iPhoneの音が出ない7つの原因と対処法 内蔵スピーカーの故障からヘッドフォン/イヤホンの接続不良まで

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneの音が出ない7つの原因と対処法

「あれ?なんか急にiPhoneから音がでなくなっちゃった…?」

iPhoneにイヤフォンをつないで音楽を聴いたり、Bluetoothヘッドセットと接続して通話していたりすると、なかなか気付かないのが内蔵スピーカーの故障

「iPhoneの着信音が鳴らなかったから、大事な電話に気付かなかった……」なんてことにならないように、iPhoneのスピーカーに不具合が生じたときの対処法を確認しておきましょう。

販売サイトはこちら

目次:

音量の調整をして、音が出ているか確認しよう

まずは、iPhoneのスピーカーから音が正常に出ているか確認してみましょう。
イヤフォンやLightningケーブルをiPhoneから外した状態で、「設定」→「サウンド」とタップし、「着信音と通知音」のボリュームスライダーをタップしてみてください。音が聞こえてきた場合、スピーカーは正常に動作しているので、マナーモードの設定などを見直しましょう。

「設定」→「サウンド」→「着信音と通知音」のスライダーを調整するとスピーカーから出る音量を確認できる
「設定」→「サウンド」→「着信音と通知音」のスライダーを調整するとスピーカーから出る音量を確認できる

ボリュームのスライダーを調整しても音が聞こえない場合は、後述の「Bluetoothがつながっていないか確認してみよう」へ進んでください。

マナーモードになっていないか確認しよう

iPhoneのスピーカーから出る着信音を管理する基本の部分になるのが、本体側面の「サウンドオン/オフ」スイッチ。スピーカーから音を出さないようにするマナーモードにする場合は、このスイッチをオレンジ色が見える下方向に切り替えます。

サウンドオン/オフスイッチを下側(オレンジが見える状態)に切り替えるとマナーモードとなる
サウンドオン/オフスイッチを下側(オレンジが見える状態)に切り替えるとマナーモードとなる

なお、音楽やゲームの音はマナーモードの音量制御とは関係していないので注意してください。マナーモードに設定しているからと油断して、公共の場で大音量を流してしまわないよう気をつけましょう。

着信音が鳴らない場合、一番最初にこのサウンドオン/オフスイッチが下側(オレンジ色が見えている)になっていないか確認しましょう。もしマナーモードになっていた場合は、スイッチを切り替えてください。自分のiPhoneに電話やメールをしてみて、正しく着信音が鳴るかチェックしてみましょう。

スピーカーから音が出るにもかかわらず、着信音が鳴らない場合はサウンドオン/オフスイッチが接触不良を起している可能性があります。その場合は、直ちに修理に出しましょう。

Bluetooth接続していないか確認してみよう

iPhoneをBluetoothヘッドセットやスピーカー、ヘッドフォンとペアリングしている状態では、音の出力が接続機器に切り替わっています。そんなときは画面下端から上へスワイプしてコントロールパネルを表示させ、「Bluetooth」をオフにします。これで音の出力は内蔵スピーカーに切り替わります。

Bluetoothをオフにしてヘッドフォンやイヤフォンとの接続を解除する
Bluetoothをオフにしてヘッドフォンやイヤフォンとの接続を解除する

続けて、マナーモードがオフになっていることを確認し、iPhoneの着信音が鳴るか試してみましょう。これでも音が出ない場合は、次の項目をチェックしてみてください。

イヤフォンから音が出る場合はイヤフォン差込口の目詰まりをチェック

まずはイヤフォンをiPhoneに装着し、イヤフォンから着信音が聞こえるか確認してみましょう。
iPhone7より前のシリーズの機種では本体にイヤフォンジャックがあります。イヤフォンでは音がなるのに、スピーカーから音が聞こえない場合は、そのイヤフォンの差込口の汚れが原因の場合があります。ブロアやエアーダスターなどでホコリを飛ばしてから、音が聞こえるか再度確認してみましょう。

細い綿棒と無水アルコールで汚れを拭き取ると改善する場合もありますが、この方法はあまりオススメできません。もともと些細な自然故障だったはずなのに、余計なことをしてしまって別の故障を引き起こしてしまった・・・なんていう残念な結果になってしまうことも。ある程度原因が特定できたところで、アップルストアやアップルのサービスプロバイダに相談するのがベストです。

