カテゴリ: 光回線

光回線 安い

安い光回線で選びたいなら必見!比較からわかるおすすめ契約先を紹介

光回線を選ぶとき「安く光回線を契約したい!」と考える方は多いのではないでしょうか?

しかし光回線は100を超えるサービスがあり、ご自身で比較して安い光回線を選ぶのは簡単なことではありません。さらに、どんなに安くても通信速度が遅い光回線は避けたいですよね。

そこで本記事では安くて速い光回線の選び方おすすめ光回線を紹介していきます!

結論、安くて速い光回線はスマホセット割引ができる大手のサービスを中心に選ぶと失敗がありません。

安いおすすめ光回線の詳細や、安く契約できる申込窓口を知りたい方は必見です。

スマホキャリア 安いおすすめ光回線 主な特典
ドコモ ドコモ光 月額料金割引
・au
・UQモバイル
ビッグローブ光 月額料金割引
・ソフトバンク
・ワイモバイル
ソフトバンク光 月額料金割引
楽天モバイル Rakuten光 ネット料金1年タダ
格安SIM 安いおすすめ光回線 主な特典
NUROモバイル So-net 光プラス スマホ料金1年タダ
mineo eo光(関西限定) 月額料金割引
OCN モバイル ONE OCN光 月額料金割引
ahamo・povo enひかり 月額料金割引
IIJmio IIJmioひかり 月額料金割引

※安いおすすめ光回線のサービス名クリックで詳細解説までスクロールします。

30秒でわかる!安い光回線の選び方

30秒でわかる!安い光回線の選び方

安い選び回線を選ぶポイントは2つあります。

1つ目はスマホセット割を中心に選ぶことです。

スマホセット割とは、光回線とスマホの契約先を指定の会社にすることで、月額料金が割引されたり、基本料金が無料になるといった特典を受けることができます。

光回線を契約するときは、スマホセット割が適用できる会社をチェックしてみましょう。また、契約したい光回線にあわせてスマホのキャリアやプランを見直すのもおすすめです。

最近では低価格で大容量のプランもあるため、スマホキャリアを乗り換えることで全体の通信費を押さえることもできるでしょう。

2つ目は光回線の申込窓口を選ぶことです。光回線は公式サイトだけでなく、代理店・プロバイダなどから申し込むことが可能です。

代理店・プロバイダでは、公式キャンペーンと併用できる独自のキャンペーンを展開しています。特にキャッシュバックやオプション代無料などの内容が多いです。

各代理店・プロバイダで実施しているキャンペーンは異なります。申込窓口を選ぶことで、費用を安く抑えられます。

窓口を選んだら、キャンペーンも加味したときの費用総額(実質料金)で、光回線を比較しましょう。これで気になる光回線のなかで、最も安い光回線を選ぶことができます。

実質料金の計算・比較の例
サービス A社 B社
初期費用 30,000円 18,000円
事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 5,000円 6,000円
モデムレンタル代 300円 500円
スマホセット割 なし ₋1,000円
キャッシュバック ₋20,000円 ₋50,000円
3年間の実質料金 203,800円 169,000円

これらの項目は一例なので、他に発生するオプション代があれば含めて計算しましょう。全ての金額を含めて計算することで、最も安い光回線を正確に選ぶことができます。

au・UQモバイルユーザーにおすすめな安い光回線

au

au・UQモバイルには、スマホセットが適用できる光回線がいくつかあります。

なかでもおすすめな光回線はBIGLOBE光です。キャンペーンが充実しているのはもちろん、基本料金がそのものが安く設定されています。

しかし光コラボなので、夜間などネット使用者が多い時間帯は速度が遅く感じることがあります。

オンラインゲームや配信などをしたいなら、通信速度が速く安定しているauひかりがおすすめです。

BIGLOBE光の紹介を詳しく見る

auひかりの紹介を詳しく見る

  • エリア
  • 基本料金
  • キャッシュバック
光回線 エリア そのほかスマホセット
So-net 光プラス 全国 NUROモバイル
BIGLOBE 光 全国 BIGLOBEモバイル
@nifty光 全国
auひかり 近畿・東海以外の全国
eo光 近畿のみ mineo
コミュファ光 東海のみ
ピカラ光 四国のみ ピカラモバイル
BBIQ光 九州のみ QTモバイル
メガエッグ光 中国のみ
auひかりちゅら 沖縄
光回線 戸建て マンション
So-net 光プラス 6,138円 4,928円
BIGLOBE 光 5,478円 4,378円
@nifty光 5,720円 4,378円
auひかり 5,610円 4,180円
eo光 ~1年目:3,280円
2年目~:5,448円
~2年目:3,326円
3年目~:3,876円
コミュファ光 ~1年目:3,980円
2年目~:5,215円
4,070円
ピカラ光 5,720円 4,400円
BBIQ光 ~1年目:5,280円
2年目~:6,380円
~1年目:3,410円~5,280円
2年目~:4,510円~6,380円
メガエッグ光 5,720円 4,620円
auひかりちゅら 6,930円 5,148円
光回線 申込窓口 最大キャッシュバック特典
So-net 光プラス 公式 60,000円
BIGLOBE 光 NEXT 68,000円
@nifty光 公式 30,000円
auひかり GMOとくとくBB 77,000円
eo光 公式 15,000円
コミュファ光 NEXT 41,000円
ピカラ光 NEXT 30,000円
BBIQ光 NEXT 30,000円
メガエッグ光 NEXT 20,000円
auひかりちゅら 公式 40,000円

BIGLOBEモバイルユーザーも!最安級「BIGLOBE光」

安い光回線を選ぶならビッグローブ光
画像:ビッグローブ光公式サイトより引用[1]
BIGLOBE 光(ホームタイプ)のサービス詳細を開く
プラン ファミリータイプ
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 5,478円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 4,230円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
BIGLOBEモバイルの割引額 最大330円
BIGLOBE 光(マンション)のサービス詳細を開く
プラン マンションタイプ
契約期間 36ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 4,378円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 3,360円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
BIGLOBEモバイルの割引額 最大330円

BIGLOBE光は、月額料金が戸建て5,478円、マンション4,378円といずれも安い水準です。

さらに代理店NEXTから申し込むと、最大68,000円のキャッシュバックまで受け取れます。最も安い光回線を利用したいauスマホユーザーは、BIGLOBE光を契約しましょう。

au・UQモバイル・BIGLOBEモバイル
セットで最安の光回線を選ぶなら

速度重視で安い光回線なら「auひかり」

速度重視で安い光回線なら「auひかり」
画像:auひかり(GMOとくとくBB)サイトより引用[2]

▼au ひかり(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン ずっとギガ得プラン
契約期間 36ヶ月(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 740.68Mbps
上り 687.03Mbps
月額料金 ~12ヶ月:5,610円
~24ヶ月:5,500円
25ヶ月~:5,390円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 41,250円
解約費用 違約金 4,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

▼au ひかり(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(プロバイダ) GMOとくとくBB
プラン マンション タイプV 16
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 100Mbps
平均実測値※ 下り 392.31Mbps
上り 391.57Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 33,000円
解約費用 違約金 2,730円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 最大77,000円キャッシュバック
  • 高性能のWiFiルータープレゼント
  • auひかり電話の基本料金が3年無料
  • 他社違約金を最大30,000円補填
  • 開通工事費が実質無料

au・UQモバイルユーザーで、速度重視ならauひかりが最もおすすめです。

auひかりは独自回線ですが提供エリアが広く、引越しする可能性がある方でも安心して契約できる光回線です。もちろん高速通信で人気があります。

特にauひかりのプロバイダ「GMOとくとくBB」は高額キャッシュバックがもらえます。

満額もらうには光電話の申し込みが必要ですが、月額料金36ヶ月無料なので損することがありません。ちなみに光電話は開通工事費を実質無料にするキャンペーンの適用条件でもあります。

さらに申し込むだけで高性能のWiFiルーターがもらえるので、いま最もおすすめな申込窓口です。

WiFiルーターも無料!
最大77,000円キャッシュバック

スマホセットの特典内容

  • auスマホのセット割
  • UQモバイルのセット割
割引名 auスマートバリュー
有効期間 条件を満たす限り永年
内容 ・スマホ月額料金から最大1,100円割引
・レンタル必須の機器代金が永年無料(550円 / 月)
条件 ・対象スマホプランと対象サービスに加入
・電話オプションに加入
対象ユーザー ① auスマホと対象ネット回線の契約者
② 対象スマホプランを契約している家族(10回線)
auスマホの料金プラン 割引額
ピタットプラン 5G 1GB超~7GB 550円
ピタットプラン 5G(s) 1GB超~2GB 550円
2GB超~20GB 1,100円
使い放題MAX 5Gシリーズ 1,100円
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN)
1GB超~7GB 550円
ピタットプラン 4G LTE(s) 1GB超~2GB 550円
2GB超~20GB 1,100円
割引名 自宅セット割 インターネットコース
有効期間 条件を満たす限り永年
内容 スマホ月額料金から最大858円割引
条件 ・対象スマホプランと対象サービス※に加入・対象サービスとUQモバイルの契約者が同一
対象ユーザー ① UQモバイルと対象ネット回線の契約者② 対象スマホプランを契約している家族
UQモバイルの料金プラン 割引額
くりこしプランL 858円
くりこしプランM 638円
くりこしプランS 638円

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーにとって安い光回線

softbank

ソフトバンク・ワイモバイルには、スマホセットが適用できる光回線がいくつかあります。

現在ソフトバンク・ワイモバイルユーザーに最もおすすめな光回線はソフトバンク 光です。

他社違約金を最大10万円まで補填して乗り換えができたり、窓口を選べば高額キャッシュバックも貰えます。

ただし、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーにとって最も安い光回線は、NURO光です。基本料金が安いうえ、キャッシュバックなども実施しています。

しかし最近では、ユーザーのお住まいの場所によって通信速度の低下や回線の不安定さなどが評判にあがってきています。

とにかく安さ重視ならNURO光を契約し、速度などに問題なければ使い続けましょう。もし問題があれば、ソフトバンク光へ他社違約金補填を使っての乗り換えがおすすめです。

乗り換えなどが面倒であれば、最初からソフトバンク光の契約がおすすめです。

他社違約金補填を10万円まで補填「ソフトバンク 光」

他社違約金補填を10万円まで補填「ソフトバンク 光」
画像:ソフトバンク光(NEXT)より引用[3]

▼ソフトバンク光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン 戸建て
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 316.32Mbps
上り 227.16Mbps
月額料金 5,720円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 5,720円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 4,316円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

▼ソフトバンク光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) STORY
プラン マンションタイブ
契約期間 2年(自動更新あり)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 317.89Mbps
上り 245.24Mbps
月額料金 4,180円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金(2年プラン) 4,180円
工事費(撤去) なし
実質月額料金(契約期間) 2,776円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,188円
キャンペーン ・工事費実質無料
・最大10万円の他社違約金補填
・37,000円キャッシュバック
・U-NEXT無料トライアル

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 工事費実質無料
  • 最大10万円の他社違約金補填
  • 37,000円キャッシュバック
  • U-NEXT無料トライアル

ソフトバンク 光は日本全国から契約でき、ソフトバンク・ワイモバイルのセット割の適用が可能な光回線です。

ソフトバンク公式のキャンペーンで他社違約金補填を10万円まで行っています。光回線のなかにはるので、乗り換えで光回線を契約したいと考えているならソフトバンク光gg。

代理店NEXTから申し込むと、いくつかの特典を選ぶことができます。最大で37,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、最もおすすめな申込窓口です。

基本料金が安い「NURO 光」

基本料金が安い「NURO 光」
画像:NURO 光公式サイトより引用[4]

▼NURO 光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(代理店) NURO 光公式
プラン 戸建てプラン(G2T)
契約期間 24ヶ月
最大速度 2Gbps
平均実測値※ 下り 479.73Mbps
上り 455.62Mbps
月額料金 5,200円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 44,000円
解約費用 違約金 3,850円
実質月額料金(契約期間) 3,463円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 45,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

▼NURO 光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア エリア検索ページを開く
申し込み窓口(代理店) NURO 光公式
プラン G2T
契約期間 36ヶ月
最大速度 2Gbps
平均実測値※ 下り 545.31Mbps
上り 488.35Mbps
月額料金 2,090円~2,750円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 44,000円
解約費用 違約金 3,850円
実質月額料金(契約期間) 2,037円~2,697円
スマホセット割 ソフトバンクの割引額 最大1,100円
ワイモバイルの割引額 最大1,100円

エリア検索ページを開く

■ 最新キャンペーン情報

  • 45,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

NURO 光は回線速度の速さに定評があり、月額料金が安い光回線です。

ソフトバンク・ワイモバイルに加えてNUROmobileもスマホセット割を適用できるため、NUROmobileを利用している人もNURO 光を選びましょう。

一方で、契約できるエリアが限定されていることがNURO 光のデメリットです。

また、マンションプランを利用できるかどうかは、お住まいのマンションの対応状況により異なります。マンションにお住まいでも、より月額料金の高い戸建てプランを契約しなければならない可能性がある点に注意しましょう。

最大45,000円キャッシュバック

スマホセットの特典内容

割引名 おうち割 光セット
有効期間 条件を満たす限り永年
内容 スマホ月額料金から最大1,100円割引
条件 ・対象スマホプランと対象ネットサービスを契約中
・指定オプションを契約している
・対象サービスと対象スマホプランの契約者が同一
・契約中もしくは申込済であることをソフトバンク側で確認できること
対象ユーザー ① 対象スマホプランと対象ネットサービスの契約者
② 対象スマホプランを契約している家族
割引が適用できるプラン
プラン 割引金額
データプラン メリハリ無制限 1,100円
ミニフィット+
メリハリ
ミニフィット
50GB+データプランミニ
データ定額 50GBプラスミニモンスター 1,100円
50GB/20GB/5GB
データ定額 おてがるプラン専用 550円
ミニ 2GB/1GB
3Gケータイ
パケットし放題フラット for 4G LTE 1,100円
for 4G 4G / LTE 1,100円
for シンプルスマホ 550円
データし放題フラット 4Gデータし放題フラット+ 1,100円
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE 550円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G 550円

おうち割 光セットでは対象条件を満たし、申し込み手続きを実施することで最大10回線まで適用となります。この10回線は、ソフトバンクの家族割に申し込んでいる回線です。

おうち割はソフトバンク回線だけでなく、株式会社ソフトバンクから提供されている格安SIM「ワイモバイル」も対象です。

ドコモユーザーにとって安くておすすめの光回線は「ドコモ光」

ドコモユーザーにとって安くておすすめの光回線は「ドコモ光」
画像:ドコモ光(GMOとくとくBB)より引用[5]

ドコモ光は公式サイトもわかりやすく、サポート面も他社に比べ良いため回線サービスの顧客満足度が高いところが魅力の光コラボ回線です。

通信品質面のトラブルも少なく、スマホキャリアもドコモユーザーが多いこともあり、セット割引が適用できる面でも根強い人気があります。

また、ドコモ光も光回線のなかでは珍しく[工事費完全無料]キャンペーンを実施しています。違約金も安めに設定されているので、縛りが感じづらくおすすめです。

割引名 ドコモ光セット割
有効期間 条件を満たす限り永年
内容 月額料金から1,100円割引
条件 ・ドコモ光を契約している
・ドコモ回線の契約プランはギガプランもしくはパケットパックの契約をしている
・ドコモ光の契約者名義と支払い口座が同じドコモ回線が必要(1回線以上)
対象ユーザー ① スマホのドコモ回線とドコモ光の契約者
② ①のファミリー割引に属するユーザー
割引が適用できるプラン
料金プラン 割引額
5Gギガホ プレミア 1,100円
5Gギガホ
ギガホ プレミア
5Gギガライト ~7GB 1,100円
~5GB
~3GB 550円
~1GB なし

ドコモ光セット割とは、ドコモのスマホとドコモ光ともに契約しているユーザーとその家族(ファミリー割引に属するユーザー)に適用される割引サービスです。

ドコモ光セット割は最大20回線までのスマホに適用されるため、ファミリー割引を組んでいれば、年間で数万円〜数十万円の大幅なコストダウンを可能にしています。

ドコモ光を安く契約するならプロバイダ「GMOとくとくBB」がおすすめ

【2022年9月】ドコモ光の申込窓口10社比較

窓口 キャンペーン
GMOとくとくBB ・35,500円キャッシュバック
・2,000ptプレゼント
ドコモオンラインコンシェルジュ 30,000円キャッシュバック
@nifty 20,000円キャッシュバック
OCN 20,000円キャッシュバック
ネットナビ 20,000円キャッシュバック
Wiz 20,000円キャッシュバック
ディーナビ 20,000円キャッシュバック
TikiTiki 20,000ptプレゼント
DTI 10,000ptプレゼント
シナプス

ドコモ光を契約するならプロバイダ「GMOとくとくBB」からの申し込みがおすすめです。

GMOとくとくBBは料金が安い「タイプA」のプロバイダです。実測値の評価が高く、速度保証があります。

ドコモ光の窓口のなかでキャッシュバック額も最大35,500円と最高級に高く、他社ネットから乗り換えでプラス20,000円還元されます。

さらに、v6プラスに対応するWiFiルーターをレンタルが通常月額330円のところ、GMOとくとくBB経由での申し込みで無料です。

WiFiルーターも無料
最大55,500円キャッシュバック

楽天ユーザーに安くておすすめの光回線は「楽天ひかり」

楽天ユーザーに安くておすすめの光回線は「楽天ひかり」
画像:楽天ひかり公式サイトより引用[6]
有効期間 条件を満たす限り永年
内容 楽天ひかりの基本料金が1年間0円
条件 ・楽天ひかりを申し込んでから4ヶ月以内にはじめて開通している
・以下どちらかを満たしている
①楽天ひかり申込時点で、楽天モバイルの利用開始済み
②楽天ひかり申込翌月15日までに楽天モバイルの申込
対象ユーザー 楽天ひかりと楽天モバイルの契約者

楽天モバイルとスマホセット割が適用できるのは「楽天ひかり」だけです。

楽天モバイルと 楽天ひかりをセットで契約すると、楽天ひかりの月額基本料が開通月から最大12ヶ月無料になります。

楽天モバイルは基本料金が安いスマホキャリアです。通信費用をまとめて安くしたいなら、スマホキャリア・光回線ともに楽天モバイルにまとめてしまうのもおすすめです。

楽天ひかりにはプロバイダや代理店などがなく、申込窓口は公式サイトのみです。

楽天モバイルとセットで
ネット月額料金が1年タダ

格安SIMユーザーにとって安い光回線

格安SIMユーザーにとって安い光回線

近年では格安SIMのサービスも増え、通信費の相場もぐっと安くなりました。しかし基本料金が安いので、スマホセットで割引が適用できない場合も多いです。

しかし、いくつかの格安SIMではスマホセット割引を適用することができるので、紹介していきます。

格安SIM 安いおすすめ光回線 主な特典
NUROモバイル So-net 光プラス スマホ料金1年タダ
mineo eo光(関西限定) 月額料金割引
OCN モバイル ONE OCN光 月額料金割引
ahamo・povo enひかり 月額料金割引
IIJmio IIJmioひかり 月額料金割引

NUROモバイルユーザーなら「So-net 光プラス」

NUROモバイルユーザーなら「So-net 光プラス」
画像:So-net光公式サイトより引用[7]
スマホセットの特典内容
割引名 So-net 光 & NUROモバイル セット割特典
有効期間 条件を満たす限り永年
内容 スマホ月額料金が最大1年間無料
条件 ・ネット申込時にセット割を申し込む
・専用ページからNUROモバイル音声通話付きプランを契約する
対象ユーザー NUROモバイルとSo-net光プラスの契約者
料金プラン 月額料金
VS(3GB) 627円~
VM(5GB) 825円~
VL(10GB) 1,320 円~
NEOプラン(20GB) 2,699円
NEOプランLite(20GB) 2,090円
So-net 光プラスの詳細を開く
プラン ホームタイプ
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 6,138円
初期費用 事務手数料 3,500円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 4,580円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
NUROモバイルの割引額 スマホ代12ヶ月無料
プラン マンションタイプ
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 4,928円
初期費用 事務手数料 3,500円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 3,480円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
NUROモバイルの割引額 スマホ代12ヶ月無料

NUROモバイルにおすすめな光回線は「So-net 光 プラス」です。

So-net 光 プラスはキャンペーンが豊富で、高額キャッシュバックを実施しています。NUROモバイルのほか、au・UQモバイルともセット割引が適用できます。

また、高性能WiFiルーターも無料でレンタルしてもらえます。

 ひとり暮らしやライトユーザーは「So-net光 minico」がおすすめ

So-net 光minicoの詳細を開く
プラン 戸建てタイプ
契約期間 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 4,500円
初期費用 事務手数料 3,500円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 なし
工事費(撤去) なし
スマホセット割 NUROモバイルの割引額 スマホ代12ヶ月無料
プラン マンションタイプ
契約期間 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 3,400円
初期費用 事務手数料 3,500円
工事費(開通) 26,400円
解約費用 違約金 なし
工事費(撤去) なし
スマホセット割 NUROモバイルの割引額 スマホ代12ヶ月無料

NUROモバイルユーザーには「So-net 光 minico」もおすすめです。

So-net 光 minicoは契約期間の縛りなしなので違約金がありません。さらに基本料金が安く、何年契約を継続しても変わることはありません。

基本料金が安い理由は、速度制限があるからです。ホームルーターのように、夜間などの混雑しやすい時間帯は速度が制限されることがあります。

大容量通信になりにくいひとり暮らしの方や、リアルタイムでのやり取り(オンラインゲームや配信など)をしないなら「So-net 光 minico」が最も安く使えます。

縛りなしだから解約金も0円
賃貸・単身者におすすめの光回線

mineoユーザーなら「eo光」

mineoユーザーなら「eo光」
画像:eo光公式サイトより引用[8]
eo光のサービス詳細を開く
プラン ホームタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:3,280円
13ヶ月~:5,448円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 29,700円
解約費用 違約金 ~24ヶ月:最大6,200円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
mineoの割引額 330円
プラン マンションタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大速度 1Gbps
月額料金 ~12ヶ月:3,326円
13ヶ月~:3,876円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 29,700円
解約費用 違約金 ~24ヶ月:ひと月の基本料金額ー880円
スマホセット割 auの割引額 最大1,100円
UQ mobileの割引額 最大858円
mineoの割引額 330円

関西エリアにお住まいのmineoユーザーなら、電力系回線の光回線「eo光」がおすすめです。

電力系回線の光回線はエリアが限定的なぶんユーザーの人数も限られており、専用の回線を使っていることから高速通信できることで人気があります。

eo光とmineoをセットで使うと毎月330円の割引が入ります。割引額は少額に見えますが、基本料金が安いことから最もおすすめできる光回線です。

ただし、セット割が適用されるのは契約者本人に限られ、家族の分の割引は受けられないため注意しましょう。

東海エリア限定の高速回線

OCN モバイル ONEユーザーなら「OCN光」

OCN モバイル ONEユーザーなら「OCN光」
画像:OCN光公式サイトより引用[9]
OCN光のサービス詳細を開く
プラン ホームタイプ
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 5,610円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 3,600円
スマホセット割 OCNモバイルONEの割引額 220円
プラン マンションタイプ
契約期間 24ヶ月
最大速度 1Gbps
月額料金 3,960円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
解約費用 違約金 3,600円
スマホセット割 OCNモバイルONEの割引額 220円

OCN モバイル ONEユーザーなら「OCN光」がおすすめです。
同じ住所に住むOCN モバイル ONEユーザーに合計5回線までセット割を適用でき、スマホ1回線あたり220円の割引が入ります。

OCN光の月額料金は戸建て5,610円、マンション3,960円で、とくにマンションタイプは比較的安価で利用できます。

ahamo・povoユーザーなら「enひかり」

ahamo・povoユーザーなら「enひかり」
画像:enひかり公式サイトより引用[10]
enひかりのサービス詳細を開く
プラン ホームタイプ
契約期間 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 4,620円
初期費用 契約事務手数料 2,200円
解約費用 違約金 なし
スマホセット割 ahamoの割引額 110円
povoの割引額 110円
UQ mobileの割引額 110円
プラン マンションタイプ
契約期間 なし
最大速度 1Gbps
月額料金 3,520円
初期費用 契約事務手数料 2,200円
解約費用 違約金 なし
スマホセット割 ahamoの割引額 110円
povoの割引額 110円
UQ mobileの割引額 110円

ahamo、povoユーザーなら「enひかり」がおすすめです。enひかりでは「勝手に割り」を実施しており、対象ユーザー限定月額110円割引が入ります。

これまでに解説してきたセット割はすべてスマホ料金が割引されるものですが、勝手に割りは光回線の月額料金から割引が入ります。

enひかりは新しい通信方式「v6プラス」に対応する光回線で、回線が混雑しがちな時間帯でもスムーズに接続できます。

安い基本料金で、契約期間の縛り・違約金なしで光回線が使えます。

IIJmioユーザーなら「IIJmioひかり」

IIJmioユーザーなら「IIJmioひかり」
画像:IIJmioひかり公式サイトより引用[11]
IIJmioひかりのサービス詳細を開く
プラン ホームタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大速度 1Gbps
月額料金 5,456円
初期費用 事務手数料 880円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 3,000円
スマホセット割 IIJmioの割引額 660円
プラン マンションタイプ
契約期間 24ヶ月(自動更新なし)
最大速度 1Gbps
月額料金 4,356円
初期費用 事務手数料 880円
工事費(開通) 19,800円
解約費用 違約金 3,000円
スマホセット割 IIJmioの割引額 660円

IIJmioのユーザーは、IIJmioひかりを契約すると毎月660円の割引を受けられる「mio割」を適用できます。

「ウェルカムパック」や「プリペイドパック」経由でIIJmioを契約した人にも割引が適用され、光回線の料金が安くなります。

契約期間はありますが自動更新なしなので、24ヶ月以降は違約金なしで解約もできます。

安い光回線の選び方

安い光回線の選び方

安い光回線を選ぶときのポイントは3つです。それぞれの項目を詳しく解説します。

安い光回線の選び方
安い光回線の選び方①実質料金
安い光回線の選び方②キャンペーン有無
安い光回線の選び方③実測値

安い光回線の選び方①実質料金

1つ目は、実質料金を比較することです。

実質料金とは、月額料金に工事費や手数料などの初期費用と必須オプション料金を加えて、キャッシュバックなどを割り引いたあとの金額のことをいいます。

月額料金が高い場合でも、キャッシュバックや月額割引の金額が大きければ、実質料金で月額料金が安い光回線を逆転できるかもしれません。

実質料金同士を比較し、セット割の割引額も加味しながら、毎月の料金が安い光回線を選びましょう。

安い光回線の選び方②キャンペーン有無

2つ目は、適用できるキャンペーンをチェックすることです。

光回線は以下のようなキャンペーンを実施していることがあり、キャンペーンは実質料金を左右する重要なポイントです。キャンペーン内容を確認して、お得な光回線を見つけましょう。

なお、キャッシュバックは金額だけでなく、受け取りやすさにも注目するべきです。

キャッシュバックの受け取り条件が「友達を勧誘する」などの厳しいものだと、全額もしくは一部を受け取るのが難しくなってしまいます。

また、もらい忘れを防ぐために、キャッシュバックの申請・適用までにかかる時間が短い窓口を選びましょう。

安い光回線の選び方③実測値

3つ目は、通信速度の実測値です。

安さだけに注目して光回線を契約すると、回線の品質に不満を抱えてしまうかもしれません。いいなと感じる光回線を見つけたら、実際に通信した時に計測される速度「実測値」をチェックしましょう。

実測値は速度投稿サイト「みんなのネット回線速度」や、Twitterの情報から知ることができます。

まとめ

本記事では、安い光回線のサービスと選び方について解説しました。結論、安い光回線を選ぶならスマホセット割引に注目しましょう。

特典はそれぞれですが、通信費から割引がはいったり、ルーターレンタルやオプション代が無料になりお得です。

また、特定の光回線も申込窓口によって適用できるキャンペーンが変わります。

申込窓口はプロバイダ・代理店・公式があるので、それぞれの実質料金をチェックしてから申し込みを進めるとより安く光回線を契約できるでしょう。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン