WiMAXでPS4のオンラインゲームは快適にプレイできるのか? 実際に検証もしてみた!

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAXでPS4のオンラインゲームは快適にプレイできるのか? 実際に検証もしてみた!

WiMAXがあれば、外出先でもWiFiを使ってインターネットを楽しむことが可能です。

自宅でインターネットを利用したい場合でも、わざわざ回線工事が必要になることがあるような固定回線(光回線)を開通する場合とは違って、手軽にネット環境を手に入れて利用することができます。

しかし、よくオンラインゲームのような安定した通信が必要となる場合では、光回線での利用が適していると言われています。一方で、光回線は開通する為の設備工事費用が発生したり、手続きに時間がかかったりと、一定の手間と費用が発生します。

そこで、WiMAXは光回線と比べれば、料金もよりお得で、且つ手軽に利用できる利便性の高さを兼ねているので、仮にWiMAXでもPS4を使ったオンラインゲームが快適にプレイできるのであれば、それに越したことはありませんよね。

今回は、そんな疑問を解消するべく、WiMAXでPS4のオンラインゲームは快適にプレイできるのかを実際に検証してみました。また、WiMAXとPS4の有線・無線の接続方法から安定した接続で快適にプレイするコツもご紹介します。WiMAXでのPS4のオンラインゲームをする場合の通信環境が不安な方、契約検討中の方は必見です。

目次:

WiMAXでPS4のオンラインゲームをするデメリット

WiMAXでPS4のオンラインゲームをするデメリット

まずは、WiMAXでPS4のオンラインゲームをするうえでのデメリット及び注意点をご紹介します。しっかりデメリットの要素を把握した上で、契約を検討していきましょう。

今回は、オンラインゲームをする為のネット環境を構築するうえで、WiMAXの比較対象となるであろう、固定回線(光回線)と比べた場合で解説していきます。

デメリット①:回線の安定性が懸念される

W06のスピードテストの結果は?

WiMAXは決して”通信速度”が遅いということはありません。現在ではWiMAXのルーター自体もスペックがかなり進歩しており、”通信速度”という点においては、光回線とほぼ変わらないレベルまで対応することができます。

光回線はおおよそ最大下り1.0Gbpsの規格ですが、最新のWiMAXホームルーター「Speed Wifi home L02」は光回線同様に最大下り1.0Gbps、WiMAXモバイルルーター「W06」は最大下り867Mbps(※無線使用時)、有線接続時はなんと1.2Gbpsの規格まで進化しているのです。

ただ、PS4でオンラインゲームをするにあたり、光回線での利用と比べると通信の安定性の部分では劣る可能性が高いです。

光回線は、「光ファイバー」というケーブルを介してネットワーク上のデータを通信する為、基本的には悪天候や他の電波との混同といった外的要因によって電波状況が極端に影響を受けることはありません。

しかし、WiMAXは携帯電話と同じように基地局から発信されている電波でネットに接続する為、利用が込み合う時間帯や、室内か外か、天候などの外的要因によって電波状況が不安定になるケースが多々あります。

また、オンラインゲームでは回線速度だけではなく、それ以上に「Ping」と称される単位時間あたりにデータの送受信ができる回数が非常に重要です。この点も光回線にはまだまだ劣る部分があります。

あくまで使用環境に依存する部分になるので、共通して言えることではないですが、まずはこの点を頭に入れておきましょう。

デメリット②:速度制限に注意する必要がある

光回線を使用する場合は、使用できるデータ容量の制限は無いので、言わば使い放題です。

WiMAXにも、データ容量に上限がない「ギガ放題」と呼ばれるプランがあります。しかし、これには3日間で最大10GBまでという条件が存在します。

上手くこの条件を踏まえて利用していく必要があり、ましてやオンラインゲームはリアルタイムでそれぞれの情報を送受信し合って成立していくものなので、日常的に利用するSNS閲覧やインターネット検索に比べると、よりデータの通信容量を必要とします。

プレイするゲームによって消費する通信容量は異なりますが、少なからず日々の利用において制限に縛られることがストレスに感じてくる場合があるかもしれない点もおさえておきましょう。

WiMAXでPS4のオンラインゲームをするメリット

WiMAXでPS4のオンラインゲームをするメリット

もちろん、PS4のオンラインゲームをする際に、光回線ではなくWiMAXを選ぶメリットもあります。

プレイするうえでの”やりやすさ”とは違うベクトルで、WiMAXには優れているところがありますので、そちらを解説していきます。

メリット①:料金が安い

まずは、光回線での利用と比較すると料金が安いです。実際に、WiMAX(UQ WiMAX)と固定回線(フレッツ光)の料金をそれぞれ比較します。

UQ Flatツープラス ギガ放題(WiMAX)・フレッツ光 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼(固定回線)で比較

UQ Flatツープラス
ギガ放題 2年
フレッツ光
ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
月額料金 2ヶ月間:3,696円
以降:4,380円
4,300円〜
(+プロバイダー利用料金)
2年間の
負担金額
107,552円 121,200円〜
(+プロバイダー利用料金×24ヶ月分)

※税抜価格での表記です。UQ WiMAXは端末代・フレッツ光は工事費用込み(事務手数料等の初期費用は加算していません。)

ご覧の通り、光回線は表記の料金からさらにプロバイダ料金が別途毎月1,000円程発生することを考えると、ほとんどのケースでWiMAXの方が安く利用できます。

手間がかからない・簡単に接続できる

WiMAXは光回線とは違って、契約の手間がほとんどかからず、スムーズに利用をスタートすることができます。

光回線は回線の設備工事が必要なケースも多く、無線で利用するのであれば、無線LANルーターが別途必要ですし、そういったルーターやプロバイダの初期設定は案外複雑です。

モバイルルーターであればあらゆるところでWiFi環境を構築することができるので、PS4に限らず、外出先でスマホでのオンラインゲームにも活用することができます。詳しくは後述しますが、状況に応じて有線接続でより安定した通信環境の下で利用することもできるので、利便性の高さは圧倒的です。

WiMAXでPS4のオンラインゲームをより快適にプレイするには?

WiMAXでPS4のオンラインゲームをするメリット

WiMAXでPS4のオンラインゲームをする場合に挙げられるデメリット・メリットをご紹介しましたが、より快適にプレイするためにいくつか覚えておきたいことがありますので、そちらを解説していきます。

置き型のホームルーターを選ぶ

置き型のホームルーターを選ぶ

WiMAXでも、モバイルルーターとホームルーターの2種類でサービスを提供しています。

最新のホームルーター、「Speed Wifi home L02」では、下り最大1.0Gbpsps、上り最大75Mbsの通信速度があるので、十分にPS4を利用できます。

2つの有線LANポートがあるので、2種類の機器を有線で同時接続が可能です。また、無線LANの場合は最大40台まで接続ができ、PS4のオンラインゲームができる5Ghzの無線LAN規格にもしっかり対応しています。

ホームルーターは持ち運びはできないですが、出力が大きいだけに、通常のモバイルルーターよりも安定した通信が可能です。

ギガ放題プランを選ぶ

もちろん利用する頻度にはよりますが、通常プランの場合は月に7GBまでの利用となり、それ以上使用すると月末までのすべての時間帯で速度制限がかかります。

ギガ放題プランでは、3日に10GBの制限がありますが、目安として1日に3GB程度の利用であれば問題ありませんし、上手くこの条件をクリアしつつ利用していけば月間で100GB相当の利用ができることになります。

また、仮に3日間で10GBの上限値に到達してしまった場合でも、制限される時間は、その翌日の18時頃~翌2時頃という限定された時間だけなので、オンラインゲームにはより適しているギガ放題プランで利用することをおすすめします。

クレードルを使って有線接続をする


モバイルルーターのWiMAXでも、クレードルという機器と接続することで、有線接続での利用が可能となります。

もちろん、モバイルルーターのWiMAXでも、無線接続使用時より有線接続使用時の方が、通信速度や通信の安定性は向上します。

ガッツリ対戦系のオンラインゲームをプレイしたい人にとっては、通信の安定感はかなり重要項目になってくると思いますので、自宅内での利用の際だけ有線接続で利用するなどして、上手く対策していくことでより快適にプレイすることができます。

WiMAXとPS4の接続方法


それでは実際にWiMAXをPS4に接続する手順を解説していきます。有線接続・無線接続、それぞれの場合で解説していきます。とても簡単に接続ができますので、参考にしてみて下さい。

有線LANで接続する

ホームルーターもしくは、モバイルルーターをクレードルにセットして、PS4本体と別売りのLANケーブルを用意してそれぞれを接続します。

トップ画面から、(設定)>[ネットワーク]>[インターネット接続を設定する]を選びます。

WiFiを使う/LANケーブルを使うのいずれかの選択肢が表示されますので、WiMAXルーターとPS4をLANケーブルで接続して、[LANケーブルを使う]を選択します。

[かんたん]を選んで画面に従って操作を進めると、標準的な設定が自動で選ばれ、接続完了です。詳しくはこちらをご参照下さい。

また、「W06」にはクレードルが存在せず、その代わりにUSBペアリングが可能になりました。「W05」はクレードルを使った有線接続ができますし、W05用のクレードルはW06でも使用することが可能です。

無線LANで接続する

こちらも途中までは有線接続の場合と同じ流れで接続していきます。

トップ画面から、(設定)>[ネットワーク]>[インターネット接続を設定する]を選びます。

WiFiを使う/LANケーブルを使う のいずれかの選択肢が表示されますので、WiMAXルーターの電源を入れて、[WiFiを使う]を選択します。

[かんたん]を選んで、お持ちのWiMAXルーターのSSIDが表示されていると思いますので、そちらを選択して暗号キーを打ち込めば完了です。

それぞれたったこれだけで接続をすることができるので、5分程度で完了できると思います。

PS Vitaを使えばリモート接続も可能

PS Vitaを使えばリモート接続も可能

PS4をスタンバイ状態にしておくと、WiMAXとPS Vitaを使って、外出先でリモートプレイができます。

リモートプレイとは、PS4の画面をPS Vitaの液晶に表示して、テレビモニターから離れた場所でも、遠隔操作でゲームを楽しめる機能です。

詳しいリモート接続手順はこちらをご参照下さい。

WiMAXでPS4を接続してプレイしてみた口コミを検証

実際にWiMAXをPS4で接続してゲームをプレイしてみた人たちの口コミをTwitterでいくつか探してみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

やはり賛否両論ありますが、どちらかと言えばWiMAXでPS4のゲームをプレイするのには厳しさを感じている意見が多く見られました。

ユーザーの意見からも、利用する環境や使用しているルーターによってやりやすさが大きく変動するということが見て取れます。

WiMAXでPS4のオンラインゲームは快適にプレイできるのかを実際に検証してみた【動画解説あり】

PS Vitaを使えばリモート接続も可能

それでは、WiMAXでPS4のオンラインゲームがどれだけ快適にプレイできるのかを実際に検証していきます。

あくまでも快適さは使用環境に依存してくるので、今回のシチュエーションは一例として参考にしてみて下さい。

検証環境

検証環境

今回検証する環境は以下の通りです。

・使用WiMAXルーター:W05
・検証場所:東京都品川区某所
・検証日時:2019年3月 17時頃
・検証オンラインゲーム:コールオブデューティ ブラックオプス 4
・クレードルは使用せず、無線接続で
・下り速度:15.9mbps/上り速度:1.5mbps
・ハイスピードエリアモードに設定

接続してゲームを実際にプレイしてみた

モバレコ編集部でも、上記の環境下で実際にプレイし検証してみました。実際の動作感を動画にしてみましたので、下記の動画を参考にしてみてください。

検証結果

サーバーに接続する際の読み込み速度は若干遅く感じましたが、プレイ上での動作のかくつきやラグなどはまったくありませんでした。また、プレイ中に接続が途切れるという現象も発生しませんでした。

1時間程のプレイで使用した容量は約30MB程でした。こちらもプレイするゲームによって違いますが、3日間で10GBの制限を考えても、思いのほかやり込めると思います。

また、有線接続をすればさらに快適にできると考えれば、WiMAXでも最新の機種を使えば、意外と問題なく利用できると思います。

今回はあくまでも検証回数は1回のみなので、確実な意見ではありませんが、比較的好印象を受けました。

おすすめのWiMAX事業者・端末をご紹介:Broad WiMAX・W06

WiMAXなら屋内外問わず高速なデータ通信が可能

UQコミュニケーションズが提供しているWiMAXですが、自社商材としてのUQ WiMAXだけではなく、現在は様々なプロバイダ事業者に回線を卸売りをし、そのプロバイダ事業者事で独自の名称や料金プラン、キャンペーンなどを展開しています。

今回はその中でも、Broad WiMAXがとくにオススメです!Broad WiMAXは、高額なキャッシュバックキャンペーンこそはありませんが、毎月のランニングコストが業界最安級に設定されており、料金プランも分かりやすいのが特徴です。

また、現在WiMAXの古い機種を利用しているという方は、Broad WiMAXへ乗り換えれば、キャンペーンで違約金を最大19,000円補填してくれ、最新のWiMAXルーター:W06が端末代金0円で手に入れることができます。

せっかくであればWiMAXの最新モバイルルーター「W06」をゲットしましょう。モバイルルーター史上最速の最大下り1.2Gbpsの規格で、これまでよりも格段に通信速度の安定性も向上しています。

詳細は下記のバナーをタップして、Broad WiMAX公式サイトにてご確認下さい。

Broad WiMAXBroad WiMAX

まとめ

いかがでしたでしょうか。PS4のオンラインゲームをする上で、一番重要となってくる通信の安定性という面においては、やはりまだ光回線には劣ります。

対戦系のゲームをメインで考えている人であれば、パフォーマンス力が高い固定回線をおすすめにします。

しかし、WiMAXには料金の安さと手軽さという面を兼ね備えています。

プレイするゲームのジャンルや、本気度によってそれぞれ求めるところは違うと思いますが、筆者としては、実際にプレイしたみた感触上、かなり前向きにWiMAXでもPS4のオンラインゲームができるという印象を抱きました。

状況に応じて、外出先での無線接続プレイや、クレードルを使った有線接続も可能なので、そこも踏まえるとWiMAXはかなり優秀だと思います。

最新のルーターはかなり進化してきているので、この機会にぜひ前向きに契約を検討してみると良いでしょう。

Broad WiMAXBroad WiMAX

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?