iPhoneのバックアップ方法

書いた人: 菊池拓哉

カテゴリ: iPhone, iPhoneの基本設定, ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのバックアップ方法

とても便利なiPhoneですが、うっかり水没させたり紛失してしまうといったことは、誰にでも起こりうるもの。そんな場合に備えて、バックアップの方法を覚えておきましょう。機種変更の時のデータの引き継ぎにも役に立ちます。

目次:

Android編はこちら

Androidスマホのバックアップ方法

iPhoneのバックアップ方法は2つ

iPhoneには、さまざまなデータが保存されています。そんなiPhoneを突然紛失してしまったら、あるいは水没させてしまったら! かなり困ったことになってしまいますね。そんな不測の事態に備えて、定期的にデータをバックアップしておくことをオススメします。

iPhoneのデータのバックアップ方法は、大きく分けて2つの方法があります。1つは、アップルが提供しているクラウドサービスであるiCloudを利用する方法です。そしてもう1つは、パソコンのiTunesを用いてバックアップする方法です。

iCloudを利用する方法のメリットは、iPhoneのみでバックアップができることです。ただしバックアップされるのは、写真や動画、音楽などの購入履歴、デバイスの設定、メッセージなどと限られており、アプリそのものはバックアップされません。復旧する際にはすべて再インストールの作業が発生します。
またiCloudには容量の制限があるため(無料で使えるのは5GB)、場合によってはバックアップできないことも。

一方パソコンのiTunesを使う方法であれば、iCloudの容量などは気にせず、フルバックアップが可能となります。ただしこちらの方法では、パソコンとケーブルが必要となります。

この2つの方法に関して、手順を詳しく紹介していきましょう。

iCloudを使ってバックアップ

<手順1>「設定」アプリを開いて、「iCloud」をタップする

iCloudによるバックアップは、iPhoneの「設定」アプリの「iCloud」で行います。なお。あらかじめiCloudアカウントを設定しておく必要があります。

「iCloud」の設定画面が表示される。
「設定」アプリの「iCloud」をタップ。すると「iCloud」の設定画面が表示される。

<手順2>「バックアップ」をオンにする

「iCloud」の画面を下にスクロールすると、「バックアップ」という項目が現れます。ここをタップしましょう。

「バックアップ」をタップ
「バックアップ」をタップ

<手順3>「iCloudバックアップ」をオンにする。

「バックアップ」の画面が開いたら、右のボタンをスワイプしてオンにしましょう。するとバックアップが開始されます。バックアップされるのは、iPhoneがロックされた状態で電源に接続されており、かつWi-Fiに接続している場合となります。すぐにバックアップしたいときは「今すぐバックアップを作成」をタップしましょう。

バックアップ画面
「iCloudバックアップ」の右のボタンをオンにする。

以上で、iCloudを使ったバックアップの設定は終了です。なおiCloudの空き容量が少ないときは、バックアップできないので注意しましょう。

バックアップのサイズは、「設定」→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」で確認可能です。足りない場合はiCloudストレージをアップグレードして、容量を増やすという選択肢もあります。2015年3月現在、月額100円で20GBに増やすことができます。

情報
バックアップする項目や容量を確認できる。

パソコンのiTunesを使ってバックアップ

<手順1>iPhoneとパソコンを接続してiTunesを開く

まずiPhoneとパソコンをケーブルで接続し、パソコンのiTunesを開きましょう。設定によっては自動的にiTunesが開く場合もあります。上部のメニューにあるiPhoneのアイコンをクリックすると、設定画面が開きます。

itunes概要
iTunesでiPhoneの設定などを行う画面が開く。

<手順2>「自動的にバックアップ」をオンにする。

iTunesの「バックアップ」にある「自動的にバックアップ」で、「このコンピュータ」にチェックを入れます。するとiPadの完全なバックアップがパソコンに保存されます。すぐにバックアップしたいときは、右にある「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。

「このコンピュータ」にチェックを入れる。
「このコンピュータ」にチェックを入れる。

<手順3>パスワードなどもバックアップ

iPhoneで使用しているパスワードなども保存したい場合は、「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れましょう。この際に、バックアップのためのパスワードの設定が求められます。復元する際に必要となりますので、忘れないようにしましょう。

パスワードを設定
「ローカルのバックアップを暗号化」にチェック。

以上で、パソコンのiTunesを使ったバックアップの設定は終了です。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

株式会社エディトル所属の編集者/ライター。IT系雑誌やムックの編集業のほか、コミック、文芸、お笑い、ライフハックなど多彩な分野の記事を執筆。愛用端末はiPhone 6。