口座振替で契約できるWiMAX 2+プロバイダの特徴・メリットを徹底解説 クレジットカードなしで申し込みが可能!

書いた人: がねりん

カテゴリ: ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
口座振替で契約できるWiMAX 2+プロバイダの特徴・メリットを徹底解説 クレジットカードなしで申し込みが可能!

WiMAX 2+」とはモバイルデータ通信の規格の名称で、UQコミュニケーションズが回線事業主として提供しているサービスです。購入したその日から配線工事ナシで、家でも外でもインターネットを利用できることで人気を集めています。

大元のUQコミュニケーションズが提供する「UQ WiMAX」が有名ですが、他にもWiMAX 2+を代理販売しているプロバイダが多数存在。各社がサービス・料金を競い合っているのが現状です。

そこで今回はWiMAX 2+の利用を検討しているけど、

「クレジットカードを持っていない、使いたくない」
「口座振替で申し込みたい!」

という方に向けて、各プロバイダの口座振替の対応状況やサービス・料金を比較していきます。口座振替にピッタリなサービスもあるので、ぜひ参考にしてください。

▼モバレコ編集部おすすめのWiMAX 2+プロバイダはこちら

目次:

Broad WiMAXモバレコおすすめのWi-Fi「Broad WiMAX」

WiMAX 2+の主要プロバイダの口座振替への対応状況

各プロバイダの口座振替の対応状況をチェック!
各プロバイダの口座振替の対応状況をチェック!

まずは、WiMAX 2+を提供している主要プロバイダ10社の口座振替への対応状況を調べてみました。

■主要プロバイダ10社の対応状況
プロバイダー名
口座振替に対応 ・UQ WiMAX
・BIGLOBE
・Broad WiMAX
・BIC WiMAX(支払い方法変更時のみ)
・YAMADA Air Mobile(法人のみ可能)
口座振替に非対応 ・GMOとくとくBB
・So-net
・@nifty
・ワイヤレスゲート
・EDION

主要プロバイダ10社のなかで、口座振替に対応していたのは半数の5社のみ。さらに、個人での利用時に対応していないプロバイダ、口座振替で新規申し込みができないプロバイダを除くと、初回契約時から口座振替を申し込めるのはわずか3社という結果になりました。

YAMADA Air Mobileは法人利用者のみ、BIC WiMAXは支払い方法変更時にのみ口座振替に対応しているので注意してください。

個人利用かつ口座振替で申し込みたい方は、UQ WiMAX、BIGLOBE、Broad WiMAXの3社から選択しましょう。

Broad WiMAXモバレコおすすめのWi-Fi「Broad WiMAX」

口座振替で申し込めるWiMAX 2+ プロバイダ3社の特徴

口座振替で申し込めるプロバイダ3社それぞれの特徴を解説していきます
口座振替で申し込めるプロバイダ3社それぞれの特徴を解説していきます

口座振替で申し込めるWiMAX2+プロバイダは下記の3社です。

★口座振替対応のプロバイダ

・UQ WiMAX
・BIGLOBE
・Broad WiMAX

それぞれサービス内容や料金が異なるので各プロバイダそれぞれの特徴をチェックしていきましょう。

UQ WiMAXの特徴 

UQ WiMAXの特徴を紹介
UQ WiMAXの特徴を紹介

『UQ WiMAX』はKDDIグループのUQ コミュニケーションズが運営しているWiMAX 2+の大元となるプロバイダ

大手通信会社ならではの「安心感」が最大の特徴で、サービス・サポート面が非常に充実しています。

公式オンラインショップ以外に、全国各地に『UQスポット(UQ専売ショップ)』を展開しているので専門スタッフによる対面形式のサポートを受けることもできます。「WEB出の申し込みは不安…」という方も安心ですね。

続いて、UQ WiMAXの料金プランの特徴を簡単に解説します。

■UQ WiMAXの料金プラン(月額)
・UQ Flat ツープラス 4,196円
・UQ Flat ツープラス ギガ放題 4,880円
・ウルトラギガMAX 6,360円

UQ WiMAXの基本になっているのは「UQ Flat ツープラス」「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の2つのプラン。「UQ Flat ツープラス」は月間7GBまで、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」は月間の通信量を無制限でWiMAX 2+の高速データ通信を利用することができます。

契約年数は、「UQ Flat ツープラス」は2年/3年/4年から、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」は2年/3年から選択する形式。「UQ Flat ツープラス ギガ放題」に新規契約した場合のみ、初月を含む3ヵ月間は月額料金が684円割引になります。

また、 UQ WiMAXでは長期利用者を対象とした割引サービス「おトク割」と「長期利用割引」を提供しています。「UQ Flat ツープラス」の4年契約、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の3年契約が対象です。

契約期間終了までは「おトク割」、契約期間終了後に継続利用した場合は「長期利用割引」が適用され、長期間に渡って基本使用料が500円割引になります(2つの割引内容は一緒で利用状況によって切り替わります)。

長期間の利用なら解約するまで割引が継続するので、長く同じ会社で使っていきたいと考えている人向けのプロバイダです。

また、UQモバイルのスマホとWiMAXがセットになってお得なプラン「ウルトラギガMAX」が提供されていたり、auスマホ/ケータイを同時に利用していると毎月最大1,000円割引になる「auスマートバリュー mine」が適用されるなど、スマホとネットをまとめて利用するとお得になるのもUQ WiMAXの大きな特徴です。

★UQ WiMAXのポイント

・大手通信会社&WiMAX 2+の大元ならではの安心感
・長期契約なら解約するまで割引が継続するので長期間の利用に最適
・auやUQモバイルのスマホとセットで使うとお得

BIGLOBEの特徴

BIGLOBEの特徴を紹介
BIGLOBEの特徴を紹介

インターネットプロバイダやMVNO(格安SIM事業者)として、通信業界ではおなじみのBIGLOBE。

そんなBIGLOBEが提供するWiMAX 2+の最大の特徴は新規契約時の入会特典が充実しているところ。

どのプロバイダでもキャンペーンは実施されていますが、長期間に渡る大幅な割引やキャッシュバックなど特典内容は非常に豪華です。

気になるBIGLOBEの料金プランは下記の通り。

■BIGLOBEの料金プラン(月額料金) ※口座振替選択時
・Flat ツープラス ギガ放題 3年プラン 4,880円
・Flat ツープラス 3年プラン 4,195円

BIGLOBEで提供されているプランは「UQ Flat ツープラス」「UQ Flat ツープラス ギガ放題」の2つ

「Flat ツープラス」は月間7GBまで、「Flat ツープラス ギガ放題」は月間の通信量を無制限で高速データ通信が利用できます。本家UQ WiMAXとプラン内容は同様ですが、3年契約以外の契約期間は選択できないので注意してください。

また、2019年2月の執筆時点では、選べるタイプの割り引きキャンペーンを実施中。入会特典として「月額料金大幅値引き」「キャッシュバック」から好みのものを選択できます。

口座振替の場合、「月額料金大幅値引き」は3年間のトータルで最大32,570円月額料金割引が受けられます。また、「キャッシュバック」を選択した場合は利用開始月から7ヵ月目に15,000円のキャッシュバックを受けられます。

さらに、BIGLOBEでも「auスマートバリュー mine」が適用されるのもポイント。auユーザーなら、スマホの月額料金が最大1,000円値引きになります。

★BIGLOBEのポイント

・提供しているプランは本家UQ WiMAXと同様(3年契約のみ)
・新規入会時の特典が豪華で種類を選べる
・auユーザーならスマホの料金が安くなる

>>BIGLOBE公式はこちら
「BIGLOBE WiMAX 2+」

Broad WiMAXの特徴

Broad WiMAXの特徴を紹介
Broad WiMAXの特徴を紹介

Broad WiMAXの最大の特徴は、なんといっても“月額料金の安さ”。WiMAXを提供しているプロバイダの中でも、最安レベルをウリにしています。

Broad WiMAXの料金プランは下記の通り。

■Broad WiMAXの料金プラン
・ギガ放題プラン 4,011円
・ライトプラン 3,326円

Broad WiMAXで提供されているプランは、月間のデータ通信上限が無く無制限で使い放題の「ギガ放題プラン」、月間7GBまでのデータ通信量の制限がついた「ライトプラン」の2つ。それぞれ3年契約のみで提供されており、名称は異なりますが本家UQ WiMAXとサービス内容は同じです。

他のプロバイダと一線を画す料金形態が特徴で、事務契約手数料以外に初期費用として144,396円の負担が発生する代わりに、月々の料金が他社よりも安くなっているのでトータルの運用コストが格安になっています。

「ギガ放題プラン」の場合は、1~2ヵ月目が1285円割引、3~24ヵ月目が600円割引。「ライトプラン」の場合は1~24ヵ月目まで600円割引と、両プランともに一定期間月額2,726円で利用できます。初期費用の負担も通常料金の安さ+割引で十分に元が取れるので長期利用を見越した人にはお得な内容です。

その他にも、最新端末を含む「全端末代0円」、他社からの乗り換え時にうれしい「違約金負担(上限19,000円)」など各種キャンペーンも充実しています。

他社からの乗り換えを検討している人や月額料金を抑えたい人向けのプロバイダです。

★Broad WiMAXのポイント

・提供しているプランは本家UQ WiMAXと同様(3年契約のみ)
・初期費用のコストが発生する代わりに、運用コストは格安価格
・端末無料や他社からの乗り換え時の違約金負担などキャンペーンが充実

>>Broad WiMAX公式はこちら

wimax

口座振替対応のWiMAX 2+ プロバイダ3社の料金比較

続いて、口座振替で申し込めるWiMAX 2+プロバイダ3社の料金を比較していきましょう。

以下は、各社ともに高速データ通信無制限の「ギガ放題プラン」(3年契約)に新規契約口座振替で申し込んだ場合の料金で試算しています(2019年2月時点)。

■WiMAX 2+ プロバイダ3社の料金比較
UQ WiMAX BIGLOBE Broad WiMAX
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
初期費用 18,857円
月額料金
(3年間の総額)
4,880円 × 36ヵ月
(175,680円)
4,880円× 36ヵ月
(175,680円)
4,011円× 36ヵ月
(144,396円)
端末代金 3,800円 4,800円 0円
3年間の割引総額 -20,052円 -32,570円 -15,570円
実質費用
(3年契約)
162,428円 150,910円 150,683円

※UQ WiMAXは 新規契約時の割引、「おトク割」「長期利用割引」を適用
※BIGLOBEは入会特典で「月額料金大幅値引き」を選択

上記の料金比較表を基に、各社のおすすめポイントを解説していきましょう。

『UQ WiMAX』は実質費用が他社と比べて高いという結果になりました。ただし、WiMAXの大元であるUQ コミュニケーションが運営しているという安心感は唯一無二。専売ショップも全国展開しているので、手厚いサポートを受けながら安心して利用したい人におすすめです。

『BIGLOBE』は最安値ではありませんでしたが、その差はわずかで実質費用は十分に安いといえます。さらに、割引額は少なくなってしまいますが新規契約時の特典をキャッシュバックで受け取ることができるのも魅力です。

『Broad WiMAX』は他社と比べて、実質費用が大幅に安いのが最大の魅力。非常に高額な初期費用が発生しますが、そのぶん運用コストは格段に安くなっているので、長期的な運用を考えるとお得になります。WiMAX 2+の長期利用を検討している人には運用コストが安いBroad WiMAXがおすすめです。

それぞれ料金プランやサービスに特徴があるので、自身の使い方にマッチしたプロバイダを賢く選択しましょう。

★口座振替対応3社の特徴

UQ WiMAX:他社より割高だが本家ならではの安心感がある
BIGLOBE:実質用が安く、特典をキャッシュバックで受け取ることも可能
Broad WiMAX:高額な初期費用はかかるが長期的な利用での運用コストは最安値

Broad WiMAXモバレコおすすめのWi-Fi「Broad WiMAX」

口座振替で契約を申し込む前に知っておきたいこと

口座振替で申し込む前に注意事項をチェックしておきましょう
口座振替で申し込む前に注意事項をチェックしておきましょう

契約時に困らないように、口座振替で契約を申し込む前に必要な書類や対応している金融機関、注意事項を確認しておきましょう。

口座振替での契約を申し込める場所と必要な書類

口座振替での契約を申し込める場所・必要な書類をチェック!
口座振替での契約を申し込める場所・必要な書類をチェック!

まずは、対応している3社それぞれの口座振替出の契約を申し込める場所をまとめてみました。

■口座振替での契約申し込みができる場所
プロバイダ 申し込みができる場所
UQ WiMAX ・WEB
・家電量販店のWiMAXコーナー
・UQコミュニケーション登録センター
BIGLOBE ・WEB
・家電量販店のWiMAXコーナー
Broad WiMAX ・WEB

UQ WiMAXとBIGLOBEは、WEB以外に家電量販店のWiMAXコーナーからでも申し込み可能です。Broad WiMAXは端末受け取りができる店舗はあるものの、申し込み自体はできないのでWEBから申し込みをしましょう。

また、各プロバイダごとの口座振替申し込み時に事前に準備が必要なものは以下の通りです。

■口座振替での契約申し込み時に必要な書類
プロバイダ 必要な書類なdp
UQ WiMAX ・口座振替依頼書
・本人確認書類
BIGLOBE ・口座振替依頼書
・支払い方法登録書
Broad WiMAX ライフペイメントへの申し込み
・本人確認書類

※UQ WiMAX申し込み時に本人確認書類として使えるのはこちら
※Broad WiMAX申し込み時に本人確認書類として使えるのはこちら

口座振替で申し込む際は、事前に必要なものを準備しておきましょう。口座振替はゆうちょや都市銀行、地方、信用金庫、ネット銀行など、ほとんどの金融機関に対応しているので安心してご利用ください。

Broad WiMAXはライフペイメントへの入会が必要
Broad WiMAXはライフペイメントへの入会が必要

ただし、Broad WiMAXで口座振替を利用する場合はライフペイメントへの入会が必要なので注意してください。クレジットカードの申し込みではありませんが、決済代行業者への事前登録が必要になっています。

口座振替で申し込む際の注意点

口座振替を申し込む場合、クレジットカードでの申し込みとは違った注意点があります。申し込み手続きをするまでに確認しておきましょう。

★口座振替申し込み時の注意点

・書類のやり取りが多く、手続きに手間がかかる
・契約が成立するまでに時間がかかる
・キャンペーンが適用外になることがある

クレジットカード払いで契約する場合と比べて、準備しなければいけない書類が多いので申し込み手続きに手間がかかります。さらに、口座振替を利用する金融機関との間で審査の時間がかかるのも難点。場合によっては数日間かかることもあります。

そして、最大の注意点は口座振替で申し込むことによってキャンペーンが適用外になるケースがあること。

例えば、Broad WiMAXの場合、口座振替を選択すると「初期費用無料」キャンペーンが適用外になります。クレジットカード払いよりも余計にお金がかかってしまうこともあるので、口座振替の方はキャンペーンや割引が適用されるかしっかり確認しましょう。

まとめ:WiMAX 2+に口座振替で契約して快適なネットライフを過ごそう!

まだまだ対応しているプロバイダは少ないものの、口座振替でもWiMAX 2+を利用することができます。今回紹介した口座対応のプロバイダには、それぞれ特徴があるので今回の記事を参考に自身に合ったものを探してみてください。

筆者も3年以上に渡ってWiMAX 2+を利用していますが、スマホのデータ通信量を気にせずに動画やSNSを楽しめるのでとても快適なネットライフを過ごせています。

そんな経験を踏まえたうえで、筆者のおすすすめは運用コストが安いBroad WiMAXです。

>>ライターおすすめのプロバイダはこちら

Broad WiMAX

WiMAX 2+の契約を悩んでいる方は、ぜひ前向きに検討してみてください。ギガ放題プランを使って、データ通信量から解放されましょう!

★WiMAX 2+ 口座振替のポイント

・主要プロバイダの一部は口座振替に対応している
・プロバイダによって料金の安さや利用しやすさなど特徴はさまざま
・料金体系や初期費用、キャンペーンは各社違う
・口座振替には必要書類を揃えなければいけない
・手間や時間がかかりキャンペーンも適用外になることもあるので注意

モバレコおすすめ「Broad WiMAX」

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX」がお得!

Broad WiMAX 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXは広い対応エリアで業界最安級の月額2,726円。超速ネットで動画も快適!
まずは公式サイトでエリアと料金をチェックしてみてください

Broad WiMAXBroad WiMAXの公式サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

姫路在住のフリーライター。ガジェット系や格安SIM系はもちろん、婚活体験記など幅広く執筆しています。体験記事が1番得意。1日の大半Twitterにいます。書いてきた記事は実績ページから見てみてください!Twitter:@arcticmonckys