【2021年20社比較】光回線を安く使うならここ!失敗しない選び方、窓口別キャッシュバック比較

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: WiFi(光回線)

光回線 安い

光回線を選ぶ際は、快適な速度は出ることはもちろんのこと、安さにも注目したいですよね。どの光回線を選ぶか、さらには特定の光回線のなかでも、どの窓口から申し込むかで大幅にかかる費用が変わってきます。

安い光回線を選ぶ際には、以下のポイントを重視して比較するといいでしょう。

安い光回線を選ぶポイント4つ

・スマホのセット割が適用される
・「実質月額料金」が安くなるか
・工事費を無料にできるか
・乗り換えのサポートが充実しているか

今回はこの条件に合う、あなたにおすすめの光回線を厳選して紹介します!

2021年最も安い光回線はここだ!スマホキャリア別に5社紹介

最も安い光回線
最も安い光回線はここだ!

光回線を安く利用するなら、スマホキャリアとのセット割が適用される回線を選ぶと間違いがありません

スマホとのセット割を適用することで、大手キャリアであれば1回線あたり最大1,100円の割引が、最大10回線まで受けられます。年間で数万円単位の割引の可能性があり、どの光回線よりも最安になります。

 光回線の20社の比較表

【光回線比較】

※横にスクロールできます。

回線名 月額料金 速度実測値 スマホセット割
戸建て マンション
auひかり 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
3,740円~5,500円 371Mbps au
コミュファ光
(東海のみ)
5,775円 4,191円~5,775円 542Mbps au
NURO光(G2T) 5,200円 2,090円〜2,750円 469Mbps ソフトバンク
ワイモバイル
ピカラ光
(四国のみ)
5,720円 4,400円 363Mbps au
BBIQ光
(九州のみ)
1年目:5,280円
2年目以降:6,380円
1年目:3,410円~5,280円
2年目以降:4,510円~6,380円
323Mbps au
So-net光プラス 1~24ヶ月:3,780円
25ヶ月以降:6,138円
1~24ヶ月:2,780円
25ヶ月以降:4,928円
274Mbps au
eo光
(関西のみ)
1年目:3,248円
2年目以降:5,448円
2年目まで:3,326円~3,620円
3年目以降:3,876円~4,170円
420Mbps au
メガ・エッグ光
(中国のみ)
4,620円 3,520円 329Mbps au
@nifty光 開通月:0円
2~31ヶ月:5,060円
32ヶ月以降:5,720円
開通月:0円
2~31ヶ月:3,828円
32ヶ月以降:4,378円
190Mbps au
ビッグローブ光 5,698円 4,488円 229Mbps au
BIGLOBEモバイル
エキサイト光 4,796円 3,696円 186Mbps
OCN光 5,610円 3,960円 243Mbps OCN モバイル ONE
ぷらら光 5,280円 3,960円 224Mbps
楽天ひかり 5,280円 4,180円 189Mbps
ドコモ光 5,720円~5,940円 4,400円~4,620円 235Mbps ドコモ
DTI光 5,280円 3,960円 232Mbps au
ソフトバンク光 5,720円 4,180円 281Mbps ソフトバンク
ワイモバイル
IIJmioひかり 5,456円 3,960円 290Mbps IIJmio
フレッツ光 西日本※1 1~2年目:5,830円
3年目以降:5,621円
5,674円 236Mbps
フレッツ光 東日本※1 6,270円 4,235円~5,335円 236Mbps

※価格はすべて税込 ※1 プロバイダはSo-netの場合

2021年最も安い光回線(スマホキャリア別)

・ドコモユーザーなら「ドコモ光」
・auユーザーなら「auひかり
 ⇒エリア外なら「So-net光プラス
・ソフトバンクユーザーなら「NURO光
 ⇒エリア外なら「ソフトバンク光
格安SIMユーザーにおすすめの光回線
※クリックで詳細記載箇所までスクロールします。

上記6つの光回線について、詳しくみていきましょう。

ドコモユーザーなら最安で契約できる「ドコモ光」

ドコモ光
ドコモ光(引用元:ドコモ

ドコモユーザーにとって最も安い光回線は、唯一セット割引が適応される「ドコモ光」です。

 ドコモ光のサービス詳細
戸建て マンション
エリア フレッツ光と同エリア
最大速度 最大1Gbps
契約期間 2年
セット割 ドコモ/最大1,100円
事務手数料 3,300円
初期費用 19,800円
※実質無料
16,500円
※実質無料
月額料金 5,720円
ひかり電話:550円
4,400円
ひかり電話:550円
契約期間内の実質総額 133,780円 102,100円
契約期間内の実質月額 5,574円 4,254円
代表的なキャンペーン ・ドコモ光セット割
・新規工事料無料特典
・dポイントプレゼント

※価格はすべて税込
※株式会社Wizから申し込んだ場合

【ドコモ光窓口比較表】

窓口名 キャッシュバック
株式会社Wiz 20,000円
GMOとくとくBB 20,000円
OCN 20,000円
@nifty 18,000円
ぷらら 15,000円
ぷらら ひかりTVショッピング 15,000円

※価格はすべて税込

実質料金が最安の株式会社Wizを利用すると、ルーター永年無料や、光回線開通前にポケットWiFiをレンタルしてもらえるなど、キャッシュバック以外のサポートや特典も手厚いのでよりお得です。

ドコモ光おすすめポイント

・ドコモスマホとの併用で割引が受けられる
・速度面での評判も良好
・工事費無料キャンペーンや窓口キャッシュバックも充実

オプション加入なし!
15,000円キャッシュバック実施中

auユーザーなら最安で契約できる「auひかり」

auひかり
auひかり(引用元:auひかり

auユーザーが最も安く使える光回線は「auひかり」です。回線速度に定評があり、高額キャッシュバックの還元があり、auユーザー以外にもおすすめできる光回線です。

 auひかりのサービス詳細

【auひかり概要表】

戸建て マンション
エリア 静岡、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀、沖縄以外 沖縄以外の対応物件
最大速度 最大1Gbps
契約期間 3年 2年
セット割 au/最大1,100円
事務手数料 3,300円
工事費 41,250円※実質無料 33,000円※実質無料
月額料金 5,610円
ひかり電話:550円
4,180円
ひかり電話:550円
契約期間内の実質総額 155,100円 66,820円
契約期間内の実質月額 4,308円 2,784円
代表的なキャンペーン ・auスマートバリュー
・解約違約金相当額を負担
・初期費用相当額を割引
・ポンタポイントプレゼント

※価格はすべて税込
※25から申し込んだ場合

【auひかり窓口比較表】

窓口名 キャッシュバック
25 最大66,000円
フルコミット 最大66,000円
グローバルキャスト 最大66,000円
So-net 最大63,000円
GMOとくとくBB 最大61,000円
BIGLOBE 最大60,000円
アイネットサポート 最大55,000円
NEXT 最大52,000円
NNコミュニケーションズ 最大52,000円
@TCOM 最大50,000円
DTI 最大38,000円
@nifty 最大30,000円
au one net 最大10,000円
ASAHIネット

※価格はすべて税込

25を含めた上位3つの代理店では戸建て66,000円、マンション50,000円の高額キャッシュバックをおこなっています。他社から乗り換える方はさらに30,000円の上乗せ還元もあるため、キャンペーンのお得さはauひかりがダントツです。

auひかりおすすめポイント

・auスマホとの併用で割引が受けられる
・関東一部エリアは超高速な通信環境
・キャンペーンが他回線より豊富
・他社からの乗り換え

他社から乗り換えで
最大131,000円キャッシュバック

auひかりエリア外の場合に最安なのは「So-net光プラス」

So-net光プラス
So-net光プラス(引用元:So-net光プラス

auひかりはエリアが限定されているので、申し込めない方もいるでしょう。そんな方は「So-net光プラス」でも安く光回線を契約できます。

 So-net光プラスのサービス詳細

【So-net光プラス概要表】

戸建て マンション
エリア フレッツ光と同エリア
最大速度 最大1Gbps
契約期間 3年
セット割 au/最大1,100円
事務手数料 3,300円
工事費 26,400円※実質無料
月額料金 1ヶ月~24ヶ月:3,780円
25ヶ月以降:6,138円
1ヶ月~24ヶ月:2,780円
25ヶ月以降:4,928円
契約期間内の実質総額 154,268円 110,708円
契約期間内の実質月額 4,285円 3,075円
代表的なキャンペーン ・v6プラス対応高速ルーター無料レンタル
・70,000円キャッシュバック
・総合セキュリティソフト無料
・訪問設定サポート無料

※価格はすべて税込
※So-net光プラス公式で申し込んだ場合

【So-net光プラス窓口比較表】

窓口名 キャッシュバック
So-net 70,000円
ライフサポート 70,000円
GrandNetwork 60,000円
NEXT 40,000円
BIGUP 20,000円
ネットナビ 10,000円

※価格はすべて税込

So-net光プラスもauスマホとのセット割が適用されます。公式からの申し込みであればキャッシュバックに加え、v6プラスに対応した高速Wi-Fiルーター永年無料など魅力的な特典が豊富です。

通常月額料金の割引のみのSo-net光プラスですが、今なら夏の大還元祭と称した合計70,000円のキャッシュバックを行っています。普段よりお得に始められるので、気になっている人は今がおすすめです。

So-net光プラスおすすめポイント

・auスマホとの併用で割引が受けられる
・高速ルーター永年無料
・期間限定高額キャッシュバック還元中

ソフトバンクユーザーなら最安で契約できる「NURO光」

NURO光
NURO光(引用元:NURO光

ソフトバンクユーザーが安く利用できる光回線は「NURO光」です。NURO光も速度に定評があり、戸建ての月額料金が安いため、ソフトバンクユーザー以外でも速度が早い光回線を探している人におすすめです。

 NURO光のサービス詳細

【NURO光概要表】

戸建て マンション
(NURO光 for マンション M2T)
エリア 北海道・関東・東海・関西・九州
最大速度 最大2Gbps
契約期間 2年 3年
セット割 ソフトバンク/最大1,100円
事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
月額料金 5,200円
ひかり電話:550円※1
2,090円~2,750円
ひかり電話:550円※1
契約期間内の実質総額 165,300円 41,660円~57,500円
契約期間内の実質月額 4,592円 1,736円~2,396円
代表的なキャンペーン ・戸建て45,000円キャッシュバック
・設定サポート1回無料
・基本工事費実質無料

※価格はすべて税込
※公式特設サイトで申し込んだ場合
※1 北海道・関東:550円/東海・関西・中国・九州:330円

【NURO光窓口比較表】

窓口名 キャッシュバック
NURO光forマンション 25,000円
公式特設サイト 45,000円
アウンカンパニー 45,000円
ブロードバンドナビ 57,000円
LifeBank 50,000円

※価格はすべて税込

キャッシュバックに加え工事費実質無料、オプション申し込みの必要もない公式特設サイトを経由することが、よりお得に契約できる方法です。

他代理店の方がキャッシュバックの金額は多いことがありますが、条件が厳しいためあまりおすすめできません。なおNURO光forマンションは、マンションに設備が導入されていないと契約できません。

NURO光おすすめポイント

・ソフトバンクスマホ割引が受けられる
・工事費実質無料なので初期費用もお得
・設定サポート1回無料なので初心者でも安心

NURO光エリア外の場合に最安なのは「ソフトバンク光」

ソフトバンク光
ソフトバンク光(引用元:ソフトバンク

北海道・関東・東海・関西・九州以外にお住まいのソフトバンクユーザーの方は、「ソフトバンク光」もセット割で安く利用できます。

 ソフトバンク光のサービス詳細

【ソフトバンク光概要表】

戸建て マンション
エリア フレッツ光と同エリア
最大速度 最大1Gbps
契約期間 2年
セット割 ソフトバンク/最大1,100円
ワイモバイル/最大1,188円
事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金 5,720円 4,180円
契約期間内の実質総額 116,780円 79,820円
契約期間内の実質月額 4,866円 3,326円
代表的なキャンペーン ・37,000円キャッシュバック
・SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン
・工事費サポートキャンペーン
・おうち割 光セット

※価格はすべて税込
※NEXTで申し込んだ場合

【ソフトバンク光窓口比較表】

窓口名 キャッシュバック
NEXT 37,000円
STORY 37,000円
アウンカンパニー 37,000円
エヌズカンパニー 37,000円
Yahoo!BB 27,000円
Wiz 85,000円
LifeBank 75,000円
公式

※価格はすべて税込

キャッシュバックのほか、公式の乗り換え・工事費サポートキャンペーンも併用可能です。「Wiz」や「LifeBank」はキャッシュバックの金額は高いですが、適応条件に有料オプションや新電力の契約が含まれているため、ハードルが高いためおすすめできません。

ソフトバンク光おすすめポイント

・ソフトバンクスマホセット割引が受けられる
・フレッツ光と同じ最大1Gbpsの高速通信
・乗り換えも安心のキャンペーンが充実

最大37,000円キャッシュバック中!

格安SIMユーザーにおすすめの光回線

冒頭でも解説しましたが、格安SIMのセット割引は大手キャリア比べて少額です。そのためセット割の有無よりも、もとの料金の安さや通信速度で決めることをおすすめします。格安SIMユーザーは安さと速度の両面で優位な、下記の順番に検討していきましょう。

2021年最も安い光回線(スマホキャリア別)

1.「auひかり
2.「NURO光
3.「So-net光プラス
※クリックで詳細記載箇所までスクロールします。

それぞれ詳しい解説は、前の項目を確認してみましょう。

安く光回線の使う方法!注目したい4つのポイント

注目したいポイント
注目したいポイント

安く光回線を契約したいと思ったときに注目するべきは、下記4つのポイントです。

安い光回線を選ぶポイント4つ

・スマホのセット割が適用される
・「実質月額料金」が安くなるか
・工事費を無料にできるか
・乗り換えのサポートが充実しているか

そして、安い光回線を選ぶためにも、まず料金の相場を把握しておくことが大切です。

【光回線実質料金相場一覧】

戸建て マンション
4,500円~7,500円 2,500円~5,500円

上記は、2年間の実質月額料金の相場です。戸建て・マンションともに料金に開きがあることがわかります。実質料金の計算方法については、以下項目で詳しく解説します。

使っているスマホのセット割が適用されるか

まず最も重視すべきは、今使っているスマホキャリアとのセット割が適用されるかどうかです。セット割の割引額は異なりますが、大手キャリアであれば最大1,100円(税込)がスマホ代金から割り引きされます。

光回線自体の料金が割り引きされるわけではありませんが、通信費全体が安くなります。

【スマホセット割のある光回線一覧】

光回線名 セット割キャリア 最大割引額
ドコモ光 ドコモ 1,100円
au光 au
So-net光プラス
ソフトバンク光 ソフトバンク・ワイモバイル
NURO光 ソフトバンク
@nifty光 NifMo 220円
OCN光 OCNモバイルONE
@T COMヒカリ LIBMO 330円
ビッグローブ光 BIGLOBEモバイル
DTI光 DTI SIM 165円
DMM光 DMMモバイル 550円
IIJimoひかり IIJimo 660円

※価格はすべて税込

上記の表をみても、大手キャリアのセット割引が高くなっていることがわかります。格安SIMであっても割引が受けられるものもありますが、あまり大きな割引額ではありません。

トータルでの支払額「実質料金」が安くなるか

光回線を選ぶときに、公式Webサイトなどに記載されている月額料金ではなく、割引などを加味した実質料金で比較・検討することが重要です。

実質料金の計算方法

・2年実質月額…(月額合計+初期費用+必須オプション-キャンペーン還元額)÷24
・3年実質月額…(月額合計+初期費用+必須オプション-キャンペーン還元額)÷36

ドコモ光を申し込んだ場合、【(月額料金5,720×24=137,280円)+工事費用19,800円+事務手数料3,300円+電話代13,200円-工事費19,800円-キャッシュバック20,000円】÷24=5,574円が実質料金となります。

工事費を無料にできるか

工事費用は2万円ほどかかり、初期費用の大部分を占めます。ここの出費を抑えることで実質金額をぐんと下げることができます。

その工事費を無料にするキャンペーンが、各窓口で実施されていることがあります。

完全無料になるキャンペーンと実質無料になるキャンペーンの2タイプがありますが、どちらも結果として工事費が無料になることには変わりありません。

乗り換えサポートが充実しているか

今利用している光回線から、乗り換えを検討している方もいらっしゃるでしょう。その場合、違約金や工事費用の分割の残りが発生する可能性があります。

乗り換え時の違約金や工事費用を負担してくれる光回線を選びましょう。

安さ以外にも注目したい、光回線選びのポイント

回線利用イメージ
光回線選びのポイント

安さ以外にも注目すべきポイントはあります。

4つの注目ポイント

・自宅が提供エリア内にあるか
・マンションの場合は、そもそも導入できるか確認
・実際にどのくらいの速度が出ているか
・キャンペーン内容が充実しているか

それぞれ詳しくみていきましょう。

自宅が提供エリア内にあるか

提供エリアは契約前に確認必須です。せっかく安い光回線を決めたとしても、エリア外では契約できません。

集合住宅の場合、提供エリア内でも建物によって使える回線が異なります。まずは、エリアの確認を行ってから、回線を厳選をしましょう。

集合住宅の場合は、そもそも導入できるか確認

集合住宅にお住まいの方は、大家さんや管理会社に光回線を引いてよいのか確認が必要な場合があります

建物に希望の回線設備が導入されてない、そもそも光回線の設備が導入されてない場合は、設備の導入工事が必要です。

勝手に契約するとトラブルになる可能性もあるので、工事までに必ず確認をとりましょう。

実際にどのくらいの速度が出ているか

公式サイトなどで発表されている最大速度は実際に出るわけではありません。最大速度は理想の環境で計測したものであるため、実際にどの程度の速度が出るのかを参考にしましょう。

実測値は、Twitterなどで近くの地域・回線の名前で検索をかける、速度計測の口コミまとめサイトなどから確認できます。

キャンペーン内容が充実しているか

キャンペーンが充実している光回線や窓口を選ぶことで、よりお得に契約できます。キャンペーン例は以下のとおりです。

キャンペーン例

・キャッシュバック
・割引
・乗り換え違約金負担
・工事費無料
・ルーター永年無料レンタル
・サポート無料
・引っ越しキャンペーン
・各種ポイントプレゼント
など

セット割のほかにも、上記のようなキャンペーンが充実しているかどうかも確認しておきましょう。

光回線のお得な申込方法

auひかり申し込み画面
auひかり(引用元:株式会社25

光回線の申し込みは、Webページから行うといいでしょう。ページ限定の特典などもあるため、申し込みページは要確認です。

申込方法

①エリア確認や開通確認をする
申し込みを検討している光回線のエリア確認を、契約前に必ずしましょう。マンションにお住まいの方は、光回線の工事をしていいのかどうか、大家さんや管理会社に確認をとってください。

②Webページから申し込みをする
各Webページから必要情報を入力し、申し込みを進めましょう。

③工事日を決定・実施する
申し込み後に工事日を決定します。立ち合いが必要になるので、予定を調整しておきましょう。

④開通工事後、機器の設定をして利用開始
開通工事が終われば、ルーターの簡単な設定をして、すぐに光回線が利用できます。

⑤キャッシュバックの受け取り手続きをする
手続きは窓口ごとに異なりますが、メールや電話・郵送での申請が必要であることがほとんどです。忘れずに行い、お得なキャッシュバックを受け取りましょう。

まとめ

安い光回線を選ぶポイントはいくつかありますが、最重要なのはスマホとのセット割が適用できるかどうかです。年間で数万円単位お得になる可能性もあるため、うまく活用し安くネット環境を整えましょう。

当サイトでおすすめの光回線5社は、以下のとおりです。

2021年最も安い光回線(スマホキャリア別)

・ドコモユーザーなら「ドコモ光」
・auユーザーなら「auひかり
 ⇒エリア外なら「So-net光プラス
・ソフトバンクユーザーなら「NURO光
 ⇒エリア外なら「ソフトバンク光
格安SIMユーザーにおすすめの光回線
※クリックで詳細記載箇所までスクロールします。

スマホキャリア別におすすめの安い光回線や、ポイントを知りたい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン