格安SIMを徹底比較!主要MVNO18社の特徴と料金プランまとめ

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: 格安SIM, 比較

タグ: ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加



いま選ぶべき格安SIMはどれ?料金や通信速度を徹底比較!

ここ数年で「格安SIM」が急成長し、一気に認知が広まってきました。しかし、どうしてもつきまとうのが、「格安SIMを始めたいけど、どれを選べばいいかわからない!」という声です。

そこで、この記事では自分にあった格安SIMを見つけるために、おすすめ格安SIMの比較と格安SIMの選び方を解説します。プラン、料金、通信速度といったさまざまなポイントで格安SIMを比較して、スマホをよりお得に使いましょう!

最終更新:2017年06月14日

目次:

いま人気の高いおすすめの格安SIM4選

まずは編集部が独自に選ぶ、いま人気の高いおすすめの格安SIMをご紹介します。格安SIMの選び方や料金比較、速度比較など詳しい内容は後述しますが、手っ取り早く格安SIMを選びたい方はこちらのプランをぜひ参考にしてみてください。

UQ mobile:快適な通信速度を誇るau系MVNO

UQ mobile

UQコミュニケーションズが提供するau系MVNOの「UQ mobile」は、当サイトで毎週実施している格安SIM速度ランキングにおいて優秀な成績を誇っています。計測を開始して以来ずっとトップを走り、更に細かい計測を行ったモバレコ独自の「通信快適さランキング」においても快適な結果を出しています。

au系MVNOとあってまだまだ利用端末が少ない印象ですが対応する端末も徐々に増えてきました。格安SIM通販サイト・モバレコ バリューストアでも初期費用割引キャンペーン対象プランにもなっているのでお得に始めることができます。

楽天モバイル:セット端末が充実なMVNO、楽天ポイントも貯まる!

楽天モバイル

おそらくTVCMで一番多く見かけるMVNOがこの「楽天モバイル」。セット販売する端末の豊富さは随一で、幅広いユーザーに応じたプランを提供しているのが特徴。クレジットカード払いだけでなくデビットカードや口座振替にも対応する数少ない格安SIMです。

BIGLOBE SIM:エンタメフリーオプションでYouTubeが見放題!

BIGLOBE SIM

老舗プロバイダとしても知名度の高いビッグローブが提供する格安SIM「BIGLOBE SIM」。同等の料金でも他社より多くデータ通信ができる6ギガプラン(6GB/月)や12ギガプラン(12GB/月)が人気のプランです。

なんといっても最大の特徴は特定の動画・音楽コンテンツが使い放題となる「エンタメフリーオプション」です。YouTubeやAbema TV、Google Play Musicといった人気コンテンツが対象で、音声通話プランの場合480円/月で加入できます。対象プランは6GB以上のプランとなっています。

BIGLOBE SIMもモバレコ バリューストアの初期費用割引キャンペーン対象プランです。

mineo:ドコモ・au系プランを選択できるマルチキャリア

mineo

ドコモ回線、au回線を選んで使えるマルチキャリアのmineo(マイネオ)もおすすめ。毎週更新の格安SIM速度ランキングでも好成績を叩き出す実用的なSIMで、こちらも多くのユーザーに支持されています。

マルチキャリアも立派な特徴ですが、ユーザーコミュニティの「マイネ王」や独自のサービス「パケットギフト」や「フリータンク」もmineoならではの特徴。家族・友人間でパケットを分け合ったり、mineoユーザー同士で分け合うこともできます。

ドコモ・au回線を選べるので、端末の選択肢が多いのも嬉しいポイント。

格安SIMの選び方

他のSIMを見てみたいという方のためにも、格安SIMの選び方をご紹介します。

大きく分けて、「音声通話プランかデータ専用プラン」「月々の料金とデータ通信量」「通信速度」が主なポイントです。

ここでは以下の記事からかいつまんで解説します。

音声通話プランかデータ専用プランを選択する

まずは「音声通話プラン」か「データ通信専用プラン」かを選択します。カンタンにいうと「電話が必要かどうか」です。これまで通りメインのスマホとして使いたい場合は使い勝手の変わらない「音声通話プラン」を、2台目スマホやタブレットでの使用、あるいは節約のために通話をアプリで代用するといった場合には「データ通信専用プラン」を選択します。ご自身の使い方に応じて選択しましょう。

その他大きな違いとしては、「データ通信専用プラン」には基本的に最低利用期間が設けられていません。そのため、使ってみて合わなければ違約金を払うことなく解約することもできます。

月々の料金は主にデータ通信量で決まる

「音声通話プラン」か「データ通信専用プラン」を選択したら、あとは「月々のデータ通信量」によって料金が決まってきます。ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアと同様、「1GB」や「5GB」といった通信量が設けられており、それに応じた月額料金が設定されています。

具体的な料金については後述するので、まずは「自分が月に何GB必要なのか?」ということを考えてみましょう。以下の記事も参考にしてみてください。

通信速度で格安SIMを選ぶ

似たようなデータ通信量、似たような月額料金のプランが複数あった場合、「通信速度」で選ぶのも1つの手です。通信速度とはつまり「つながりやすさ」であり、どれだけ快適にネットが使えるかという指標になります。

モバレコでは独自で通信速度の計測を行っています。結果がひと目でもわかりやすい「通信速度ランキング」と、より複雑な調査を24時間常に行っているモバレコの独自調査「通信快適さランキング」の2つがあります。それぞれ毎週データを公開しているので、ぜひ参考にしてみてください。なお、この記事の最後の方にも速度ランキングのデータを抜粋して掲載しています。

主要MVNO18社の料金を一斉比較

主なMVNOの料金プランを一覧にまとめました。「音声通話プラン」と「データ通信専用プラン」をそれぞれ一覧でチェックできます。

表では500MB~12GBの定額プランの通信量別の料金を比較できます。

音声通話対応プランの料金一覧

音声通話に対応した料金一覧です。音声プランの場合、基本的にSMS利用料が含まれています(送受信料は別)。

スマホからご覧の方は横にスクロールすることができます。赤字は同容量内で最安値のもの。

●MVNO18社の料金一覧・音声通話プラン(単位:円)

MVNO 500MB 1GB 2GB 3GB 5GB 6GB 7GB 10GB 12GB
b-mobile 1,980
BIGLOBE SIM 1,400 1,600 2,150 3,400
DMM mobile 1,260 1,380 1,500 1,910 2,560 2,890
DTI SIM 1,200 1,490 1,920 2,800
FREETEL 1,199 1,600 2,220 3,170
IIJmio 1,600 2,220 3,260
LINEモバイル 1,200 1,690 2,220 2,880 3,220
mineo Aプラン 1,310 1,410 1,510 2,190 3,130
mineo Dプラン 1,400 1,500 1,600 2,280 3,220
NifMo 1,600 2,300
nuroモバイル 1,400 1,600 2,000 2,200 2,400 3,000
OCN モバイル ONE 1,800 2,150 3,000
U-mobile 1,580 1,980
UQ mobile 1,680
イオンモバイル 1,130 1,280 1,380 1,980 3,280
エキサイトモバイル 1,370 1,470 1,600
スマモバ 1,580 2,480
ロケットモバイル 1,250 1,300 1,400 1,800 2,400
楽天モバイル 1,600※ 2,150 2,960

※楽天モバイルは3.1GB利用可能

データ通信専用プランの料金一覧

データ通信専用プランの料金一覧です。データプランの場合、SMS利用は別途申し込みが必要で、100円/月程度の追加料金が発生します。→SMSは必要?

こちらもスマホからご覧の方は横にスクロールすることができます。赤字は同容量内で最安値のもの。

●MVNO18社の料金一覧・データ通信専用プラン(単位:円)

MVNO 500MB 1GB 2GB 3GB 5GB 6GB 7GB 10GB 12GB
b-mobile 1,180
BIGLOBE SIM 900 1,450 2,700
DMM mobile 480 770 850 1,210 1,860 2,190
DTI SIM 600 840 1,220 2,100
FREETEL 499 900 1,520 2,470
IIJmio 900 1,520 2,560
LINEモバイル 500 1,100 1,640 2,300 2,640
mineo Aプラン 700 800 900 1,580 2,520
mineo Dプラン 700 800 900 1,580 2,520
NifMo 900 1,600
nuroモバイル 700 900 1,300 1,500 1,700 2,300
OCN モバイル ONE 1,100 1,450 2,300
U-mobile 790 1,480
UQ mobile 980
イオンモバイル 480 780 1,480 2,680
エキサイトモバイル 670 770 900
スマモバ 2,480
ロケットモバイル 590 690 840 1,200 1,850
楽天モバイル 900※ 1,450 2,260

※楽天モバイルは3.1GB利用可能

従量制プランの料金一覧

月によってデータの利用料が異なる方は、従量制プランがおすすめ。使った分だけの課金になるため使わない月は安く抑えられます。また、従量制ながら上限が決まったプランもあるので、高額な請求がくる心配もありません。

スマホからご覧の場合は横にスクロールできます。

●従量制プランの料金一覧・音声通話対応プラン(単位:円)

MVNO ~100MB ~1GB ~2GB ~3GB ~4GB ~5GB ~8GB ~10GB ~15GB ~20GB
b-mobile
おかわりSIM
1,300 1,550 1,800 2,050 2,300
FREETEL
使った分だけ安心プラン
999 1,199 1,600 2,220 2,840 3,170 4,380 5,570

●従量制プランの料金一覧・データ通信専用プラン(単位:円)

MVNO ~100MB ~1GB ~2GB ~3GB ~4GB ~5GB ~8GB ~10GB ~15GB ~20GB
b-mobile
おかわりSIM
500 750 1,000 1,250 1,500
FREETEL
使った分だけ安心プラン
299 499 900 1,520 2,140 2,470 3,680 4,870

主要MVNO18社の速度を一斉比較

月々の料金と同じくらい重要なのが通信速度です。

ひとえに格安SIMといっても、MVNOによっては速度はかなり変わってきます。通信する場所や時間帯、測定環境にもよりますが、やはりお昼の時間帯(12時ごろ)は全体的に速度が落ちてしまいます。

モバレコでは主要MVNO18社の速度測定(スピードテスト)を毎週行っているので、どの格安SIMが速度が速いのか、自分が気になっている格安SIMの速度はどのくらいのものかといった参考にしてみてください。ここでは3ヶ月分のデータを抜粋してお送りします。

こちらのデータは2016年10~12月にかけて毎週測定を行ったものです。

主要MVNO18社の下り速度(単位:Mbps)

MVNO 朝(9:00~9:30) 昼(12:00~12:30) 夕方(17:30~18:00)
OCN モバイル ONE 12.19 0.89 2.15
BIGLOBE SIM 8.72 0.43 3.98
IIJmio タイプD 3.43 0.84 4.73
b-mobile 高速定額 0.48 0.28 0.07
U-mobile PREMIUM 3.18 0.27 4.62
楽天モバイル 3.56 8.37 3.49
イオンモバイル 7.50 0.53 3.16
LINEモバイル 2.35 10.75 3.37
NifMo 2.54 0.47 3.73
FREETEL 3.79 3.80 2.16
mineo Dプラン 4.82 1.12 2.62
DMM mobile 2.45 0.78 14.96
hi-ho LTE typeD 1.75 0.75 3.28
DTI SIM 2.17 3.26 3.52
ロケットモバイル 2.00 0.67 1.30
nuroモバイル 2.04 0.76 1.34
ぷららモバイルLTE 2.94 0.47 1.36
UQ mobile 10.70 23.97 16.03
mineo Aプラン 12.83 1.30 14.87

※赤字はドコモ系、au系MVNOそれぞれで最速のもの

主要MVNO18社の上り速度(単位:Mbps)

MVNO 朝(9:00~9:30) 昼(12:00~12:30) 夕方(17:30~18:00)
OCN モバイル ONE 2.41 2.00 2.71
BIGLOBE SIM 3.60 2.64 3.21
IIJmio タイプD 1.39 1.42 1.32
b-mobile 高速定額 0.52 0.13 0.02
U-mobile PREMIUM 4.69 2.54 2.93
楽天モバイル 2.98 2.45 1.16
イオンモバイル 2.68 0.28 0.31
LINEモバイル 1.50 1.45 2.28
NifMo 2.04 2.30 2.07
FREETEL 0.70 0.78 0.73
mineo Dプラン 1.35 4.23 1.38
DMM mobile 1.25 1.45 5.21
hi-ho LTE typeD 1.62 1.84 1.93
DTI SIM 2.08 1.41 2.35
ロケットモバイル 1.05 1.91 0.54
nuroモバイル 1.62 1.57 1.63
ぷららモバイルLTE 2.63 1.53 2.15
UQ mobile 3.72 4.54 5.65
mineo Aプラン 3.72 3.73 5.05

※赤字はドコモ系、au系MVNOそれぞれで最速のもの

表をみてわかるとおり、この中でも「UQ mobile」がダントツの速さを誇っています。利用者が急激に増加する昼の時間帯でもかなり速い結果を出しており、1日を通して見ても速度が安定しています。

au系MVNOのため対応端末が少し限られますが、対応端末も少しずつ増えてきました。いつでも快適に使いたい方はぜひチェックしてみましょう。

格安SIM通販サイト・モバレコ バリューストアでも、初期費用割引キャンペーンの対象プランとなっており、通常よりも安い価格で申し込みできますよ。

最新の速度ランキングは以下の記事をチェックしてください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2017年の6月に入りました。梅雨の時期ともあって、スッキリとしない天気が続いていますね。一方でスマホ業界は、2017年夏モデルが発表・発売になりフレッシュな話題が続いています。夏の思い出を楽しくするために、NEWスマホに乗り換えてみてもいいかもですね。iPhoneの新モデルもいつ発表になるんでしょうか?【G1 CLIMAX】と一緒に注目していきたいと思います。