イヤフォン差込口の目詰まりを防止するには、普段からイヤフォンジャックに何かを装着しておく方法があります。ほこりの進入を防いでくれるので、シンプルですが効果的です。

iPhoneを再起動してみよう

iPhoneから音が出ない一因として、iPhoneのシステムが不安定になっていたり、アプリがクラッシュしていたりするケースもあります。そのため、一度iPhoneを再起動してみるのも、原因を追究するための1つの手段。再起動後、マナーモードがオフになっていることを確認してから着信音が鳴るかチェックしてみてください。

iPhoneを初期化して状態をチェック

再起動してもスピーカーから音が出ない場合は、システム自体が何らかのアプリの影響で不安定になってしまっている可能性も考えられます。iTunesでバックアップが取れるパソコンがある場合は、iPhoneを初期化して原因を探ることもできます。

なお、iPhoneの初期化にはリスクも伴うので十分に注意してください。作業が不安な場合は初期化を行わず、データのバックアップだけ取っておきましょう。あまりスマホやパソコンに詳しくないという場合は、アップルストアやアップルのサービスプロバイダに相談した方が懸命かもしれません。

iPhoneを初期化する場合は、まずパソコンと接続。写真や音楽、アプリなど、データのバックアップを取ってから作業を始めましょう。写真や音楽のデータのバックアップを取る方法は下記の記事を参照してください。

バックアップの取り方の解説はこちら

パソコンにiPhoneを接続してiTunesでバックアップを取ります
パソコンにiPhoneを接続してiTunesでバックアップを取ります

バックアップが終了したら、iPhoneをパソコンから取り出して、「設定」→「一般」→「リセット」と進み、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしてiPhoneを初期化します。初期化が終了したら、まずはマナーモードになっていないか確認し、iPhoneの着信音が鳴るかチェックしましょう。初期化しても音が出ない場合はアップルストアかアップルのサービスプロバイダに相談しましょう。

iPhoneを初期化してスピーカーから着信音が鳴るかどうかを確認する
iPhoneを初期化してスピーカーから着信音が鳴るか確認する

初期化して音が出るようであれば、故障の心配はありません。パソコンと再度接続してiTunesの「バックアップを復元」を選んでiPhoneを元の状態に戻しましょう。

それでも音が出ない場合は修理に出そう

今回の記事で紹介した対処法を試してみても改善が見られなかった場合は、あきらめて修理に出しましょう。iPhoneは精密機械ですので、叩いたり無理な圧力を加えたりすると、余計な故障箇所を増えて修理費用がさらにかさんでしまうことがあります。できるだけ現状を維持したまま、修理に出すよう心がけましょう。

自然故障の場合は、購入から1年以内なら無償で修理が可能です。
なお、「Apple Care+ for iPhone」に加入している場合、無償修理期間は2年間となります。

故障の原因が落下や変形、水没など無償修理対象外の場合は修理個所によって修理金額が変わります。特に本体が曲がってしまったなどの大きな故障の場合は、修理ではなく交換での対応になってしまうため、費用が高額になるのでご注意ください(iPhoneの機種によって金額が異なります)。

最近はApple Care+ for iPhoneの保証内容がキャリアによりアレンジされていたり、キャリア独自の補償サービスと併用できるようになっていたりもします。修理に関する保証内容もさまざまになってきているので、ご自身が契約している保証の内容を確認してみるといいでしょう。

まとめ:機種変更も検討してみるべし

まとめ:機種変更も検討してみるべし

上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。

補償サービスに加入していない場合はなおさらです。故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。

スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。

販売サイトはこちら

機種の買い替えならドコモがおすすめ

機種変更をするならドコモがおすすめです。おすすめをする理由は以下の通り。

・安心安定の通信速度、サポート力
・最新機種のラインナップが最も豊富
・「ギガホ」「ギガライト」プランが他社と比較しても自分の用途に合わせて選びやすい
・dカードゴールドの加入で、最新機種がお得に購入でき、他社からの乗り換えによる違約金負担あり。ドコモ利用料金10%ポイント還元で年会費の元もとりやすい。

手堅いサポートやプランの選びやすさ、機種の豊富さは3大キャリアを含めてもトップで幅広い世代からの支持を獲得しているドコモ。

ドコモユーザーではない方でも、しっかり料金を見直すことで安くできる可能性も十分にあります。また、オンラインショップ経由での機種変更であれば、契約事務手数料、端末頭金は全て無料です。オンラインショップ限定のお得なキャンペーンも不定期で実施中。

料金シュミレーションや最新機種のチェックは下記のリンクからドコモ公式オンラインショップにて。

→ ドコモ公式オンラインショップはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp