につき、親回線のスマホの月額料金から330円が割引されるキャンペーンです。

【ドコモ光 1ギガ】dポイントプレゼント特典

キャンペーン名 【ドコモ光 1ギガ】dポイントプレゼント特典
キャンペーン期間 ~終了日未定
キャンペーン内容 ドコモショップでドコモ光 1ギガ(2年定期契約)を申し込むと、最大10,000dポイントを進呈
キャンペーン適用条件 ・ドコモショップでドコモ光1ギガ(2年定期契約)を契約する

ドコモショップでドコモ光1ギガ(2年定期契約)を契約すると、新規・光コラボからの乗り換えユーザーは10,000dポイント、フレッツ光からの乗り換えユーザーは5,000dポイントがもらえるキャンペーンです。

【ドコモ光 10ギガ】dポイントプレゼント特典

キャンペーン名 【ドコモ光 10ギガ】dポイントプレゼント特典
キャンペーン期間 ~終了日未定
キャンペーン内容 ドコモショップでドコモ光 10ギガ(2年定期契約)を申し込むと、合計最大39,200dポイントを進呈
キャンペーン適用条件 ・ドコモショップでドコモ光10ギガ(2年定期契約)を契約する

ドコモショップでドコモ光10ギガ(2年定期契約)を契約すると、新規・光コラボからの乗り換えユーザーは20,000dポイント、フレッツ光からの乗り換えユーザーは5,000dポイントがもらえます。

また、新規で契約した方は12ヶ月間1,600dポイントが追加でプレゼントされるため、合計最大39,200dポイントが進呈されますよ。

ドコモ光乗り換えについてのよくある質問

ドコモ光 乗り換え 問い合わせ

最後に、ドコモ光の乗り換えに関してよくある質問をまとめました。

ドコモ光の乗換を検討している方は下記の質問も参考にしてみてください。

ドコモ光のメリット・デメリットは?

A.下記にまとめてあります。

ドコモ光のメリット・デメリットをそれぞれまとめました。

申し込みに迷っている方は、ぜひチェックしてみましょう。

▼ドコモ光のメリット

  • ①V6プラスで通信速度が高速
  • ②全23社からプロバイダが選べる
  • ③ドコモユーザーはセット割引が適用される
  • ④独自キャンペーンの種類が豊富
  • ⑤高性能のWi-Fiルーターがレンタルできる
  • ⑥工事費無料キャンペーンでお得に工事できる
  • ⑦提供エリアが全国的

▼ドコモ光のデメリット

  • ①月額料金が他の光回線よりも高い
  • ②問い合わせが繋がらない、スタッフの対応についての良くない評判あり

詳しいドコモ光の評判は、下記記事にて解説しているので参考にしてみてください。

ドコモユーザーはドコモ光を契約すべき?

A.家族もドコモユーザーであれば、ドコモ光がおすすめです。

ドコモでは家族でグループを組み、最大20回線まで割引を適用できるサービスを実施しています。
家族を含めてドコモのスマホプランを2回線以上契約していれば、毎月最大1,100円の割引が適用できるため、グループの人数が多いほど総支払額もお得です。

もし家族がドコモのセット割の条件に対応していないプランや別キャリアを契約している場合は、ドコモ光以外を検討してもよいでしょう。

ドコモ光に比べてauひかりやNURO光はもともとの料金設定も安いため、総支払額はあまり変わらない場合があります。
また、格安SIMとのセット割も適用できるためスマホの料金プランを見直すことでより料金を抑えることも可能です。

ドコモ光に申し込むとき固定電話番号は引継げる?

A.電話番号を発番した場所によって変わる

固定電話の番号をNTTで発番した場合は、他社からドコモ光へ乗り換える際、電話番号を引き継ぐことができます。ただし、光回線で発番した番号は、ドコモ光乗り換え時に引き継ぐことはできません。

解約月の料金は日割りになる?

A.日割りにはならない

新規契約だけでなく、事業者変更・転用の場合でも同様です。ドコモ光のサービスが終了した月の料金は満額発生します。

転用するとフレッツ光のポイントはどうなる?

A.転用するとフレッツ光のポイントは失効する

NTT東日本は「フレッツ光メンバーズクラブ」、NTT西日本は「CLUB-NTT-West」というサービスでポイントを貯めることができます。

貯めたポイントはギフトやインターネットのサービスなどに使えますが、フレッツ光を解約すると失効します。

乗り換えのベストなタイミングはいつ?

A.定期契約の場合は更新月の規約がベスト

回線の乗り換えをするには、違約金の発生しない「更新月」がベストです。ただし、更新月に乗り換えの検討をすると工事日と解約のタイミングが合わない可能性があるため注意です。

乗り換えする・しないに関わらず、更新月の前には契約を見直すことをおすすめします。もし乗り換える場合は早めに申込を実施し、工事日を決めて解約しましょう。

ドコモ光の問い合わせ先

A.ドコモ光の問い合わせ先は以下の通りです

▼ドコモ インフォメーションセンター

ドコモの携帯電話専用窓口 151
一般電話・ドコモ以外の携帯電話 0120-800-000
営業時間 9:00~20:00(年中無休)

まとめ

本記事ではドコモ光から他社へ乗り換える手順や、他社からドコモ光へ乗り換える手順について解説しました。

ドコモ光はフレッツ光や光コラボ回線から乗り換える場合、工事は必要ないため、乗り換えも簡単に行うことができます。
ただし、au ひかりやNURO光などの独自回線から乗り換える場合は工事が発生するので、費用や使用開始までの日時もかかることを認識しておきましょう。

ドコモ光へ乗り換える際は、ドコモショップ・公式サイト・代理店・プロバイダとさまざまな窓口から申し込めますが、もっともお得に申し込める窓口は代理店です。
中でも、キャンペーンが豊富かつ適用も簡単な代理店ネットナビから申し込めば、オプション契約不要で15,000円のキャッシュバックがもらえるため、お得ですよ!

また、ドコモ光のプロバイダは、V6プラスやドコモ光10ギガに対応している「GMOとくとくBB」がおすすめですので、ネットナビから申し込む際は、GMOとくとくBBをプロバイダに指定してください。

ぜひご自身が重要視するポイントを明確にし、それに合う窓口を見つけて乗り換え手続きを進めてみてください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン