カテゴリ: ドコモ光

ドコモ光の料金プランをまとめて解説!料金明細の確認の仕方やおすすめのプロバイダも紹介

ドコモ光の料金は高いの?どの料金プランがお得?おすすめのプロバイダは?という疑問を解決していきます。

結論からいうと、ドコモ光はドコモスマホとのセット割りが適用できるのでドコモユーザーにとって最もお得な光回線です。

本記事では「ドコモ光」の料金プランにフォーカスし、内訳をまとめて解説していきます。

料金シミュレーションした結果や、ドコモ光の料金を安くできる申込窓口も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

■ この記事を読んで分かること

  • ドコモ光の料金プラン
  • ドコモ光の料金プラン内訳
  • ドコモ光の料金を安くするためのコツ
  • ドコモ光のおすすめ代理店とプロバイダ

※記事中に記載の価格は特筆ない限り全て税込表記としています。

光回線のユーザー数No.1! 人気回線ドコモ光

ドコモ光

目次:

ドコモ光の解約金が7月から減額に!

2022年7月1日からドコモ光の解約金の金額が変更になり、新プランが提供開始されます。

【新プランと旧プランの解約金の比較表】

料金プラン 解約金
種別 住居タイプ 新プラン 旧プラン
定額 戸建て 5,500円
8,800円お得)
14,300円
マンション 4,180円
4,620お得)
8,800円
従量 ドコモ光ミニ 2,970円
11,330お得)
14,300円

旧プランよりも解約金が大幅に減額され、今までより解約金を気にせず乗り換えやすくなっています。

ただし、新プランの提供に伴い2年定期契約を更新するたびにdポイントで3,000ポイントもらえる「更新ありがとうポイント」が廃止になっています。

▼新プランのメリット

解約金が安くなり、乗り換えやすくなった

▼新プランのデメリット

「更新ありがとうポイント」が廃止され、長期利用に向かなくなった

ドコモ光の料金の内訳

ドコモ光 料金 内訳

まずはドコモ光を契約した際にかかる基本料金について紹介していきます。

【ドコモ光の基本料金】

戸建て マンション
月額料金 5,783円 4,463円
工事費
※キャンペーン適用で無料に
19,800円 16,500円
契約事務手数料 3,300円

後ほど詳しく説明しますが、戸建てやマンションなどの住居タイプによって金額が変わってきます

また、工事費と契約事務手数料に関しては初月のみかかるもので、それ以降の請求はありません。

この基本料金に加えて、下記のオプション料金やプランごとの差額が発生してきます。

【ドコモ光のオプション料金一覧表】

オプション名 月額料金
光電話 ドコモ光電話 550円
ドコモ光電話バリュー 1,650円
光テレビ ひかりTV for docomo 2,750円~
スカパー! 1,980円~
ドコモ光テレビオプション 825円
セキュリティ ネットワークセキュリティ 385円
サポート デジタル機器補償サービス 550円
ネットトータルサポート 550円

ここからはプランについて掘り下げて説明していきます。

1ギガの料金プラン

ドコモ光では、最大速度1Gbpsの「ドコモ光1ギガ」が通常プランとされており、料金が変動するポイントは3点あります。

▼ドコモ光1ギガプランの料金が変わるポイント

  • プロバイダタイプ
  • 契約期間の有無
  • 住宅タイプ(マンション・戸建て)

ここで紹介するプロバイダタイプの料金は、タイプA・タイプB・単独タイプの3種類です。

単独タイプはプロバイダがセットになっていないプランなので、別途プロバイダ料金が発生するので注意しましょう。

▼契約タイプ別の1ギガプランの料金表

※横にスクロールできます。

契約タイプ 契約期間 マンションタイプ 戸建てタイプ
1ギガ タイプA 2年 4,400円 5,720円
なし 5,500円 7,370円
1ギガ タイプB 2年 4,620円 5,940円
なし 5,720円 7,590円
1ギガ 単独タイプ 2年 4,180円
+プロバイダ料金
5,500円
+プロバイダ料金
なし 5,280円
+プロバイダ料金
7,150円
+プロバイダ料金

ドコモ光1ギガプランを契約するなら、タイプA対応のプロバイダを2年契約の縛りが最も安いことが分かります。

タイプAとタイプBはプロバイダ料金がセットこの料金ですが、単独タイプは回線契約のみの料金しか含んでいません。

プロバイダ料金は約数千円程度なので、合計するとタイプAより割高になります。特別な理由がない限りは単独タイプを選ぶ必要はないでしょう。

10ギガの料金プラン

続いて最大速度10Gbpsの超高速通信が可能な「ドコモ光10ギガ」の料金プランについて解説していきます。

ドコモ光10ギガは戸建てタイプ専用のプランです。単独タイプはプロバイダがセットになっていないプランなので、別途プロバイダ料金が発生するので注意しましょう。

▼契約タイプ別の10ギガプランの料金表

契約タイプ 契約期間 月額料金
10ギガ タイプA 2年 6,930円
なし 8,580円
10ギガ タイプB 2年 7,150円
なし 8,800円
10ギガ 単独タイプ 2年 6,490円
+プロバイダ料金
なし 8,140円
+プロバイダ料金

ドコモ光1ギガと同様、タイプA対応のプロバイダを2年契約の縛りが最も安いことが分かります。

ドコモ光10ギガの契約を検討しているユーザーは、料金シミュレーションなどをする前にエリア確認をしておきましょう。

ドコモ光10ギガの提供エリアは限られているため、せっかく比較やシミュレーションをしても申し込みが出来ない場合があります。

ドコモ光の料金の一覧表

ドコモ光 料金 まとめ 一覧

ここまで料金プランについて説明しましたが、改めてドコモ光がどのような光回線なのか再確認しておきましょう。

▼ドコモ光(戸建て)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 277.53Mbps
上り 231.03Mbps
月額料金 5,783円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 19,800円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 5,500円
実質月額料金(契約期間) 5,783円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

▼ドコモ光(マンション)のサービス詳細を開く

※横にスクロールできます。

エリア 全国
申し込み窓口(代理店) ネットナビ
プラン 1ギガ タイプA
契約期間 2年(自動更新)
最大速度 1Gbps
平均実測値※ 下り 262.67Mbps
上り 231.45Mbps
月額料金 4,463円
初期費用 事務手数料 3,300円
工事費(開通) 16,500円
※完全無料キャンペーン中
解約費用 違約金 4,180円
実質月額料金(契約期間) 4,463円
スマホセット割 ドコモの割引額 最大1,100円

※参考:みんなのネット回線速度に投稿された10月~12月の実測値平均

■ 最新キャンペーン情報

  • 15,000円キャッシュバック(オプションなし)
  • 20,000円キャッシュバック(オプションあり)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 工事費完全無料
  • 無線ルーターレンタル代が無料

ドコモ光では上記プランのほかにも、契約期間なしのプランやプロバイダ料金が別途必要な「単独タイプ」なども提供しています。ただし月額料金が高いため、契約するなら契約期間ありプランがおすすめです。

ドコモ光はいくつかのプロバイダがあり、自身で選ぶことが可能です。

契約するプロバイダによって速度やキャンペーンなどが異なるため、安く快適にドコモ光を使うには、プロバイダも比較して契約する必要があるでしょう。

そもそもプロバイダとは

プロバイダとは
画像:フレッツ光公式サイトより引用[1]

プロバイダとは、回線をインターネットにつなぐ役割を担っています。そのためインターネットを利用するには、回線とプロバイダの契約をそれぞれ行う必要があります。

ですがドコモ光を含む光回線サービスでは、回線とプロバイダがセットで契約できるプロバイダ一体型のプランが主流です。

プロバイダ一体型の光回線では、まとめて支払いができ、回線とプロバイダを別々に契約するより月額料金もお得な傾向にあります。

また、ドコモ光ではプロバイダ一体型のプランをプランA・プランBの2つ提供しています。各プランに対応するプロバイダが複数あり、その中から好きな契約が選べる仕組みです。

タイプAとタイプBの主な違いは、契約できるプロバイダ・月額料金設定です。

▼プロバイダ一体型プランで選べるプロバイダ
タイプA タイプB
・ドコモnet
・plala
・GMOとくとくBB
・@nifty
・ANDLINE
・スピーディア インターネットサービス
・BIGLOBE
・IC-NET
・hi-ho
・BB.excite
・Tigers-net.com
・エディオンネット
・シナプス
・DTI
・楽天ブロードバンド
・ネスク
・TikiTikiインターネット
・OCN
・@T COM
・TNC
・@ちゃんぷるネット
・WAKWAK
・AsahiNet

契約事務手数料

ドコモ光に申し込むと、3,300円の契約事務手数料が発生します。工事費や初月の月額料金に加算されて請求が入るので、認識しておきましょう。

この契約事務手数料は、他社光回線の契約時にも、支払いが発生するケースがほとんどです。

工事費

ドコモ光を新規契約する場合、開通工事をする必要があり、工事費が発生します。工事費の金額は戸建てタイプとマンションタイプでそれぞれ異なります。

▼ドコモ光の開通工事費

契約タイプ 工事費
戸建てタイプ 19,800円
マンションタイプ 16,500円

ですが、現在ドコモ光に申し込みすれば「新規工事費無料キャンペーン」で、工事費が完全無料にできます。

他社光回線でも工事費無料キャンペーンは実施されていますが、実質無料の場合がほとんどです。

実質無料とは、工事費を分割払いで申し込むと、分割金と同じ金額を毎月割引する特典が適用され、無料になる仕組みのことを指しています。

そのため、分割払いをしている期間内に解約するとその時点での工事費用残債が発生し、結局支払いが必要になってしまいます。

対して、ドコモ光では工事費の支払い自体が発生しないキャンペーンを実施しているので、いつ解約しても残債を請求されることがありません。

工事費無料キャンペーンで完全無料になる光回線は珍しいので、この点はドコモ光の大きなアドバンテージと言えるでしょう。

ただし、開通工事を土・日・祝日にした場合に発生する3,300円の追加工事費については、無料キャンペーンの対象外です。

違約金

2022年7月1日からドコモ光の解約金の金額が変更になり、新プランが提供開始されます。

ドコモ光を契約更新月以外の月に解約すると、違約金が発生します。

違約金の金額は、戸建てタイプとマンションタイプで異なるので注意が必要です。契約前に、申し込みしたい契約タイプの違約金がどれくらいかかるのか、確認しておくことをおすすめします。

違約金の支払いを避けたい方は、更新月はいつなのか把握しておきましょう。

▼ドコモ光旧プランの解約違約金表

契約タイプ 違約金
戸建てタイプ 14,300円
マンションタイプ 8,800円

※価格はすべて税込

▼ドコモ光新プランの解約違約金表

契約タイプ 違約金
戸建てタイプ 5,500円
マンションタイプ 4,180円

※価格はすべて税込

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ドコモ光 セット割

おうち割の説明画像
ドコモ光 セット割(引用元:ドコモ光公式サイト[1]

ドコモのスマホ回線を契約していると、ドコモ光 セット割が適用され毎月最大1,100円の割引が受けられます。

ドコモのスマホセット割が適用できる光回線はドコモ光のみなので、ドコモユーザーは最優先で検討すべき光回線と言えるでしょう。

ただし、セット割の割引額はスマホの契約プランによって変わります。

▼ドコモ光セット割の割引額

料金プラン 1回線あたりの割引額
5Gギガホ プレミア 1,100円
5Gギガホ プレミア
5Gギガホ
ギガホ プレミア
ギガホ
5Gギガライト/ギガライト ステップ4:~7GB 1,100円
ステップ3:~5GB 1,100円
ステップ2:~3GB 550円
ステップ1:~1GB

セット割はドコモ光とドコモスマホの契約者名義の一致で自動適用されます。面倒な手続きやオプション加入は不要です。

離れて住んでいる家族も割引対象

ファミリー割引の説明画像
ドコモ光 セット割(引用元:ドコモ光公式サイト[1]

ドコモ光 セット割の割引は、ファミリー割引グループ内であれば家族のスマホ料金にも適用されます。

一緒に暮らしていない家族も20台までセット割の対象になるので、ドコモユーザーの家族が多ければ大幅な通信費の節約につながります。

▼ファミリー割引グループの対象者

  • 三親等以内の家族・親族
  • 事実婚の家族
  • 同性パートナー

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ahamoはセット割の対象外

ドコモの格安料金プラン「ahamo」はドコモ光セット割の対象外です。

しかし、ahamoの基本料金が低いためセット割を適用しなくとも安く利用できます。ahamoユーザーの方はセット割が対象でないので注意しましょう。

オプション料金一覧

ドコモ光では、さまざまな便利なオプションサービスが提供されています。

オプションにも月額料金が発生するので、回線とプロバイダ料金にプラスしてどれくらいの料金が発生するか確認する必要があります。

【ドコモ光のオプション料金一覧表】

オプション名 月額料金
光電話 ドコモ光電話 550円
ドコモ光電話バリュー 1,650円
光テレビ ひかりTV for docomo 2,750円~
スカパー! 1,980円~
ドコモ光テレビオプション 825円
セキュリティ ネットワークセキュリティ 385円
サポート デジタル機器補償サービス 550円
ネットトータルサポート 550円

オプションは加入すると便利な特典を受けられますが、すべてのオプションサービスに加入してしまうと利用料金が高額になってしまいます。

サービス内容を十分確認したうえで、必要なオプションに加入するようにしましょう。

光テレビサービスの月額料金

ドコモ光テレビオプションとは、地デジ・BS・CS(別料金)が見られるテレビサービスです。ひかりTV for docomo と比べ高額な初期費用はかかりますが、月額料金は安く設定されています。

【ドコモ光テレビの料金】

月額料金 825円
初期費用 基本工事費 3,300~8,250円
テレビ接続工事費 7,150~21,780円
テレビ視聴サービス登録料 3,080円
契約事務手数料 0~2,200円
オプション料金 / 月 スカパー基本料 429円
チャンネルパック料金 1,980~4,138円

光電話サービスの月額料金

ドコモ光電話とは、ドコモ光回線を使った固定電話サービスです。ドコモ光回線の月額使用料に月額プラス550円で使用できます。

ただし、ドコモ光電話はドコモ光10ギガプランには対応していませんので注意しましょう。

ドコモ光の料金のシミュレーション

ドコモ光の料金のシミュレーション
ドコモ光の料金のシミュレーション

ここまでドコモ光の料金内訳について、詳しく解説してきました。

ですが、ドコモ光を実際に契約したとき、どれくらいの総費用がかかるのかイメージすることは難しいのではないでしょうか?

そこでここからは、3パターンにわけてドコモ光の料金シミュレーションをしていきます。似ているパターンを参考にイメージしてください。

①マンションに1人で住みahamoを使っている場合

シミュレーション①は、マンションに一人暮らしをしているahamoユーザーが、ドコモ光を利用しているパターンです。

下記条件を踏まえて、実質料金のシミュレーション結果を確認してみましょう。

▼シミュレーション①の契約条件

  • 契約人数:1名
  • 契約タイプ:ドコモ光 マンションタイプ
  • プロバイダ:タイプA(2年間の契約期間あり)
  • オプション加入なし
  • スマホプラン:ahamo

▼シミュレーション①の利用料金

スマホの契約回線 ahamo
月額料金(マンション) 105,600円(4,400円×24ヶ月)
工事費 0円(16,500円がキャンペーンで無料)
事務手数料 3,300円
ドコモ光セット割の割引額 0円
実質総額料金(2年間) 108,900円
実質月額料金(2年間) 4,536円

ahamoユーザーはドコモ光セット割の対象外で割引が適用されません。

ahamoはドコモの格安プランですが、ドコモ光を契約しても特別お得になるわけではないので注意が必要です。

②マンションに1人で住みドコモのギガプランを使っている場合

シミュレーション②は、マンションに一人暮らしをしているドコモのギガプランユーザーが、ドコモ光を利用しているパターンです。

▼シミュレーション②の契約条件

  • 契約人数:1名
  • 契約タイプ:ドコモ光 マンションタイプ
  • プロバイダ:タイプA(2年間の契約期間あり)
  • オプション加入なし
  • スマホはドコモのギガプランを利用している

▼シミュレーション②の利用料金

スマホの契約回線 ドコモのギガプラン
ドコモ光の月額料金(マンション) 105,600円(4,400円×24ヶ月)
工事費 0円(16,500円がキャンペーンで無料)
事務手数料 3,300円
ドコモ光セット割の割引額 −26,400円(1,100円×24ヶ月)
実質総額料金(2年間) 82,500円
実質月額料金(2年間) 3,438円

ドコモのギガプランを契約している場合は、ドコモ光 セット割で1回線あたり1,100円の割引が適用されます。

シチュエーション②は契約者が1名なので、2年間で総額26,400円の割引分だけスマホ料金がお得になります。

ドコモ光 セット割の割引は、スマホの月額料金に適用されます。しかし通信費全体で見ると26,400円も節約できるため、活用しましょう。

③戸建てに家族4人で住みドコモ回線を契約していた場合

最後のシミュレーション③は、戸建て物件でドコモ光を契約し、家族4人がドコモスマホを利用しているパターンです。

▼シミュレーション③の契約条件

  • 契約(グループ)人数:4名
  • 契約タイプ:ドコモ光 戸建てタイプ
  • プロバイダ:タイプA(2年間の契約期間あり)
  • オプション加入なし
  • 2名ドコモの5Gギガホプレミア、2名ドコモの5Gギガライト(~3GB)を契約

▼シミュレーション③のドコモ光の利用料金

スマホの契約回線 ドコモの5Gギガホプレミア(2回線) ドコモの5Gギガライト:~3GB(2回線)
月額料金(戸建て) 137,280円(5,720円×24ヶ月)
工事費 0円(19,800円がキャンペーンで無料)
事務手数料 3,300円
ドコモ光セット割の割引額 −52,800円
(2,200円×24ヶ月)
−26,400円
(1,100円×24ヶ月)
実質総額料金(2年間) 61,380円
実質月額料金(2年間) 2,558円

ドコモの上記対象プランをスマホで契約している場合は、ドコモ光 セット割で合計3,300円の割引が入ります。

契約期間までの2年分を合計すると、総額79,200円もの通信費節約に繋がります。

実質月額料金は2,558円と、ポケット型WiFiやホームルーターより安い値段で使用ができるため、ドコモ光 セット割を複数回線で適用するほどお得に運用することが可能でしょう。

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ドコモ光のプロバイダ料金比較

ドコモ光のプロバイダ料金比較

ここからはドコモ光に申し込みの際、どのプロバイダを指定するのがお得なのか、対応タイプやキャンペーン内容を比較していきます。

プロバイダによっては、V6プラスに対応していたり、高性能WiFiルーターを無料レンタルできたりと、通信速度も変わってくるのであわせて確認してみてください。

▼ドコモ光 タイプAのサービス一覧表を見る

▼ドコモ光 タイプAのサービス一覧表

プロバイダ名 実測値 V6プラス対応 無料ルーターレンタル キャンペーン内容
シナプス 下り:307.73Mbps
上り:152.22Mbps
× × ・セキュリティソフト12ヶ月無料
・リモートサポート初回無料
・出張サポート初回無料
ドコモnet 下り:306.22Mbps
上り:244.17Mbps
× ・セキュリティソフト12ヶ月無料
・マルウェア不正通信ブロック機能が無料
GMOとくとくBB 下り:297.65Mbps
上り:231.37Mbps
・最大20,000円キャッシュバック
・解約違約金20,000円還元
・モバイルWiFi最大3ヶ月無料レンタル
・訪問サポート初回無料
・セキュリティソフト12ヶ月無料
BIGLOBE 下り:295.71Mbps
上り:194.07Mbps
・セキュリティソフト12ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
TikiTiki 下り:289.13Mbps
上り:154.88Mbps
×
Tigers-net.com 下り:277.35Mbps
上り:243.28Mbps
・訪問サポート初回無料
・セキュリティサービス無料
ぷらら 下り:275.11Mbps
上り:204.83Mbps
・15,000円キャッシュバック
・セキュリティソフト24ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
エディオンネット 下り:266.13Mbps
上り:186.86Mbps
×
DTI 下り:263.57Mbps
上り:225.76Mbps
× ・DTI優待サービス
・安心パックオプション最大2ヶ月無料
・スマホバックアップ最大2ヶ月無料
BB.excite 下り:241.3Mbps
上り:188.39Mbps
・セキュリティソフト36ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
IC-NET 下り:229.16Mbps
上り:184.29Mbps
・セキュリティサービス無料
・訪問サポート2回無料
・安心サポート永年無料
@nifty 下り:215.77Mbps
上り:228.1Mbps
・20,000円キャッシュバック
・セキュリティサービス12ヶ月無料
・パスワードマネージャー最大6ヶ月無料
・リモートサポート初回無料
・訪問サポート初回無料
andline 下り:214.89Mbps
上り:189.61Mbps
・セキュリティソフト12ヶ月無料
・メールセキュリティサービス永年無料
@ネスク 下り:194.09Mbps
上り:147.97Mbps
× ×
楽天ブロードバンド 下り:165.06Mbps
上り:159.7Mbps
× ・セキュリティサービス12ヶ月無料
・電話設定サポート初回無料
SIS(SPEEDIA) 下り:158.64Mbps
上り:224.86Mbps
・セキュリティサービス永年無料
・リモートサポート初回無料
・訪問サポート初回無料
hi-ho 下り:137.84Mbps
上り:175.76Mbps
・セキュリティソフト12ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
▼ドコモ光 タイプBのサービス一覧表を見る

▼ドコモ光 タイプBのサービス一覧表

プロバイダ名 実測値 V6プラス対応 無料ルーターレンタル キャンペーン内容
@TCOM 下り:288.56Mbps
上り:206.29Mbps
× ・セキュリティーサービス3ヶ月無料
OCN 下り:262.73Mbps
上り:191.44Mbps
・セキュリティサービス12ヶ月無料
・訪問サポート初回無料
WAKWAK 下り:217.04Mbps
上り:182.66Mbps
×
TNC 下り:335.84Mbps
上り:224.49Mbps
× ×
@ちゃんぷるネット 下り:1.76Mbps
上り:112.93Mbps
・無料設定サポート12ヶ月無料
ASAHIネット 下り:279.14Mbps
上り:224.58Mbps
× ×

同じドコモ光のプロバイダであっても、通信速度やキャンペーン内容に大きな違いがあることがわかります。

お得にドコモ光を利用したい場合は、タイプA対応のプロバイダであること、キャッシュバック額が高額であることの2点に注目する必要があります。

プロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ!

ドコモ光 GMOとくとくBB
画像:ドコモ光 GMOとくとくBB公式サイトより引用[2]

ドコモ光のプロバイダは、キャッシュバックが高額で通信速度が速い「GMOとくとくBB」がもっともおすすめです。

GMOとくとくBBはお得なタイプAに対応しているうえ、20,000円の高額キャッシュバックが受けられます。

速度面を考慮する際、V6プラス接続に対応しています。

V6プラスに対応していれば、従来のIPv4と最新のIPv6のどちらも利用できます。簡単にいうと、V6プラスに対応していることで、速度の低下を抑えられます。

最新のIPv6接続を利用したい場合は、専用のWiFiルーターを用意する必要がありますが、GMOとくとくBBなら無料でレンタルが可能です。

レンタルできるWiFiルーターは、V6プラスが設定された状態で届くので、設定の手間も必要ありません。

お得にかつ快適にドコモ光を利用したい方は、GMOとくとくBBをプロバイダに選ぶことをおすすめします。

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ドコモ光の料金を安くするための5つのコツ

ドコモ光の料金を安くするための5つのコツ
ドコモ光の料金を安くするための5つのコツ

ドコモ光を少しでもお得に利用したい場合、どのような点を意識するとよいのでしょうか。ここでは、ドコモ光の料金を安くするための5つのコツを解説していきます。

①お得な代理店から申し込む

ドコモ光をお得に契約したいなら、代理店経由で申し込むことをおすすめします。

代理店からの申し込みがおすすめな理由は、各窓口の独自キャンペーンに加えて、公式キャンペーンが併用できるからです。

ドコモ光の公式サイトから申し込みすると、公式の特典とプロバイダ特典のみしか適用できません。

代理店から申し込みする際は、ドコモ光公式代理店の「ネットナビ」が最もおすすめです。

ネットナビからの申し込みで、オプション加入なしで最短翌月15,000円のキャッシュバックがもらえたり、開通まで無料でポケット型WiFiをレンタル可能です。

②プロバイダはタイプAを契約する

ドコモ光の料金を安くするためには、タイプA対応のプロバイダを契約しましょう。タイプA対応のプロバイダの月額料金は、タイプBよりも220円安く設定されています。

タイプAとタイプBでは契約できるプロバイダが違いますが、通信速度が悪かったり、サービス内容が劣っている、オプション加入が必須などの条件はありません。

とくにプロバイダにこだわりが無いようであれば、ドコモ光 Aプランを契約することで料金を抑えることをおすすめします。

③ドコモスマホとのセット割を活用する

ドコモ光の料金も含めた通信費全体を安く抑える方法として、ドコモスマホとのセット割を活用しましょう。

先述したとおり、ドコモ光ではドコモスマホとのセット割で、1回線あたり最大1,100円のスマホ料金の割引が受けられます。

家族もドコモユーザーなら最大20台まで割引が適用されるため、大幅な通信費の節約に繋げることができるでしょう。

ドコモ光の契約をするタイミングでスマホの契約キャリアやプランを見直すのも有効です。ドコモ光 セット割で受けられる割引は、ドコモスマホの月額料金に適用されます。

④不要なオプションは解約する

ドコモ光ではオプションプランも充実していますが、不要なオプションに加入すると請求が高くなってしまうため注意しましょう。

オプションサービスは便利なものばかりですが、月額料金が発生する場合がほとんどです。

不要だと思うオプションや契約したもののそれほど利用しなかったサービスは、この機会にすべて解約しましょう。解約は「My docomo」「ドコモショップ」「ドコモインフォメーションセンター」で手続きできます。

▼ドコモ光の問い合わせ窓口

窓口 ドコモインフォメーションセンター
電話番号(ドコモの携帯電話) 151
電話番号(一般) 0120-800-000
受付時間 午前9時~午後8時

⑤解約は違約金のかからないタイミングで行う

ドコモ光では契約更新月以外の月に解約した場合、違約金が発生します。

ドコモ光の解約違約金が無料になるタイミングは、契約満了月の当月と翌月、翌々月の3ヶ月です。

契約期間は2年間なので、契約満了月の24ヶ月目・25ヶ月目・26ヶ月目に解約すれば違約金を無料にできます。

もしドコモ光を解約することがあれば、契約期間の把握は必須であることを認識しておきましょう。

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ドコモ光の実質料金の安いお得な代理店を徹底比較!

ドコモ光の実質料金の安いお得な代理店を徹底比較!
ドコモ光の実質料金の安いお得な代理店を徹底比較!

ドコモ光の申し込みはドコモ光公式代理店の「ネットナビ」からがもっともおすすめです。

代理店ネットナビからドコモ光に申し込みすれば、20,000円の独自キャッシュバックが最短翌月にもらえます。

また代理店ネットナビでは、工事が完了するまでの間、ポケット型WiFiを無料でレンタルできるなどサポートも充実しています。仕事でインターネットを利用する頻度が高い方でも、安心してドコモ光に申し込みできるはずです。

代理店ネットナビから申し込みする際は、プロバイダを「GMOとくとくBB」に選ぶことが可能です。

▼代理店のキャンペーンの比較表(現金キャッシュバック)
申込窓口 キャッシュバック額 手続き方法 受取時期
代理店ドコモオンラインコンシェルジュ 20,000円 メールから手続き 最短翌月
代理店ネットナビ 20,000円 メールから手続き申請書を郵送 最短翌月
代理店Wiz 最大20,000円 申込後に専用フォームから申請手続き 6ヶ月後
GMOとくとくBB 20,000円 開通4ヶ月目にメールから口座を登録 5ヶ月後
@nifty 20,000円 なし 8ヶ月後
OCN 20,000円 メールから60日以内に口座を登録 3ヶ月後
ぷらら 15,000円 メールから口座を登録 5ヶ月後
▼代理店のキャンペーンの比較表(現金キャッシュバック)
20,000ポイント還元 10,000ポイント還元
・TikiTiki
・ドコモ公式サイト
・TNC
・シナプス
・ドコモnet
・エディオンネット
・ASAHIネット
・BIGLOBE
・@TCOM
・OCN
・DTI
・@ネスク
・Tigers-net.com
・IC-NET
・BB.excite
・WAKWAK
・andline
・SIS(SPEEDIA)
・楽天ブロードバンド
・hi-ho
・01光コアラ
・@ちゃんぷるネット

※申請不要、2か月後に還元

オプションなしでも
現金15,000円キャッシュバック

ドコモ光の料金の確認方法

ドコモ光の料金の確認方法
ドコモ光の料金の確認方法

契約後に「ドコモ光の料金を確認したい」と思う場面が何度もおとずれるはずです。そこでここからは、WEBでドコモ光の料金明細を確認する手順についてご紹介します。

ドコモ光のWEB料金明細は「My docomo」にアクセスできれば簡単に閲覧可能です。パソコンからWEB明細を確認する手順は以下のとおりです。

▼WEB明細の確認の手順

  1. 「My docomo」にアクセスする
  2. dアカウントIDとパスワードを入力しログインする
  3. 「料金明細」タブを選択する
  4. 利用料金の明細が表示される

料金明細はドコモの公式アプリ「My docomo」にアクセスしても閲覧できます。

スマホもドコモにまとめるとお得!

ドコモ

ドコモ光を利用中の方は、スマホも一緒にドコモへまとめるのがおすすめです。

ドコモの大容量プランである「5Gギガホ プレミア」では、利用データ量が少なかった月に自動で割引がされるので、固定回線を既に契約中の人にもおすすめです。

家族のうち一人でもドコモの固定回線を利用していれば、離れて暮らしていても「ドコモ光セット割」が適用されます。

さらに、ドコモユーザーの家族が3人以上いれば「みんなドコモ割」でさらに割引されるので、ドコモ光の契約を機にスマホの契約も見直してみてはいかがでしょうか?

▼家族でドコモへまとめた場合の料金を確認する
〜3GB 無制限
5Gギガホ プレミア(基本料金) 5,665円 7,315円
みんなドコモ割(3回線以上) -1,100円 -1,100円
ドコモ光セット割 -1,100円 -1,100円
dカードお支払割 −187円 −187円
合計 3,278円 4,928円

※価格はすべて税込

また、ドコモでは最新機種が最大22,000円の割引が適用して購入できるだけでなく、「いつでもカエドキプログラム」も利用することで、iPhone 13シリーズであれば、実質27,368円〜から購入することも可能です。

▼割引の詳細を確認する
iPhone 13 mini(128GB) 98,208円
5G WELCOME割 -22,000円
いつでもカエドキプログラム(残価) -48,840円
合計 27,368円
(1,189円×23回)

※価格はすべて税込
※端末を23か月目までに返却をした場合で計算

固定回線を申し込むタイミングは、スマホの料金も見直したり、新しい端末を購入するには絶好のタイミングです。

固定回線と携帯キャリアをそろえるメリットはたくさんあるので、ぜひ検討してみてください。

iPhone 14シリーズ 最大22,000円割引!

ドコモ光料金に関するよくある質問

Q&Aの文字画像
ドコモ光料金に関するよくある質問

最後にドコモ光の料金に関するよくある質問をまとめました。

料金の支払いにクレジットカードは利用できるのか、引っ越し先でも利用したい場合について記載しているので、ぜひ参考にしてください。

料金の支払い方法はクレジットカードは使える?

A.使えます

ドコモ光の支払い方法は、下記の2種類です。

▼ドコモ光の支払い方法

  • クレジットカード
  • 口座振替

ただし、カード払いや口座振替による支払いがうまくできなかった時に請求書払いを求められる場合があります。

引っ越し先でもドコモ光を利用したい場合は?

A.移転の手続きを申し込む

引っ越し先でもドコモ光を利用したい場合は、移転の手続きを行いましょう。

詳しくは下記の記事にて説明しているので、移転の際は参考にしてください。

ドコモ光を申し込むならどこがおすすめ?

A.代理店ネットナビです

ドコモ光の申し込みはドコモ光公式代理店の「ネットナビ」からがおすすめです。

代理店ネットナビからの申し込みだと、20,000円の独自キャッシュバックが最短翌月にもらえます。

また、代理店ネットナビから申し込みする際は、V6プラス接続対応プロバイダの「GMOとくとくBB」を選ぶことが可能です。

まとめ

本記事ではドコモ光の料金について解説しました。

ドコモ光にはいくつかの料金プランがあり、料金プランの中でもタイプが分かれています。違いは申し込めるプロバイダですが、月額料金も違うためコストを抑えたい方は事前に料金を確認しておきましょう。

また、ドコモ光の料金を少しでも抑えたいと考えている方は、以下5つのコツを意識することが大切です。

▼ドコモ光の料金を安くするための5つのコツ

  • お得な代理店から申し込む
  • プロバイダはタイプAを契約する
  • ドコモスマホとのセット割を活用する
  • 不要なオプションは解約する
  • 解約は違約金のかからないタイミングで行う

上記ポイントも踏まえたうえで、ドコモ光をお得に利用するなら、代理店ネットナビからGMOとくとくBBをプロバイダに指定して申し込みするのがベストな選択です。

ドコモ光の料金を少しでも安くしたい方は、今回の記事を参考に契約を検討してみてください。

※ポケットWiFi(Pocket WiFi)とは、ワイモバイルが提供する商品名です。この記事では、「持ち運びができるモバイルWiFiルーター=ポケット型WiFi、モバイルルーター」と表記しています。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン